カテゴリー「旅行・地域」の1175件の記事

2019.01.14

ファミリーヒストリー『堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~』(NHK)

Th__20190115_102320 にげなく観ていたらよく知った風景が出てきたのでビックリ。
 へえ〜、私の職場のすぐ近くに堺駿二さんが住んでいたとは!
 今回もまたNHKさんの取材力のすごさを痛感する内容でしたね。潤沢な資金と時間、優秀なスタッフのおかげでしょう。私もいくつかNHKさんの番組に出させてもらいましたが、そのたびにいろいろ感心させられてきました。民放さんは民放さんでまた違ったすごさを感じますが。
 さて、堺正章さんのお父さんである堺駿二さんが主役だった今回のファミリーヒストリー。早川雪洲の懐に飛び込み認められたというのはさすがですね。
 堺正章さんは、そんな偉大なお父さんをある意味で超えたかもしれません。それこそ父親譲りの才能もあったことでしょう。しかしそれよりなにより、堺さん父子の時代を読む力、笑いをベースにした利他精神、そしてお人柄こそが成功の要因だった。まあ、それもまた才能(タレント)ということでしょうけれど。
 堺駿二さんが富士吉田に住んだのは昭和15年とか16年とかでしょうか。当時月江寺界隈は瑞穂村が下吉田町になったばかり。戦争の影もちらつき始めていましたが、織物産業でかなり盛っていた時代です。そんなこともあって堺駿二さんは商売になると考えたのでしょう。
 戦争が始まると、下吉田の織物業は厳しい状況になります。絹織物は奢侈とされ、織機は金属として接収されていきます。そんな空気も感じたのでしょう。堺さんは昭和17年に東京に戻り役者業を再開します。
 まあそれにしても、ウチの学校(当時はまだありませんでしたが)の目と鼻の先に昭和の名役者が住んでいたとは。面白いですね。ちなみに正章さんは戦後の生まれですから富士吉田とは直接縁はありません。
 戦後、下吉田の織物業は輸出増に伴い、ガチャマン時代と言われる隆盛期を迎えます。映画館も昭和30年台には、下吉田だけでも銀嶺シネマ、松竹館、富士国際劇場、武蔵野大映、富士映画劇場と5館が林立していました。一つもなくなってしまった今からすると信じられないですね。こんな狭い地域に5館ですよ。きっと、堺駿二さんの出演した映画もたくさん上映されていたことでしょう。
 今回の堺駿二さんの富士吉田居住情報には、ユリ・ゲラーさんの富士吉田居住情報なみにびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.06

秘境 奈良田

Th_img_3406 日、遅ればせながら初詣に行って参りました。毎年マニアックな神社を直感的に選んで参拝するのですが、今年も突然の思いつき(霊感?)で、南アルプスの秘境「奈良田」にある奈良法王神社を参拝しました。
 奈良田に行くのは学生の時以来かなあ。なにしろ奈良田と言えば国語学徒にとってはある意味聖地。完全に孤立した方言「奈良田方言」が残っている地域です。

 全くわかりませんね。秋田弁より難しい。音韻、アクセントが関西風ともいえます。西日本から来た人々が住み着いたのは間違いないでしょう。しかし、共通語「に・へ」にあたる「さ」も使われ、その点は東北方言に似ています(中世には東国で使われており、これもまた古い都言葉とも言えます)。
 奈良田という地名も、奈良時代の女帝孝謙天皇の落魄伝説から来ていますし、奈良法王神社の祭神も孝謙天皇です。孝謙天皇の父は聖武天皇、母は光明皇后。
Th_img_3413 ちなみにこの神社には、昭和62年、浩宮殿下(現皇太子)が参拝しています。今年天皇になる方ですね。なにか因縁を感じました。
 神社を参拝して、町営の奈良田の里温泉につかりました。誰もいない極上のお風呂を独占させていただきました。評判通りのぬる湯、とろ湯でリフレッシュ。
 ただ驚いたのは、奈良田についた途端、iPhoneの動作が不安定になり、しまいには全く動かなくなってしまったことです。富士山に帰ってきたらすっかり直っていましたが。なんだったのだろう。
Th_img_3417 もちろん、糸魚川静岡構造線の上ですし、また近くでリニアのトンネル掘削工事が行われていましたから、なんらかのエネルギーがうごめいていたのかもしれません。
 南アルプスを貫通するトンネル。私の予想では開通しないんだよなあ…。日本の背骨に穴を開けちゃあねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.22

