カテゴリー「美術」の209件の記事

2020.08.30

『ピクニック』 ジャン・ルノワール監督作品

Th_71cca5cdrml_ac_ul320_ 象派の巨匠ルノワールの次男、ジャン・ルノワールの名作。

 今日、そのジャンに来日を促した川添紫郎の手紙の原稿を目にする機会がありました。

 結局、ジャンの来日は叶いませんでした。しかしジャンは、フランスで川添の妻であるピアニストの原智恵子や画家の藤田嗣治と交流を持ち、日本への興味は尽きなかったようです。

 言うまでもなく、父ルノワールも日本の絵画、特に浮世絵の影響を受けています。特に色彩の面において、それが顕著でした。

 次男のジャンのこの映画はモノクロですが、不思議ときらびやかな色彩を感じさせます。おそらく、父と同様に「光」を重視したからでしょう。結局、白と黒には全ての色が入っているということです。

 これまた言うまでもなく、モノクロの写真や映画、そしてマンガなどが持つ、無限の可能性というものですね。

 そして、この映画のなんとも切ないストーリーも、そしてこの映画自体の数奇な運命も、どこか能のような象徴性、写実ではないリアリズムを感じさせます。

 それこそ「印象」なのでしょう。そう、息子の映画を鑑賞することによって、父の絵画の見方も変わります。絵に命が吹きこまれ、躍動し、時間が流れ出し、ドラマが生れます。

 そして、その数奇な運命の結果でもある唐突な場面転換や時間の経過が、結果としてですが、功を奏しているようです。何かあの時代の残酷さをも象徴しているある種奇跡的な作品と言えるでしょう。

 たった40分あまりの作品です。その中に、あの時代のフランスの光と影が全て表現されていると言っても過言ではありません。

 そんな時代を生き抜き、そんなジャン・ルノワールと交流のあった日本人たちの知られざる人生を発掘することは、私にとっては実に楽しく感動的なことです。まるで、いくつもの優れた作品を鑑賞するがごとくに。

 そうそう、川添の手紙に『ミカド』という言葉が出てきました。ジャン・ルノワールは天皇に興味を持っていたようですね。

ピクニック公式

| | コメント (0)

2020.08.10

『MAGI 天正遣欧少年使節』

 

 

 日の長崎の話の続きというか、そのルーツ。

 こちらにも書いたとおり、私は「千々石ミゲル」のことが気になってしかたありません。有馬晴信との関係や音楽のことだけでなく、彼は本当に棄教したのかという謎…。

 さて、ミゲルも含めた天正遣欧少年使節団の4人の物語。いつか映画化されるといいなと思っていましたが、こういう形でそれが実現するとは。

 いろいろとツッコミどころはありますが、そんな外面のことではなく、やはり純粋に少年らの過酷かつ豊かな旅自体について、こうしてイメージ化してくれたこと、そしてキリスト教や西洋文化の矛盾、日本という国の本質をかなりきわどいところまで描いてくれたことには感動いたしました。

 キリスト教が内包する「死」への憧れと「赦し」の構造が、隠れキリシタンの悲劇を生み、のちには長崎原爆の悲劇を生み、昨日紹介した「浦上燔祭説」を生んだとも言えますね。そのあたりをこのドラマからも考えさせられました。

 彼らが音楽理論を学び、多くの楽器の演奏技術を習得し、貴重な楽器を持ち帰ったこと、そして聚楽第にて秀吉に演奏を披露したことには触れられていませんでした(それは後日譚なのでシーズン2で?)。古楽ファンとしては、そこは少し残念でしたが、実は音楽はその一面に過ぎず、本当に多様な分野において彼らは本当によく学び、それを伝えたと思います。

 ミゲルが、帰国後どのように棄教に至ったのか(あるいは最近の説のように実は棄教していなかったのか)、関ヶ原の戦いから江戸開幕、そして有馬晴信の刑死などが、ミゲルにどんな影響を与えたのか。

 明治以降の日本と西洋との関係、そして未来の日本人のあり方を考える時、彼のキリスト教体験の変遷は大きなヒントとなるような予感がするのです。

 ちょっと私も研究してみます。独自の視点で。

MAGI 天正遣欧少年使節 公式サイト

400年前の西洋音楽と古楽器

| | コメント (0)

