カテゴリー「もの」の405件の記事

2017.06.03

我が家の特殊なモバイル環境(mineoを中心に)

Th_unknown 日は格安キャットミールのお話でした。今日は格安SIMのお話。
 我が家のモバイル・ネットワーク環境はかな〜り特殊です。家族4人ですが、父母は普通にAUのiPhone。中高生の娘二人にはお古のiPhoneを持たせています。
 そのお古のiPhoneにはダミーのSIMが挿してあり、いわばiPod touchとして使えるようになっていまして、単体では電話も通信もできません。
 その代わり、二人にはPocket WiFiを持たせています。W03の中古をヤフオクで落としました(格安)。それにmineoの格安SIMカードを挿しているわけです。
 プランは一番安いやつ。すなわちAプランで月間500MB700円というものです。500MBなんてすぐに消費してしまうと思われるでしょうけれども、実際は娘たちのSIMカードは「低速モード」で運用しているので、無制限に使えることになっています。つまり速度制限(約200Kbps)状態で使わせているんですね。
 のちに紹介する通話アプリ「SkyPhone」やLINE、Twitterやオンラインゲームをする分には実は全然問題ない速度です。まあ動画を観るのでなければ不便を感じないんですね。で、実際には毎月1GBくらい消費しています。
 つまり、学生である娘たちは、月々700円程度でiPhoneを使っているのとほぼ同じ状況になっているわけです。
 そして、同じプランのカードをもう1枚契約しており、それは私がW04で使っています。このW04はかつて使っていたniftyのwimaxサービスのWX01から無料乗り換え。それにmineoのカードを挿して使っています。
 私も基本低速モードで使用しています。長距離ドライブが多いので、車の中でiPhoneをナビ(NAVITIME)を使ったり、GooglePlayミュージックなどのオンライン音楽サービス、またらじる★らじるなどのネットラジオを使いっぱなしにする分にはこれもまたほとんど問題なく使えます。LTEを使うハイスピード・エリアモードにしても追加料金などはありません。
 計3枚のmineo格安SIMをグループ化してパケットシェアしていますので、いざとなったら高速モードに切り替え、1.5GBまで使えます。実際には前月の残パケットが繰越しになるので大概の場合3GBということになります。さらにmineo独自のフリータンク(余ったバケットの譲り合い)から引き出させてもらえば、合計4GBまで使えることになるので、通常の使用、緊急時の使用、仕事上の教室での使用などでは、全く足りなくなったり、速度に不満を持ったりしたことはありません。
 3枚で2,100円という計算になりますが、複数枚割引があるので実際は2,000円です。月々2,000円で3人がそれなりに使えているので、まあ「格安」ということになりますよね。
 ちなみにniftyのカードはどうしているかというと、古いWX01に挿しっばなしになっていて、静岡の実家で両親が無制限に使っています。80過ぎた老夫婦ですが、iPadでやたらと動画を見たりするんで(笑)。そちらは普通の料金、それなりの金額を払っていますが、長期利用割引で少し安くなりました。
 というわけで、我が家ではデータ通信用SIMが4枚、そしてiPhone用に2枚、さらにダミーが2枚と、合計8枚のSIMカードが稼働中ということになりますな。ずいぶん多い。人より多い。猫より多い(笑)。
 しかし、たとえばiPhoneを家族全員が普通に大手キャリアと契約して、さらに実家で光回線を入れたりして、月々3万円以上使うことを考えれば、まさに「格安」ですね。ちなみにウチの固定回線はいまだに銅線アナログダイヤルADSLです。もちろん災害時のことを考えての、あえての選択です(安いですしね)。

mineo公式

Amazon mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.02

Pet'sOne キャットミール(12kg)

