カテゴリー「もの」の454件の記事

2018.10.29

格安 掛け時計(アイリスプラザ)

Th_61b67o27rl_sl1000_ て、今日は軽いネタでいきましょう。いや、案外重いかも?
 最近、「時間」について考えてばかりいます。先日、紹介した吉本ばななさんの「違うこと」をしないことでも、私の時間論が紹介されていました。
 ようは、「時間は過去から未来へではなく、未来から過去へ流れている」という考え方です。これは別に目新しい考え方ではありません。逆にとっても古い考え方です。
 結論から言ってしまうと、本当は時間は流れていません。全てが「今ここ」に同時に存在しています。ただ、私たち生き物はそれを流れているように捉えるよう進化しているだけです。
 その捉え方に大きく分けて、「過去から未来へ」と「未来から過去へ」の二つがあるということです。
 で、本来人間は後者であったはずなのに、近代になって前者のような考え方が主流になってしまったのです。
 そのあたりのからくりを説明するのに、この時計は使います。というか、普段はフツーに壁掛け時計として重宝してますよ。大きいし、デザインもいいし、静かだし。そう、秒針がカクッカクッと動くタイプではなく、スムーズに連続的に動くタイプなので、音もほとんど無音で良い。
Th_6b06b3e67b4b4999b8d1434ecda54876 この前、あるイベントで話した時の写真がこれです。こうして持ち上げて説明するにも、大きさ、軽さの点で最適です。
 何をどのように説明しているかというと、そのスムーズに「時計回り」に動く秒針を一番上、12時の位置に止まるように、時計を「反時計回り」に回すのです。そうすると、針が止まって文字盤が回るタイプの和時計を再現できる。そう、文字盤(すなわち「時」)が反時計回りに、つまり、未来から過去へ動くのを確認してもらえるんですね。
 自分が止まっていて、「時間が流れている」という、言葉どおりのことが体験できるわけです。「自動説」ならぬ「時動説」。地動説の普及とともに、自分が歩んでいくイメージの「自動説」も蔓延していきました。
 というわけで、本当なら「針が止まっていて文字盤が回る」タイプの壁掛け時計があったら欲しいんですけど、一針式だと細かい時間がわからないし、二針、三針式だと複雑すぎるし、難しいか。
 いずれにせよ、このアイリスの壁掛け時計、安い割に良い製品だと思います。なにしろこのクオリティーで1280円(税・送料込み)ですからねえ。おススメします。
 あっそうそう、電波時計はダメです。我が家では時計はわざと5分ほど進めて使いますので。

Amazon アイリスプラザ デザイン 掛け時計 ブラウン 30cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.24

CS60の世界(プロモーション・ビデオ)

 日紹介した未来医療のアイテム(デバイス)、CS60。我が家でも毎日のように大活躍。いろいろな方に奇跡を体験していただいております。
 なにしろ、昨日書いたように、これは「モノ」なので、「コト」たる現代科学ではなかなか説明できない部分があり(最先端をゆく科学者の方は皆さん「ありえる」と言いますが)、そう簡単には紹介できないなと思っていましたが、昨日の本のように発明者自身が発信を始められましたので、私もいよいよここに明らかにしていきます。
 今日ご覧いただきたいのは、そのCS60の素晴らしいPV。私の知っているCS60の世界が、見事に表現されています。
 なぜ、こんなに素晴らしいビデオになったのか。それは、製作者ご自身もその奇跡を体験なさったからです。その感動と驚きがなければ、このような作品にはならなかったでしょう。
 その方を導いたものは、不思議なネットワークです。高次元のネットワークが彼を呼んだのでしょう。ちなみにその方は、ここ数日このブログに登場した天才たちと一緒に仕事をしております。
 私が皆様にお伝えしたいことを、こうして天才が代わって表現してくれる。これまた究極のアウトソーシングですね。
 どうぞ御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.23

『120歳時代の生き方』 高橋呑舟・西村光久 (徳間書店)

