カテゴリー「歴史・宗教」の1000件の記事

2019.12.12

日本人は物語教徒!?

Th_images 年会は続きます(笑)。

 今日は、某大学の学長先生にお誘いいただき、温泉とお酒とお話を楽しませていただきました。

 いやあ、実に楽しい時間でした。

 昨日、デンマークからその大学に留学に来ている学生さん3人と、両国の教育について語り合いました。

 彼らは数学の先生の卵なのですが、日本の数学のセンター試験を見て、大変驚いていました。

 日本と北欧の数学教育は、見事に対照的なのです。簡単にいえば、答えを重視する日本と、プロセスを重視する北遠。

 テストに対する考え方も全く違います。日本は一発勝負。北欧は積み重ね。

 公平性に対する感覚も対照的。日本は集団全体としての公平性を重視し、北欧は個人の人権レベルでの公平性を重視します。

 何年もかけて非常にアナログ的な方法で徹底的に個人の数学力を測る北欧。日本は記述式の導入さえ頓挫してしまう。そう、日本の場合、個人と個人の関係性にこそ不公平性を見てしまうのです。だから、マークシート式で同時に行い、機械で採点する。個人の裁量によって部分点が発生するようなことはありえません。

 北欧からすると、たとえばその唯一の試験の日に、体調が悪かったりしたらどうするのか、ということになる。それこそが不公平であり不運であり不幸だと考えるわけです。

 しかし、日本ではそういうことはあまり問題にならないどころか、あえて真冬の、地域によって最も不公平のある(たとえば日本海側は大変な雪に見舞われる)、またインフルエンザなどの病気が最も流行する季節に、人生を決する試験を行ったりする。

 国際標準に従い、9月入学のために、初夏に試験をすれば、環境的には今よりも絶対に公平性を担保できます。

 しかし、そうならないのはなぜか。

 それは、日本人は「物語」を重視し、そのためなら個人の人権が侵害されてもいいと考えている(感じている)からです。

 つまり、冬の厳しい季節を乗り越え、春を迎える(合格する)という物語。そして、桜咲く季節に卒業、入学を迎える。

 これが初夏に試験で、秋に入学では、なにか物足りない。感動がない。

 不合格という負の出来事さえ、その季節の中では、「桜散る」という「もののあはれ」で表現されたりする。これも初秋では面白くない。

 私が何度も何度も語っている「夏の甲子園=戦争ノスタルジー」という物語と一緒ですね。ドーム球場で人工芝ではだめなんです。

 去年の甲子園で言えば、小国の金足農業は快進撃しても、決勝では連合国の大阪桐蔭に大敗しなければならないのです。先の大戦がそうであったように…。

 国民的な物語が合理性を凌駕する。

 このあたりは最初、北欧の方々には全く理解できないようでした。しかし、宗教を例にお話ししましたところ、ある程度納得したようです。

 たしかに、キリスト教などの「物語」が、たとえば科学などの合理性を超えるというのは日常的にあることですよね。

 しかし、たとえば、日本と北欧の教育のどちらが正しいといった話ではありません。

 北欧の学生さんも、それはよく理解しているようで、国民性の違いであり、逆に非常に興味深い、取り入れられるものは取り入れたいという姿勢でした。

 今日の大学の先生方との会話も、基本そういう内容でした。やはり他者を知ることのみが、自己を知る方法なのですね。お釈迦様の言うとおりです。

 そして、つくづく、日本は無宗教だなんてとんでもない、強力な「物語教」の国だなあと思った昨日、今日でありました。

| | コメント (0)

2019.12.10

坂口孝則×モーリー・ロバートソン 『あの日のインディーズバンドの話の続きをしよう』

Th_img_5169 しすぎ!久々に大興奮。

 今日は虎ノ門の某ホテルにて安倍総理やヤフーCEO川邊健太郎さんの話などをうかがったのち、新宿は歌舞伎町へ。ここでの坂口孝則さんとモーリー・ロバートソンさんのお話が最高に面白かった。

 なんとも対照的な世界観でしたよ(笑)。世の中の両面(両極端)を半日で体験してしまった。

 安倍さんと川邊さんのお話の内容は、ここにいくらでも書けますが、坂口さんとモーリーさんのお話は、正直これっぽっちも書けません!

