カテゴリー「旅行・地域」の1000件の記事

2024.04.09

『anemone(アネモネ)〜2024年5月号』(ビオ・マガジン)

81eifth0g2l_sl1500_ ネモネさんに私の説を紹介してもらいました。

 正直いわゆる(なんちゃって・勘違い・金儲け)スピ業界はあまり好きではないのですが(笑)、こちらは老舗の雑誌ですし、私の尊敬する人も連載しているので、今回はご縁と神機を大切にし取材を受けることとしました。

 「宇宙の中心・富士山で再会した大国主の分魂と縄文高天原の復活」というタイトルをつけていただきましたが、まさにそのとおり。

_01  40年以上に及ぶ、私の富士山生活、そして宮下文書研究、さらには出口王仁三郎研究から到達した、一つの直観的な持論です。

 他の記事も読ませていただきましたが、私の説はちょっと次元が低いかもしれません(他が高すぎて理解不能でした…笑)。あの中だと、ちょっとアカデミックな感じさえするかも。

 まあ、私のお役目はそこにあると自負して、宮下文書、出口王仁三郎、そして仲小路彰を研究してきましたから、それはそれで満足です。ある意味中途半端なので、なかなか紹介してもらえないんですよ、私のフィールドというかレイヤーは。

_02 今回感動感心したのは、短時間のインタビューでこれだけの記事にまとめてくださった、編集長さんはじめライターやスタッフの皆さんの力量と度量の豊かさです。ありがとうございました。イラストも素敵。

 この記事を読んでいただき、富士山と出雲の関係、荒魂と和魂の関係、縄文と弥生の関係、そして宮下文書と出口王仁三郎の関係などに興味を持っていただければ幸いです。

 あっそうそう、最後に「グレート・ニコニコ・スピリッツ」の話も出てきます。それが発信できたのも幸いでした。

 書店もしくはネットでお買い求めくださいませ。

Amazon アネモネ 2024年5月号

| | コメント (0)

2024.04.04

TAXIめし リターンズ(ミヤテレ)

 

 日のオッペンハイマーとは対照的かもしれませんが、最近ハマっている映像作品(?)がこちら。

 全日本プロレスを観戦する機会が増え、特に注目しているのが斉藤ブラザーズ。体も大きいし、相撲で鍛えた安定感、悪役というキャラクターづくりも上手く、双子のハーフということも加えて、なかなかの逸材です。

 あっそうそう、最近VM解散のため悪役やめたんですよね。その悪役をやめる一つのきっかけがこの番組とも聞きます。なにしろこの番組では素が出すぎて、全然悪役じゃなくなっちゃうので(笑)。

 毎回、その外見とのギャップが萌えなのですが、今日はこの回を紹介しましょうか。もう、うさぎちゃん、お馬さんと言っている時点でヒールではない(笑)。

 そして、この番組の素晴らしいところは、その「食レポ」…ではなく、「食いっぷり」にあります。やたらと言葉を弄しての(つまり美味しんぼ的な)食レポが横行する中、レスラーの食いっぷりだけで食べ物の美味しさを伝えるこの形は、実は基本なのかもしれません。

 このとんかつ回、タクシーの運ちゃんも交えて、なんとも言えない味を出していますね。

 今後本来のベビーフェイスに転向する斉藤ブラザーズ、どんな闘いを見せてくれるか楽しみです。会場に応援に行きます!

| | コメント (0)

2024.03.29

『シルバー假面』 実相寺昭雄 総監修・原作・監督作品

04704023b5b36f3b4a5f95711d64bb1c_640 日も濃い一日でした~。上野から新宿、靖国神社から神保町。いろいろな方とお会いし、不思議なご縁を感じることばかり。これが当たり前になっていますが、感謝は忘れないようにしたいと思います。

 さて、今日は家内の誕生日でもあるのですが、もう一人私の人生に多大な影響を与えたアーティストの誕生日です。

 実相寺昭雄。

 子ども時代のウルトラマンやウルトラセブンの洗礼に始まり、青年期からはATG映画、そして大人になってからはオペラなど、本当に彼の作品群にはある意味翻弄され続けてきました。もちろん心地よい翻弄。

 そんな天才、いや奇才、いやいや鬼才の遺作となったのが、この「シルバー假面」です。

 一昨日、「シルバー仮面」の話を少し書きましたよね。あれを絶対的な駄作と自ら断じていた実相寺昭雄が、最晩年にリベンジを図り、駄作を通り越した問題作を作ってしまいました。