告知! 「ザ・フナイ」にインタビューが掲載されます

Th_51ykse5adpl_sx348_bo1204203200_ 縁がありまして、12月27日発売の雑誌「ザ・フナイ」にワタクシのロングインタビューが掲載されます。
 タイトルは「時間は未来から過去へと流れている」。時間の話はもちろん、宮下文書、出口王仁三郎、仲小路彰、モノ・コト論など、今までの私の人生の総決算的な内容になっています。
 インタビュアーの新谷直恵さんのおかげさまで、自分でも自分の人生を振り返ることのできる充実のインタビューになりました。文字数は約1万字です。
 錚々たる執筆者の皆様の中に紛れてワタクシごときが自説を滔々と語るのもなんですが、まあそれなりに個性的な内容になっているのではないかと思います。
 多くの皆様に読んでいただけますと幸甚です。

Amazon ザ・フナイ vol.136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.01

ねじ…秋田弁コント「道案内」

 言シリーズ。昨日は最後に秋田弁を聴いていただきました。その秋田弁でコントをする「ねじ」。前も紹介しましたね。秋田弁でアニメの名シーンをやったりする。
 今年は金足農業が高校野球で大変なブームを起こしましたが、実はその金足農業の出身なのが、この「ねじ」。
 で、最近ワタクシ的にはけっこうツボにはまったのが、この究極の秋田弁コントです。そう、究極の外国語なんですよ。
 前、秋田のおっちゃんたちに囲まれて飲んだ時は、本当に「イングリッシュ・プリーズ」って感じでした。ホント、日本語しゃべって!って。日本語じゃないなら、せめて英語で!っていう(笑)。
 そんな異邦人感をうまく表現してくれているコントだと思います。なにしろ発音が日本語と違うもので、文字化されないんですよ(笑)。秋田の人と結婚して20年、ようやく少しリスニングができるようになってきました。
 というわけで、ねじのコント「道案内」をどうぞ。鼻濁音!そして最後はホント何言ってるのか、わかりません。カミさんに聞いてみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.30

アナ雪『生まれてはじめて』山梨弁(甲州弁)ver.

 言の続き。山梨弁(甲州弁)でアナ雪をどうぞ(笑)。
 どこの県でもそうですけど、同じ県内でも方言には多様性があります。この山梨弁は、まあ甲府あたりを基礎としていますね。
 富士山麓を含む郡内地方では、これらに加えて八王子方言の影響もあって「べー」を使います。
 それにしても歌も上手ですね。素晴らしいと思います。
 この「生まれてはじめて」、いろいろな方言バージョンがあって、よく分からないけれど、それぞれ聴いてみるとなんとなく笑っちゃいますね。
 まあ、考えてみれば、外国語も地球レベルでは方言です。いつかも書きましたが、カレーはかれー(辛い)という洒落、もともと「カレー」も「からい(からし)」も、インドの言葉が西と東に広がっていったもので、語源は一緒なのです。
 話は戻りますが、たしか甲州弁(山梨弁)は女の子がしゃべると最も可愛くない言葉じゃなかったかな。たしかに(笑)。
 で、たしかカワイイ上位に入っていた秋田弁。その秋田弁の「生まれてはじめて」もオマケでお聴きください。たしかにカワイイかも(笑)。

 ウチのカミさんは秋田出身のなんちゃって歌手です。たしかにどんな曲も同時通訳的に秋田弁バージョンにしちゃんだよなあ。あれは面白い(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.29

