カテゴリー「ドリンク」の83件の記事

2019.05.16

純米大吟醸 洗心 (朝日酒造)

Th_img_3983 近おいしい日本酒をいただく機会に恵まれております。このたびお贈りいただいたのが、こちら「洗心」。久保田で有名な新潟の朝日酒造さんの名酒です。
 私のように「禅」に触れる機会の多い者としては、この「洗心」という言葉の響きと文字には格別な思いがあります。
 昨日も仏教に関する動画を紹介しました。そこでダライ・ラマ法王さまがおっしゃっているとおり、私たちの日常生活は自分の外への関心で埋め尽くされています。なかなか内側へ関心が向かない。教育もそうです。
 「洗心」とは、まさに内なる自らの心に見つめ、その汚れを取ることを言います。心を洗う。その洗うためのテクノロジーが座禅であったり、瞑想であったりするわけですね。
 そんな名を冠するこのお酒。まさに「洗心」というべき、純粋さ、潔さのある味わいです。純米大吟醸ということで、「たかね錦」を精米歩合28%まで磨いているというのも、心を磨く、心を洗うということに通じているようです。
 ダライ・ラマ猊下がおっしゃるように、私たちの心には、本来思いやり、慈悲というものがあります。まるでそんな思いやり、慈悲を感じさせるような、やわらかな味わいに、思わず私の心も…となりたいところですが、お酒の力を借りても、なかなか煩悩は消え去りません。もっと磨かねばならないのでしょうね。

Amazon 朝日山 洗心

| | コメント (0)

2019.04.21

『新政 涅槃龜(にるがめ) 低精白純米酒』 (新政酒造)

Img_3853 日は宇宙人同志の本を紹介しました。今日はまた別の宇宙人と夕食をともにいたしました。
 この宇宙人もまた本当にすごい人(?)です。未来の医療器具を発明した方です。発明というか、未来から情報ダウンロードして、ちゃんとこの地球の次元で実用品として完成させた方です。
 昨日の高城さんも一緒に、それを今世界に「正しく」広げようとしているところです。
 さてさて、そんな宇宙人さんにおごっていただいたのが、この地球の名酒です。えっ?四合瓶で2万5千円もするの!?
 秋田市の酒蔵、新政酒造さんは、最近特に頑張っている感じが伝わってきます。いろいろな実験をしている。それも本質を捉えた正しい挑戦。
 この「涅槃龜」、「ニルガメ」と読みます。ニルヴァーナの亀ということでしょう。ニルヴァーナの亀と言えば…ん?涅槃経のあの盲亀の浮木の亀のことかな?それとも…カート・コバーンが飼ってた亀のことかな?w
Img_3854 まあ、とにかく宇宙レベルでおいしいお酒でびっくりしてしまいました。麹も掛米も超低精米の純米酒。水のごとき喉越しの中に、なんともピュアなお米の香りが上品に残る。これはすごい。初体験です。
 裏ラベルによると、「来年度はさらにマゾヒスティックに96%にグレードアップ(精米歩合はグレードダウン!」することにしています」とのこと。ホント、これは変態的な宣言ですね(笑)。
 「磨かなくてもうまい酒」…これは杜氏さんとしては究極の夢でしょう。私は、本物の日本酒は地球はもちろん、宇宙レベルでも愛飲されるべきモノと思っています。新政さんに期待しています。
 皆さんも、まずは新政酒造さんのホームページを御覧ください。飲みたくなりますよ(笑)。

新政酒造公式

| | コメント (0)

