カテゴリー「もの」の526件の記事

2021.03.17

EV推進の嘘

 日、家内の軽自動車が鹿と衝突してしまいました。富士山麓は鹿が多く、年に何度もヒヤッとすることがあるのですが、今回はどうしても避けられずぶつかってしまったとのこと。

 鹿ちゃんはそのまま森に走り去っていったので、まあとりあえずは無事だったようですが、車の方はなんとか走行できるものの、かなりの破損です。さっそくお世話になっている車屋さんに修理をお願いしました。廃車は免れたようです。

 世界的にはEV(完全電気自動車)への移行が潮流のようですが、たとえばここ富士山のように、寒冷地であり、また積雪も多く、さらに坂道やオフロードも多数あり、スタンドはもちろん人家もまばらなところですと、EVはなんとなく不安です。

 今回のような場合にも、EVだといろいろと心配があります。第一、軽自動車のEVってどうなるのでしょうか。

 以前から、私はEV礼賛の流れに懐疑的であり、全自動車が全てEV化したら、その製造過程、廃棄過程においてCO2は今より多く排出されるであろうことや、電気使用量が激増し、その結果原発をあと10機以上作らなければならないことなどを訴えてきました。

 人間というのは常に近視眼であって、自分のところでCO2が排出されなかったり、電気が足りていれば良しとしてしまいます。なかなか時空を超えた想像力を持ち得ない存在なのです。

 今日は、そんなEVの様々な問題点について語っている動画を紹介します。いろいろな意見があったり、技術革新があったりするのは承知ですが、現状あまりに盲目的というか政治的、経済的な流れになっているので、皆さんにもいろいろと考えていただきたいと思う次第です。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021.03.08

Micro USB to Lightning 変換アダプタ

Th_61xrssjimwl_ac_sl1500_ らに忙しいので、今日はさらに軽めのものを紹介します。

 これ便利なので、なんだかんだ6個稼働しています。そう、iPhone用のLightningケーブルって、けっこう高いじゃないですか。ですので、やたら転がっている(絡まっている)MicroUSBケーブルをLightningに変身させるこの変換アダプタを使っているのです。

 もっと安いものもあるのですが、これはハズレがないのと、紛失防止のキーホルダー(?)がついているのでおススメです。

 シェルもアルミ製でほんのちょっと高級感があり、実際強度もプラスチック製よりありそうです。

 もちろん充電だけでなくデータ転送にも対応していますし、装着感もカチッとしていていい感じです。

Amazon Micro USB to Lightning 変換アダプタ

| | コメント (0)

2021.03.07

全自動コーヒーメーカー CM-503Z (ヒロ・コーポレーション)

Th_cm503z01 ちゃくちゃ忙しいので軽めにいきます。

 最近買った格安コーヒーメーカーです。今のところ、調子よくコーヒーを淹れてくれています。

 ちょっと前までこちらのコーヒーメーカーを使っていましたが、調子が悪くなりまして買い替えたのです。

 先代の石臼式は2年以上毎日ゴリゴリ使いました。もう少し持ってくれても良かったのですが、メインテナンスをちゃんとしていなかったからしょうがないかな。1万2千円くらいで買いましたので、1000日使ったとして1日12円。これは高いのか安いのか。まあ安いか。

 で、今回はもっと安くてなんと5770円でした。新製品なんですが、これは安すぎますね。最初はちょっと安すぎて心配でしたが、使い勝手もよくおいしく淹れられるので満足しています。

 たしかに掃除が楽でいいですね。ただ、水タンクが本体と一体型なので洗浄ができないのと、タンクにコーヒー豆が落ちてしまうと取りにくい(取れない)のがちょっと。ま、気にしませんが(笑)。

 ミル(カッター式)付きコーヒーメーカーとしては、とにかく今までの常識を破った安さですね。これもまた何年持つかが問題でしょう。カッター式なので石臼式よりはシンプルな作りですから期待したいと思います。

Amazon CM-503Z

| | コメント (0)

2021.03.04

工進(KOSHIN) 家庭用バスポンプ

Th_71p0tujtdfl_ac_sl1500_ 日は(も)皆さんにはどうでもいい話題です。

 昨年の今頃から運用している「24時間電気風呂」でありますが、非常にいい感じです(笑)。

 お湯の全面的入れ換えは1週間に1度。結局24時間保温しっぱなし(41度)にしていますので、いつでも風呂に入れます。

 私以外の家族女3人も、その「いつでも」がいいようで結構気に入ってくれています。電気代も想定以下で、結果として灯油ボイラーより安価ですんでいます。

 そんな中、1年運用してダメになったのは充電式シャワーです。スイッチがいかれまして、突然夜中にシャワーが吹き出したりし始めました(笑)。

 まあ1年持ったので良しとしまして、再び同じものを買おうかと思ったのですが、なんだかんだ5000円近くしますから、もっといい方法はないかなと考えまして、こちらにしました。