 今日は午前中、彼が教授を務めた東京藝術大学のすぐ横で、この作品を鑑賞いたしました。映像の舞台もすぐ近く、谷中や不忍池。感慨深い。

 う〜ん、それにしても、死ぬまで実相寺は実相寺でしたねえ。

 スタッフにも懐かしい名前が並んでおりますし、キャストも先日亡くなった寺田農さんをはじめ、いわゆる実相寺組の面々が多数登場し、結果として遺作にふさわしい「混沌」となっております。

 「故郷は地球」から「故郷は宇宙」というあたり、時代的にも仲小路彰の、グローバリズムからコスミカリズムという思想にもつながるなあと。

 そして、大正という時代のフィクション性(たとえば自然な日本語ではない漢文訓読調の日本語が世を覆ったり)を逆手にとって、未来的リアルを描くというある意味ずるい手法。

 やはり、実相寺自身が監督した第1話が一番面白い。

 寺山修司的な見世物小屋風情、性の変換、ドイツの混入、クラシック音楽の嘘っぽさ、卍と鉤十字の重ね合わせ、安っぽいCG…もちろん、映像や音声における実相寺節は言わずもがな。山本邦山の尺八だけがホンモノっぽい(笑)。

 まさに「不適切にもほどがある」の極地。

 全く両極端と思われるでしょうが、私は小津安二郎と実相寺昭雄が好きなのです。どちらも徹底したフィクション性を追求しているから。やり方はずいぶん違うけれども。

 こういう鬼才はこれからも現れるのでしょうか。

 

 

| | コメント (0)

2024.03.28

東洋軒のブラックカレー

Img_5219 日は結婚記念日。私はツアーが続き、なかなか山梨に帰れませんが、たまたま今日秋田の実家に帰る家内と東京駅でおちあうことができまして、新幹線出発前の小一時間でプチお祝いをいたしました。

 場所はいろいろ迷った末「東洋軒東京ステーション」に。私は「松阪牛ロイヤルブラックカレーと松阪牛ハヤシ」のセットとお酒を注文。

 いや、実はカレー好きな私、ここ1週間毎日カレーを食べることにしておりまして、今日はその4日目。せっかくですから、伝統のブラックカレーをいただきましょうということです。ただ、ハヤシも好きなのであいがけにしました。

 東洋軒は明治22年創業の日本最古の西洋料理店。現在は三重県の津に本店を構えます。津の名士、銀行家であり陶芸家でもあった川喜田半泥子(かわきたはんでいし)の「黒いカレーを食べたい」という要望にこたえて、津の東洋軒初代料理長猪俣重勝が完成させたのがこのブラックカレーです。

 川喜田半泥子は北大路魯山人や金重陶陽と昵懇でした。魯山人は出口王仁三郎の長女直日の作品の大ファンでしたし、陶陽は王仁三郎の弟子であり、耀わんの価値をいち早く認めていた人ですから、当然半泥子も王仁三郎を知っていた、あるいは会ったことがあったのではないかと想像されます。

 まあ、そんなこんなで、結局王仁三郎の手のひらの上で私たち夫婦の人生は展開されているのでした(笑)。

 で、お味はと言いますと、もちろん絶品でした。あいがけによって、カレーとハヤシのそれぞれの個性がより際立ちますね。これは良い組み合わせでした。先にハヤシからというのがいいのではないでしょうか。交互に食べるのはあまり好ましくないように感じました。

 店内には明治時代のメニューや注文票とおぼしきものが飾られていました。東京駅というロケーションもあり、様々な歴史的な人物、事件を思い出しながら、そしてもちろん私たち夫婦の26年を振り返りながらの小一時間でありました。

 先人たちの努力、ご苦労に感謝です。

 東洋軒 東京ステーション

| | コメント (0)

2024.03.25

ドリフの楢山節考

 崎二日目。こちらも面白すぎる会となりました。まるでドリフという神展開(笑)。

 まじめに一番盛り上がっていたところで、とんでもないアクシデントが!w

 本当に見事なドンガラガッシャンでした。怪我もなくて良かった。まさにドリフ的体当たり演技(?)。

 ということで、ドリフの名作を思い出したので、一つ紹介します。前半のまじめな展開だからこその後半の面白さ。今日のセミナーもこんな感じでした(笑)。王仁三郎P、やるな。

 楢山節考がはやっていたのを逆手にとって、これですからね。これは外国の方々にもウケるでしょう。ドリフ、カトケンには無数の名作コントがありますが、私は原作とのギャップという面でもこれが一番好きですね。

 ちなみに「楢山節考」は山梨のお話です。こちらを参照ください。

| | コメント (0)

