カテゴリー「もの」の464件の記事

2019.03.09

格安スマートウォッチ

Th_ は1000円で買いました。けっこう便利ですよ。スマホ(iPhone)と連動して、面白いことがいろいろできます。
 まず便利なのは、iPhoneの電話やメール、LINEなどの着信を腕に振動で伝えてくれることです。そして小さな画面にちゃんと発信者の名前やメッセージの冒頭が表示されますので、iPhoneを開くべきかどうかそこで判断できます。無駄な動きがだいぶ減りましたね。
 それからいわゆるスポーツウォッチ的な使い方。脈拍や血圧、歩数などを計測できます。それはアプリと連携して記録されます。睡眠の記録も面白いですね。もちろん目覚まし機能などもあります。
 iPhoneとの接続もアプリから簡単にできました。充電はベルトをはずすとUSB端子が出てくるので、それを充電器に刺すだけ。ただ、この製品はベルトをはずすのに力とコツが必要です。ちょっとキツすぎるかな。まあ、防水機能のためにはいたしかたないか。
 中国製のこういうタイプが無数に売られています。基本的な機能は一緒ですので安いのを探して購入するといいでしょう。
 あとはバッテリーを含めてどの程度持つのかということでしょう。それにしても最近、ウチには中国製の電気製品が急速に増殖しつつあります。日本も頑張らなきゃ。いや、もういいのか。おまかせで。

Amazon スマートウォッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.05

祝! 磯崎新 プリツカー賞受賞

Th__20190310_133638 日、ある建築家の方と磯崎新さんのお話をしたばかりでした。ようやっと受賞されたという感じですね。遅すぎた気もしますが、受賞しないのではなどと心配していた矢先だったので安心しました。
 その建築家の方は磯崎さんのアトリエで働いていたことがあった方です。磯崎さんのすごさをよくご存知の方です。建築がアートであり、かつアートを超えていくために、ある種反抗的な姿勢も見せていた磯崎さん。師匠である丹下健三に楯突いたこともあったとか。
 私は磯崎作品が特別に好きというわけではありませんが、一つ印象に残っているものがあります。若い時に連れて行かれたゴルフ場のクラブハウスです。山梨県内にある貴重な磯崎作品。
 レイク相模カントリークラブのクラブハウスです。山梨県の秘境とも言われる長寿村棡原に突如現れる未来的な意匠。けっこう衝撃的ですよ。
 彼らしいと言えるのか、曲線と直線を調和させ、そこに光の演出をある意味過剰に取り入れています。山の自然を切り開いて作る人工的自然としてのゴルフコースは、たいていの場合、ある種の違和感を生むのですが、ここの人工はこのクラブハウスのために不思議と自然よりに位置させられています。実に面白い感じがしたことを覚えています。
 その後、ゴルフはしなくなってしまったのですが、久しぶりに秘境探訪とともに訪れてみたいと思います。
 あらためまして、磯崎新さん、プリツカー賞受賞おめでとうございます。

当コースクラブハウス設計した建築家磯崎新氏がプリツカー賞-を受賞されました(レイク相模カントリークラブ公式)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.04

ポインター号(地球防衛軍)

Th_2019030400268697toyo0002view 日はもう3月10日です。忙しくて全然更新できませんでした。少々疲れていますが、よく寝ているので元気です。
 さて、ようやく時間ができましたので、一気に一週間分記事を書きます。よって手抜きになります(笑)。短めにどんどんいきましょう。ネタはいろいろありますので。
 3月4日づけの記事は、何にしましょうか。月曜日ですね。あっそうそう、この日はこんな記事を読んで感激しましたっけ。

ウルトラセブン「ポインター号」造った男の情熱

Th_5ca2fe4ds ポインター号。私もめっちゃ好きです。ウルトラセブンのキャラクターデザインは全般的に本当に素晴らしいですよね。中でもこのポインター号のかっこよさは尋常ではありません。
 私、ポインター号を2回この目で見たことがあります。たぶん、1回目は撮影用の車体だったと思います。いつだったか正確な記憶はありませんが、1970年台はじめ、小学校低学年の時かなあ、近所の二子玉川園に父親と一緒に自転車で行って、間近で見た記憶があります。砧も近いし、二子玉川園ではよく怪獣大集合みたいなイベントをやっていました。
 そして大学生の時ですから、1985年くらいでしょうか、山梨県内おそらく上野原あたりの国道20号線を東京に向かって走行中、レプリカとすれ違ってびっくりした記憶があります。まあびっくりしました。
Th_img_3620 それにしても、上掲記事の方、すごいですねえ。執念というか愛情というか。私もお金と時間と家族の理解があれば挑戦してみたい…いやいや、それらがそろってもやっぱり無理だな。本当に素晴らしいと思います。尊敬します。
 私ができるのは、こんな感じでウルトラ警備隊のマークを車に地味に貼ることくらいです(笑)。