Th__20170603_61640 チは猫が6匹もいまして、いろいろと大変。猫自身はみんないい子で仲良しですから、世話は焼けませんが、やっぱり食費がバカになりませんね。あとトイレの始末。
 ある意味その両方を一気に解決するのが、この猫エサです。
 愛猫家の方の中には、◯◯とか◯◯とか、とっても高価な餌をあげているという方もおいでです。まさに「あげている」。ウチは「やっている」ですよ。猫はカワイイけれども決して贅沢はさせない。人間の子どももそうです(笑)。
 とは言え、けっこうウチは極端かも。というのは、基本的に餌はペッツワンのキャットミールにしているからです。
 なんと12kgで1,980円也。1kg165円ということになります。◯◯なんか1kg2,500円ですから!いかに安いかわかりますね。
 そんなジャンクなもの食べさせて、動物虐待だ!とか言われそうですが、実はキャットフードが高すぎるというのは有名な話。ドッグフードと比べるとよくわかりますね。同じPet'sOneのドッグミールは猫用の約半額です。
 実際ほとんど同じ原価でありながら、たくさん食べる犬用は安いんですよね。猫を飼うのは贅沢なんでしょうか。いわゆる「猫可愛がり」ということなのか。
 と、まあそんなわけで、ウチはこの「複数猫用」の超格安ミール(フードではない)を「やっています」。
 おいしいらしくよく食べますよ。そして基本健康。そしてそして、意外なメリットだったのは、ウンチやオシッコが臭くなくなったという点です。
 なにしろ猫の排泄物は臭いですから。そして6匹もいて室内飼いだと大変なことになる。
 案外高級なフードですと、臭いもハイレベルになるんですよ(笑)。いやあ衝撃の臭い爆弾。本人(本猫)も鼻を曲げるような代物。
 それがペッツワンのミールだと驚くほどに臭わないのです。まあ、あんまり臭わないので処理が遅れるというデメリットはありますが。
 そんなわけで、多頭飼いの皆様は特に、カインズホームに行って、どっこいしょと重い袋を担いでレジに向かって下さい。試してみる価値はあります。ウチは当分これで行きます。
 あっそうそう、一つ小さい(それでもかなりデカイ)8kgのは2kgずつ小分け袋に入っていますが、こちら12kgのはドーンと大袋に入っているので、そこだけちょっと管理が大変かもしれません。工夫しましょう。

ペッツワン公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.30

Aperiafuze カセットテープmp3変換機

Th_41nw2buixxl_sy355_ 近の買い物の中では、けっこうアヤシイ方ですな、これ(笑)。
 しかし、実際使ってみると、それなりに面白い。性能的にもまあまあでしょうか。
 皆さんのお宅にもカセットテープが眠っていませんか。ウチの地下室にはおそらく千本近いカセットテープがあります。
 その中にはすでにデジタル化したものもありますが、それもまたDATだったりして、結局最近は聞けなくなってしまっています。
 今やデータ化してパソコンなどで聞くという時代ですよね。で、この謎の「機械」はカセットテープの音源を単体でMP3に変換してくれるものです。
 ほかにももっと安い同じような「機械」が売っていますが、どうもあんまり評判がよくないので、ちょっと高めですが(それでも安いか)こちらをイチかバチか買ってみた次第です。
 というのは、自分のコレクション、青春の思い出のデジタル化というのもありますが、最近あるところで文化的価値のあるカセットテープやオープンリールが大量に見つかりまして、それをデジタル化して保存するという事業の一環としての作業のためという意味もあるんです。
 ま、そんな文化的価値の高いものだったら、もっとちゃんとした機材使えよということですが、とりあえずお金がないので緊急的措置として作業を進めようというわけです。
 で、こうした中華製の「機械」にありがちなですね、操作性の悪さはピカイチですね(笑)。数少ないボタンでいろいろやろうとするからこういうことになるわけです。しかし、それもまた面白いと言えば面白い。
 そうしたインターフェイスのデザインというのは、本当に難しいですよね。Appleはその点すごい。説明書なしでもいけちゃいますからね。
 というわけで、なんだかんだラジオも録音できたり、ボイスメモ的にも使えたり、便利なような不便なような、予想に違わぬトンデモ機械であります(くり返しますが私はこういうのが好きです)。
 なんだかんだ言って、自分のカセットコレクションは、ハイポジやメタル、フェリクロームにドルビーがかかっていたりするので、こちらの「機械」では正常に再生できません。
 かと言って、そういうものに対応したカセットデッキも今や手に入れるのが困難ですから、それこそ緊急避難的にこれを使い続けることになるでしょう。壊れなきゃいいんだけど。