Th_51t75ldp9l_sx338_bo1204203200_ 日からしばらく「アウトソーシング」特集です。
 昨年から、テレビやラジオ、インターネットなどに登場させていただくことが多く、そのおかげさまで、私が人生の中で考えてきたこと、実感してきたことを多くの方に知っていただく機会が激増しました。
 たとえばこのプログでの発信のような「自力」の影響力なんか、たかがしれているわけですが、こうして影響力のある方々が、ある意味私の代わりに発信してくださる、つまり「他力」は実に強力です。
 やはり自我にこだわりすぎない方がいいですね。
 さて、他力ということでいえば、私はこの本で紹介されているCS60という不思議な器具に出会って、それを痛感させられています。
 たしかに私がそれを手に持って動かしているが、そこには間違いなく「他者」のエネルギーが存在しています。それは私流の言い方をすれば、「コト(自我)」ではなく「モノ(他者)」ですね。
 「もの」という日本語の歴史を振り返ってみれば、「もののけ」や「ものいみ」、「もののあはれ」などの例を挙げるまでもなく、まさに人知を超えたエネルギーが存在するのは間違いありません。
 それを「超科学」と言うこともできるでしょう。ものすごく古くてものすごく新しい。CS60については、私は未来医療というい言い方もしています。
 かつて特殊なシャーマン的存在にのみ与えられていた能力…それを「神の手」と呼んでもよいでしょう…が、テクノロジーによって万人に与えられたとしたら、これは人類史上、大変な革命となります。
 私はこのCS60には間違いなくそのような可能性があると信じています。
 こちらに暗に書いたように、この未来医療を高城剛さんに紹介したのは、実は私です。彼がそれを気に入り発信してくれたことで、その革命は大きく前進したと思います。まさにアウトソーシングは「ご縁」そのものですね。
 ちなみに、究極のアウトソーシングということでは、この本に私のある「発見」が掲載されております。「ユニークな教頭先生」が発見したのは、CS60が「薬師如来の薬壷」であるということ。
 私がブログの以下の記事に書いた内容を引用してくださっています。ありがたいことです。

薬師如来が持っている薬壺は?

薬師如来の薬壺の秘密

 皆さんもぜひ体験してみてください。もちろん私のところに来ていただいてもOKです。ボランティアで施術させていただきます。
 最後に一言。私も宇宙人かもしれませんが、現代にこの薬壷を降ろした西村さんは、もっともっと宇宙人ですよ(笑)。

Amazon 120歳時代の生き方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.11

BOSS 『KATANA-MINI』(ポータブルアンプ)

Th_91l5ntbmmll_sl1500_ 日のトークショーのために急遽購入しました。トークはたぶん地声でやると思います。ただエレクトリック・ヴァイオリンにはアンプが必要ですね。
 当初、ふだん使っている大型のアンプを持っていくつもりでしたが、自家用車ではなくバスで行くことになったので、もっと小さなアンプが必要になったのです。
 小型でいい音…といえば、この「刀ミニ」でしょう。ギター界では有名な逸品です。はたしてヴァイオリンの音はどうでしょう。
 さっそく届いた刀を鳴らしてみました。ふむ、なるほど音量は想定したとおり。小さな空間ならぎりぎり使えるかな。ちなみに出力7Wで4インチスピーカー内蔵。
 「クリーン」に加え、「クランチ」と「ブラウン」のサウンドが出せます。これがギター弾きにとってはなかなかの音質だそうですね。ヴァイオリンではほとんど「クリーン」しか使いませんが。
 リバーブでなくディレイが搭載されているのも個性的ですね。個人的にはこれも嬉しい。一人で即興演奏する時、けっこう遊べます。
 それからミニアンプのくせに、ちゃんと3バンドイコライザーがついているのもいいですね。私のなんちゃってエレキ・ヴァイオリンでは中音域をふくらませた方が豊かな響きになりますので。
 そして何より小ささがよい。リュックにスポンと入りました。縦にすることなく横のままスポンです。さらに乾電池で7時間駆動というのも良い。電源を探し、引っ張ってくる必要がないというのは、実にストレスレスです。
 というわけで、明日の即興演奏はどうなるのでしょう。なにしろ即興ですから、自分でも何が起きるか分かりません。その「場」をそのまま音にしたいと思っています。楽しみです。