ウルトラセブン放送開始から51年!ポインター号(TDF PO-1型)はいつの時代も未来を感じさせるメカだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.20

Benks iPhone7/8 液晶保護フィルム

Th_41c7hsuepdl iPhoneの液晶保護フィルムを買いました。以前貼っておいたものが、傷だらけになったので、覗き見防止タイプで一番安いものを買って貼り替えました。
 これがなかなか良かった。まず、覗き見防止タイプにしては暗くならないところがよい。覗き見機能はそれほど強力ではありませんが、まあ別に見られたくないようなモノを見ているわけではないので、これで十分です。
 それから貼りやすかった。気泡やゴミがゼロというのは、今までの保護フィルム経験(けっこう多数)の中では初めて。位置も合わせやすかったし、とにかく一発できれいに貼れて大満足。今まではストレスだったからなあ。
 タッチの反応も大変よいし、全面タイプでありながら、それほど重さも感じません。あとは耐久性だと思いますが、まあ1000円そこらでいろいろ付属品もついて、パッケージもしっかりしているので、とりあえずはコスパ最高と言っておきましょう。
 説明書は中国語と英語しかありませんが、別にそんなに難しい作業をするわけではないので問題ありませんね。おススメです。
 ちなみにケースはこちらです。これがまたとってもいい製品でした。耐久性も今のところ全く問題ありません。全然へたったり汚れたりしていません。お風呂に一緒に入ったり(湯船に落としたり)してるのに大したものです。本当に中国の製品は質が高くなりましたね。

Amazon Benks iPhone7/8覗き見防止液晶保護フィルム


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.29

MacBook Pro(Mid 2012)をSSD化

Th_81gl5lc6x7l_sl1500_ ょうど昨日、世紀の発明「フラッシュメモリーを作った日本人」の無念と栄光という記事を読みました。そうだったんですね。知りませんでした。
 今やHDDは、かつてのアナログレコード(実際機構が似ている)がCDに取って代わられたように、SSDにその地位を明け渡そうとしています。
 私の愛機MacBook Pro(2012mid)は、購入時のHDDのまま使っていましたので、正直かなり重苦しくなっていました。
 最近職場の後輩が同じMacBook Proをヤフオクで手に入れたのですが、それがSSDに換装済みでして、本当に驚くほど爆速でびっくりしてしまいました。
 そろそろ私も…と思っていたところ、ちょうどサムスンの最新SSDの価格が一気に下がったので、思い切って購入してみました。Samsung SSD 1TB 860QVOが15000円ちょい。信じられないくらい安くなりましたね。
 そしてさっそく換装しましたら…おお!あまりの快適さに感動!てか、今まで何やってたんだってくらい爆速になりました。
 いちおうベンチマーク・テストの結果をご覧ください。なんと10倍近く速い(笑)。
before
Diskspeedtest

after
Diskspeedtest1

 これならまだまだ愛機は現役で使えそうですね。というか、今の最新MacBook Proはこのメーターが振り切ってしまうくらい速いらしい。速くなった我が愛機のさらに4倍くらい速いのだとか。
 本当にフラッシュメモリーというのは画期的な発明でしたね。それが昭和の日本の東芝で、天才技術者舛岡富士雄さんによってなされたということは誇りに思うべきことですし、また現在の東芝、Samsungの力関係などを思うと、なんとも切なくもなる事実であります。

Amazon Samsung SSD 1TB 860QVO


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.25

ドリームスウィーパー (日本電興)

Th_31qdyyitzvl_sy355_ の掃除機?
 今日はどうでもいい軽い話。最近買って意外に重宝しているモノ。ドリームスウィーパー。
 ウチはモノが多い上に猫が6匹もいて散らかり放題。ゴミ屋敷になる寸前です(笑)。で、あんまり散らかっているので掃除機もかけづらい。いろんなモノを吸い込んじゃう。さらに猫がパニックを起こす。
 というのは一般的な電気掃除機の話です。
 もちろんルンバのような自動掃除機はもっとダメ。スタートしてすぐにスタックしてしまう(笑)。ぜったいに部屋の向こうまで行けません。
 ではよくあるスティックタイプの充電式掃除機はどうかというと、やっぱり「充電問題」があるんですよ。充電池の寿命が短すぎてすぐに掃除機自体がゴミになる。つまりミイラ取りがミイラになるわけですね(笑)。
Th_4chwgjg0t6e3_ux300_ttw_ そこで登場したのが、韓国からの救世主、電気を使わない手動掃除機「ドリームスウィーパー」。はたしてその正体は…。
 単純に興味があったし、1,300円くらいで買えたので、ミイラになってもいいや程度の気持ちでネット購入。
 発売元は「日本電興」。電気を使わないのに電興とは(笑)。と思ったら、もうこの製品自体廃番なんですね。でも宣伝動画はありました。