2020.05.08

出口王仁三郎の漢詩

Img_6141

 

 年の末、ご縁あって(ヤフオクですが)、出口王仁三郎の漢詩額を入手しました。

 富士山(天教山)を題材にした色紙はたくさんありますが、漢詩が添えられているものは珍しい。

 王仁三郎といえば数十万と言われる短歌が有名ですが、このように漢詩もたしなんでいたんですね。

 いわゆる「スの拇印」も捺されており、なかなかの逸品だと思います。ここ富士山に逢着して喜んでいるのではないでしょうか。

 そういえば、王仁三郎とは因縁の深い大正天皇も漢詩の名人でした。

今日は何の日?…大正天皇の漢詩一首

 さて、王仁三郎の漢詩、どんなことが書かれているのでしょうか。

 なんとか解読しましたので、紹介します。

東海卓立 (東海卓立)
正芙蓉(正しく芙蓉)
万古千秋(万古千秋)
不改容(容を改めず)
清岳鮮山(清岳鮮山)
形撰處(形處を撰ぶ)
五洲高聳(五洲に高く聳へ)
書仙峰(仙峰を書す)

 七言絶句ですね。もちろんちゃんと押韻もしています(蓉・容・峰)。

 王仁三郎の教義の中では、富士山(天教山)は高天原であり地球救済の中心であり宇宙の中心です。天の岩戸も富士山にあるとしているあたりも含め、宮下文書の影響を感じます。そして、仲小路彰のグローバリズムにも見事につながっていきます。

 このあたりの霊的な文脈が、ようやく明らかになってきました。昨日もちょっと書きましたが、そういった一次資料に触れることができる私は幸せ者ですね。この漢詩額も一次資料の一つですし。

| | コメント (1)

2020.03.24

『BANANA DIARY』吉本ばなな (幻冬舎)

Th_a1k0cmmxnul_ac_uy218_ml3_

 日のエリーさんと同じく、昨年末の「宇宙人忘年会」においでくださった吉本ばななさん。

 その時ばななさんからいただいたのが、このダイアリー。

 2020年3月から2021年4月まで使えるものでしたので、ようやく使う季節になりました。

 使い始める前の2ヶ月間も放置していたわけではありません。いろいろなところに散りばめられている「ばなな語録」や、アートをパラパラと眺めるだけでも充分楽しい。

 そして、そんな時間に夢見るのは、ここにどんな自分の未来が書き込まれて、そして過去の記録になっていくのだろうということ。

 それだけでも、とっても意義深い。そんな助走を経て、いよいよ始まった「今」は、なんとコロナ一色。まさかこんな未来が来るなんて…。

 いつまでコロナ色で塗り尽くされるのてしょうかね。それを想像するのも楽しい。東京オリンピックがこのあたりにあるはずだったのに…なんて考えるのも一興。楽しみは先延ばしになった方がいいのかも、とポジティブな思いも湧いてきます。

 それにしても、このダイアリーのいいところは、やはり自分のものではない「言葉」や「絵」が先にあるということでしょう。

 どうしても「日記」というものは、「自分」でいっぱいになってしまいがちです。たとえば、以前、真っ白な文庫本(マイブック)を買って、自分史を小説仕立てにしようかと思ったことがありましたが、なんと2ページでやめました(笑)。無理でした。

 考えてみれば、毎日の生活というのは自分だけで成り立っているのではありません。いろいろな想定外の他者や自然の中に自分があるからこそ、様々な彩りが生まれるわけですね。

 その点、このダイアリーは、すでにそこに「世界」があって、そこに自分を立たせたり、歩かせたり、笑わせたり、怒らせたりできるわけで、そこにはある種の安心というものもあるわけです。

 また、自分にだけ目が行きがちな「日記」と違って、客観的に自分を見ることができますし、たまたま出会った言葉や色や模様から、ふと慰められたり、諭されたりすることもあるわけです。

 散りばめられた言葉たちが、決して罫線に従うことなく、自然に存在しているところは、まさに予想外にばったり出会ったように感じさせるから、また面白い。

 美しい海や森や宇宙のようにデザインされたページは、文字を書くことを拒否する場合もあります。だからこそ、ふと絵を書いたり、線をひいたり、写真を貼り付けたり、レシートを貼り付けたりできる。

 自然と、とても立体的な「ハイパー日記」になってゆくのです。そして、1年経った時、そこには世界で一つの「物語」が完成する。なんとも素敵な世界ですね。

 ばななさん、ありがとうございました。ばななさんらしい、さりげない思いやりのある「物語のキャンパス」です。

Amazon ばななダイアリー

| | コメント (0)

2020.03.23

「エリー学園」開校!

