カテゴリー「旅行・地域」の1000件の記事

2019.12.13

『若者のすべて フジファブリック 志村正彦がのこしたもの』(NHK甲府 ヤマナシクエスト)

Th_-20191214-114537 当に素晴らしい番組でした。

 思わず2回続けて観て、そして、ずっと号泣し続けました。

 実は、つい先日、ある大切な友人が急逝しました。彼女との出会いのおかげで、私は志村正彦くんや、この番組のナビゲートをした藤巻亮太くんと実際に会って話をすることができたと思っています。

 彼女にこの番組を観てもらいたかった。いや、きっとあちらで観て、そして一緒に泣いてくれたことでしょう。

 志村くんが亡くなって、間もなく10年。本当に彼ののこしたものは、ますます輝きを増しています。私自身も、彼のおかけで人生が全く違ったものになりました。感謝してもしきれません。

 本当にいろいろな音楽、いろいろな言葉たちに触れてきたつもりですが、志村正彦がのこしたものは、まさに「もの」。生きもののように、時代とともにうつろい、新たな意味を生み出し続けています。

 そう、藤巻くんも冒頭で「うつろいゆくもの」という言葉を使っていますね。

Ff080531_2 私は2008年の4月に「茜色の夕日(フジファブリック)」に見る「もの」と「こと」 という記事を書いています。実はこの記事をご覧になってくれた志村くんのご両親が、翌月実現した富士吉田市民会館凱旋ライヴで私を見つけてくださり、志村くんとの対面を実現してくれました。

 そして、今日のこの番組でも最後に放送されたあの、「茜色の夕日」演奏前のMCで志村くん自身の口からも「ものやこと」という言葉が…。

 その後、リニューアルされたふじさんホールで藤巻くんと、また職場ではイエモンの吉井和哉さんと、志村正彦談義をすることになりました。本当に自らの意識や意思を超えたところの「もの」のご縁に感謝するしかありません。

 この番組では、残されたメンバーをはじめ、同級生の皆さんや、志村くんが亡くなったのちに彼の音楽に出会い、人生を突き動かされた人たちが、それぞれ「のこしたもの」をどう受け継いでいくかを語ってくれました。

 私も、先日天に召された友人の遺志も含めて、そうした「もの」をどのようにさらに意味のあるものしていくのかを改めて考えさせられました。ただ志村くんの音楽を紹介するだけでなく、彼が未来に投げたであろうボールの、そのほんの一部でも、ちゃんとキャッチできるようにしていきたいと思います。

 また、志村正彦、太宰治、李良枝…夭折の天才たちの感性を育てた富士吉田、特に下吉田が持っている特殊な霊的磁場についても、生徒たちと一緒に感じて考えていくつもりです。せっかくそこで一日の半分を過ごしているのですから。

 この番組、もちろん志村正彦やフジファブリックを知ってほしいという意味でも、そして富士吉田、富士北麓の魅力を知ってもらうためにも、ぜひとも全国放送してほしい。非常によくできた番組であったからこそ、そう強く望みます。

NHK甲府特設ページ

 

| | コメント (0)

2019.12.05

富士山消しゴム

Th_41gyy5cenl_ac_ul320_ml3_ 富士が定番化するとのこと。めでたし。

 私も限定発売の青・赤セットを持っています。実はまだ使っていないので、富士山は顕現しておりません。

 地球の歴史スケールで言いますと、富士山はもともとなかったわけで、隆起し噴火し侵食されて今の姿になったわけで、まあこの消しゴムの場合は基本侵食しかないわけですが、「富士山を作る」というコンセプトは歴史の俯瞰という意味でも面白いものです。

 いろいろな富士山グッズを見てきました。その中で、これは傑作の一つですね。なるほどこういう発想はなかった。

 すでに出来上がっているのではなく、本来の使い方をしながら「作る」。これって、何かに似てるなあと思ったのですが、なんだろう。え〜と、う〜ん、出てこない。何かを食べながら形を整える…なんかあったような気がしますが(笑)。

Th_41mliipdtql_sy355_ いろいろデザインも凝っているようで、たとえばここ富士山麓での外国人へのお土産としてもいいかもしれませんね。もちろん、PLUSさんのAIR-INですから、消し心地も最高です。日本品質。

 形が整うまでは、ムダに消して書いてを繰り返したりして。形が整ったら、今度はそれを維持しながら減らしていく。最後は土台の方形の部分がなくなり、本物の富士山のように机に鎮座すると。そこで作品は完成でしょうかね(笑)。楽しそう。

公式特集ページ

 

| | コメント (0)