Amazon 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.30

マルチ・スズキ 『ジプシー』

Th_img_2679 ょうど246を走る用事があったので、寄って見てきました!
 最近気になっていた、新型ジムニー…ではなく、旧型(二世代前)ジムニーの「新車」。
 インド製です。インドでは「ジプシー」として絶対的な信頼と人気を誇る、第2世代ジムニー。まだ新車として生産されているのです!
 それをあのワイルドグースさんが輸入して2年かけて日本の車検を通したという一品(逸品)!
 もう見てしまったが最後、欲しい!となってしまいました。
 新型(第4世代)ジムニーの納車が半年以上先というのなら、思い切ってこいつを買ってしまおう!なんて思ってしまいました。
 まあ、とにかく紹介動画を見てください。

 そうそう、インドのジプシーと言えば、昨年安倍総理と昭恵さんがインドを訪問した時、日印の友好の印としてジプシーに乗ってパレードしました。
 普通、大きな高級車のオープンカーですよね。それを日本製の元来軽自動車であるジプシー(ジムニー)でやっちゃうところが、なんともインドらしいというか、逆にオツなおもてなしでした。

 この車も警察車両だということで、助手席ドアの下に謎のステップがついています。すなわち、立ち乗り用のステップのようです。面白すぎ。
 私は第二世代ジムニーを3台乗り継ぎましたが、第三世代はちょうど子育ての期間と重なったため、全く縁がありませんでした。ですから、ジムニーと言えばこれしか知らないわけで、実際久しぶりに乗ってみて、なんか懐かしいというよりも、普通に受け入れられたのです。
 部品もほとんど日本で調達できますし、専門店も多い。インドでもほとんど故障しないというのが売りということもあって、かつて乗っていた最新のイタリア車よりはストレスが少なそうです(笑)。
Th_img_2676 ただ、レジントップの品質はあまり期待できません。実際のところ見た感じ、触った感じは、さすがインドクオリティーという感じでした。
 そこも含めて、本当に好きな人じゃないと乗れないでしょう、とお店の方もおっしゃっていました。はたして、自分はそれに該当するのか?
 しかし、ロング化され、さらに背高のトップのおかげで、荷台の広さはジムニーとしてはあまりに画期的でした。車中泊もOKでしょう。
 というわけで、かなり迷っているので、ある方、すなわちこの車に乗ったことのある方に背中を押してもらおうと思っています。さてどうなるか?最新型になるのか、それとも…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.05

「家に猫がいます」マグネット

Th_51owbzaminl_sx355_ 日に続いておバカなステッカーの話。
 私は車にウルトラ警備隊のマークを貼っておりますが、家内はというと、こちら「家に猫がいます」という、これまた訳のわからんのを貼っております(笑)。
 「Child in car」とか「ドラレコ録画中」というのは、それなりに意味があると思いますが、「家に猫がいます」って情報はどうなのでしょうか(笑)。
 後ろの車からすれば、「ああ、この運転手さんは猫を飼ってるんだ」と思うだけでしょう。それ以外に反応のしようがない。
 カミさん的にはその主張こそが大事なのだそうです。てか、これ見つけて買ってあげたのワタクシですけどね(笑)。
 ちなみにレビューを見ると、駐車場などで声をかけられることもあるのだとか。猫好きからすると仲間を見つけたという感じでうれしいですよね。たしかに犬好きは散歩しながらお互いコミュニケーションとれますが、猫は難しい。ウチのシローさんとチョモちゃんは散歩できますけど、そういう人には出会いませんね。
 また、レビューてはまじめにこれを付けている人もいることがわかります。なるほど、自分が交通事故で死亡した時に、「家の猫をお願いします」というメッセージを残すということですね。ある意味すごい危機管理だ。
 というわけで、見かけたら声をかけてあげてください。

Amazon 車用 マグネット ステッカー 家に猫がいます CAT AT HOME 耐候性 耐水
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