Amazon Aperiafuze(アペリアフューズ) デジタル音声変換 ボイスレコーダーとしても使用可能 FM/AMラジカセ SRC-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.29

澤井珈琲 コーヒー豆福袋 200杯分 超大入り

Th_71jcekx1jcl_sl1000_ 想外のことがたくさんあって忙しく、更新が遅れております。
 そんなわけで、軽いネタ、すなわち「もの」のおススメをいたします。
 先日リピートで注文したコーヒー豆。昨冬からコーヒーミルで毎朝豆を挽いております。
 その豆がこちら。澤井珈琲さんの福袋です。
 これが安い上においしい。本当にこのお値段で毎朝極上の挽きたてコーヒーをいただけるというのは、本当に幸福この上ありません。
 2種類の豆、すなわちビクトリーブレンドとブレンドフォルティシモが、挽き心地、味ともに対照的で、今日はどちらにしようかなと考えるのもまた毎朝の楽しみになっております。
 粉で飲んでいた時と違い、面白いものであんまりミルクを入れたくないと思うんですよね。ふだんストレートが苦手なカミさんもすんなりそのまま飲んでいます。
 これからもリピートさせていただきます。最後に一首。

ゴリゴリとコーヒーミルのハンドルが回れば目覚むる今日と私が

Amazon 澤井珈琲 コーヒー 専門店 コーヒー豆 2種類 ( ビクトリーブレンド / ブレンドフォルティシモ ) 福袋 2kg (500g x 4) 200杯分 超大入り 【 豆のまま 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.20

Niksa メンズ本革ベルト

20170521_162808 年使っていたベルトの穴がへたってきたので、新しいのを購入しました。今度は穴式ではなく、オートロック式。
 Amazonの評価が高かったことと、バックルのデザインがシンプルで気に入り、この商品をチョイス。
 今日届いたので、さっそく装着してみました。
 なるほど、これはいい感じですね。まず、本革ベルト部分が柔らかくて高級感がある。今までも本革を使っていましたが、なんとなく固くてあまりしっくり来ていなかったのですが、これはとにかくしなやかでさわり心地最高です。
 ハサミで切って長さを調整しましたが、それも非常にスムーズにできました。いい革使ってますね。
 さらにオートロックが気持ち良い。革のベルト裏に樹脂のストッパーがあるため、革自体を歯で噛んで固定するタイプとは違い、ベルト本体に傷がつかない仕組みのようです。
 で、あんまり気持ちよいから、ギュッときつく締めたんですね。そうしたら、緩め方が分からなくて、プチやばい状況に(笑)。
 そう、説明書にリリースのしかたが書いてないんですよ。実は、バックル底部にリリーススイッチというか、ボタンというか、可動部分があって、それをある方向に動かすと実に簡単に緩むんですがね。なにしろ、そのボタンらしきモノを見つけるのにまず数分。見つけてから、どちらに動かしていいか、押すのか引くのか、回すのか、全く分からず数分間(笑)。
 一度覚えてしまえばなんてことないんですが、最初はビビりました(笑)。これは説明書に載せた方がいいですよ。せっかくパッケージも素晴らしく、また説明書もその他の意味では丁寧なのに。
 まあ、それは笑いの種として、とにかく製品自体はとてもいい感じです。あとはどのくらいの耐久性があるのか。仕事着用のベルトですから、毎日使うわけでして、可動部分や塗装部分、そして革ベルト自体の耐久性も心配と言えば心配です。
 しかし、まあこのお値段ですからね。とりあえずの印象は星5つといったところです。
 ところで、ベルトのバックルのデザインって非常に重要だと思うのですが、案外センスのないものが多いですよね。異様にゴージャスなのだとか。ブランド物をこれ見よがしにつけるのもどうかと思いますし、ま、プロレスのチャンピオンじゃないので、地味に行こうと思います。全体のバランスからしても。
 そうそう、プロレスのベルトもどんどん大型化、そしてゴージャス化していますよね。いくらゴージャスでも革部分の酸っぱさは時代を超えて変わらないそうですが(笑)。本革の宿命でしょうか。