 これって、実は風呂の残り湯を洗濯機で使うためのポンプなんですよね。それを今まで使っていたシャワーのホースとヘッドに無理やり接続してみました(ホースの内径が違う)。

 結果、全く問題なく使えますし、水圧もちょうどいいくらい。おそらくはポンプの性能(耐久性)も中国メーカーのものよりいいと思いますので、しばらくこれで運転してみようと思います。

 壁にオンオフスイッチがつきましたので、なんだか今までと違って高級感があり、家族も喜んでいました(笑)。まあ、近所のホームセンターで1300円台で買ったんですけどね。

 あっそれから、投げ込みヒーターに100円ショップで買ったブラスチックのザルみたいなのを装着して、加熱しながら入浴できるようにしました。やけどの心配がなくなりました(感電の心配は?…w)。

Amazon 工進 家庭用バスポンプ

| | コメント (0)

2021.01.26

鈴木政吉物語

Th_image1__1_ 「木バイオリン」が本社を大府に移すというニュースが流れてきました。

 私もクラウドファンディングに参加いたしました。

~日本のバイオリン作りの文化を残したい~ 世界一の弦楽器メーカーを目指します

 私も初めてのヴァイオリンはスズキでした。のちに譲り受けて愛用したヴィオラも鈴木製。お世話になりました。

 そののち、イギリスの名工、故デイヴィッド・ルビオにオーダーしてバロック・ヴァイオリンを手に入れましたが、その他の大量の楽器群は全て中国製です。

 実際、中国製は安くて良いのです。それが今、世界を席巻している。つまり、100年前の鈴木バイオリン大ブームと同じことが起きているわけですね。

 そう、鈴木政吉が作り始めたヴァイオリンは世界中で売れに売れたのです。その数、一日500本、年間10万本のヴァイオリンが輸出されたとのこと。すごいですね。

 実際、品質、音質が優れており、かつ安価だった。あのアインシュタインが絶賛したのは有名な話ですよね。そのあたりについて、鈴木バイオリンさんのホームページに詳しく載っていますので、ぜひお読みください。

 鈴木政吉物語

 昨日絹弦のヴァイオリンについて書きましたが、戦前のヴァイオリン・ブームの中で、鈴木バイオリンさんが果たした役割はとても大きかった。さらに戦後、政吉の息子鎮一が世界に広めたスズキ・メソードのことまで考えると、ヴァイオリン文化を日本のみでなく世界に、特に庶民たちにそれを浸透させた功績は非常に大だと言うべきです。

 そんな歴史的な意味からも、ぜひ鈴木バイオリンさんには頑張ってもらいたい。そして、私が豊かな音楽人生を送るきっかけを作ってくれた鈴木バイオリンさん、応援します。

 

 

 

| | コメント (0)

2021.01.25

絹弦ヴァイオリンについて

Th_-20210126-122957 て、不思議なご縁から一気に妄想が現実化している、私のシルク・ヴァイオリン計画。つまり、ヴァイオリンに絹弦を張って演奏するということ。

 以前どなたかから、戦前のヴァイオリン・ブームの時に、ガット弦(当時は今のバロック・ヴァイオリンのようにみんな裸ガットを使っていた)が手に入らない時に、三味線の絹弦を代用したという話を聞きまして、いちおう邦洋両方のオリジナル主義を標榜してきたワタクシとしては、その当時の響きを再現したいと思っておりました。

 もちろん、そのような試みをする方は世界で数人(!)いらっしゃるわけですが、再現だけでなく本気でこれからのヴァイオリンの弦の標準としてシルクを普及させようとしている人はそんなにいないでしょう。

 たまたま知り合った(自称)琴糸職人さんが、このことに大変興味を持ってくれまして、これからいろいろなパターンで糸を撚ったり組んだりしてくれるとのこと。

 伝統的な技と最新のテクノロジーをもってすれば、現今のガット弦よりも耐久性があり、そして音色の優れた弦が作れる可能性があります。コストもかなり低くすみそうですし。

 そんなわけで、今、いろいろ歴史的なことを調べているのですが、国会図書館のデジタルコレクションで見ることができる、大塚寅蔵著「通俗 ヴァイオリン獨まなび 使用法ノ部(1909,明治42年)」に、興味深い記述があったので備忘のためここに記録しておきます。

20210126-93417
 
 和製は絹糸、舶来はガット。絹よりガットの方が良いということですね。絹に蝋でコーティングしている。価格は安いけれど、E線以外は断然舶来ガットだとのこと。なるほど。

 当時も今も、舶来信仰が強いようです(笑)。このあと大正になるとE線にスチール弦を使うことが増えるようです。シルクからいきなりスチールかあ…なんだか、日本の工業化をなぞるようですね。