47都道府県の方言版「だからダメって言ったでしょ」

Th_map52 に忙しくなり、更新が遅れております。
 今日の記事は昨日の続きにもなりましょうか、方言の話です。
 こんなネットの記事がありました。ツイッターで盛り上がったみたいですね。

47都道府県の「#方言でだからダメって言ったでしょ」を集めてみた

 面白いですね。私は方言を持っていない寂しい人間で、つまり標準語しか話せない。山梨に35年くらいいますが、山梨弁はいまだに不自由。ほとんどしゃべれません。
 静岡出身ですが、静岡弁はもっと苦手。家内の実家のある秋田弁に至ってはリスニングすら難しい(笑)。
 ということで、「だからダメって言ったでしょ」も本当に多種多様ですよね。ちなみに山梨弁はこうなっています。

「だからだめっつったら〜」

 まあまあこんな感じですね。「ら」は古語の「らむ」(現在推量の助動詞)の撥音便形「らん」の「ん」の無表記・無発音、あるいはウ音便形「らう」から「う」が脱落したものでしょう。
 ちなみに「ずら」は「むずらむ」から生まれたものです。前半の「むず」の連体形「むずる」については、枕草子で清少納言が下品な流行語として批判していますね(「ふと心おとりとかするものは」参照)。
 いずれにせよ、方言というのは、古い言葉、特にかつて都で使われていた言葉が、遠く地方に伝わって、都では消えてしまったけれども、その地方には残ったというものがほとんどです。
 山梨の方言、特に郡内地方の方言をそのような視点から解説した記事をかなり昔に書きました。こちらもご参照ください。

方言「〜ちょ」など、いろいろと…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.28

垈(ぬた)〜「のたうつ」の語源

Unknown 梨県民なら読めなくてはいけない漢字「垈」。逆に言うと、山梨県民以外はほとんど誰も読めない漢字ですし、もしかすると子どもまで含めれば、山梨県民でも読めない方の方が多いかも。
 長らくパソコンの世界では「幽霊文字」と言われていたこの字。一般的な漢和辞典には載っていないこともあって、いったいなんと読むのか、どこで使うのかと物議を醸していました。
 実際、この字が使われているは山梨県だけなんですね。
 ちなみに私も大学時代に山梨県に来て、初めてこの字を見て、そして読み方を覚えました。そう、ドライブ中に出会ったんですね、この字に。そして、ローマ字標記で読み方を知ったのだと思います。
 その後、山梨県内で複数の場所でこの字を見かたので、一般的な漢字なのかと思っていました。たまたま今まで出会わなかっただけで、全国的に使われているのだと思った。
 山梨には、たとえばこのような地名があります。

大垈(甲斐市、身延町)、垈(市川三郷町)、砂垈(富士川町)、藤垈(笛吹市)、相垈(韮崎市)

Th_unknown1 私が初めて出会ったのは「藤垈」です。有名な藤垈の滝があります。ずばり「垈」という地名は、四尾連湖の近く。
 「ぬた」というのは「沼田」、すなわち湿地という意味で間違いないとは思いますが、よりリアルなのは、「猪の寝床」という意味です。我が家の近くでも、山に入りますと、ああここは猪の寝床だなと思われる泥だまりがあります。それを地元では「ぬた」と呼んでいます。
 平安時代の和歌に次のようなものがあります。

君こふとゐのかる藻よりね覚してあみけるぬたにやつれてぞみる

 ここでは、猪が泥の上に草を敷いて寝るように、恋しい人のことを思って悶え憔悴する様子を、「ぬた」という言葉を使って表現しています。まさにドロドロした感情ですね。
 ちなみに山梨県大月市に「黒野田(くろのだ)」という地名があります。甲州街道の宿場町でしたが、かつては「黒奴田」と標記していたことがあるのを見ると、これも元は「くろぬた」であった可能性が高いと思います。いかにも猪のいそうな山に囲まれています。
 また、富士山の東側、御殿場に「柴怒田」という地名があります。なんと読むかといいますと、「しばんた」。これも「しばぬた」であったと思われます。
 これらは「奴」という漢字を嫌った結果ですね。
 ああそうそう、「のたうつ」っていう言葉があるじゃないですか。「のたうち回る」とか。これって、もともと「ぬたうつ」だったんですよ。
 猪が、体温を下げるため、あるいは虫を払うために、草や泥に激しく体をこすりつける動作です。まさに「のたうち回る」のです。