Amazon Niksa メンズ 本革 ビジネス 紳士 ロング ベルト 穴無し オートロック式 サイズ調節可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

NIGHTEYE  『LEDヘッドライトH4』

Th_612mx4n69cl_sl1050_ んだか左の方が暗いなあと思ったら、やっぱり愛車エブリィの左のヘッドライトが切れてました。片目状態でもけっこう明るくて数日気づきませんでした。というか、ウチは山の中なのでハイビームにして走ることが多く、そうすると両目状態になっていたので気づきにくかったというのもあるかも。
 ということで、バルブ交換をいたしました。どうせ両目替えなければならないので、ちょっと興味もあってLEDにしてみました。2本で3000円台、安いですねえ。
 昨日注文して今日届いたので、さっそく昼休みに交換してみました。実質20分で完了。夜になるのを待って点灯してみました。ふむふむ、なるほど明るいし反応が早い。
 安かろう悪かろうかと思いきや、まあとりあえず大丈夫そうです。ただ、どうでしょうね、車検通るか微妙です。カットラインもはっきりしないし、光軸もあるのやらないのやら(笑)。
 エブリィのヘッドライトの角度調整で一番下にしないと、きっと対向車や前走車は眩しいんじゃないでしょうか。
 それから、ハイビームにしてもあまり遠方まで照らしません。カットラインがなくなって上方には光は拡がる感じですが、純正よりも遠くが見通せない。まあ実用域ではありますが。
 ゴールデンウィークになって少し時間ができたら、微妙な調整もしてみようかと思っています。
 しかし、なんていうか、LEDの白色光というのは、ちょっときつく感じますね。慣れの問題かもしれませんけど。
 そうそう、前を走る車のブレーキランプやウィンカーもLED化が進み、明滅よりも点滅の方が多くなった昨今、なんとなく明滅を見ると安心したりします。それをちょっと前に短歌に詠みましたっけ(笑)。

柔らかきブレーキランプの明滅で軽トラックは我を癒やせり

Amazon 「NIGHTEYE正規品」 車検対応 LEDヘッドライトH4/9003/HB2 Hi/Lo切り替えタイプ50W (25W x2) 8000LM (4000LM x2) 6500k 一体式 超高輝度CSPチップ搭載 3年間保証付き 2本セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

ペヤング 『背脂MAXやきそば』

Th_51vi76e0lkl このところ、出張や外回りが多く車で移動することが多い。で、NHKラジオ第1を聞いておりましたら、「すっぴん」で「背徳メシ」というのをやっておりまして、思わず買ってしまったのが、このペヤング(笑)。
 「背徳メシ」とは、いかにも体に悪そうだが旨くてやめられない食べ物のこと。背徳感と多幸感を同時に味わえるという優れもの(?)であります。
 油こってりとか糖分たっぷりとか、基本カロリー高めなのが背徳の条件でしょうかね。
 その点、このペヤングはなかなかの背徳っぷり(笑)。だいたい、カップ麺という時点ですでに優位に立っている。そこに加えて、「背脂」そして「MAX」と来た。う〜む、この背徳感(笑)。
 実際、油ドロドロですよ。予想以上にテカテカなので、思わず納豆を投入して背徳感を緩和させてしまった(笑)。栄養価が高まってしまったではないか!
 そう、私、一日一食をもう14年ほど続けているし、ものすごく食にこだわったヘルシー派だと思われがちなんですけど、実際はけっこうジャンクフード大好きな背徳野郎なんです。
 特にこのブログでも何度か表明してきたように、ペヤングとベビースターが大好き。まるかとおやつ、両社ともにどんどん新作投入してくるじゃないですか。そのたびに背徳メシを楽しませていただいています。
 いや、基本は「まじめ」な食生活してると思いますが、たまにこういう極端な背徳を楽しむので、ますますその背徳感が増すというか、そういうものですよね。修行中の坊さんみたいなものです(?)。
 というわけで、この商品、なかなかの背徳レベルでした。そして、パッケージがいい。モノクロームなところが、不思議と昭和のアングラ感を醸し出している。ATGとかで「背徳の背脂」とかいう映画ありそうですよね(ないない)。
 皆さんもぜひ。多分そんなに寿命は長くない商品だと思いますし。そうか、自分自身の命を縮めてでも存在しているんだな、背脂MAX。ちょっとかっこいい生き方(笑)。