 まあ、とにかく文献の上からも、明治時代にはヴァイオリンに絹糸を張っていたことがわかりました。この当時って、まだ西洋音楽に耳が慣れていなかったからでしょう、ヴァイオリンやオルガンで日本の曲(たとえば三曲)を演奏することが多かったんですよね。お琴とヴァイオリンとか。そのあたりの歴史も探ってみると面白そうです。

明治中期から大正期における洋楽器で日本伝統音楽を演奏する試みについて─ 楽譜による普及を考える─ 上野 正章

| | コメント (0)

2021.01.24

ロジクール ヘッドセット H111

Th_51hjyzxilfl_ac_sy355_ ロナのおかげで、本当にいろいろなことが変りました。

 特にオンラインで人とつながることが多くなり、それはそれで今までにないご縁を頂戴する良い機会となっています。

 中でも若い人たちとの交流は、昨年の今頃までとは比べものにならないほど増えました。若い人たちほどオンラインに抵抗がありませんからね。

 我が家では、私をはじめ家内もよくオンラインで研修をしていますし、娘たちは普通にオンラインで授業やお稽古をしております。

 そんなわけで、ウチのADSLの細い回線は常に混雑、またPC(MacBook Pro 2012×3)もフル稼働。その他、iPhoneやiPad、そしてFireタブレットなども大活躍しております。

 で、家族みんなで使うために、このヘッドセットを購入しました。ウチのデバイスは全部、4極ミニプラグなので、これが1台あれば事足ります。

 安い割にけっこういい製品だと思いますよ。ちなみにノイズキャンセリングというのは、ヘッドホンではなくマイクの機能です。

 ヘッドホンは、まあウェブ会議用という感じですが、あまりこだわらずYouTubeで音楽を聴く程度であれば全然許せる音質ですね。

 これはウチだけの事情ではないと思いますが、家族全員が居間にいることが多く、その際いっぺんにいろいろなデバイスからいろいろな音が同時に出ている状況になるんですよね。ひどい時は6種類の音が出ている(笑)。

 最近の若者は聖徳太子のように、それらを取捨選択して聞き分けています。聖徳太子ではないワタクシは、どうしても他の音が気になってしまうことが多いので、その際はこのヘッドセットをして集中するようにしているのでした。

Amazon ロジクール ヘッドセット

| | コメント (0)

2021.01.23

『ATOTO SA102』 (CarPlay対応格安カーオーディオディスプレイ)

Th_img_7311 年の自分へのお年玉がこれ。

 愛車エブリイに装着して3週間ほど使ってみました。大変快適になりましたのでおススメいたします。

 私はiPhone8で有料ナビアプリ「カーナビタイム」を使っていたのですが、最近老眼がさらに進行したこともあり、画面が小さすぎて不便を感じることが多くなってきました。

 また、iPhoneでナビを何時間も使っていると本体が加熱して、突然ブラックアウトしてしまうことが多発して、特に夏場は不便でした。

 「カーナビタイム」の機能自体は非常に気に入っているので、それをそのまま大きなディスプレイで使いたいということで、安いカーオーディオ・ディスプレイを探していたところ、この中華製品が目につきました。

 まず1万円台というのが魅力。安物買いの天才と言われる(言われてない!)ワタクシの食指が動くのは当然ですね(笑)。

 純正のオーディオはCD対応のレシーバーですが、もうCDを車で聴く機会もありません。さっそくお年玉でこのATOTOを購入して自分で入れ換えしてみました。

 Amazonで専用のハーネスとリモコンも購入。専用ハーネスだと配線は3秒で終わりますか、入れ換え作業自体は20分もあればできます。

Th_img_7314 中華製にありがちな謎の表記や謎の挙動も時々ありますが、ナビだけでなく、オーディオやラジオ、またハンズフリー通話や、メッセージやLINEへの音声入力なども快適に行なえ、結果として安全運転にもつながっていると思います。

 ハンドルに付けることを前提に作れているリモコンですが、私は写真のようにディスプレイ下につけました。誤操作が少なくていいですし、このATOTOを装着してからというもの、いつもは後席に座っていた娘がAmazonミュージックやYouTubeミュージックの操作をしたくて、助手席に座るようになったので、彼女らのためにもこの位置にリモコンがあると便利です。

 音量の操作がディスプレイ下のボタンだとやややりにくいので、このリモコンのリングを回す方が快適です。

 高級なカーオーディオやナビを入れると、なんだかんだ10万円くらいかかってしまうことがあります。ふだん使い慣れているスマホ(iPhoneやAndroid)の機能やデータがそのまま使える上に、全部コミコミで2万円ちょいですから、皆さんもこういう手を使ってみてはいかがでしょうか。

