カテゴリー「文学・言語」の1000件の記事

2022.08.08

誡太子書(花園天皇)現代語訳(5)

 たとえ学問の道に入るといっても、なおこのような失敗が多い。深く自らこれを慎み、有益な友を得て切磋されるべきである。学問でさえ誤りがあれば、道に遠い。ましてやその他のことは言うまでもない。深く誡めて必ずこれを防ぎなさい。そして、近ごろあなたが親しくするところ、すなわちつまらぬ人の慣れ親しむことはただ俗事のみで、本性は相近くとも、習いはすなわち遠い。たとえ生来の徳を備えるといえども、なお感化されることがあることを恐れる。ましてや上智に及ばないことを恐れないでよかろうか。徳を立て学識を成す道は、かつてより由るところがない。ああ、悲しいかな。先皇の諸業績は、今時たちまち堕落してしまうだろう。

 私は本性が拙く、智恵は浅いといえども、ほぼほぼ典籍を学び、徳義を成し、王道を興そうとしている。それはただ宗廟の祭祀を断絶させないためである。宗廟の祭祀を絶やさないかは、太子の徳にかかっている。だから、今あなたが徳を捨てて修めないならば、学ぶべき所を一旦溝に埋めて再び用いないようにしてしまうことである。これは私が胸を撃たれて号泣し、天に叫んで大きく嘆息するところである。五刑のたぐいは数多くあるが、罪として不孝よりも重大なものはない。その不孝の中でも、祭祀を断絶させることよりも甚だしいものはない。慎まねばならない。恐れねばならない。もし学問の功績が現れ、徳義を成就すれば、ただ帝の御業績を現世で盛んにするだけではなく、また美名を来世に残し、上は先祖に大孝を致し、下は庶民に厚徳を与えるだろう。そうすれば、高くしてしかも危うからず、満ちてしかも溢れない。なんと楽しいではないか。一日の屈辱を受けて、百年栄えを保つなら、忍従することができる。ましてや積み重なる古典に心を遊ばせれば、つまらない束縛もなく、本の中で故人に遭えば、ただ聖賢との交流がある。小さな部屋を出ずして千里を思い、あっという間に万古を旅する。楽しみに最も甚だしいものは、これに過ぎるものはない。道を楽しむと乱に遭遇するのと、憂い喜びの異なること、日を同じくして語ることはできない。あなた自身どちらを択ぶべきか、よく審らかに考えるべきである。

(完)

| | コメント (0)

2022.08.07

誡太子書(花園天皇)現代語訳(4)

 詩書礼楽をもってせずしては世は治めることができない。これを手段として寸陰を大切にし、夜も昼に続いて、精しく研究するのがよろしい。たとえ学問が百家にわたり、六経を暗誦するとしても、儒教の奥義を得ることはできない。ましてや、大学・中庸を学ばずして、治国の術を求めるのは、蚊や虻が千里の遠きを思い、鷦鷯(みそさざい)が九天の広きを望むよりも愚かである。だからこそ考えて学び、学んで考え、経書に精通し、日々自己を省みれば、そのようなことに似ることはないだろう。学問の要たる万物の智を身につけ、まだ起きていないことを先に知り、天命の終始を理解し、時運の難易を区別し、もしくは過去と今を比較し、先代の興廃の道筋を斟酌するなど、変化すること際限がない者である。諸子百家の文を暗誦し、巧みに詩賦を作り、議論を為すことができ、多く官僚が皆それぞれを掌握する所があれば、君主がどうして自らこれらを労する必要があろうか。だから、宇多天皇の遺誡に「天子、雑文に入りて日を消すべからず云々」とあるが、近ごろ以来の愚かな儒学者は、それを学ぶというとただ仁義の名を守ってばかりで、いまだ儒教の本質を知らない。苦労は多いが功はない。司馬遷の言う「博くして要寡きもの」である。また、最近一群の学徒がおり、わずかに聖人の一言を聞いて、自らの臆測の説を用い、仏陀や老子の言葉を借りて、みだりに中庸の意味に取り、湛然虚寂(豊かに落ち着いているさま)の道理をもって儒教の本質となし、まったく仁義忠孝の道を知らず、法度に従わず礼儀をわきまえず、無欲清浄は取るべきものに似ているといえども、ただこれは老荘の道であり、孔孟の教えではない。これは同時に儒教の本質を知らないことであり、これを取るべきではない。

| | コメント (0)

2022.08.06

誡太子書(花園天皇)現代語訳(3)