Amazon ペヤング 背脂MAXやきそば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

OKITI 『ケーブル内蔵モバイルバッテリー』

Th_51d2lq7l4el_sl1000_ はどうもバッテリーオタクのようです。いやいや、そうではなくて、バッテリーに懐疑的なんですよね。何度も書いているように、これからの時代はバッテリーではなくてキャパシタだと真剣に考えているのです。
 それ以前に、これも前に書きましたが、私はバッテリー充電量低下恐怖症なんですよ(笑)。カミさんなんか、iPhoneの充電が2%になっても気にしないで使うタイプなんですが、私は50%切るともう不安になるというか、不安というほどではないけれども、とにかく充電したくなる。
 そうそう、カミさんは時間ギリギリでも平気なタイプですけど、私は余裕を持って行動したいタイプ。性格の違いですかね。
 そんなわけで、車にはこんな立派なバッテリーを積んでいます。
 で、今までもいろいろなモバイルバッテリーを買ってきましたが、やっぱりバッテリーはへたります。根性がなくなってくる。で、また新しいのを買う。そんなくり返しです。
 今回買ったのは、ケーブルが内蔵されているタイプ。そう、バッテリーを持っていったのにケーブル忘れて…なんていうことが数回あったもので(笑)。
 これには、microUSBのケーブルが内蔵されており、さらにLightningとUSB-Cへの変換プラグが二つ付属しています。そのうち一つはバッテリーに格納しておけるという優れものであります。
 中国製でありますが、デザイン、質感はなかなかよろしい。おそらく実際の容量は10000mAもないと思いますが、まあ普段使いには充分でしょう。
 残量のインジケータが本体を振らないと光らないというのは、便利なんだか不便なんだか分かりません(笑)。不思議な仕組みですね。
 ま、しばらくはコイツがかばんの中で活躍すると思います。何年持つかな。

Amazon OKITIモバイルバッテリー10000mAh 2台同時充電 3.0A 超薄型モバイルバッテリー ケーブル(lightningとType-Cアダプタ付き)急速 スマホ 充電器 防災グッズ レッド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

脚立 vs コタツ(プロレス)

 WBCが盛り上がりすぎまして、楽しみにしていた「プロレス総選挙」が月曜日になってしまいました。
 とは言え、ウチはテレ朝が映らないので、WBCもラジオで観戦(聴戦)。プロレス総選挙も結果だけネットで確認という形になりました(苦笑)。
 結果は、まあ上位は予想通りと言えば予想通り、1位がアントニオ猪木、2位がジャイアント馬場、3位が初代タイガーマスク。それ以下は正直予想が外れました。ま、テレ朝だから新日本系に偏るのはしかたない。いや、そういう意味ではけっこうバランス良かったかな。飯伏幸太が入ってないのは解せないけど。
 さて、そんなガチなランキングが出た今日(明日か)、私はあえてこの最強レスラー、いやベストバウトを紹介します。プロレスという世界の奥深さ、幅広さ、ある意味でのアホくささ、そして哲学的な次元の高さ。
 こういうプロレスが発達するところが、いかにも日本的ですよね。まあ、とにかく観てください。感動間違いなし(笑)。