2019.04.09

農口尚彦研究所 山廃吟醸

Th_img_3775 送迎会のシーズン。昨日と今日、続けての飲み会。ぜいたくなお料理とお酒を楽しんでおります。
 今日はある料亭にて、憧れの酒に出会うことができました。
 そう、日本酒通なら誰でも知っているであろう伝説の杜氏、農口尚彦さんのお酒があったのです。伝説の、なんて失礼ですね。2015年に一度引退を宣言されましたが、プロレスラーよろしく(?)2年間の充電期間を経て復活されました。今年御年86。日本酒の神様です。
 「研究所」というところがいいですね。まるで飯伏幸太の「プロレス研究所」みたい(笑)。
 さて、そんな研究所の作品の中で、今日出会ったのは「山廃吟醸」。これがまたうまかった。農口さん、たしかに山廃が得意ですよね。山廃(山卸廃止酛)は、ある意味近代の産物ですが、逆にそれによってより深みのある醸造方法になっています。テクノロジーが人間の新たな可能性を拓いた一つの例ですね。
 この山廃吟醸も実に濃厚な味わいです。しかし、不思議と柔らかい軽みのようなものもあり、アルコール度の高さを感じさせない喉越しの爽やかさがあります。
 これはもしかすると案外洋食にも合うかもしれない。原酒のような味わいだけれども、他の味覚にはあまり影響を与えない。そんな感じがしました。
 研究所の他のお酒もいただきたいと思います。それほど高くないですしね。ボトルのデザインも秀逸でした。

農口尚彦研究所

| | コメント (0)

2019.02.18

そろそろ純米酒 (諏訪大津屋本家酒造)

03990503 しいので軽めの記事で。
 生協で届けてもらった格安紙パック日本酒です。いろいろな紙パック酒を試しております。特に純米酒や米だけの酒。
 その中でも、この「そろそろ純米酒」は結構高評価の方ですよ。日々飲む酒は基本辛口好みなので、このさっぱりとした辛口感はいいですね。安い酒にありがちないやらしい甘さは全くありませんし、同じく安い酒にありがちな無味乾燥な「さっぱり感」とは違い、しっかりお酒の味がする「さっぱり感」です。
 いわば、コクがあるけどキレがあるという感じでしょうか。
 お値段も安いし、届けてもらえるし、しばらくこれで行こうかな、と思っています。
 ちなみに友人がよく大津屋本家の高級酒を買ってきてくれます。言うまでもなく別次元で素晴らしくおいしいですよ。
 諏訪大津屋本家酒造株式会社と言えばダイヤ菊。ダイヤ菊と言えば蓼科雲呼亭の小津安二郎ですよね。野田高梧と100本飲んで1本脚本を書くというのがパターンだったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

中村八大作品 『黄昏のビギン』

 日は静岡の実家の近くの居酒屋で呑みました。とっても渋いお店で、なんとも昭和な雰囲気が残る中、おいしいお料理とおいしいお酒と、マスターの「軽口」を堪能いたしました。
 地方の中小都市っていいお店がありますね。大都市や極小都市だと存続が難しいんですよね。
 さて、そんな素晴らしいムードの中で、ふと頭をよぎった曲がこの曲。
 そういえば最近、ウチのカミさんがどっかで歌うとかで練習してたんだっけ。
 「黄昏のビギン」は水原弘のヒット曲「黒い落葉」のB面でした。永六輔、中村八大の黄金コンビ作品。実際は歌詞も中村が作って、名前だけ借りたのだとか。
 いかにも中村八大らしい曲ですよね。素晴らしいメロディーと、少し変則的なコード進行。そこにラテンというかカリブのダンスミュージック「ビギン」のリズムが乗って、素晴らしい異国情緒を醸し出しています。水原さん、歌うまいっすね。

 この曲、なんと言っても、ちあきなおみさんのカバーが有名ですよね。服部隆之さんの編曲。ビギン色は消えていますが、これはこれで美しい。そしてちあきなおみの歌が抜群にうまい。完全に自分の歌にしています。

 もう一人、こういうのを歌わせるとうまいのが長谷川きよしさん。これもまた違った良さがありますね。こうしていろいろなアレンジで新しい魅力が生まれるのも名曲の条件であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.20

草食動物は究極の偏食?