2019.11.30

追悼 中曽根康弘さん(「憲法改正の歌」再掲)

Th_unknown_20191201154701 日、中曽根康弘元首相がお亡くなりになりました。101歳。

 2年前に「憲法記念日にちなんで」という記事を書き、中曽根さんが作詞した「憲法改正の歌」を紹介し、また、仲小路彰との関係について書きました。

 あらためて「憲法改正の歌」を聞いてみてください。なかなか勇ましい歌詞ですよね。たとえば、これを安倍総理が作ったとしたら、まあ大変な騒ぎとなるでしょう(笑)。

 しかし、ある意味では正しいことを言っている。しかし、歴史を宇宙から俯瞰すれば、やはり間違っている。私は仲小路の直観を支持します。

 

 

 ところで、ちまたでは「真実は墓場まで持っていく」発言が話題になっていますね。日航ジャンボ機墜落事件の真実のことなのか。それとも…。

 考えてみますと、私は偶然、日航ジャンボ機の事故の瞬間を目撃してしまったわけで(こちら参照)、そういう意味では中曽根さんとも因縁があるのかもしれません。

 いずれにせよ中曽根さんは、昭和という時代のある種の矛盾を体現した人物であったとも言えましょう。なにしろ、こんな歌を作って歌いつつ、ロン・ヤス関係を築いたわけですから。

 もう一つ、ご存知のとおり、中曽根さんは青春時代を静岡市で過ごし、富士山に対しては格別な思いをお持ちの方でした。今年、昭恵さんのご紹介で知り合った小田全宏さんは、中曽根さんをトップに立てて、富士山の世界遺産化を実現しました。そのあたりの裏話も面白いものがあります。

 また、富士吉田市に残る中曽根さんの書(こちら参照)。これもあまり知られていません。俯瞰しますと、いろいろ見えてくるのですが。

 ご冥福をお祈りしつつ、今一度、中曽根さんが富士山に託した思いというものを考え直してみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.11.23

『法然上人絵伝』 (山梨県立博物館)

親鸞が追い求めた師の姿

Th_hounenbannar 梨市に用事があり、その帰りにふと立ち寄ってみたのですが、これが想像をはるか上回る素晴らしさでした。

 私は教員なので、博物館はいつ何度行っても無料。無料だから行くというのも正直ありますよね。この展覧会は通常1000円ですから、ちょっと二の足を踏んでしまうかもしれません。

 たしかに1000円払っても納得の、いやそれ以上の展示内容でした。

 基本は、このたび修復が完了した、山梨県甲州市勝沼の古刹万福寺旧蔵の法然上人絵伝掛図を初公開という内容なのですが、それ以外の掛図等の展示が充実しすぎていて、びっくりしました。

 出品資料一覧

 国宝や重文も全国の名刹から集められており、またそれらと肩を並べて、地元富士吉田の新倉三ヶ寺や忍野の安養軒に秘蔵されてきた名品も多く出品されていて感動しました。

 つまり、現代の私たちが勝手につけたランキングとは関係なく、純粋なる信仰心は平等だなあと。

 それからやはり、絵図(掛図)の特徴として、「時空を超える」というのがありますよね。日本絵画では当たり前ですが、一つの画面に、たとえば法然上人の一生が描かれている。複数の時間と空間が自然に一同に会している。つまり、人間の記憶や夢のような、「脳内リアリズム」ですよね。西洋絵画のリアリズムとは違う。

 そこにもある種の「平等性」を感じ取りました。なるほど、仏教の世界、極楽浄土とはそういうところなのだあと。

 25日まで。ギリギリ行ってよかった。

山梨県立博物館かいじあむ公式

| | コメント (0)

2019.11.18

エブリイ(DA17V)その1

Th_img_4582_20191120175801 2泊3日で秋田に行って帰ってきました。家族4人での車旅。

 もう何十回も行き来していますし、どんどん道ができて便利になっていきますので、別に苦でもありません。

 今回は、初めて新しい車で長旅をしました。9月に納車になった新型エブリイです。

 7年乗った旧エブリイはJOINターボ4WD4ATでしたが、今回はJOINT(ノンターボ)4WD5AGSにしました。今日から何日かに分けて、この車について詳しく書いていきます。