ウルトラ警備隊マグネットエンブレム

Th_31uqvmrmsvl 実の生活、主に仕事におきましては、いろいろと重い重い課題に襲われておりますが、心はいつも軽やかにいきたいと思います。重い荷物をずっと背負っていると大変ですが、その上に座って休んだり、場合によっては他人や宅配便に頼んだり、荷物を勝手に開いてその一部を見つからないように捨てたり(笑)、そんなふうにすると案外楽しいものです。
 で、そういうずるい方法の一つとして、スケールをめちゃくちゃデカくするというのがあります。
 日常の仕事の憂いなんていうのは、宇宙のレベルから見れば塵以下の存在。つまりそういうことです。
 というわけで、さっそく最近やったのが、自分の車にとんでもないステッカーを貼ること。みんなにバカにされています(笑)。
 それは…そう、番組ウルトラセブンにおける、地球防衛軍の極東基地に所属する精鋭部隊ウルトラ警備隊のあのマークです。
 ウルトラセブンの様々なデザインが秀逸であることは万人の認めるところでありますが、このウルトラ警備隊のマークも非常にかっこよく美しい。私の世代の男の子たちにとって憧れのマークであったと言えます。
 なんでこんなものを今更自分の車に恥ずかしげもなく貼ることにしたのかというと…よく皆さんに言うんですけど、私って永遠の中二病どころか、年中病なんですよ。年中病、すなわち幼稚園の年中さんのまんまってことです(笑)。
 そこに大きく関わってきているのがウルトラセブンです。ウルトラセブンが放映されたのが、1967年から1968年、私が4歳になる年です。つまり年少さんの時だったんですね。
 年中さんになる頃というのは、番組が再放送されたり、様々なグッズや書籍が発売されたり、また後継番組がより大人向けな怪奇大作戦だったりしたこともあって、私なりにウルトラセブンを消化する時代になったんですね。
 で、まじめな話、その時に今の私が形成されてしまった。すわなち、ウルトラセブン最終回のメッセージ「この地球は我々地球 人が自分たちの手で守らなければならないのだ!」が人生のテーマになってしまったと。
 いや、宇宙人を自称するワタクシですから、もしかして自分が地球のために戦っているウルトラセブンだと思っているのかも(笑)。
 まあ、いずれにせよ、宇宙の中の一つの星「地球」を意識するようになったのは事実です。世界ではなく地球。
 そうして最近になって、仲小路彰に出会い、再び世界ではなく「地球」を意識するようになった。仲小路彰も「地球」をデザインして、ある種のマーク、アイコンをいくつか考案しています。
 このウルトラ警備隊のエンブレムも、中央に地球が描かれていますよね。なんだか子どもの時のバカみたいなスケールの発想が、今よみがえっている感じがするんですよ。恥ずかしげもなく。
 で、そういう話をある人たちにしたら、じゃあみんなでこのエンブレムを貼ろう!ということになったんです。けっこうすごい人たちですよ。永遠の少年。永遠の年中病。自分の車がポインター○号であると思いこんで運転している。
 いや、大人がもう一度そういうスケールの発想を取り戻すことが、実は大切な気がしているのです。バカにしてくれても全然かまいません!
 趣旨に賛同していただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただかなくとも、このステッカーを貼っていただければそれでOKです。街中にこれが広がる日がきっときますよ。

Amazon ウルトラ警備隊マグネットエンブレム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

『聞こえる ごろ寝枕』 山善

Th_71brpzygcll_sl1200_ タバタと忙しいので、今日も軽めのネタで。
 枕というのは本当に人生にとって重要なモノです。なにしろ人生の3分の1の時間、ずっとお世話になっているわけですから。
 今までもいろいろな枕を試してきましたが、年とともにその相性というのは変わっていくものでして、特に最近、寝ながらスマホなんていうことも増えてきたこともあって、横向きに寝る体勢をとることが多くなりましたので、高めで硬い枕を探していたんですよね。
 で、これを見つけて早速使ってみたわけです。そしてなかなか良かったと。
 ビーズの入っているタイプなんですが、たしかに型崩れしにくい。さらに立方体形なので、多少形が崩れたら、コロッと回転させて別の面を使うと調子がよい。
 うつぶせになって、枕元のパソコンのキーボードを打つ時(今もそう)、顎を支えるためにもちょうどいい高さと硬さです。
 もちろん、本来の売り文句であるところの、「聞こえる」というのも良い。中央の穴に耳をはめると、たしかによく聞こえるし、耳が痛くなりませんね。
 そして、案外真上を向いて寝る時もフィットする。高すぎるかなと思いきや、ちょうど良かったので、ちょっとびっくりしました。中央の穴に後頭部がはまり、立方体の角で首を支える感じになるんですよね。
 あと、正座座布団として、あるいは座禅用の単ぶとんとしてもいい高さでした。おススメですよ。