Th_img_7299 CarPlayに対応していないアプリもバックグラウンドで再生できますし、ディスプレイに表示されます(写真はAudiobook)。また、ディスプレイとは関係なく、iPhoneも普通に操作できますので便利ですね。

 ちなみにこの製品はスマホと本体とはUSBケーブルでつなぎます。有線ですが、その分充電もしてくれるので悪くないですよ。

 では、このATOTO SA102とCarPlayでの「カーナビタイム」の様子を紹介してくれている動画を貼っておきます。ぜひご覧ください。

 

 

| | コメント (0)

2021.01.10

絹糸ヴァイオリン(ヴィオラ)

Th_img_7293 急事態宣言がなければ、今日は東京にて演奏をする予定でした。

 先日お会いした、日本を代表する生田流箏曲家、安藤政輝さんとのコラボ。新春ということもあり、宮城道雄の「春の海」を共演するはずだったのですが、残念ながら私は行けませんでした。

 昨年末、安藤先生に初めてお会いした時の記事はこちら

 そこには「シルクとガットの共演」のようことを書きましたが、実は今回は「シルクとシルク&ガット」の共演になる予定だったのです。

 というのは、前回お会いした時に、お琴の絹糸や三味線の絹糸を何本かいただきまして、それを翌日のモーツァルトの演奏が終了してすぐに、私の5弦なんちゃってバロック・ヴィオラに張ってみたのです。

Th_img_7294 お琴の絹弦はD線にぴったり。さらに三味線の二の糸がA線にぴったり。そしてヴァイオリンのE線にあたる5弦目は三の糸を。これはちょっと細すぎ。二の糸を張ってみましたが、さすがにEまでは上げられず(切れませんが)C止まり(ちなみに写真の5弦は三味線三の糸)。

 ということで、本番はC線とG線はガット、D線とA線、そして5弦目Cはシルクというハイブリッド・スコルダトゥーラで調弦して臨む予定だったのです。

 で、肝心の音ですが、これが素晴らしい!びっくりしました。今回はお琴と三味線の弦を適当に代用したので、ややテンションが足りず、音量はガットの8割くらいまで下がってしまいますが、その音質、倍音の豊かな音色は予想以上に美しい。お聞かせできないのが残念です。

 知り合いの琴糸職人さんが、これからヴァイオリン属やヴィオール属のために試作品をたくさん作ってくれるということなので、いずれ「シルク・オーケストラ」や「シルク・コンソート」を実現してみようと思います。

 演奏側としての心配として、より糸は弓で弾きにくいのではないかということがありましたが、これは杞憂でした。裸ガットを弾き慣れている人にとってはなんの問題もないでしょう。

 かつて戦前ヴァイオリンがブームになった時、なかなか弦が手に入らず、多くの演歌師たちが三味線の弦を代用したという話をどこかで聞きましたが、なるほど可能性ふつうにありますね。やってみてよくわかった。

 そしてその音がこんなに素晴らしいとは。現代のヴァイオリン属や、その集合体であるオーケストラの音って、正直どうなの?と思ってしまいます。戦前まではウィーン・フィルもベルリン・フィルも裸のガット張ってたみたいですし、もしかすると、日本にはシルク・オーケストラがあったかもしれない?

 このプロジェクト、これからの展開が楽しみです。宮城道雄という東西の音楽を結んだ天才の作品もまた、ここで新しい魅力を発揮するかもしれません。なにしろ、今普通の演奏は、ナイロン弦の箏と金属弦のヴァイオリンによるものなのですから。

| | コメント (0)

2020.12.29

メガネ曇り止めクロス

Th_71uzritbll_ac_ul1500_ ベノマスクの在庫が切れて、一般的なマスクをするようになり、さらに寒さが増す季節となりまして、困ることと言ったら、メガネのくもりです。冷えた車の運転の際など、本当に難儀していました。

 しかし、これがあれば全然大丈夫!たしかにスグレモノです。2日程はほとんど曇りません。

 マイクロファイバーのクロスに界面活性剤が染み込ませてあるんでしょうかね。使用後は付属の乾燥防止用の袋に入れて保管する必要があります。

 600回使えるということですから、計算上冬だけなら数年使えることになりますね。まあ、そこまでは期待していませんが。

 なにしろ800円弱で、さらに500円分のキャッシュバックがあるのですから。つまり、原価は数十円なのでしょう。

 この季節、メガネの曇りでお悩みの方はぜひお試しください。

 ちなみに、 アベノマスクは苦しくないし、曇らないし、つまり通気性が良すぎて、マスク本来の効果はほとんどないということなのでしょう。

 冒頭で在庫が切れたと書きましたが、実は今日また大量に入荷しました(笑)。久しぶりにアベノマスク生活に戻そうかな。結構目立つんですけどね(笑)。

メガネ曇り止めクロス

| | コメント (0)

より以前の記事一覧