 これに加えて、昔から武力革命が続き、皇室の権威はついに衰えている。なんと悲しいことではないか。皇太子よ、かつての皇室の興廃する理由をよく観察するがよい。手本は近くにあり、明らかに目に見えるものである。ましてや、時は流れ、人が皆暴悪になるに及び、智慧が万物にあまねく広がり、才能が世の太平と波乱を経験する以外に、どうやってこの乱れた俗世間を治めることができるであろうか。そうして凡庸な人々は太平の時に慣れてしまい、かつてのその時の世の乱れを知らない。時代が太平ならば、すなわち庶民と君主といえども治めることができる。でから、堯舜が生まれて庶民の上にいるならば、十の桀紂がいたとしても、世は乱れるはずもない。勢いが治まっているからである。

 現在、いまだ大きな乱に及ばないといっても、乱の勢いがきざしてからすでに久しい。一朝一夕といった少しの時の話ではない。聖主が位にあれば、すなわち平穏であろう。賢主が国政に当てれば、すなわち乱はないだろう。もし主君が賢聖でなければ、すなわち恐ろしいことに乱はたった数年の後に起こるだろう。そして、一旦乱が起きれば、すなわちたとえ賢哲のすぐれた君主といえども、数ヶ月で治めることはできない。必ず数年を待つ必要がある。ましてや凡庸な君主がこうしためぐり合わせのもとに立つならば、国は日に日に衰え、政治は日に日に乱れ、国勢は必ず土崩瓦解するに至る。愚人は時の変化に気づかず、かつての泰平をもって、今日の衰乱を判断する。なんとも誤った考えではないか。近い代の君主はいまだこのような運命には際会していないが、おそらくはまさに皇太子が即位する際、この衰乱の運命の時に当たるのではないか。内に賢明な聴く耳を持ち、外に各方面に通ずる優れた策があるのでなければ、乱国に立つことはできない。これが私が強く学問を勧める所以である。現在の凡庸なあなたはいまだかつてこのような時機というものを知らない。よくその思いをめぐらし、この悪い風習の時代の上に加えなさい。

| | コメント (0)

2022.08.05

誡太子書(花園天皇)現代語訳(2)

 秦の政治が強かったといっても、漢と並ぶところとなり、隋や煬が盛んだったといっても、唐がそれを滅ぼすところとなった。しかし、へつらう愚人は次のように考える。我が朝廷は万世一系で、かの外国(中国)の、徳を以て政権交代し、武力を以て政権を争うのと同じではない。だから徳が少なくても、隣国がすきを窺う危険性はなく、政治が乱れるといっても、他民族に政権を奪われる恐れはない、これは我が国が守られているのであって、他国にまさっている点である、と。であれば、わずかにでも先代の威光を受けて、最悪の国にしなければ、伝統の法制を守った良い君子として充分であろう。必ずしも徳が堯舜に及ばず、教化すること栗陸氏に等しくないことを心配する必要はない、と。無知な庶民は、こうした言葉を聞いて、皆そのとおりだと思ってしまう。私はこれは深く間違っていると思うのである。

 なぜならば、釣り鐘は響きを蓄えているが、それを叩かなければ、いったい誰がこれを音がないと言うだろう。澄んだ鏡はそこに影像を含んでいるが、すべて鏡の前に立たなければ、いったい誰がこの鏡は映らないと言うだろうか。結果はいまだ顕れずといえども、物の道理はすでに明らかである。よって孟子は紂王を逆賊とし、武王を責めることはなかった。少ない徳で神器を保持しようとして、どうして理の当たるところとなるだろうか。もしそのようにしようと思うなら、累卵が崩れる岩の下にあるよりも危険で、腐った縄が水底の上にあるよりもひどい。たとえ吾が国を他民族からの侵略から守ったとしても、皇位の交替が多くなるのは、そのためである。

| | コメント (0)

2022.08.04

誡太子書(花園天皇)現代語訳(1)

Th_-20220807-180640 皇陛下がたびたび言及されている「誡太子書」。

 花園天皇が自らの皇太子に対しての大変厳しい言葉を綴った文書です。代々の天皇、皇太子に対する永遠のメッセージとも言えましょう。

 また、私たち庶民の生き方に対する一つの指標であります。

 原文は厳格な漢文で、なかなか読みにくいので、私なりに書き下したのち、わかりやすく現代語訳してみました。

 あくまでもワタクシ流の解釈です。細かい質問などにはお答えできません。あくまでも御参考までに。

 数日に分けて公開します。

 

 誡太子書

 私(花園天皇)が聞くところによれば、天が庶民を生み、君子を立てて民を養うのは、人や物をうまく利用するためである。民は愚かであり、これを導くのに仁義をもってし、凡俗の無知を治めるのに政治を以てする。もしその才能がなければ、君子の位についてはならない。人民の一つの官職でさえも、これを失うと、やはり天下は乱れるという。すきを狙う鬼の災いは逃れることができないのだ。ましてや、君子の大切な仕事については、必ず慎み、恐れなければならない。