 猪のこういう行為を「ぬたを打つ」と言います。そこから「ぬたうつ」→「のたうつ」という動詞が生まれ、「のたうち回る」になったというわけです。
 あっちこっち行ったり来たり申し訳ないのですが、平安時代にこういう和歌もあります。

恋をしてふす猪の床はまどろまでぬたうちさますよはのねざめよ

 恋に身悶えることを、猪の「ぬたうち」になぞらえる習慣があったのですね。
 それにしても、なぜ山梨だけ「ぬた」に「垈」の漢字を当てたのか。これは不思議です。この漢字、韓国では使わているのだとか。「垈地」は「敷地」という意味だそうです。泥のイメージはない。
 もしかすると、かつて朝鮮系渡来人が巨摩郡に移住してきた際、この漢字を持ち込んだのかもしれませんね。証拠はありませんが、そのくらいしか理由が考えられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

角石『若き百姓よ/休耕田に立つ百姓』…40年目の奇跡!

Th_img_3156
 あて、昨日も濃かったけれど、今日はもっと濃いっすよ。ですので、これから三日に分けて書きます。
 簡単に言うと、午後に音楽関係のイベントが三つあったんです。そのどれもが自分の人生を象徴するようなイベントでした。
 まずはじめは、40年近く前、たまたま買ったシングルレコード。当時一部で評判になった、百姓ロック・バンド「角石(かどいし)」。
 そのリーダーの阿部養助さんに初めてお会いし、レコードにサインをもらいました!
 ずいぶん前にも一度書いたのですが、実は養助さん、ウチの家内の生まれ育ったところの人でして、義父の同級生だったのです。
 これは本当にビックリしました。土方巽の件もめちゃくちゃびっくりしたけれど、これまたあまりにピンポイントすぎます。
 家内の故郷は正直秋田の中でもかなりの山間地で、都会育ちの私など、初めて(嫁にもらいに)行った時、日本にこんな所があったのか、本当にこんな峠を三つも越えなければならない所に人が住んでるのか(失礼)と思ったほどの過疎地域。実は土方巽と細江英公が「鎌鼬」の舞台に選んだ日本最奥の地(と思った所)は、まだ「都会」で、そこからまた一つ峠を越えてようやく家内のふるさとに着くのです。
 私もまさか「角石」の故郷の人と結婚するとは思っていませんでしたから、本当にびっくりです。なにしろ3軒隣なんですから!
 10年ほど前に一度電話でお話をしました。そして、大量に楽譜を送ってくださりまして、いつか共演しよう!という話にはなっていたんです。しかし、今や町議会議員も務めておられる養助さんは大変お忙しく、なかなかお会いする機会がありませんでした。
Th_img_3155 それが今回、東京で首都圏羽後町会が開かれるということで、それに参加する家内にくっついて顔を出したところ、養助さんがいらしたわけです。それで、さっそく突撃して、サインをしてもらいました。
 なんでも、御本人も見本盤しか持っていないということで、本当にびっくりしておられました。ほぼ40年の歳月をかけて、私の夢が実現したとも言えます。まったく不思議ですねえ。そして楽しいですねえ。
 というわけで、また今度は秋田でお目にかかり、おいしいお酒を飲みながら音楽談義に花を咲かせたいと思います。そう、今や養助さんは津軽三味線の名手として活躍されているんです。
 おっとYouTubeにあるではないですか!ぜひお聴きください。テレビ番組もある!こうして幻の名曲を共有できる時代になったんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.24

宇宙人を囲む会(今どきの若者はすごい!)

