カテゴリー「自然・科学」の954件の記事

2022.09.22

恐るべし新型アルトの燃費!

Th_-20220926-105912 の日は急遽秋田へ。

 中央道、圏央道、東北道、山形道、一般道経由でのドライブ。

 7月に購入した新型アルトのハイブリッドSにて初めての長距離運転となりました。

 大人3人が乗って、いろいろ荷物を積み、多少の渋滞もありながらの600キロ、約8時間の旅だったのですが、秋田に着いた時の平均燃費表示を見てください!

 なななんと、30.7km/L !!

 富士山を出発する時にガソリンを満タンにしまして、一度も給油せず、これだけ残量があります。ちなみにガソリンタンク容量は27L。

 計算上では20リットルも消費していないわけですから、ガソリンが高い昨今、本当に助かります。

 カタログ数値は、WLTCモードで27.7km/L、JC08モードで33.1km/Lですから、リアルにこの数値を叩き出すのはすごいとしかいいようがありません。

 ちなみに帰りは暑さでエアコンをフルに使い、また渋滞にも巻き込まれて、そして1200メートルほど登ってゴールですので、最終燃費は29.0km/Lでした。それでも優秀すぎます!

 今まで乗った燃費の良いクルマでは、初代アルトが550cc4速MTで21km、フィアット・プントが1200ccCVTで24km、パンダ1200cc5速AGSで22km、エブリイ660cc5速AGSで19.5kmといった感じでしたが、それらを圧倒的に凌駕する驚異の数値でした。

 いやあ、これからの時代、電気自動車ではなくて、この日本発の軽自動車、マイルドハイブリッド、CVTなんじゃないですかね。世界中の車がこれになったら、かなりCO2排出量減らせますよ。マジで。

 スズキ恐るべしです。

| | コメント (0)

2022.09.15

『細胞の声を聴く超健康革命〜CS60が60兆個の細胞を蘇らせる!』 西村光久 (徳間書店)

Th_51offa75ol_sx338_bo1204203200_ 愛する西村先生の本。

 CS60という未来健康デバイスを発明し、人々の健康、地球の平和の実現を純粋に目指す先生。

 不思議なご縁から、ここ数年懇意にさせていただき、また大変お世話になっていますが、その「不思議なご縁」についても、この本には詳しく書かれています。

 私の名前があまりに何度も出てきて、正直こそばゆいくらいです(苦笑)。

 ありがたいことです。私はおそらく神様に使われ、このデバイスを世に広めるためのお手伝いをさせていただいているのでしょう。

 自分では意識しておりませんが、その出会いのタイミングの中で自然に人と人をつないできただけです。特に高城剛さんと安倍元総理夫妻を紹介できたのは良かった。

 まったく不思議なことですが、この本の中には私のライフワーク、研究対象である「宮下文書」「出口王仁三郎」「仲小路彰」のすべてが出てきます。そして、仏教やキリスト教、神道、それらを総合した聖徳太子に関することも…。

 つまり、CS60とはそういう人類史的な「事件」であり、またある種宗教的、哲学的な「真理」なのです。

 そういうスケールのものですから、正直現代の科学では説明できないことが起きます。しかし一方、そうした超科学的なモノにありがちな、オカルトや偏ったスピリチュアリズムに陥らない強さがあります。

 それはだれでも「体験」できるからです。それぞれの体験は、それぞれの中で否定できない「事実」としてまさしく「実在」するのです。

 当初、自らの常識にとらわれ、それすら信用せず、否定しようとすらした私の姿も、この本には出てきて懐かしく感じました(笑)。

 その疑念や誤解は、目の前で繰り広げられる「奇跡」によってのみ解消されたわけではありません。そこに大きく作用したのは、まぎれもなく西村先生やおかみさんのお人柄でした。

 本当に無垢なのです。純粋に利他。そして表裏なく、愛に溢れている。そんな大人に出会うのは初めてでした。

 これからCS60は世界に広がってゆくでしょう。大げさでなく、未来の人類を救済してゆくでしょう。過去と現在の無数の人々の願いと祈りの結晶として。

 やはり、西村先生は薬師如来、おかみさんは弥勒菩薩なのかもしれませんね。

Amazon 細胞の声を聴く超健康革命

| | コメント (0)

2022.09.02

『富士山頂』 村野鐵太郎監督・石原裕次郎主演作品

 