 お二人が一緒に地上波のワイドショーのコメンテーターを務めているとは…ある意味、すごいなあ。ちゃんと使い分けておられる。大人の中の大人ですね(笑)。

 お二人が語った世界とは、いちおう「インディーズバンドの話(のつづき)」なわけで、まあたしかに表面的にはそう表現するのが一番だと思うのですけれど、実際はそこに生き、そして死んだ人間のそれぞれのドラマがあるわけですよね。

 ロック、特にパンクやメタル、あるいはノイズなどは、もともと反社会性を内包しています(ま、日本のそれらは、どこか文学的であったりして、つまり反自己性みたいなものもあったりするのですが)。

 その人々の生き様、死に様を語りだせば、それは放送禁止にもなりますよね。それが実に面白い。それこそこうした「ライヴ」「オフライン」の醍醐味だったりするわけです。

 それにしても、パンクの文脈として、モーリーさんの口から「出口王仁三郎」が出てきた時には、正直ぶっ飛びました。そして、さらなる驚愕の事実が…これも書けません(苦笑)。

 それも含めて、なんだかんだ私の「身内」「関係者」という方々の名前が出てきまして、ああ、なるほど、私ってそういう世界(うまく言えば、清濁併せ呑む世界)に生きているんだなと実感させられました。

 いやはや、お二人のように「好きすぎる世界」があるって幸せですね。そして、その好きすぎる世界に実際に関わったりすると、もう幸せも絶頂でしょう。話が尽きるはずがありません。

 その原動力は、やはり「愛」なんですね。「愛」に貴賎なし!

| | コメント (1)

2019.12.09

『薬師如来―病苦離脱へ』 飯塚幸謙(集英社)

Th_51bzmocbr2l_sx352_bo1204203200_ 重な「薬師如来」本。

 最近の人生テーマの一つが「薬師如来」です。

 この本の表紙にもあるように、薬師如来は左手にあるモノを持っています。

 これは「薬壷」と言われていますが、本当は違う。そのことについては、最近もこちらに書きました。

 「オンコロコロ センダリ マトウギ ソワカ」という薬師如来の真言の意味については、実はこの本にも詳しくは載っていません。

 真言とはいうのは、その意味よりも音が大切なので、無心にお唱えするのが良いとのこと。自我(コト)を超えるために、言語を他者(モノ)化するわけですね。

 この本は、薬師如来だけでなく、仏教の歴史を俯瞰できる内容になっています。たしかに、薬師信仰はある意味仏教を超えた民間信仰(ご利益信仰)ですからね。こうして薬師如来を入り口に仏教の奥義に踏み込んでいくということは、おそらく薬師如来さん御本人にとっても本望ではないでしょうか。

 そう、未来医療器具の「コロコロ」も、自我を捨てて、徹底的に利他にならないと効き目がないんですよね。

 そうした「意識」が物質(や肉体)に影響を及ぼすという、かつては宗教的な、そして現代においては科学的な「真実」を理解することこそが、これからの時代の幸福の鍵になってくると思います。

 今は古書でしか手に入らない本ですが、常に書棚に置いておきたい一冊です。

 

Amazon 薬師如来―病苦離脱へ

| | コメント (0)

2019.12.08

『あらすじで読む霊界物語』 飯塚弘明ほか (文芸社文庫)

Th_51du9sxglkl_sx347_bo1204203200_

 日は歴史的特異日。何度も書いていますが、成道会、第二次大本事件、真珠湾攻撃、力道山刺される、ジョン・レノン暗殺、もんじゅ事故…。

 そのうち、世界史の中でも最も苛烈な宗教弾圧であった第二次大本事件からは、今年で84年になります。その事件の主人公、すわなち弾圧され死刑判決を受けたのが出口王仁三郎。

 事件の寸前まで王仁三郎は霊界物語の校正をしていました。霊界物語には第二次大本事件も予言されていると言われています。

 そう、霊界物語はこのデジタル時代になってようやくそこに隠された暗号的な内容が解読されてきているのです。昨日紹介した「百鏡」の多くの歌も霊界物語から採られています。ここでもデジタルデータによる照応がされたようですね。

 さて、そんな、まさに未来に向けて書かれた圧倒的情報量を誇る霊界物語。私も全巻持っていますし、デジタルデータも持っていますが、なにしろ膨大すぎて実はほとんど読んでいません。

 もともと読書が苦手な私。いちおうライフワークとして、源氏物語、宮下文書、霊界物語、そして仲小路彰の未来学原論を死ぬまでに読破しようと思っているのですが、今のところ一つとして実現しそうにありませんね(苦笑)。

 そして、とうとう私のような人のために(?)、こんな素晴らしい本ができました。さすが飯塚さん。彼はまさに自力で霊界物語の全デジタルデータを作った人です。つまり、ちゃんと全て読破している!