Amazon  聞こえる ごろ寝枕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.31

ゆかり・かおり・あかり (三島食品)

Th_trend_20180524172542thumb645xaut 用で静岡の実家に来ております。
 夕飯に「ゆかり」を使ったものが出ましたので、一つ紹介しておきましょう。
 「ゆかり」は今や辞書に載ってもおかしくないほど共通語化していますね。そう、あの紫蘇のふりかけのことです。
 広島の三島食品さんの製品ですね。商標が普通名詞のように使われるようになることはよくありますが、これはふりかけであるという意味ではちょっとユニークな例でしょう。
 もともとは「縁」という意味で「ゆかり」と名付けたそうですが、のちにあまりに有名になってしまい、また女子の名前のようでもあるところから、妹まで生まれる事態となりました。
 長女ゆかり(赤しそ)は1970年生まれの48歳。熟女ですね(笑)。次女かおり(青しそ)は1984年生まれの34歳。そして末っ子三女あかり(ピリ辛たらこ)は2010年生まれですからまだ8歳。
 こりゃ姉妹というより、親子孫という感じですなあ。ゆかりが14歳の時生んだのがかおりで、かおりが26の時生んだのがあかりとか(笑)。
 圧倒的におばあちゃん(失礼)の存在感が大きく、娘と孫は今ひとつ有名ではありませんね。今やゆかりはふりかけとしてではなく、最強の調味料とも言われ、さまざまな料理に使われています。プロもけっこう使っていますよね。
Th_1731595_detailimage1 ついでに最近のヒットといえば、ゆかりのペンでしょう。実際には、ゆかりだけでなく、かおりやあかりのも、また他の会社のふりかけや粉末のお茶バージョンなんかもあるんですが、やっぱりインパクトや実用性の高さでは「ゆかりペン」が最強でしょう。
 とはいえ、これって、やっぱりこのペンを開発した業者さんが偉いんだと思うんですよね。発想が良かった。たしかに持ち歩けるといいですよね。てか、レストランや食堂にふりかけ持ち込みしていいんでしょうかね(笑)。
 というわけで、私もゆかりおばあちゃんのペンを胸にさしています。中身は丸美屋のすきやきふりかけですけど(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.30

TENDLIN 天然木層 iPhoneケース

Th_817xbcwx8kl_sl1500_ ょっと急用で忙しくなりそうなので、今日は軽い記事にします。
 最近気に入っているiPhoneのケースです。天然の木の感触が温かく柔らかく心地よい。
 TPUに極薄の天然木層を貼り付けてあるようですが、なかなかよくできていて多少の変形にも耐えられます。
 本体とのフィッティングもよろしく、ボタンの操作性も良い。
 天然木ですが耐水性もよいようで、昨日お風呂でゲーム中寝てしまい、iPhoneをドボンと湯船の底に落としてしまいましたが(笑)、全然大丈夫でした。
 あとは耐久性ですね。まあ安いものなので1年くらい使えれば良しとしましょう。今回は紫檀を購入してみましたが、次はほかの木材を選んでみるのもいいでしょう。
 それにしても、iPhoneのケース文化って面白いですね。こんなジャンルがここまで大きなマーケットになるなんて。ジョブズは当然そこまで想定していたのでしょう。
 ある意味どうせケースに収まってしまうので、ネイキッドな本体は完璧なデザインにすることができた。逆説ですよね。

Amazon TENDLIN iPhone8 ケース/ iPhone7 ケース 天然木層と弾性のあるTPU シリコン混合薄木製(紫檀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