 今回は、スズキカスタム販売さんに手を入れてもらって自分好みにしてもらいました(写真は納車翌日のもの)。

 1インチUPのチョイあげをして、タイヤは15インチのエコタイプ。普通はオフロードタイプにするのでしょうが、現実的燃費と乗り心地を考えての選択。

 タイヤが大径になったこともあり、実燃費はどうかなあと思いましたが、通常の(とは言っても標高差400メートル近い)通勤で17.8km/lと、なかなか優秀です。

 今回の往復1200キロの旅では、4人乗って高速を走った割には悪化が少なく、17.1km/lを記録しました。これもなかなかだと思います(ただし時速90キロを超えると急に燃費が悪化します)。

 ちなみにカタログではJC08モードで19.0km/lとなっていますが、平地を緩やかに走行すると、たしかにそのくらいは行きそう。時速60キロで巡行していると、瞬間燃費は20キロを軽く超えてきますからね。

 たった660ccで1トン近い箱型の車体を動かしていることを思えば、これは素晴らしい数値だと思いますよ。

 それはひとえにAGSという変速システムのおかげです。明日はこのAGSについて書きます。

 

| | コメント (0)

2019.11.17

秋田移住はありえるか?

Th_img_5036 日は、昨年帰幽した秋田の義祖母の一年祭。

 家内の実家は神道です(というか、仏教がまだ伝来していない!地方)。

 12年前になりましょうか、義祖父の一年祭の時のことも思い出してみましょう。こんな記事を書いています。

神々のネットワークその1(祖父の一年祭)

 ああ、あの時は生徒もなぜか一緒だったんだ(笑)。あの頃からしますと、私も多少秋田弁のリスニング能力が上がりまして、酔っ払ったおじさんたちとも普通にコミュニケーションできるようになりました。

 今回で今年の秋田行はなんと4回目。5月、6月、8月、そして11月。紅葉の季節は、もしかして嫁にもらいにいった時以来?

 今日、親戚の方々と話した中で、半ば本気で「無住の寺の住職としてぜひ!」という話がありました。まじですよ(笑)。「私、なりはすっかり坊さんですが、正式な僧籍は持っていません」と言っても、「それでもいいから」と言うのです。

 その地は雪が3メートルは積もるところなのですが、それでも雪が大変なのは1月と2月だけ。なるほど考えてみるとそうですね。

 たしかに自然の豊かさ、人の温かさ、そして霊的な次元の高さは抜群の土地なのです。そこで神仏に仕え、CS60で人々を癒やし、米や野菜やお酒をいただいて生活する…たしかにいいかもしれません。

 別に正式な僧籍なんて持ってなくても、つまり近代的な宗派ネットワークに入らなくても全然オーケーですからね。自分で宗派を立てればいいだけの話で(笑)。

 実は、退職後すなわち5年後にやることはもう決まっているのですが、それもこの時代なら秋田にいてもできないことはありません。いや、ある意味、秋田ではなくてはできないことも含まれている…な〜んて、妄想したりもしたのですが、まあ、結論は神さまの言うとおりということで。

 年が明けたら、雪の季節に一度訪れてみますか。たぶん地吹雪に戦意喪失すると思いますが。

| | コメント (0)

2019.11.05

米軍機の超低空飛行

Th_-20191106-153517 日のローカルニュース。

目撃相次ぐ 米軍機か 河口湖周辺を低空飛行

 地元民にとっては、あまりにも日常的な風景になってしまっています。

 ものすごい轟音が聞こえてきたかと思うと、ド迫力のお腹を見せて、大型のプロペラ輸送機が数機頭上を過ぎてゆく。一瞬陽が遮られてあたりが暗くなる。また、小型の戦闘機が猛スピードで過ぎていくこともあります。

 ということで、ここ富士山麓は米軍のやりたい放題です。米軍基地があるということもありましょうが、なんかそれ以上に日本を代表する風光明媚な場所という理由なのでは、と勘ぐってしまうほど賑わっています。だいたい天気のいい日に飛んでくるので。

 上の写真でも分かるとおり、どう考えても、高度が低すぎます。太平洋戦争中のB29でも、こんなに低くは飛ばなかったでしょう。

 自衛隊の方に聞いたところ、実際レーダー照射などをして、いわゆる実戦的な爆撃訓練をしている場合もあるのだとか。

 ウチの学校の上なんかよく通りますから、もしかするとターゲットになっているのかもしれませんね(苦笑)。

 言うまでもなく、これは「知ってはいけない」事実に基づく現象です。日本の空はアメリカのものです。

 明日からウチの娘が修学旅行で沖縄に行きます(首里城が…)。那覇空港に着く前に海の上を低空で飛ぶから見ときな、と言ってあります。もちろん、それはある高度から沖縄の空はアメリカのものだからです。

 

| | コメント (0)

2019.11.02

CS60(コロコロ)

Th_img_4903 昨日、浜松のお寺で住職をしている教え子に会ってお酒を飲みました。いろいろな話で盛り上がったのですが、話題の一つがこれ。

 その教え子のお寺はもともと薬師堂があったところだそうで、今でもお薬師さんの行事などしているとのこと。

 そこでワタクシとっておきの「コロコロ」の話をしました。なんの話がわからない方は、次の記事を読んでみてください(よけい分からなくなるかも?)。

薬師如来が持っている薬壺は?