 あらすじだけでも520ページ!やばい!あらすじさえ読めないかも(笑)。

 しかし、こうしてあらすじを書いていただいたことによって、露頭に迷わず長い長い旅路を歩けるような気がいたします。まずは、この道先案内を頑張って読みます。

 飯塚さんはもちろん、コラムを書いている黒川さんもお世話になっている知り合いです。私にはとてもできないことを、皆さん地道に続けておられて、心より感謝・尊敬申し上げます。

Amazon あらすじで読む霊界物語

| | コメント (0)

2019.12.07

出口王仁三郎 『瑞能神歌 一人百首かるた【百鏡】』

Th_5_000000000347 以来さぼっていた作歌を再開しました。

 本当に何かを創造する仕事って大変ですよね。一度さぼってしまうと、どうやって作っていたのか忘れてしまう。できる予感すらしなくなってしまう。

 これがスランプと言われるものなのかもしれませんね。私のような趣味人でさえ、そういう苦悩を味わうわけですから、プロの方々は本当に大変でしょう。

 で、再開のきっかけとなったのが、これです。百鏡。

 出口王仁三郎は日本最大級の歌人です。なにしろ全歌数は15万首以上。ほとんど日常会話が短歌だったらしい。スランプとは無縁の天才です。

 そんな王仁三郎が、自身の歌を百選し、かるたにしてしまったのがこの百鏡です。

 最近、八幡書店から復刻されまして、早速購入しました。これがまあ面白いのなんのって。いや、歌もいつものとおり面白いのですが、何よりかるたの読み札の写真がたまらない。王仁三郎の百面相ならぬ百神相なのです。

 本人はいたって真面目でしょうし、信者さんにとっては面白がるより有難がる対象なのでしょうが、いやいやもう正直「笑ってはいけない」状態ですよ、我が家では(笑)。

Th_4_000000000347 今風に言えば、コスプレ写真集ですよ。まあ貴重な王仁三郎の写真をまとめて百枚見ることができるだけでもすごいことではありますがね。

 なんかこれを眺めていたら、歌ができるような気がしてきた。あれほど意欲もわかず、またできる予感もしなかったのに、あっという間に何首もできてしまいました(クオリティは?)。

 やっぱり自我が強すぎたんでしょうね。作ってやろうという自我が。器になったら簡単にダウンロードできた。たしかにこうやって作ってたっけ。思い出しました。

 オニさん、ありがとう。救われた。さすが救世主。

八幡書店「百鏡」

| | コメント (0)

2019.11.30

追悼 中曽根康弘さん(「憲法改正の歌」再掲)

Th_unknown_20191201154701 日、中曽根康弘元首相がお亡くなりになりました。101歳。

 2年前に「憲法記念日にちなんで」という記事を書き、中曽根さんが作詞した「憲法改正の歌」を紹介し、また、仲小路彰との関係について書きました。

 あらためて「憲法改正の歌」を聞いてみてください。なかなか勇ましい歌詞ですよね。たとえば、これを安倍総理が作ったとしたら、まあ大変な騒ぎとなるでしょう(笑)。

 しかし、ある意味では正しいことを言っている。しかし、歴史を宇宙から俯瞰すれば、やはり間違っている。私は仲小路の直観を支持します。

 

 

 ところで、ちまたでは「真実は墓場まで持っていく」発言が話題になっていますね。日航ジャンボ機墜落事件の真実のことなのか。それとも…。

 考えてみますと、私は偶然、日航ジャンボ機の事故の瞬間を目撃してしまったわけで(こちら参照)、そういう意味では中曽根さんとも因縁があるのかもしれません。

 いずれにせよ中曽根さんは、昭和という時代のある種の矛盾を体現した人物であったとも言えましょう。なにしろ、こんな歌を作って歌いつつ、ロン・ヤス関係を築いたわけですから。