2024.03.24

徐福の旅路

Taiheiyo_jyunmaisyu_01 日から二日間、岡崎でセミナーです。いったい今年になって何回岡崎を訪れているのでしょう。さすがに異常ですね。

 今日もわざわざ北海道から3人の方がおいでになったりと、集められたメンバーがそれぞれのお役目を果たして素晴らしい会になりました。

 そう、そこに集められたメンバー同士が初めましてで意気投合していく様子こそ、私のセミナーの醍醐味なのでした。

 今回個人的にビビっと来たのは「徐福」というキーワードです。

 私、6時間ほど話すのですが、最初からちびちびと日本酒をいただきながら話します。飲酒運転などと言うことなかれ。もちろん酔っ払うことはありません。日本酒は御神事のアイテムです。

 で、今回和歌山から参加してくださった方が、差し入れに新宮市のお酒、尾崎酒造さんの「太平洋」を持ってきてくださったのです。

 和歌山の新宮と言えば、市をあげて「徐福」を前面に打ち出していることからもわかるとおり、色濃く徐福伝説を残している地です。

 全国20カ所以上ある徐福上陸・定住の地の中でも、新宮は山梨の富士吉田市に並んで有名ですよね。そして、愛知の三河地方にも徐福伝説が残っているのです。岡崎のお隣豊川市がその中心です。

 以前もどこかで書きましたが、当地方で17世紀末に成立したと見られる「牛窪記」に「徐福が熊野から三河に来て子孫は秦氏を名乗り本宮山麓に住んだ」という記述があるのです。

 徐福という特定の人物を象徴とする中国南部からの移民団が、九州北部から紀伊半島を巡って富士山麓にたどりついた記憶が、こうした徐福伝説の成立の背後にあると、私は考えています。

 今回「太平洋」を持ってきてくれた方は、そのような意識は全くなかったとのことですが、きっと高次元の意識存在が半分いたずらっぽく、こうした気づきを与えてくれているのでしょう。

 さすが日本酒だと思った次第です(笑)。

尾崎酒造

| | コメント (0)

2024.03.22

惟神(かんながら)=大欲

Img_5166 日は富士山スペシャル合宿の1日目。茶碗が11個並んでおります!

 すごいメンバーが集まっております。そして、神の采配の妙…人間界から見ると過労だ倒れたり、入院したりと大変に見えますが…珍しく当日、寸前になってのキャンセルが相次ぎました。そしてそこにキャンセル待ちの方が入ってくるという、まさに神のシナリオ通りなのでしょう。

 ちなみに、私がいう「神」とは「自分以外」のことを指す言葉です。決して特定の宗教とは関係がありません。

 たしかに出口王仁三郎の話が多少入りますが、王仁三郎自身が「宗教がなくなるのがみろくの世」「芸術は宗教の母」と言っているくらいですからね。

 そしてここで言う「芸術」とは宇宙の仕組みのこと。自然と言ってもよい。それこそ自我以外の全てということになります。

 今回たまたまですが、この前ある雑誌の取材を受けたことから、「富士山と出雲」のことについて語りました。そうしましたら、参加してくださっていた世界的なミュージシャンのお二人が急遽、出雲をテーマにセッションをしてくれました。

 もう涙、涙。私の言葉よりなにより、その音楽の素晴らしさよ。歌詞の意味も、今日初めてわかりました。なるほどです。

 合宿のテーマをあえて言葉にするなら「惟神(かんながら)」です。

 自我、自己、自分を捨てて、神(自然、宇宙)の命ずるままに生きる。そこには金や地位や名誉などという小欲はありません。ただただ神の夢の実現のお手伝いをしたいという大欲しかないのです。

 今回も「自己実現」「自己肯定感」を思いっきり否定させてもらいました。それこそ小欲だからです。

 今日は、偶然なのか必然なのか、お隣の会議室でウチの高校の進学合宿が行われていました。ある意味対照的な世界が並んでおり、その両方に行ったり来たりする自分に不思議を感じましたね。そういうお役目なのでしょう。

 高校生たちもぜひ大欲のために励んでほしいと思いました。きっかけは小欲でも良いのです。私もそうでしたから。

| | コメント (0)

2024.03.20

春分の日に思う

20240321-81233 日は春分の日。スピ界隈では宇宙元旦とか言われておりますが、まあその根拠は別としてお祝い気分になることは悪いことではないでしょう。

 しかし、それが自分中心思想の産物であることに気づく人は少ないかと思います。だいたい、春分はこの地球上の話であって、宇宙とは何ら関係ありませんし。

 ただし、逆にミクロ方向にズームインしていくと、私という存在が地球や太陽、その他の天体の影響を強く受けているということを意識することができます。そういう日にしたいですね。

 さて、ワタクシ的にはこの日は「富士山と出雲」を意識する日となります。今ちょうどある雑誌の取材を受けていて、この話をしたところです。

 そう、出雲大社が富士山の出張所であるという話。案外、皆さんが知らないこと。すなわち、富士山頂を真西に引っ張り、海に出るところ、最西端に出雲大社が創建されたということです。