薬師如来の薬壺の秘密

 私たちはこの未来医療器具(CS60)のことを「コロコロ」と呼んでいます。あとで気づいたのですが、薬師如来の真言は「オンコロコロセンダリマトウギソワカ」。「コロコロ」とは「ただちに癒やす」という意味です。これは偶然ではありませんね。

 今日はある方に頼まれて、このコロコロ(CS60)でヒーリングを行なってきました。施術した私もすっかり癒やされました。そこがコロコロのすごいところ。

 思えば、この奇跡の医療器具CS60に出会ったのは3年前。なんと仲小路彰関係の不思議なご縁でした。そして翌年、これまた不思議なご縁(元をたどると出口王仁三郎関係)で、高城剛さんにコロコロを紹介。高城さんのすさまじいパワーのおかげで、今、コロコロは世界に飛び立っています。

 この美しい映像も高城さんプロデュース。CS60開発者の西村先生が、聖者となって世界中で奇跡を起こしています。

 

 

 もしこの「コロコロ」を試しに体験されたい方はこちらまでメールください。

| | コメント (0)

2019.11.01

浜松とリコーダー

Th_o4032302414359168462jpg 修の会場が、ちょうど楽器博物館の2階でした。研修が終わって久しぶりに行ってみました。

 約10年ぶりなのか。

浜松市楽器博物館(2010.3.14)

 相変わらずの生殺し状況でしたが(笑)、この10年間で憧れの楽器をいくつか手に入れたのだなと気づき、ちょっと感激しました。

 まずチェンバロ。そしてヴィオラ・ダモーレ。さらに八雲琴。八雲琴は最近も新しい(古いけど)ものを入手して、全部で4面になりました。

 チターやテルミン、その他いろいろありますから、我が家が楽器博物館になりつつあります(笑)。そう、浜松市楽器博物館で触れないので、しょうがない、自分で入手するしかないってことですね(笑)。

 さてさて、今回久しぶりに本家楽器博物館に行きまして、ちょっと気になったのが、リコーダーに関する展示と解説です。

 日本でなぜリコーダーが教育楽器として異常に発達したか、なぜ全国民がリコーダーを2本ずつ所有して、みんな吹いたことがあるのか、それについての説明が全くないのです。また、学校ではなぜ「ジャーマン式」が多いのかも。

 ナチス(ヒトラー)と関係しているので、まあ、しかたないと言えばしかたないのですが。ただ私の知る限り、その不思議な歴史・文化に、浜松も深く関係しているはずなので、そこは外してほしくなかったなと。逆に言えば、そろそろいいのではないかと。今でも、ヤマハ、カワイ、スズキと、リコーダー生産の中枢をなしている企業が浜松にあるのですから。

| | コメント (0)

2019.10.30

熱田神宮(一之御前神社)

Th_img_4890 日から浜松で研修です。今日はちょっと用事があって、まず名古屋に赴きました。

 その用事の前に、せっかく名古屋に来たのだからということで、熱田神宮を参拝しました。初めての参拝です。

 ちょうど天皇の即位礼正殿の儀があった直後ですし、先週は偶然(必然?)静岡の草薙と焼津で会議をしたところ。なんとも不思議なめぐり合わせで「草薙之剣」にまつわる所を続けて訪れることになりました。

Th_img_4892 特に今日は、本殿の参拝はもちろん、その裏側にある「天照大御神の荒魂」を祀る一之御前神社を参拝できたことに、大きな意義を感じました。

 もともと、草薙之剣は素戔嗚命の荒魂を象徴する神器ですからね。いつも書いているように、この国においては「荒魂」のお祀りこそが、非常に重要なマツリゴトとなっています。参拝の対象が和魂だけになってしまってはいけません。

 神器が三種あるのも、そういう意味でしょう。勾玉は和魂、剣は荒魂、鏡は何者にもなりうる。本来そういうバランスですが、現世においては少なくとも9対1のバランスでお祀りしなければいけません。

 熱田神宮の本宮の背後に静かに佇む一之御前神社にお参りし、そんなことを確認させていただきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