 もう一つ、ご存知のとおり、中曽根さんは青春時代を静岡市で過ごし、富士山に対しては格別な思いをお持ちの方でした。今年、昭恵さんのご紹介で知り合った小田全宏さんは、中曽根さんをトップに立てて、富士山の世界遺産化を実現しました。そのあたりの裏話も面白いものがあります。

 また、富士吉田市に残る中曽根さんの書(こちら参照)。これもあまり知られていません。俯瞰しますと、いろいろ見えてくるのですが。

 ご冥福をお祈りしつつ、今一度、中曽根さんが富士山に託した思いというものを考え直してみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.11.23

『法然上人絵伝』 (山梨県立博物館)

親鸞が追い求めた師の姿

Th_hounenbannar 梨市に用事があり、その帰りにふと立ち寄ってみたのですが、これが想像をはるか上回る素晴らしさでした。

 私は教員なので、博物館はいつ何度行っても無料。無料だから行くというのも正直ありますよね。この展覧会は通常1000円ですから、ちょっと二の足を踏んでしまうかもしれません。

 たしかに1000円払っても納得の、いやそれ以上の展示内容でした。

 基本は、このたび修復が完了した、山梨県甲州市勝沼の古刹万福寺旧蔵の法然上人絵伝掛図を初公開という内容なのですが、それ以外の掛図等の展示が充実しすぎていて、びっくりしました。

 出品資料一覧

 国宝や重文も全国の名刹から集められており、またそれらと肩を並べて、地元富士吉田の新倉三ヶ寺や忍野の安養軒に秘蔵されてきた名品も多く出品されていて感動しました。

 つまり、現代の私たちが勝手につけたランキングとは関係なく、純粋なる信仰心は平等だなあと。

 それからやはり、絵図(掛図)の特徴として、「時空を超える」というのがありますよね。日本絵画では当たり前ですが、一つの画面に、たとえば法然上人の一生が描かれている。複数の時間と空間が自然に一同に会している。つまり、人間の記憶や夢のような、「脳内リアリズム」ですよね。西洋絵画のリアリズムとは違う。

 そこにもある種の「平等性」を感じ取りました。なるほど、仏教の世界、極楽浄土とはそういうところなのだあと。

 25日まで。ギリギリ行ってよかった。

山梨県立博物館かいじあむ公式

| | コメント (0)

2019.11.22

甲野善紀 「教わる」ことの落とし穴

 

 日は都留文科大学国文科の学生さん二人とたっぷりお話をしました。国語の教員を目指す、まさに私の後輩ということになります。お二人とも不思議な、不思議すぎるご縁があってお互いにびっくりしました。偶然は必然です。

 いつもの私らしく、話があっちこっち行ってしまい、結局何を話したか自分ではほとんど覚えていないのですが、たまたま帰ってから観た動画に、そのエッセンスが語られていることに気づき、自分でも思わず「なるほど」と思ってしまいました。

 代わりに(?)語ってくれているのは、かの甲野善紀師であります。言わずもがな、武道の達人であります。最も尊敬する心の師のお一人。

 「教える」こと、「教わる」ことの限界や危険性、すなわち「言葉」の限界や危険性ですね。国語の教員こそが、それらを意識すべきです。

 守破離ですね。学習はすなわち「まねび」「ならふ」こと。真似して慣れることで満足してはいけない。それを「破」って「離」れなければ。

 本当の「師」とはそこへ導く存在です。それを促す存在です。

 私が恩師大村はま先生に言われた言葉を思い出します。「私の真似をするなら100%しなさい」。厳しいお言葉でした。

 これは禅や道の修行と同じことを言っている。真似する、すなわち「守」ることを突き詰めて、結果として、それが無理であることを悟る。その結果、本当の自分に出会うことができ、ようやくオリジナルが生まれる。

 つまり、それこそ都留文科大学の学生だった私に大村先生が言いたかったのは、「あなたらしい国語の先生になりなさい」ということだったのです。

 出会ったのが偉大な師であればあるほど、それを破ってそこから離れることは難しい。高い山を越えて、さらに高い山を築くことは難しいけれども、それに挑戦することには大きな喜びがあるとも思います。

 辛いことと喜びとが一致するということを、なかなか教えにくい世の中になってしまいました。せいぜい、教師(先生)である自分が、そうして生きている姿を見せることくらいしかできませんが、それもまた、いやそれこそが、「教える(教わる)」や「言葉」を超える究極の方法なのかもしれません。

| | コメント (0)

2019.11.17

秋田移住はありえるか?