Th_20200316115050 宮エリーさんが学校を立ち上げる!

 さっそく私も…と思いましたが、いちおう同業者というかライバル?なので、まずはスパイに我が娘を送り込むことといたしました。

 とにかくとっても楽しそうですし、なにより私が考えている「(既成の)学校をぶっ壊せ」プロジェクトと通じるところが多分にあります。近いうちにエリーさんと飲みながら、じっくりその辺を話そうと思っております。

 そんなこんなで、エリーさんからも「宣伝して!」ということですので、大いに宣伝します!

 私がいろいろ言うより、まずはホームページをご覧いただきましょう。

エリー学園

 うっひょ〜。楽しそう!ゲストもすごい!部活もいいなあ…。

 まあ、なにしろマルチで、ご自身でもご自身のお仕事がなんなのか分からないというエリーさん。昨年末、ご縁をいただいて飲みながらいろいろお話して分かったんですが、彼女はとっても純粋で繊細で、コンプレックスも素直に持っていて、やはりそういうところが「クリエイティブ」の源泉なのだなと確認させてもらいました。

 ご自身は「誰か私をプロデュースして!」とおっしゃっていましたが(笑)、こうして「誰かをプロデュースする」方に回る、それもさり気なく「自分はトレーニング機器を準備するだけ」というあたり、なるほどこれこそ「教育」の原点であり、大村はま先生のおっしゃる「仏様の指」なのかなと思った次第です。

 4月から何かに挑戦してみたいと思っている方。どんな場面でも困らない「神通力」を身につけたい方。知らない世界を見てみたい方。コンプレックスを創造力に変換したい方。ぜひ、門を叩いてみてください。てか、自分が一番入学したい(笑)。娘がうらやましい(入学できるかわかりませんが)。

 願書受付は31日まで。29日に第2回説明会がありますよ。

エリー学園 大宮エリー学長よりごあいさつ

 

エリー学園第1回入学説明会

| | コメント (0)

2020.02.10

『自分の中に毒を持て』 岡本太郎 (青春出版社)

Th_81bgtbhhjnl 昨日、フリーランスで情報発信者である安藤美冬(miffy)さんにお招きいただき、とっても素敵なお食事会に参加させていただきました。

 miffyさんとも二回目、お友だちの皆さんとは初対面だったのですが、すっかり意気投合させていただき、豊かで美しい時間を過ごさせていただきました。ご縁に感謝です。

 春からは、私もmiffyさんの情報発信のお手伝いをさせてもらえそうです。私のような者に声をかけてくださるなんて…ありがたや。

 さて、とっても魅力的な安藤美冬さんも大好きだというこの本、久しぶりに読み返してみました。たぶん、25年ぶりくらい?

 四半世紀前に想定したのとは、だいぶ違う人生…いや、けっこう妄想通りかも…を歩んでいる私ですが、今、この本を読むと、本当に共感できることばかりなのです。逆に言うと、あの頃はまだ「地球人」だったのかな(笑)。

 というか、「教育」によって「地球人」になっちゃってたんですかね。今、ようやく本来の「宇宙人」に戻りつつあるので、宇宙人大先輩である岡本太郎さんの言葉にも、素直に感応できるようになりました。

 考えてみると、岡本太郎さんも、パリの日本人サロンに関わっていましたから、間接的ではあるかもしれませが、仲小路彰の薫陶を受けているとも言えますね。今のところ、二人が日本で会ったというような記録は出てきていませんが、川添紫郎ら仲小路グループとはパリで何度か会っているようです。

 この岡本太郎さんの人生哲学は、今の若者たち、特に安藤美冬さんのようなインフルエンサーの皆さんには、直接響くでしょうね。やっぱり、岡本太郎も未来を生きていたのでしょう。時代がようやく追いついた。

 この本を再読して、ますます決意を固めましたよ。今の「教育」「学校」をぶっ壊す!!