 参考 御来光の道〜レイライン〜

 春分の日の今日、玉前神社から昇った太陽の光は、富士山頂などを通過し、最後に出雲に到達するのです。

 そんな日、この現界では、地下鉄サリン事件から29年の日を迎え、大谷とダルビッシュが韓国で初対決をする。闇は遠ざかり光が差す。

 今日、愛子さまが学習院大学をご卒業されました。その笑顔はまさに「和和(にこにこ)」の象徴のようでした。光を感じました。

 コロナ禍や戦争が去り、光の時代が到来するのか。それは私たちが自らの心の大峠を超えられるかにかかっています。皇室の皆様は、それを応援してくれています。

| | コメント (0)

2024.03.19

小川国夫 『ハシッシ・ギャング』 (文藝春秋社)

Img_5151 朝、母を藤枝の病院へ送り、蓮華寺池公園へ。CS60仲間とスタバで打ち合わせ。

 蓮華寺池と言えば、藤枝出身の文士、小川国夫さんがよく散歩したところ。

 静岡の家に帰ってから、そう言えば小川国夫さんのエッセイを昔読んで感銘を受けたなと思っていたところ、母が一冊の短編集を持ってきてくれました。

 私が読んだエッセイ集はこれではなかったかもしれません。しかし、ページを繰り始めると止まらなくなる、止まらなくなる。

 この文体、私は影響受けていますね。句読点の付け方も自分に似ている。全体のリズム感もしっくり。自分の言語美学のルーツの一つがここにあったかと思いました。

Img_5149 母は、藤枝の親戚を通じて、この本にサインをしてもらっていました。

 「やがて鷹が来ました」…繊細で物静かという印象とは対照的な、骨太なサインです。

 この一文を探して読み進めると、ありました。この短編集の中でも圧巻と言える「オディル」という作品の一部です。

 著者がこの一文を選んでサインしたことからもわかりますが、この一見なんでもない一文が、この珠玉の短編集の中心になっているのでした。

 まあしかし、文がうまい。私の好きな「です・ます調」の極点ですね。

 その魅力、私はうまく表現できないので、帯にあった川村二郎さんの評の一部を写しておきます。評もうまい。

 文章その平明な調子が、そのまま自然な透明な表現のレヴェルに高まり、余計な枝葉をそぎ落として原型に還元されたかのような文章の骨格が、白々と際立って浮き出ていると見える。

Amazon ハッシッシ・ギャング

| | コメント (0)

2024.03.18

ローランド 『バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM』

51iyprtnl_ac_sl1050_ 日の記事の続きです。昨日最後の方に「旅のお供にします。イヤフォン型バイノーラルマイクと一緒に」と書きましたが、そのバイノーラルマイクがこちらです。

 小学生の頃から、3D写真とバイノーラル録音に凝っていたワタクシ。今はやりの「イマーシブ」のはしりでしょうか(笑)。

 あっそうそう、久しぶりに思い出した。逆3Dもあった。めちゃ昔の記事ですが、これぜひ読んで(見て)ください。

独眼流立体視の術

 これってあんまり世の中で言及されませんが、私はしょっちゅうやってますよ。美術館とか映画館で。超リアルになります。

 で、バイノーラル録音ですが、つまり人間の耳のところにマイクをつけて、リアルな音空間を再現しようとするものです。

 かつては、ダミーヘッドマイクで録音するのが定番で、実際私も中学生の時、自作でダミーヘッドマイクを作って遊びました。

 もひとつついでに言うと、バイノーラル録音はヘッドホンで再生しないとその臨場感は得られなかったのですが、私は2chのスピーカーでいかに臨場感を得るかの試行錯誤に没頭しておりました。スピーカーの自作はもちろん、なんだかいろいろことを試していたと記憶しております。

 テクニクスのアンビエント・エフェクターみたいなのも持ってましたね。効果はイマイチでしたが。テクニクスは昔から「アンビエント」指向が強く、今でもそれを売りにしている製品を作っていますね。

 さて、この時代になって、バイノーラルマイクもこのローランドの製品のように、本当に廉価で手に入れることができるようになりました。

 さっそく昨日のレコーダーで録音してみましたが、まあまあリアルな音場が再現されていました。なにしろ、そのままイヤフォンとして再生できるのは便利ですね。

 通常のイヤフォンのように耳に装着しながら録音ができるので、たとえば街の中とか、電車の中とかでも気軽に録音できますね。レコーダーもポケットに入りますし。盗撮ならぬ盗録なのかもしれませんが…。

 付属の風防のスポンジは外れやすいので、私は両面テープを使って固定してしまいました。ちょっと変なイヤフォンだと思われているかもしれません。

Amazon バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM(ローランド)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