Th_img_3148 日は駒場祭が終わってから下北沢へ移動。夜は初めて会う若者たちと楽しい飲み会でした。
 いちおう名目は「宇宙人を囲む会」(笑)。
 宇宙人とはすなわちワタクシであります。自称宇宙人の謎のおじさんに会うために、全国から若者たちがわざわざ集まってきてくれた(遠くはフランス、福岡、山形から…)。
 いや、実は最近、二十代後半から三十代前半の人たちとの交流が多い。多いというか、楽しいので、ついそういう機会が増えてしまうのです。
 今日はこちらで対談もした、プロ無職のるってぃさんが企画してくれました。
 何が楽しいかって、彼らの価値観、ライフスタイルが、宇宙人標準に近いんですよ。
 そう、おじさん世代で言うと、同郷(同星)の高城剛さんがちゃんとそういう生き方を実践してくれています。
 彼らに共通する要素はいろいろあります。
 ミニマリストであること、フットワークが軽すぎるほど軽いこと。お金や名誉に対する執着がない…というか、近代地球人とは違うこだわり方をしている。利他的である。だからシェアするのが当たり前。発信力がある。巷の情報に惑わされない。コミニュケーション力がある。さまざまな部分で壁を簡単に越える。もともとボーダーレスなのかもしれない。自我がない。悟っている。
 これらを一言でまとめるなら、「シェエリング」ということになるかもしれません。家や財産をシェアするのはもちろん、才能もシェアしあう。それはアウトソーシングという形で表れます。
 今日も若者たちに話しましたが、元祖プロ無職、シェアリングのプロ、アウトソーシングのプロはお釈迦様なんです。だから、本当に彼らは悟り世代なのかもしれない。
 いや、無欲ではないから、さとり世代とは違うな。ゆとりとさとりの間(なとり?)でしょうか。非常に面白い、これからの世界を変えていく力を持った世代だと思います。落合陽一さんなんかもその世代の代表格でしょう。軽く既成概念を超越していく。
Th_img_3149_2 今日もそんな彼らからたくさん学びました。お互い学びがあるんですよね。おまけで宇宙から降ろされたあの未来医療CS60も体験してもらいました。みんな感性豊かだし純粋だから効く効く。大笑いしながらみんなで楽しみました。
 軽やかでしなやかな若者たち。私も負けないようにがんばります。しかし、やはり基本は彼らにシェアリング、アウトソーシングしていきますよ。あとは彼らをやる気にさせることが宇宙人の仕事でしょうか。
 ちなみにそういう世代の方々との「宇宙人を囲む会」、いつでもどこでも開催します。もういくつか全く違うコミュニティーの若者たちと開催する予定があります。もし関心をお持ちになった方がおられましたら連絡ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その6)』

 日は京都花園にて仕事を終えたあと、ゆっくり太秦まで「太子道」を歩きました。ちょうどこの動画の内容とリンクしますね。偶然にしてはよくできすぎている。
 途中蚕の社の三柱鳥居を見たりしながら、太子と秦氏に思いを馳せ、キリスト教ネストリウス派のこともふと思い浮かべられました。そして最後は、中学校の修学旅行以来、すなわち40年ぶりに廣隆寺を参拝しました。
 言うまでもなく、聖徳太子ゆかりの寺。弥勒菩薩、半跏思惟像のあるお寺です。中宮寺の弥勒菩薩さまにはここのところ毎年お会いしていましたが、こちらはそれこそ40年ぶりでした。なんともお美しい。向かって左に少し傾いていらっしゃるのが不思議と印象に残りました。それが一つの動きのエネルギーを生んでいる。
 また隣にあった秦河勝夫妻像にもある種の霊感を覚えました。富士北麓と秦河勝との因縁は深い。深すぎます。富士山と京都、いろいろ不思議なミッシングリンクがあるのですが、そんなえにしをその場から感じた結果、旅の最後は亀岡の天恩郷となりました。そこもまた富士山や「みろく」と関係の深い整地です。
 本当に霊的に動かされた旅でした。いろいろな場所で、いろいろお祈りすること、お誓いすることがたくさんあり、もちろん本来の仕事の上でも学ぶことの多い旅でしたが、それ以上にこのタイミングで一人京都に来た意味がよく分かった気がします。ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