 それなのに、皇太子は宮中の人たちの手によって成長し、いまだ庶民の苦難を知らず、常に華やかな衣服を着て、糸を紡ぎ布を織る大変さを思うことがない。いつまでも庶民の供した穀物のおいしい料理を腹いっぱい食し、いまだ種植えや刈り取りの苦労を知らず、国に対してかつて少しの功もなく、民に対してほんの少しの恵みもなかったではないか。

 ただ先帝の残した威光というものをもって、何も考えず君子の政務の重責を遂げようとする。徳がないのに誤って王侯に託し、功もないのにもし庶民の中に赴くならば、これほど恥ずかしいことがあろうか。また、詩書礼楽という庶民をまとめる四術をどうやって習得するのか。皇太子自ら反省してほしい。もし(詩経にあるがごとく)温かみと誠実さの教えをを身につけ、諸事に通じる見識で世の意味を悟れば、それは善いことである。とはいえ、やはり足りないことがあることを恐れ、ましてやいまだ自らが道徳を身につけず、少しでもかの重い位を期待するのであれば、これは求めることと為すべきこととが違っていることになる。たとえば、まるで網を捨てて魚がかかるのを待ち、耕さないで穀物が熟すのを期待するかのようである。これらを得ることは決して難しくない。たとえ勉強してこれらを得たとしても、おそらくはそれは自らのものになっていない。

| | コメント (0)

2022.07.14

ポメラの新型!DM250

Th_dm250_ec2 れはほしい!

 ストレートキーボードタイプの初代DM100を10年近くずっと愛用してきました。こんなニッチな製品、もう新型は出ないのかと思っていたら、出ました!

 親指シフターとしては、唯一純正で親指シフト入力できるこの製品を買わずにはいられないでしょう。

 スマホやタブレットが普及し、コンピュータが手のひらに乗って世界中を移動する時代において、ただひたすら文字を入力することだけに特化したデバイス、それも6万円もする製品をいったい誰が買うのか。

 そうです、私が買うのです(まだ買ってませんが)。

 こうしてブログを書くだけでなく、知られざる文献のテキスト化のお仕事をしている私は、この1年間でおよそ300万字の文字を打ちました。

 基本、Macに専用アプリを入れて、純正キーボードを親指シフト仕様にして打鍵しているのですが、外出先や移動中にはポメラを使っているのです。

 しっかし、さすがにちょっと高いなあ。6万円出したらかなりハイスペックなWindowノートパソコン買えますよね。

 ただ、やはりかつてのワープロ(特にオアシスポケット)を思わせるシンプルさによって、余計な検索をしたり、SNSや動画を見てしまったりというようなことをしないで執筆に没入できる環境を買うと思えば、ある意味安いかもしれません。

 というか、そうでもしないと、そういう環境が得られないほど、現代社会はムダに混沌としているわけですね。多機能すなわち無能というパラドックス。

 私のように文字入力を仕事としている人、たとえばライターさんや小説家の方々にとっては、かなり魅力的なデバイスです。なにしろ一瞬で起動するという、昭和では当たり前だったことが普通に実現できているのが良い。そしてバッテリーの持ちが良い(初代ほどではありませんが)。

 今回の進化は、私のようなマニアックなユーザーからの声に答えたものだそうです。たしかにかゆいところに手が届いている感じですね。

 う〜ん、ほしいぞ。お金が降ってこないかな(笑)。

 キングジム DM250公式

| | コメント (0)

2022.06.17

《大勉強 by PHAETON 》Issue 4 死生ってる?

Th_-20220618-90646 勉強 Vol . 4  が完成いたしました! とてもヤバい内容になりました!最高です。。。

 と、先日、この本のプロデューサーである坂矢悠詞人さんから興奮気味のメールが来まして、さっそく送ってもらい今日手にとったのですが…たしかにヤバい!!