 谷一行さんがお亡くなりになっていたとのこと。古谷金田一ファンの長女はかなりショックを受けていました。

 山梨県民としては、古谷一行さんと言えばホテル千石のCMですよね。最近も放映されていました。いつまでも年を取らない古谷さんなのでした。

 もう一つ、山梨と古谷一行さんを結びつける映画があります。映画俳優として駆け出しの頃の出演作品がこの「富士山頂」。目立たない「荒木」役で出演しています。

 この映画の俳優陣はすごい。石原裕次郎、渡哲也、山崎努、芦田伸介、勝新太郎、宇野重吉、東野英治郎、田中邦衛…この中に入ったら、そりゃ目立ちませんよね。

Th_71sgycyti8l_ac_ul320_ そしてこの映画、まさに映画的な傑作だと思います。大スクリーンで観る富士山の迫力は本当にリアルです。ドラマとしても、プロジェクトXの第一回に取り上げられたくらいですから、それなりに感動的ですが、なんと言ってもこの映画の本当の主役は富士山そのものなのです。

 今は麓の富士吉田市で静かな余生を送っている富士山レーダー。伊勢湾台風の甚大な被害からこのプロジェクトが計画され、実際に平成の時代まで台風被害から人々を救ってくれたのが、この富士山レーダーです。

 私、この富士山レーダーと同い年でして、レーダーがヘリ輸送で設置された日の翌々日に私は生まれております。そんなこともあり、このレーダーに対する思いは人一倍強く、この映画も何度も観ることになったのです。

 ヘリコプターやブルドーザーという近代的な機械力と、強力や馬方という伝統的な人間力の両方が活躍するのもいいですね。まさに昭和のプロジェクトX的世界を象徴しています(というか、これって「戦争文化」なんですけどね)。

 この映画が撮影されている時には、実際にレーダーはあったわけで、それを映像的には避けつつ、現場での撮影を多用したのは素晴らしいですし、セットとしてももうひとつレーダードームを作っているのですから、当時の映画のお金と労力のかけ方はすごいと思います。

 今だったらCGとかでごまかしちゃいそうですよね。当時は映画自体がプロジェクトX的だったわけです。

 一瞬ですが、当時の吉田の火祭りの様子が映ります。富士山からの山中湖や本栖湖など麓の景色も貴重ですね。おススメの名作です。

 ちなみに芦田伸介演じる葛木のモデルが、原作者の新田次郎です。

| | コメント (0)

2022.08.31

『完本・哲学への回帰 人類の新しい文明観を求めて』 稲盛和夫・梅原猛 (PHP研究所)

Th_61doey88d7l 日亡くなった稲盛和夫さんの「哲学」を学ぶためには、まずこの本を読むことをおススメします。

 2019年に亡くなった文化・哲学の巨人、梅原猛さんとの対談ということで、お互いの「哲学」をお互いに咀嚼しながら解説してくださっているので、私たちにも分かりやすい。

 自利と利他の共存。徳と経営の両立。哲学と倫理と宗教の復権。

 20世紀人類がその反対、すなわち共産主義や科学万能主義、利益第一主義によって、自らを苦しめてきたことから、21世紀のテーマはやはり「回帰」となるのです。

 ここでお二人が述べていることは、まさに21世紀への遺言となってしまいましたが、こうして素晴らしい本としてまとめられたことは、私たちが常にそのメッセージを思い出すきっかけとなるでしょう。

 すなわち、これは21世紀日本人、そして22世紀日本人のバイブルとなるに違いありません。

 そう、今の子供たちは22世紀に生きるのです。だからこそ、私たち大人はこの21世紀を意味あるものにしなければなりません。

 繰り返し読みたいと思います。

Amazon 完本・哲学への回帰

| | コメント (0)

2022.08.28

『ほとんどの日本人が知らない山の神様の秘密』 秋山眞人×羽賀ヒカル

Th_51fwozusjl_sx339_bo1204203200_ れまたタイミングよろしく、山の神様のお話。

 八ヶ岳から無事下山し、富士山の自宅に帰る車中で聴きました。

 ちなみに、一昨日づけの記事で高城剛さんの著書を紹介しましたが、私と高城さんの出会いは「高城未来ラジオ」での対談でした。

 私(仮名中村先生)出演の回ののち、秋山眞人さんも出演されましたが、実は私から高城さんへの紹介でした(CS60の西村先生もです)。

 秋山さんもホントすごい人ですよ。とんでもない能力と知識をお持ちです。それこそ皇室とも関係が深い。山に関する感覚も一般人のそれをはるかに凌駕しています。

 そんな秋山さんが、これまた私もご縁をいただいた羽賀ヒカルさんの神社チャンネルで「山の神様」について語ってくれたのです。

 繰り返しますが、なんというタイミング!ぜひご覧くださいませ。

 山の生き神さまである、青年小屋のご主人竹内敬一さんもおっしゃってました。世界の山々を知り尽くした登山家たちでも、みな富士山を見ると言葉を失うと。

 