Th_images 日は地域の教育関係者の会合があり、河口湖畔にお住まいのアウトドア・エッセイスト木村東吉さんの講演を拝聴しました。
 私と同様、外からこの土地を選んで住み、ここが世界的にも特別な場所であることを認識されているようで嬉しかった。地元の方々の気づかない(忘れてしまった)魅力を発信してくださっていることに敬意を表します。
 自然の中で不便な生活をして分かる、都会の便利さの危険。都会は、私たちの煩悩を誘発する誘惑に満ちています。
 食についてのお話の中で、お知り合いの栄養士さんが「本来、食べたいものを食べたいだけ食べていればよい」という言葉がありました。
 これはよく分かります。私はもう15年ほど一日一食です。そうなりますと、体が何を欲しているか、よく分かります。野菜が食べたいとか、肉が食べたいとか、甘い物がほしいとか…。
 これは好き嫌いではなく、体が本能的に欲しているのです。それに従っていればいいだけであって、おかげさまで私はとっても健康ですし、体重の増減もほとんどありません。
 一日三食食べなければダメとか、毎日30品目とか、いろいろな「強迫(脅迫)」が飛び交っていますよね。これってとんでもない間違いですよ。
 去年の今ごろも、こんな記事書きました。

牛は草しか食べないのに、なぜ「肉」の塊なのか?

 牛だけでなく、草食動物って、めちゃくちゃ偏食ですよね(笑)。草だけ食べていてもめっちゃ健康です。
 なんで人間だけ、そんな30品目も食べなきゃいけないんですか。変な話でしょう。人間だけ退化しちゃったんですか?
 食べたいもの、そこにあるものを、ありがたくいただいていれば、おそらく健康でいられるのです。余計なもの食べるようになってから、成人病やらガンやらが増えた。これは事実です。
 というわけで、私の理想はかの横山大観。日本酒とつまみだけで84まで生きて、そしてあれだけの作品を残した。今からでもそういう食(?)生活にしたいのですが、誰かお酒のスポンサーになってくれませんか(笑)。

The GreatLife at 5LAKES | 木村東吉のすべての情報がここに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.25

蜂蜜酒(ミード)

Th_41wvpti4xxl_sx342_ 口メンバーの件、びっくりでしたね。それもNHKがすっぱ抜いた。まあ、「出会いの場」だったわけで、いくらジャニーズとはいえ、隠しきれないと考えたのでしょう。
 これはもしかしてハニートラップにはめられた?という説もあるようですが、さすがにそれはないでしょう。
 ハニートラップについては、昨年こんな記事を書いています。今、山口メンバーをはめる必要性というのは、あまり感じられませんよね。
 今回は正直なところ、「蜜罠」ではなく、「酒罠」による自爆ということでしょう。蜜も怖いけれど、やっぱり酒は怖いですね。
 蜜に酒が加わると、これはもう絶対はまっちゃう(笑)。今回も女子高生本人の意志は別として、結果は蜜+酒ということになります。
 さて、「はちみつ酒」と言えば「ミード」ですよね。私は、はちみつ自体はあんまり好きじゃないんですが、ミードは時々飲みます。この前もあるお店に置いてあったので飲みました。
 実は「ミード」は世界最古の酒とも言われているんですよね。世界最古のお酒を飲んだのはプーさんだとも言われています。
 ちなみに新婚旅行のことを「ハネムーン」というのは、この蜂蜜酒が語源になっているんですよ。蜜月ですね。つまり、新婦が結婚後1ヶ月、せっせと蜂蜜酒を作ってダンナに飲ませ、子作りに励ませたというところから(笑)。
 なるほどですね。
 というわけで、滋養強壮にも良いということで、かの養命酒からもミードが発売されています。おいしいですよ。

Amazon はちみつのお酒
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.03

石臼式コーヒーメーカー (丸隆)

Th_on01wh_img01 朝コーヒーを飲んでいます。6年半前に買った1,000円コーヒーメーカーを使っておりましたが、自分のミスでサーバーを割ってしまったので、新しいものに買い替えました。
 おととしの年末からコーヒーミルを使ってゴリゴリやっておりますが、けっこうそのゴリゴリが大変ということで、今回は全自動、すなわち豆を挽くのも自動というのを買ってみました。
 結論。これはなかなか良い。自分で挽くより香りが立って美味しい。操作も楽だし、音も思ったほど大きくない。
 石臼式というのがミソだそうで、つまり手動式でもよくあるカッター式ではないらしい。石臼のようにすりつぶしているようです。
 ペーパーレスフィルターも使いやすい。内部洗浄機能も含めて全体にメインテナンスしやすい。デザインもシンプルでよい。1万円ちょいの製品としてはよくできていると思いますよ。
 2代前の中国製コーヒーメーカーは7年使い、1代前も7年目に入っていました。さてこの製品は何年使えるでしょうか。毎日使うものですから、最終的な評価は耐久性ということになりましょう。期待しています。