 全てがセンスの塊。手にとった瞬間から次元が変わります。これは本当にすごい世界。

 そう、実は今年2月に、ファッション界のカリスマである坂矢さんにお誘いいただき、石川県は加賀市にありすでに伝説的なお店となっている「PHAETON」およびその隣にある「TEATON」を訪問しました。

 田んぼの中にポツンとある「PHAETON」には東京はじめ全国からお客様が飛行機で買付けにきます。そして隣の「TEATON」は会員制の紅茶専門店。

 もうその存在センス自体に、してやられた感がありました。ファッションから程遠いところにいる私がそこにいることに違和感があるかと思いきや、全然そんなことなかった…。

 そして、坂矢さんと長時間にわたり対談をいたしました。それが今回、6ページ1万3千字以上の記事として紹介されております。

 いやあ、自分で読んでもヤバい(笑)。そう、あのあまりに高次元な空間、センスの塊の空間とおいしい紅茶、ケーキに促されて、私も完全に違う次元に行ってしまいました。

 ああ、ここまで語ったんだと、今さらながら感心してしまいました。やはり、環境というのは大切ですね。

 坂矢さんとは初対面、かつお会いして数十分後からの対談でしたが、坂矢さんの純粋な魂にすっかり魅せられ、実に気持ちよくお話させていただきました。まさに「大勉強」。

 ぜひぜひ皆様にも読んでいただきたいですし、それ以上に、私の体感した高次元をこの本を通じて皆様にも感じていただきたい。本のデザイン、紙の質感、選ばれた、いや降りてきた言葉たち…こんな高次元な本をご自身でプロデュースして、個人で出版してしまう坂矢さんって…。

 坂矢さんと私のロング対談のほかにも、本当に素晴らしいページが連続します。この本が一冊そこにあるだけで、きっと今日という日が、明日という日が大きく変わるでしょう。

 二人とも超ハイテンションになっちゃってます(笑)。というわけで、続きがありそうです。楽しみです。

 お買い求めはこちらから。ぜひ!

 PHAETON

 

| | コメント (0)

2022.06.13

天才と富士吉田

Oi003236 日、富士吉田が生んだ天才武藤敬司さんについて書きました。そして今日は三沢光晴さんの命日ですね。

 実は今日が命日である天才は三沢さんだけではありません。今日は、あの文豪太宰治の玉川上水に入水した日でもあります。

 その太宰も富士吉田に深い縁がありました。それはのちほど。

 富士吉田、それも現在の下吉田地区、かつての瑞穂村には天才を生む土壌があります。

 いや、「生む」ではなく、「奪う」のかもしれません。それも「文学的天才」を。

 下吉田に命を奪われた文学的天才は少なくとも4人います。

 最初は芥川龍之介。明治45年謎の旅の途中、下吉田に宿泊しています。

芥川龍之介と富士山

 ただの旅先であれば無数にあるわけで、なぜ下吉田だけ特別扱いかと言われそうですが、上の記事にあるとおり、その旅の目的がちょっと怪しいのです。

 芥川の周辺には大本信者が多くいましたから、彼の文学や人生観に王仁三郎が与えた影響は皆無ではないでしょう。芥川自身、第一次大本事件のあたりから心身の不調を強く訴えるようになりました。

 芥川を敬愛していた太宰も大本(王仁三郎)を強く意識した文人でした。作品に何回か大本が出てきます。そんな太宰も富士吉田とは縁が深い。

 いくつかの作品の舞台が下吉田です。それについては以下の記事からたどってください。

もう一つの富士山(その7) 太宰治『富嶽百景』

 ここにも書いたように、太宰の小説に出てくる旅館あとにウチの中学校が建ちました。私はそこの教頭、副校長を務めていたわけです。

 そして、これまた夭逝の天才作家、第100回の芥川賞を受賞した李良枝は下吉田に住んでいました。

もう一つの富士山(その8) 李良枝 『富士山』

 この記事を書いたあと、私は李良枝が通った幼稚園の園長に就任しました。なんとも不思議なご縁であります。

 そしてそして、フジファブリックの志村正彦くん。彼は下吉田の出身。今なお高く評価され続ける天才は29歳で亡くなってしまいました。

 それは、ウチの中学ができる前の冬のこと。ちょうどその中学校の校歌、あるいは愛唱歌を志村くんに作ってもらおうとお願いする数日前のことでした。

もう一つの富士山(その9) 志村正彦と富士山

 あらためて、こうして列挙してみると、なんとも不思議な感に打たれますね。いったいどういう磁場なのでしょう。どういう霊力が働いているのでしょうか。

 私は、(ナイショですが)初代富士吉田市名誉市民である川合信水が鍵を握っていると思っています。川合信水は綾部で出口王仁三郎と(皇室を間にはさんで)深くつながっているのです。だからこそ、綾部に富士吉田からあの「石」が運ばれたのですよ。

「月山不二」誕生70年

 あっそうそう、武藤さんは「文学」ではなく「神話」ですからね。選手としても長生きですし、きっと人間としても長寿でしょう。

| | コメント (0)