 さて、実際使ってみるとどうか。
 これが意外に使えているんです。実に単純な仕組みなのですが、まあそこそこゴミも取れる。
 ちなみに部屋の角にはブラシが届きません。そこが問題。だいたい隅に猫の毛とかホコリがたまっているじゃないですか。それが取れない。まあ、それは手でとればいいか。
 ゴミがたまるボックスが少し緩かったので、ガムテープを使ってプチ改造。その他ブラシも少し調整して、「ドリームスウィーパー改」にしました。
 動画のようにはいきませんが、さっと取り出してさっと掃除するには悪くないです。まあホウキとチリトリで掃除するのと手間は変わりませんけどね。なんとなく面白いからいいや。
 ちなみに絨毯はダメ。畳をまあまあ。フローリングが一番得意なようです。音はそれなりにしますし、やや体重をかけないとブラシが回転しません。猫は珍彦を除いて怖がりません(笑)。

Amazon ドリームスウィーパー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.19

素数ものさし

Th_31o4tsamtvl_sx425_ 日の続き。少し前に評判になった「素数ものさし」を遅ればせながら入手しました。
 ご存知のとおり、目盛りが素数だけという大変不便なものです(笑)。しかし、工夫次第(足し算引き算)で実は素数以外の長さも測れるというスグレモノ(?)。
 京都大学の川上浩司教授が代表を務める「不便益システム研究所」が開発したモノです。
 今、モノという言葉を2回使いましたが、この「不便」はワタクシのモノ・コト論でいうところの「モノ」に当たりますね。不随意、不如意、他者性です。反対に近代社会が目指してきたのが「便利」。すなわち随意、合理性である「コト」。
 私も「コトよりモノ」と主張してきましたが、川上先生も「便利より不便」の方が「益」があると言っているわけですね。
 コトはどんどん収斂、画一化してゆき、モノはどんどん拡散、多様化していきます。どちらが豊かなのかという根本的な問いですよね。
 私は行き過ぎた「コト」はよくないと思うのです。もちろん「モノ」も自然のままではダメな場合もある。すなわちバランスなんですね。人間というか生命全体にとって、どういうバランスがいいのかを模索する時代になってきていると思います。
20190117_115417 ところで、この素数ものさし、定価は577円ということで、ちゃんと素数になっているんですが、Amazonでは私が注文した時には1,399円。だいぶ高めですけれど素数だったので、まあいいかと思ってカートに入れました。すると送料が257円かかるとのこと。おっこれも素数だ!
 しかしその合計が1,656円で、これは偶数ですから言うまでもなく合成数。なんだか残念だなあと思ったらポイントが779円分あった。これは素数のようですが19で割れます。で、ポイントを引いた877円は素数でしたので、気持ちよくポチッとしました(笑)。
 どうでもいいけれども、それで気持ちよくなれるんでしたら、まさに不便益というか、モノ楽しさですよね(笑)。
 あっ、ちなみに「ものさし」の「モノ」も他者、未知(未計測)のモノということです。

Amazon 素数ものさし

不便益システム研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.25

NIERBO 100インチ プロジェクター・スクリーン

Th_img_3278 の前紹介したプロジェクターがなかなか優秀でして大変気に入っております。とにかく明るい。昼間でも薄暗い我が家では全く問題なく鑑賞できます。
 その時いっしょに買ったスクリーンがこれ。それまでは、700円のプラ段をぶら下げて、80インチで観ていましたが、どうせならともうひと回り大きい100インチにしてみました。
 たった2480円でこれなら大満足ですね。プラ段とは比べ物にならないほどきれいに映ります(てか、プラ段がひどすぎた)。シワもほとんどありませんし、取り付けも簡単(ひもでぶら下げて、下の隅もひもで引っ張る)。まだちょっとたるみがありますが、観ることに集中してしまうと全く気になりません。
 映画好きの次女も大喜び。猫はでっかい猫にびびっています(笑)。私も映画や野球、プロレス、ライヴなどを大迫力で楽しんでいます。
 それにしても、なんで皆さんこういう形でテレビを観ないのでしょうか。100インチのテレビなんか買ったら大変な金額になりますよね。ウチなんか100インチですけど、プロジェクター、スクリーン、そしてチューナー合わせて5万円以下で揃えましたよ(笑)。
 さらにプロジェクターにAmazonのFireTVを挿してありますから、映画やネット動画なども特大画面で楽しんでいます。皆さんもぜひ!