 

| | コメント (0)

2022.08.27

すすき祭りの日に「遠い飲み屋」にて

Th_img_9488 年憧れであった「遠い飲み屋」にて飲む機会を得ました。

 敬愛する音楽の先輩方が20年以上続けてきた「夏の終わりのコンサート」に初めて参加することが許され、八ヶ岳の標高約2400メートルにある「遠い飲み屋」こと青年小屋に宿泊することができました。

 噂に違わぬ魅力的な小屋であり、主人である竹内さんのお人柄とカリスマ性に思いっきり惹かれてしまいましたね。

 本来なら昨年参加の予定でしたが、コロナによって残念ながら中止。1年間の準備期間を経ての実現となり、結果として自分にとってはベストなタイミングとなりました。

 一つには、体力的なこと。この1年、ほとんどデスクワークの毎日でしたが、実は私の「デスク」はエアロバイクの上に(無理やり)設置してあるため、頭と指を動かすと同時に、脚の運動も一日中続けてきたのです。

 あとはもちろん、普段から1200メートルの高地にて生活しておりますので、そういう意味でも案外山登りには適した体になっておりました。

 また吉田の火祭りの日に重なっておりましたが、今年はウチに不幸があったので祭りには参加不可となり、おかげさまで八ヶ岳に登ることができました。

 あまり知られていませんが、吉田の火祭りは、八ヶ岳山麓にある御射山社の「(すすきの)穂屋祭」から派生したものです。今日行われるその「穂屋祭」と同日に吉田の「すすき祭り」も行われます。そしてその前夜祭が「火祭り」というわけです。

Th_img_9493 ある意味、私は本家の「すすき祭り」に参加したとも言えるわけですね。これもまた不思議なことです。今朝雲海の上に突き出た富士山を見た時、本当に思わず涙が出てしまいました。

 穂屋祭では、諏訪の大神と国常立尊を祭ります。古くは富士山の祭神は国常立でした。まさに、諏訪と富士山をつなぐ霊脈がそこにあったわけです。

 さて、そんなこんなで楽しく登山し、コンサートも無事終え、本格的に「飲み屋」にておいしい日本酒をいただきました。

 主人厳選の全国のお酒が並ぶ中、慣れ親しんだ秋田の酒「雪の茅舎」があったのには感動。山の上で飲む銘酒はまた違った趣がありました。

 この小屋は、そんなフランクな雰囲気でありながら、今上陛下もお泊りになり、そして御自らお持込みになられた「清酒」を嗜まれた聖地でもあります。

 いずれにせよ、非日常の中にたたずむ素敵な飲み屋は最高でした。皆様、ありがとうございました。そして山々はじめとする神々にも感謝!

| | コメント (0)

2022.08.26

『いままで起きたこと、これから起きること。』 高城剛 (光文社新書)

Th_b0b8mrrz6k01_sclzzzzzzz_sx500_ の日は八ヶ岳の青年小屋に到着。デジタル・デトックス生活が始まりました。

 自然の中に放り出されて感じる、この世のサイクル、リズム。面白いですね。

 さて、昨日の記事で、JFKの甥の発言に注目しつつ、歴史は繰り返されることについて少し書きました。

 この本には、世界中の自然と都市を巡りつつ、地球を俯瞰してきた高城剛さんがまとめた地球のサイクルについて詳しく書かれています。

 彼と私は不思議な宇宙的なご縁があって、ほとんど会うことはないのですが、いろいろと高次の情報を共有しております(と勝手に思っている)。

 彼には彼にしかできない仕事があり、私には私にしかできない仕事がありますが、それはおそらく分業というやつで、最終目標は一緒なのではないでしょうか。

 さてさて、高城さんがこの本で強調しているサイクルの一つに「80年周期」があります。

 これは近現代に当てはまるものであり、そういう意味では、昨日私が最後に何気なく語った「ある歴史的事件を知る世代が少なくなってきた時、再び似たような事件が繰り返されるのが歴史の必然なのでしょうか」という一文に、ある種の真理があるかもしれません。