Amazon 自分の中に毒を持て

| | コメント (0)

2020.01.28

『幕末維新懐古談〜蠑螺堂百観音の成り行き』高村光雲

Th_hs002601 日の「愛宕神社」も、江戸時代まではしっかり神仏習合していました。記事にも書いたように「愛宕山 白雲寺」と呼ばれていました。

 それが明治維新の廃仏毀釈によって、完全に神仏分離させられ、現在の「愛宕神社」になったわけです。

 ある意味、この廃仏毀釈運動は、世界史の中で最も徹底した公権力による宗教弾圧であるとも言えます(国家としては分離を促しただけだが、。

 タリバンがバーミヤンの大仏を破壊した際、私たち日本人も「なんてひどいことを…」と批判しましたが、実は150年前に自分たちももっと徹底した廃仏をやっているんですよね。

 そういう、一夜にして集団的心変わりというのは、日本人の怖さですよね。戦争の時なんかもそう。終戦後もね。

 ウチの学校の母体になっている禅寺でも、大変な廃仏毀釈がありました。有名な北口本宮冨士浅間神社に仁王門や護摩壇を持っていたのですが、それも今や礎石だけになっています。なんでも、仁王様を市中引き回しにしたのだとか。全くひどい話です。

 さてさて、今日はそんな廃仏毀釈運動の実態を伝える文章を紹介しましょう。かの彫刻家・仏師高村光雲が残したものです。私も大好きな「会津さざえ堂」が見舞われた悲劇です。

 蠑螺堂百観音の成り行き

 

| | コメント (0)

2019.12.30

馬堀法眼喜孝の肖像画

Th_img_5431 日は昨日の亀岡天恩郷に続き、綾部の梅松苑を参拝させていただきました。

 みろく殿、長生殿、そして木の花庵と、日本の伝統的な建築様式の、全く華美なもののないシンプルな美しさに胸打たれ、まさにそうした心の中に神が宿るのであると、改めて感得させていただきました。

 そして何より、昨日の忘年会でテーマでありました「富士の霊石」の鎮まる本宮山を遥拝させていただいたこと、それも我が家の耀わんとともに遥拝させていただいたことに、感動の一言ではとても表せない魂の高ぶりを覚えました。ある意味、私の人生の根幹に関わることですから。

 あらためて、このようなご縁をくださり、親切にご案内くださった方に感謝申し上げます。

 そして、もう一つ、みろく殿において、初めてとは思えない出会いがありました。

Th_img_5122 私の家の居間の神棚の横にこのような肖像画(の複製)が飾ってあります。この肖像画の「本物」を拝見することができたのです。

 写真の右から、出口なお、王仁三郎、すみ子の肖像画。この素晴らしい肖像画の作者はいったい誰なのでしょう。

 おそらく信者の方々や教団の方々もほとんどご存知ないことでしょう。もちろん、それで良いのです。みろく殿に参拝する方にとっては、この、まさに本人を彷彿とさせる絵そのものにこそ価値があるのですから。

 肖像画というものはそういうものなのです。しかし、私はあるご縁から、この肖像画の作者を知り、そしてこの複製をいただきました。

 その肖像画家の名前は、馬堀法眼喜孝。日本近代の肖像画の歴史に燦然と輝く画家です。しかし、私も実は名前すら知りませんでした。しかし、彼の絵はほとんどの日本人がどこかで見たことがあるはずです。

 歴代天皇の肖像画や、かつての一万円札の聖徳太子も、実は馬堀の手によるものです。

 最近ではすっかり「写真」にその地位を取って代わられた肖像画ですが、馬堀の肖像画は間違いなく写真を超えた「写真」です。そう、「真を写す」という意味では、完全に写真の写実を超えています。

 この、みろく殿の肖像画がそうであるように、その人の内面までもを写しとるという、西洋的な写実とは違うリアリズムですね。顔の表情だけでなく、手の、指先の表情まで含め、三人の人柄、思想、魂、人生をも象徴している。

 だからこそ、あの神聖なる空間で、無数の信徒の皆さんの視線を浴び、皆さんに愛の視線を落とし続けることができるのでしょう。

 昨日書いた明智光秀、出口王仁三郎とともに、この馬堀法眼喜孝もまた、この令和の時代に再評価される偉人なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019.12.29

耀盌顕現70周年記念展(亀岡天恩郷)