Amazon 石臼式コーヒーメーカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

天皇誕生日の夜に(平成29年)

Th_img_0670 年も盛り上がりました。ご縁に感謝です。
 集まってくださった皆さん、本当に純粋な魂を持った方ばかりで、心から人々の幸福と地球の平和を祈り、そしてその実現のために行動されている大人ばかりでした。
 発明家、教育者、歌手、ダンサー、施術家、能楽師、物理学者、そしてクリエイター…ワタクシのような者の声掛けに、こんなに素敵な方々が賛同してくださり、本当に感謝にたえません。ご挨拶で申し上げましたとおり、ワタクシの幸せは皆さんでできています!
昨年の「天皇誕生日の夜に」には、今年はいろいろあって大変だった安倍昭恵さんがスペシャルゲストとしてお越しになってくださりましたが、今年は世界を飛び回り、めったに日本にいない、日本にいても超多忙な高城剛さんが来てくれました!
 おかげさまで、皆さんのテンションと意識の次元が一気に上がり、濃すぎる内容の会となりました。そのせいか、逆にどんな話をしたのか、日常に戻ってみると思い出せない(笑)。
Th_img_0674 後半には、天才物理学者さんやプロの能楽師の皆さんも急遽参加してくださり、歌あり踊りありのにぎやかかつ祝福のムードにあふれた場となりました。
 平成30年の重要性については、昨年書いたとおりであり、それについても確認しあいました。そして、来年の12月23日は今上陛下の最後の天皇誕生日となりますので、また盛大にこの会を開催し、「天皇陛下万歳(長寿をお祈りする)」で乾杯したいと思います。
 どうぞ参加されたい方は早めにご連絡ください。
 本当に皆さまありがとうございました。来年の皆さまのご活躍に期待します。私も頑張ります!
 最後になりますが、いつも会場を提供してくださる日本教育会館にある秋田料理のお店「御燗」さんには心から感謝です。そして、今年はあのミ◯ラまんじゅうが最高でしたね(笑)。来年は彼も呼びましょう!

 追伸 今日お話させていただきましたが、12月23日は天皇誕生日であるとともに、東京裁判で死刑判決を受けたA級戦犯はじめ何人かの方の刑が執行された日です。今年で69年目。すなわち来年の今日は70年目の日となります。
 今上陛下の譲位にはこのことも関係しています。そして、譲位後、この日が祝日にならないというのも、そういう意味での陛下のご意思であると理解しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.03

磯自慢 大吟醸純米 エメラルド

Th_61xeej0smnl_sl1066_ 日は思わぬ展開からの楽しい宴に参加させていただきました。
 いやあ、宇宙人どうしの会話は楽しいですね(笑)。おそらく一般の方々からすると???な世界だと思います。スケールが大きすぎる。
 宇宙から見ますと、今、地球は大きな転換点を迎えているのであります。その渦中というか、ど真ん中にいる私たち宇宙人(笑)はとっても忙しいのですが、実に楽しくもあるのでした。
 さあ、そんな宴のメインドリンクがこちら「磯自慢 大吟醸純米 エメラルドボトル」でありました。ホストの宇宙人の方のおススメだったわけですが、私が磯自慢の焼津出身だと知って驚いておられました。
 私と焼津と磯自慢のことについては、12年ほど前にこちらに書きましたのでご覧ください。その時紹介した「大吟醸 水響華」も大変素晴らしいお酒なのですが、今日いただいた大吟醸純米エメラルドは、さらにおいしかった。キレがあるのに実にまろやか。
 焼津のお酒だけあって、お魚に合いますね。今日はお寿司をいただきながらの相伴でした。
 日本酒は宇宙でも人気なんですよね。
 なんでもホストの宇宙人さん、今度は地元限定の幻の磯自慢を手に入れてくださるとか。その時には必ず馳せ参じます(UFOで)。
 ごちそうさまでした。

磯自慢酒造公式YouTubeチャンネル

Amazon 磯自慢 純米大吟醸アートラベル(新エメラルド)720ml


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