Amazon NIERBO 100インチ プロジェクター・スクリーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.15

Nakamichi デジタルカメラNC-35D

Th__20181217_101446 日は「あれっ?YABERってカー用品のメーカーじゃなかったっけ」と書きましたが、今日はもっと「ジャンル違い」。
 アキバで見つけて思わず買ってしまったのがこの「Nakamichi」のデジカメ。「あれっ?Nakamichiって高級オーディオメーカーじゃなかったっけ?」ですよねえ。
 ええと、私は変なカメラをたくさん持っていまして、最近ではAGFAのデジカメがヒットでした(笑)。これもなかなか面白いデジカメだったのですが、改造中に壊れてしまいました。
 で、今回はAGFA以上の衝撃。去年発売になったんでしょうかね。アキバで新品が5000円台で売ってたので、当然のごとく購入してしまいました。これは病気だな。
 で、これはいったい何者かといいますと、アメリカで売っているMINOLTAの新型デジカメの亜流のようですね。これです。ほとんど同じものです。MINOLTAのロゴがNakamichiになっただけ(笑)。これで5000円ならけっこう掘り出し物だと思います。普通に使えます。なにしろ光学35倍ズームが素晴らしい。この軽さと短さでそれを実現しているのですから。
 あとは普通に最新の機能がついていますし、操作性も悪くない。MINOLTAのと違うところは、Wi-Fi接続ができないところですかね。まああれば便利でしょうけど、なくても困らない。
 もちろん中国製です。アメリカでMINOLTA製として販売されるわけですから、まあそれなりの品質なのではないかと思われます。
 それにしても、なんでNakamichiなんだ。こういう形で憧れのNakamichiブランドを手に入れることができるとは…若かりし頃の私は夢にだに思わなかったよなあ。
 で、この謎のブランド戦略は成功した形跡もなく、今は叩き売りされている状況です。しかし、上述したように、その性能は必要充分なので、単純に考えてかなりのお買い得品だと言えましょう。
 いろいろな意味で変わったモノマニアの方はぜひ!おススメです。

Amazon Nakamichi デジタルカメラNC-35D


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.14

YABER プロジェクター Y20

Th_71baqfx2ynl_sl1500_ れっ?YABERってカー用品のメーカーじゃなかったっけ。
 学校のICT化の一環として、教室でプロジェクターを活用するよう準備を進めています。最終的にはどんな機種を導入するか未定ですが、とりあえず安いものでいろいろ試してみようと思い購入したのがこれ。
 クーポン使って18,999円也。
 中国製はヘーキで数字にゲタを履かせますが、3800ルーメンという数字は魅力的です。実際はどのくらいなのでしょうか。
 というわけで、今日学校に到着したので早速あるクラスで使ってみました。
 おお、これはたしかに3800ルーメンありそう。明るいのです。3200ルーメンのBenQと比べても断然明るい。珍しく看板に偽りなしなのでしょうか。
 画質もいい。そして音質もBenQの比較にならないほどよい。HDMI入力も二つあって便利。デザインもまあまあ。軽さもまあまあ。
 始動も終了も早いしリモコンの動作も普通(不思議なデザインですが)。
 ただ、一つ大問題なのが台形補正。手動と書いてあったので、ちょっと不安だったのですが、これはたしかに手動だ。ただレンズが傾くだけのようです。よって、補正するとピントが全体として合わなくなる。上を合わせると下が合わず、下を合わせると上が合わない。
 非常に原始的なキーストンなため、正直使い物になりません。正面から映すしかないわけですが、それだと当然じゃまになりますよね。ここは値段相応ということでしょうか。まあ、教室で使う分には対して問題にはなりませんが。
 あと、BenQだと単焦点なので教卓を動かさずに黒板にそれなりの大きさで投影できますが、こいつは机を1メートルくらい下げないといけない。まあ、ただ下げればいいんですけどね。
 それでもこの明るさは素晴らしい。教室の電気をつけたままでも全然大丈夫ですし、黒板に投影しても案外よく見えます。もちろん模造紙をマグネットかなにかで貼って簡易スクリーンにすれば完璧です。
 各教室にディスプレイを導入したりするより、格段に予算が削減できます。セッティングには3分しかかかりませんし。パソコンやiPhoneをさっとつないで、写真や動画を見せることができます。簡単ですよ。
 近いうちに教員対象の研修をして、大いに使いこなしてもらいたいと思っています。こういう時代ですからね。生徒の食いつき&理解が違いますよ。先生たちも殻を破らねば。

Amazon YABER プロジェクター Y20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