2022.06.10

倍速視聴と音楽と…

20220611-85128 近、倍速視聴の賛否を論ずる記事をよく見ます。

 若者のそうした「タイパ」重視、ザッピング感覚に対して、古い世代は眉をしかめているようですね。

 私は古い世代に属すると思うのですが、かなり倍速視聴している方です。

 YouTubeは基本1.75倍に設定していますし、昨日紹介した映画もU-NEXTで1.6倍鑑賞しました。

 鑑賞ではなく消費だ!と怒られそうですが、私はあまり気にしません。

 というか、音楽は当然等速で再生しますし、たとえば小津安二郎の映画は等速でまったり鑑賞します。そう、選べばいいんじゃないでしょうかね。

 基本、言語情報、特に文字情報が多い場合、すでにそれ自体が抽象された世界なので、そんなに問題はないと思います。それも過去の情報ですからね。

 もともと言語、文字は「時短」のために生れたのですから。特に文字は。

 今や私たちが当たり前に行っている「黙読」なんか、日本ではここ150年くらいの作法ですからね。音読が当たり前だった時、それこそ今の倍速視聴を批判するかのような社会的な抵抗がありました。

 さらに「速読」となると、これはもう究極の「時短」であり、昔の人からするととんでもない悪行ということになります。

 つまり、近代以降の多くの作品、メディアが、文字を含む言語に依存しすぎているから、こういうことになるのだと思いますよ。

 記録された文字情報はウンコですから(笑)。

 先程も書きましたが、音楽を倍速視聴する人はいません。できません。1.2倍でもダメですよね。逆に0.5倍でもダメ。

 その事実に注目すべきです。

 音楽は記録されたものであっても、再生時には聴く人にとって未来から(向こうから)やってくるものです。それも言語のように抽象化された世界ではなく、それ自体が世界本体ですから、早くても遅くてもダメなのです。

 ただ、音楽もサブスクになりストリーミングになった結果、ザッピングされてしまうことは当然あるわけで、かつてのようにアルバムを最初からじっくり聴くということはなくなってしまいました。

 また、作り手の側も最初の15秒で心をつかまねばならず、たとえば徐々に世界観を立ち上げる長いイントロなどはご法度になってしまいました。そうすると自然「サビ入り」が増えてしまう。

 それは一般的な動画やドラマ、さらには映画の作り方にもなっていますよね。

 私はこういう傾向はある程度しかたないと考えています。そして、こうなったからこそ、そうではない音楽や映画やドラマやスピーチの価値が再認識されるであろうし、その結果「記録」ではない「ライヴ」の価値も相対的に上ってくると信じています。

 小説やマンガの黙読に飽きたらず、それがアニメ化したり映画化したりし、さらにそれが2.5次元化してきたように。

 音楽一つとっても、ここ百年くらいの「録音文化」が異常事態だったわけです。江戸時代までは「楽譜」もほとんどありませんでしたしね。

 楽譜の誕生によって音楽さえ「黙読」できるようになってしまったわけです。

 生きた音楽は未来からやってきます。記録された音楽は、楽譜を1小節の1拍目から順になぞっていくように、過去から未来に向かって進行します。時間の流れが反転してしまった瞬間に生命を失っているのです。

 倍速視聴やザッピングは、そうした記録された芸術を本体だと思いこんできた現代人に対する警鐘なのでしょう。

| | コメント (0)

2022.06.03

スタン・ハンセン vs アンドレ・ザ・ジャイアント(1981 田園コロシアム)

Th_denen_img00 の日は懐かしい田園調布駅近くにて面白い出会いがありました。楽しかった。

 田園調布といえば、私にとっては田園コロシアム!

 プロレスや音楽ライヴのメッカとして、よく潜入したり、漏れ音を聞きに行ったりしていました(笑)。小・中学生時代のことです。

 その中でも特に印象的だったのは、やはりハンセンとアンドレのド迫力対決でしょう。

 とはいえ、この1981年には私は静岡に引っ越しており、現地で観たわけではありません。テレビ観戦でしたが、自分が知っているあの聖地に、こんな神話のような世界が出現していることに感動した覚えがあります。

 これって、昨日づけの記事じゃないですが、グローバルな「縄文体験」ですよね。近代的な言語性や論理性というフレームをぶっ壊す神話的世界。

 最近の形式化されたプロレスとは違う、完全なる野生の闘い。

 もちろん、そこには物語の脚本もあるわけですが、それを超えてしまったところに歴史が生れたわけです。歴史は常に脚本をはずれたところに展開していく。

 言語化の天才、古舘伊知郎さんが、この日のことを語ってくれています。そう、本当に実況なんかしたくなかったのですね。言葉のプロだからこそ分かる言葉の限界でしょうね。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