Youwanten2_20191231125001

 
 岡の天恩郷にて「耀盌」展を拝観いたしました。

 今、ギャラリーおほもとでは、なんと47点の耀盌が一挙に展示されております。10月の東京国立博物館での展示では約20個でした。それも圧巻だったのですが、今回はその倍以上の数の耀わんが大集合です。

 東京ではガラスケースに入っていない状態での大集合でしたが、さすがにこちらはガラス越しでの拝観。しかし、その絢爛たる星々のエネルギーは尋常ではありません。思わずめまいがするほどです。そして涙が止まらない。絶対的な無限の愛を感じるからです。

 ちょうど来年の大河ドラマの主人公が明智光秀ということもあって、この素晴らしすぎる展覧会は再来年の1月まで続きます。そう、天恩郷は明智光秀の居城「亀山城」の跡なのです。光秀はこの城から本能寺へ向かいました。

 一時は逆賊扱いされていた明智光秀や出口王仁三郎が、この令和の時代に正しく再評価されるのは感慨深いものです。耀わんは、まさしく言葉を超えた宣伝使ですね。

 拝観ののち、近くの居酒屋さんにて、大本の皆さんと楽しい忘年会。我が家の耀わん二つも一緒。まあ話が盛り上がる盛り上がる。信徒でもない私たち夫婦のような人間を、温かく、そして過分に丁重にお招きくださり、本当に感謝です。こういうところにも、王仁三郎イズムは息づいておりますね。

 この素晴らしい展覧会、ぜひとも多くの皆様にお越しいただきたいと心から思います。芸術は宗教の母、宗教がなくなるのがみろくの世、と喝破した王仁三郎の魂に触れることができ、そして清浄なる神苑の空気に心洗われること間違いありません。今こそ世界中の方々に!

耀盌展パンフレット

 

 

 

| | コメント (0)

2019.12.21

令和元年 宇宙人忘年会

Th_img_5297 かげさまで、大盛況のうちに終了いたしました。これで安心して来年を迎えることができますね。

 いつのまにか恒例化した山口家主催の忘年会。今年は「宇宙人忘年会」と称して開催いたしました。参加人数も年々増え、そのため、今までお世話になっていた会場から新宿南口の Tokyo Orchard さんに場所を移しての開催。

 3年前は安倍昭恵さんが2年前は高城剛さんが昨年は若者のインフルエンサーであるお二人がゲストとして参加してくださりましたが、今年はまたすごい方々にご参集賜りました。

 坂口孝則さん、吉本ばななさん御夫妻、大宮エリーさん…坂口さんとは何度かお会いしていましたが、ばななさんとエリーさんは初対面。

 その他にもお互い初対面の方々がいっぱい。こんな忘年会、普通ありませんよね(笑)。「忘年会スルー」なんて言葉が飛び交う中、本当にありがたいことです。

 あくまでも「宇宙スタンダード」に基づく会ですので、有名無名、老若男女、国籍も仕事も全部フラットです。宇宙から見ればみんな「塵」ですから。

 今回は学校風の演出をしまして、まず出席を取り、そしてワタクシのプチ授業(トーク)、そしてお弁当(食事)、しばし休憩のあと、ワークショップ的授業、さらには放課後の部活動(二次会)という形をとりました。

 ワタクシの授業でお話しさせていただいたのは、こんな内容でした。

・時間は未来から過去へと流れる
・原因は過去ではなく未来にある
・過去の記憶は拡散して不鮮明になっていくが、未来の記憶は収束して鮮明になってくる
・アートは未来の記憶の具現化
・平和と平和の衝突が戦争
・戦争の対義語は芸術

 とにかく参加してくださった宇宙人たちのオーラが素晴らしかった。皆さん、優しさで、愛で輝いている。本当にあの空間だけかなり次元が違っていたと思います。オープンテラスでしたから、きっと外から見たら本当に光り輝いていたのではないでしょうか(笑)。

 これを機会に、いろいろなご縁が発動していくと思います。私も貴い出会いをたくさん頂戴しました。本当に幸せ者です。ありがとうございました。

 来年のことを言うと王仁(?)が笑うと思いますが、こういう機会の回数を増やしつつ、規模も拡大していこうと思います。突撃力は大事です。みなさんも遠慮せず、今から参加表明してください! 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