 つまり、近現代になり、先進国での寿命は約80年となりました。近現代史に残る事件はもちろんいわゆる先進国で起きています。それを直接知る世代がほぼいなくなるのに、つまりは80年かかるということです。

 そして明確な記憶、体験だった「事件」が「歴史」となる。すなわち、そこで新たな「歴史」が生まれ、結果として「歴史が繰り返される」ことになるのです。

 そういう視点で考えますと、いずれ文明のサイクルは100年とか120年になるのかもしれません。それは良いことなのでしょうか。悪いことなのでしょうか。わかりません。

 ただ、そうした周期の変化する大きな波を感じることは、高城さんの言う通りとても大切であり、それに乗るのか呑まれるのかで、その人、その国の運命は大きく変わることでしょう。

 私はおかげさまで比較的大波に乗っている感覚があるのですが、そのコツはと聞かれると答えるのはなかなか難しい。

 ある部分では波にまかせるところも必要であり、また、あるタイミングでは波に抗うことも必要。その判断は直観、直感としか言いようがなく、それは(私はやったことがありませんが)実際の「波乗り」と同じなのではないでしょうか。

 ただ言えるのは、実際にそういう「大きな波」を俯瞰するための高い視点の獲得とその維持は、ある程度意識的に成し遂げられるということです。

Amazon いままで起きたこと、これから起きること。

| | コメント (0)

2022.07.31

次世代の発電方法「核融合」のポテンシャルに迫る (NewsPicks)

 

 日、今日と素晴らしい方々と未来へ向けての研修をいたしました。

 21世紀は太陽の時代であると喝破したのは仲小路彰です。太陽は「女性」と「核融合」を象徴します。

 合宿の中でも「核融合」の話が出てまいりました。日本はこの分野で世界に貢献しなければなりません。

 友人の研究者に聞いたところによると、実は日本はこの分野でずっとアドバンテージを維持してきたそうです。

 しかし、ここにきて、この動画にもありますように、Googleやマイクロソフト、さらに中国の資産家が投資を始めたとのことで、国からの研究費が削減されてしまっている日本は、大きなピンチを迎えているようです。

 そこでクラウドファンディングが登場してきたわけですが、いかんせん庶民の力を結集してもなかなか彼ら世界の支配者層には敵いません。

 石油利権の時代は終わり、次は核融合利権の時代が来ると予想される今、少なくとも核心の革新的技術については海外流出しないようにしたいものです。

 いつも書いているごとく、日本では様々な情報操作が常態化しており、この核開発分野についても、原爆、原発事故の情報が誤って流布され、国民に「核アレルギー」が広まってしまっています。

 これは無垢な「戦争反対」と同じくらいに、感情的、表層的なものです。そして、その結果私たちは、仲小路彰の言う「高次深層心理戦」の敗者になってしまっているということでしょう。

 私たちは日本人ならではの感情的善意を利用されて、自らの国力を自らの手で低下させてしまっているのです。相手からすれば、まさに戦わずして勝つ最も基本的な戦争手段がうまく機能しているということです。残念ですね。

 しかし、いつまでも(戦後80年も!)ずっとやられっぱなしではたまりません。それこそ80年前から現在まで継続している第三次世界大戦に勝利するために、私たちは立たねばなりません。

 いや、兵隊になって戦地に行くとか、そんな前時代的なことを言っているのではありませんよ。

 核融合に関していえば、現在試みられているような高温・高圧を得るための技術とは別に、核融合反応が可能となる画期的な方法が見つかる可能性があります。

 それは高次元宇宙の研究と結びつくものでしょう。なぜなら、太陽をはじめとした恒星たちは、高次元エネルギーによって燃えているのですから。 

| | コメント (0)

2022.07.25

ウイルス療法

Th_-20220726-75257 ロナやサル痘のニュースが流れたあとの、NHKクローズアップ現代は「ウイルスの力を医療に」でした。

 ガンをはじめとする難病治療に「家畜化した(飼いならした)ウイルス」が大活躍しており、驚くよりも感動を覚えました。

 そう、何度も書いてきましたが、私たち人類の進化や健康にはずっとウイルスが活躍してきたんですよね。

 私たちの遺伝子(DNA)の7割がウイルス由来だとも言われておりますし、こうしてウイルスを改良して病気と戦う武器にするというのも、人類の歴史においては必然でした。

 同様に、新型コロナウイルスも、長期的に見れば私たちにメリットを与える存在であるかもしれませんし、それに対抗する新型ワクチンでさえ、私たちを進化させるきっかけとなるかもしれません。