Th_img_5036 日は、昨年帰幽した秋田の義祖母の一年祭。

 家内の実家は神道です(というか、仏教がまだ伝来していない!地方)。

 12年前になりましょうか、義祖父の一年祭の時のことも思い出してみましょう。こんな記事を書いています。

神々のネットワークその1(祖父の一年祭)

 ああ、あの時は生徒もなぜか一緒だったんだ(笑)。あの頃からしますと、私も多少秋田弁のリスニング能力が上がりまして、酔っ払ったおじさんたちとも普通にコミュニケーションできるようになりました。

 今回で今年の秋田行はなんと4回目。5月、6月、8月、そして11月。紅葉の季節は、もしかして嫁にもらいにいった時以来?

 今日、親戚の方々と話した中で、半ば本気で「無住の寺の住職としてぜひ!」という話がありました。まじですよ(笑)。「私、なりはすっかり坊さんですが、正式な僧籍は持っていません」と言っても、「それでもいいから」と言うのです。

 その地は雪が3メートルは積もるところなのですが、それでも雪が大変なのは1月と2月だけ。なるほど考えてみるとそうですね。

 たしかに自然の豊かさ、人の温かさ、そして霊的な次元の高さは抜群の土地なのです。そこで神仏に仕え、CS60で人々を癒やし、米や野菜やお酒をいただいて生活する…たしかにいいかもしれません。

 別に正式な僧籍なんて持ってなくても、つまり近代的な宗派ネットワークに入らなくても全然オーケーですからね。自分で宗派を立てればいいだけの話で(笑)。

 実は、退職後すなわち5年後にやることはもう決まっているのですが、それもこの時代なら秋田にいてもできないことはありません。いや、ある意味、秋田ではなくてはできないことも含まれている…な〜んて、妄想したりもしたのですが、まあ、結論は神さまの言うとおりということで。

 年が明けたら、雪の季節に一度訪れてみますか。たぶん地吹雪に戦意喪失すると思いますが。

| | コメント (0)

2019.11.15

『未来の稼ぎ方』 坂口孝則 (幻冬舎新書)

Th_41pofwiymml_sx313_bo1204203200_ 者の坂口さんとお会いしました。3時間以上、坂口さんは、朝の情報番組「スッキリ!!」のコメンテーターとしても活躍中の方。ず〜っと喋ってました(笑)。話が止まりませんでした。

 ありがたいことに、ワタクシのような者に会いたいとおっしゃってくださり、たくさんの質問まで用意してくださりました。

 しかし、その質問もほとんど消化されないほど、話が高次元で盛り上がりました。本当は私が教わらなければならないことがたくさんあったのに、秘書の方も含めて真摯に話を聞いていただきまして、恐縮至極です。

 私と坂口さんの共通のキーワードは「未来」。坂口さんは「未来調達研究所」を経営されていますし、私を知ってくださったのは「高城未来ラジオ」がきっかけ。

Th_img_5031 まさに釈迦に説法で、経営の大専門家に、私の宇宙人的(?)未来経済システムや経営「意識」のお話までさせていただきました。全くずうずうしいにもほどがありますね。酔っ払っていたとはいえ(笑)。

 さて、そんな心優しく魅力的な坂口さんのこの本が実に面白かった。これは生徒にも読ませたい本ですね。単なる未来予測ではなく、その背後にある世界の変容が通読して体感できるようになっています。

 対談でも感じましたが、坂口さんの教養のレベルは相当に高い。読書をはじめとする勉強の賜物であるとともに、高次元でその情報をつなげることができる、ある種の天才性を感じました。

 今回の対話では、残念ながら音楽の話はほとんど出ませんでしたが、次はぜひ音楽の話で盛り上がりたいと思います。そして秋田に行きましょう!

 う〜ん、それにしても最近、素晴らしい出会いが多いなあ。いろいろな意味でムダがありません。天意、天命を感じることが多々あります。ご縁を作ってくださる皆様に感謝。ありがたや。拝。

Amazon 未来の稼ぎ方

| | コメント (0)

より以前の記事一覧