Th_2017022000010000battlen0001view そう、DDTでは先月、「こたつ」が人間相手に勝利し、アイアンマンヘビーメタル級チャンピオンになりました。3月20日のさいたまスーパーアリーナ大会でも、王者としてリングに(4本足で)立つことになっています。
 こういうのを真剣にやり、楽しめるのが、本当の「文化」だと思いますよ。私は大好きです。レッスルはレッスルですから。
 ちなみに日本語学的に言いますと、キャタツとコタツはちょっと語源的にかぶっているんですよね。それについては、またいつか書きましょう。3月20日以降かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.04

pavé(小型立体音響スピーカー)

Th_20161222_pave_interview4 ラウドファンディングで支援した製品が今日届きました。
 Bluetooth対応の小型スピーカーです。今までもそういう製品をいくつか購入してきましたが、これはちょっと違う、いやだいぶ違う性質のモノです。
 さっそくいろいろ聴いてみましたが、うん、これは面白い。こういうの大好き。そう、この超小型なスピーカー、そのサイズからは想像できないような音の広がりを実現する、立体音響のエフェクトが標準装備なのです。
 たしかに、これは不思議な感覚。私にとってはある意味懐かしくもある。
 というのは、私、こういう立体音響に子どもの頃からずっと興味があり、中学生の時、人頭型のバイノーラルマイクを自作したり、また当時、その再生をスピーカーで可能にしたと言われた、ナショナルのエフェクター(?)を買ったりしていたんですね。
 今では、サラウンドというような概念は当たり前ですが、当時としては、それをどのように二つのスピーカーで実現するかが、非常に大きな課題でした。
 残響音を人工的に作ることに苦心したのだと思います。なにしろアナログ時代ですからね。そうそう、昔のステレオラジカセには、そういう「ワイド」的な機能がついていましたね。今思えば、左右のスピーカーの距離を近さを、ちょっと無理してでも、つまり音のバランスなんかが多少崩れても、無理やり作り出していた感じがします。
 今では、デジタル技術によって、そうしたことは比較的簡単にできてしまうようになりました。あるいは、多数のスピーカーを四方に配置したりして、そうした音場を作り出す。
 その点、この最新技術(どういう技術なのかは不明)による、ワイドな音場の実現はたしかにビックリです。なにしろ、左右のスピーカーの距離は6センチくらいしかないのですから。
 いろいろな位置、距離で聴いてみましたが、けっこう音像や定位が変わります。一番面白いのは、頭の上に置いた時かな(笑)。いくら左右のスピーカーの距離が近いとは言っても、耳のすぐ近くにあれば、それなりの分離があるわけじゃないですか。そこに「バイノーラル」的効果が加わるので、それは実に不思議な音場体験になります。
 とは言っても、それだったらイヤホン(ヘッドホン)で聴くのとあまり変わらないし、だいたいいつも頭の上に乗せておくわけにもいきませんから、やはり、こうしてバソコンを操作しながら、その横で鳴らすとか、そういうことになります。実はそのくらい距離、すなわち50センチくらいの距離だとあまり効果が感じられないのですね。
 1メートルくらい離れると、また急に広がりが感じられるようになります。とは言え、スピーカーユニットは40ミリですから、もちろん低音にはあまり期待はできません。特に1メートル離れるとかなり低音に不足を感じるようになります。
そのへんのスピーカーの設置場所がちょっと難しいと言えるかもしれません。
  とりあえず、ジャズ、ロック、バロック、歌謡曲を一通り再生してみましたが、、全体としての音のバランスや分離もよく、このサイズのスピーカーとしてはかなり満足な音質であると言えましょう。
 もちろんバッテリー駆動も可能なので、持ち歩いていろいろな場面で使えると思います。学校の先生的には、教室でiPhoneから何かを聞かせたい時に重宝しそうです。
 これは一般発売しても、それなりに売れるでしょうね。いかにも日本的な面白い製品だと思います。

pavé公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