 どうしても近視眼的感情論が先立ってしまうため、ウイルスというと悪者・敵というイメージになってしまいます。本来正義の味方であるはずのワクチンでさえ悪者・敵にされてしまう。

 そうそう、先日ある集会で「ワクチンを打った人」と聞かれて、ハ〜イと元気よく手を挙げたところ、100人中私と友人の二人だけという、恐るべき光景が現れました。

 おそらくその場の空気から挙手できなかった人が数十人いるのではと推測しますが、これはまずい傾向ですね。分断を生んでいる。今日のホリエモンのニュースもそうですが、どちらの立場の人たちもあまりに強く「予断」しすぎている。

 ちなみにその場で「ワクチン打ってどうですか」と聞かれた私は「パワーアップしました!」と即答して笑いを誘い、その場の凍りついた空気を和ませましたよ(笑)。

 外からの侵入者に対する恐怖感、忌避感というのは、これは本能にインストールされている機能なので仕方ない。しかし一方で、私たちは「和」や「汝の敵を愛す」精神を、やはり本能的に持っているはずです。

 これはそれこそ他人に押し付けるつもりはないのですが、私は新型コロナウイルスにせよ、新型ワクチンにせよ、基本的に受け入れる、もっと言えば友だちになるつもりでいます。

 話を戻しましょう。ウイルス医療、本当に素晴らしいと思いますし、おそらく宇宙からやってきたであろうそれらの元になるウイルスたちは、まさに無償の愛に満ちた救世主なのかもしれません。感謝しましょう。

| | コメント (0)

2022.07.04

山下達郎…「歳とったらポルシェ」の予定が、現在の意外なマイカーは…

20220706-100058 日、昭和の軽自動車と令和の軽自動車の話をしましたが、今日ちょうどこんな記事が。

山下達郎が歴代愛車を明かす 「歳とったらポルシェ」の予定が、現在の意外なマイカーは…

 昭和のミュージシャンは車好きの方が多い。ミュージシャンに限らずですね。いろいろな分野での成功者の象徴が車、特に外車だったのです。

 時代は移り、達郎さんのまさかの愛車は軽自動車。これは実に面白いですね。

 私はず〜っと軽自動車に乗ってきましたから、逆に死ぬまでに一度は高級外車を所有してみたいなんて思う時期もありましたが、ある意味達郎さんと同じで、今は「軽でいいや」、いや「軽がいいや」という状態です。

 やっぱり日本独特の環境の中に生れた日本独特の規格の車。

 限られた中だからこそ多くの工夫が生まれ、結果として世界孤高の世界を作り出してしまいました。

 今、ガソリンが異様に高騰していますし、景気も悪くなかなか消費が伸びない中、車体が安い上に燃費も良い軽自動車が注目されるのは当然であり、ある意味こういう時代のために今までの開発努力があったとも言えるでしょう。

 いつも言うとおり、電気自動車には問題が多すぎます。

 今年のはじめにもこんな記事を書きました。

EVの現実(バッテリー問題)

 結局、様々な条件を考えた時、軽自動車がこれからのメインになる可能性は大いにあると思います(世界的にも)。走行性能の進歩は、ずっと軽自動車に乗ってきた私には信じられないほどです。安全性能も普通車と同等か、それ以上にさえなっています。

 そして、なんと言っても達郎さんの言うとおり、狭い日本の中での取り回しの良さ。我がエブリイくんなんて最小回転半径4.1mですよ。めちゃくちゃ小回りくんで、狭い道で一気にUターンしたりすると、周りの人たちに驚かれますね。

 というわけで現在、我が家には3台の軽自動車があります。アルト、ワゴンR、エブリイ。アルトとエブリイは貨物車ですので、税金は年間5000円!です。

 軽自動車はその他の諸経費も安く、まさにこれからのミニマムな時代にぴったりの自動車ですね。特にスズキの進めているマイルド・ハイブリッドには注目です。廃車や廃バッテリーのことを考えても、結局一番エコなのはそれだと思います。

 達郎さんも、きっとそういう意味でも「軽でいいや」な気分になっているのではないでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