カテゴリー「心と体」の961件の記事

2022.05.13

ジャンボ鶴田さん23回忌

Th_img_9094 日は山梨が誇る最強プロレスラージャンボ鶴田さんの命日。

 偶然、塩山向嶽寺に用事がありましたので、ついでと言ってはなんですが、牧丘の慶徳寺さんに立ち寄り、本当に久しぶりにお墓参りをすることができました。

 「人生はチャレンジだ!!」

 この言葉にどれだけ励まされてきたことでしょう。迷ったらやめていた自分が、「迷ったらやる」自分に変わったのは、鶴田さんのおかげです。

 そして、今の充実した人生があります。本当に感謝しかありません。

 23回忌の命日にちなんで、鶴田最強説を裏付ける名勝負を紹介します。

 ジャンボ鶴田が新日本プロレスのリングに上った試合。谷津嘉章と組んで、木戸修・木村健悟組と対戦した1990年2.10東京ドームの映像です。

 う〜む、一人だけ次元が違いますね。受けに受けまくり、相手の良さをすべて引き出しての完勝。全く息が上っていないし、最後の余裕の笑顔は、殺伐としがちな対抗戦、それも新日本のリングへのある種のアンチテーゼです。

 鶴田は鶴田。いつもどこでも明るく、楽しく、激しい鶴田。あらためて「最強」を確認できる試合ですね。

 

 

 さて、この日の興行について、谷津嘉章さんが最近語ったのがこの動画。

 糖尿病で片足を切断し、義足になりながらレスラーを続けている谷津さんの、朴訥とした語りが味わい深いですね。義足も「おりゃ」もそうですが、マイナスをプラスに転じて「人生を楽しむ」姿勢には、プロレスという「神事」の世界ならではの物語的魅力を感じますね。

 もちろん、馬場さんと坂口さんの「困った時は助け合う」という関係性にも感動です。まさに「荒魂」の裏側にある広大なる「和魂」ですね。

| | コメント (0)

2022.05.10

『教祖・出口王仁三郎』 城山三郎(その8)

Th_seishisama分肌と抱擁力

 宗教関係だけでなく、また国内だけに限られたものでなかった。「万教同根」を説く教義の関係もあって、各国の新興宗教団体と提携し、さらに、大本が中心になって、北京に世界宗教連合会もつくった。(こうしたことも、おそらく既成教団の反感を買ったにちがいない)第一次大本弾圧事件の無罪判決を聞いて、二十カ国の人々によって、王仁三郎をたたえる「賛美集」が発刊されたりもした。

 だが、親分肌であり抱擁力があるということは、時には弊害も生む。心にもないつき合いをし、取り巻きが生れる可能性である。

 王仁三郎の娘出口直日は、こう書いている。

「父はどんな人でも迎え入れ、たのまれれば断りきれず、どこかのよいところを育てようと努力し、どんな辛抱でもしていたようでした。性来が磊落で、冗談ばかりいっていて、何だか雲をつかむようなところがありました)(続・私の手帖)

 そして、その反面、

「父は気が弱くて、それらの人を抑えきれないで、バカげた責任までも負わされてしまったという人です。それでいて、人を責めるでなし、過ぎたことをくやむでなし……」

 取り巻きの害について、彼女が耐えかねて父に注意の手紙を送ったところ、王仁三郎はその手紙を「娘がこう云って来たよ」と、そのまま取り巻きたちに見せてしまったというエピソードが紹介される。つまり、娘の手紙にかこつけてしか苦言の云えなかった弱さがあったというわけである。

 浅野和三郎が、大正十年立て替え立て直し説を機関紙に発表するといったとき、王仁三郎は反対したが、おさえ切れなかった。その結果、大正十年には大本信徒は一大動揺に見舞われることになったが、実際には、世の立て替え立て直しは起らなかった。谷口雅春らは、それを理由に大本を去るという事態も起る。

 心にもないことが、流れの泡のように、次から次へと湧いては消える。そして、それがそのたびに、王仁三郎の身から出たことになる。

 だが、王仁三郎は、陣を退くことなく、戦線を収縮することも好まない。虚像の上に虚像が重なり、一つの怪物像がそれらしく出来上って行くのを眺めている。怪物像を否定して「小さな自分」になるよりも、誤解を浴びたまま「大きな自分」にとどまることを好んだのかも知れない。茶目気と侠客気質という老い銹びた細い柱の上に支えられて。

 にぎにぎしく人々に取り巻かれながらも、王仁三郎の心中には、いつも空洞が穴をあけていた感じである。

(その9に続く)

| | コメント (0)

2022.04.30

お金の力

Th_dmaimg_2026 ジネス系のセミナーなどでお話をすることが増えてきました。

 昨日の「野球」論ではありませんが、私の視点は宇宙的なので、なんかとても話が面白いらしいのです。

 「お金」についての話も、たしかに一般で言われているものと違うかもしれません。修行アイテムであるとかね。

 そして、今日読んだこの記事にも大いに共感したのですよ。尊敬する、うみらじゅん師匠のお話。これってホントよく分かる。

 

 ソロ活の元祖・みうらじゅん氏に聞く「夢中になれる時間の見つけ方」

 

 風間ゆみさんのDVDとか、マドロス演歌大全とか、迷いながらも高額なDS(どうかしちゃってる)商品を買ってしまうと、それの社会的・合理的な意味、価値を超えて、そこに極個人的な無意味な価値を生まないといられなくなる。

 それがつまり想像であり創造であり生命力でありアートであり生命力そのものだと思います。

 そうした契機、動機を与えるのが「お金」の持つ不思議な力なのです。こんなにお金かけちゃったから味わいつくさねば、いいものだと思い込まねばという方向に導く力ですね。これはよ〜く分かります。

 そういう意味では、最近の私の「安かろう良かろう」商品シリーズなんかダメなんですよ。たしかにそこに愛がない。味もない。

 サブスクとか最もダメ。デジタル化もダメ。ありがたみがない。ザッピングできてしまう。音楽でもいや曲ならすぐ飛ばせてしまう。

 昔は小遣いはたいてアルバムをジャケ買いして、ホントは「あ〜失敗だった」と一瞬思ったとしても、もう「これは素晴らしい。大好きだ。感動した」と自己洗脳するしかなく、しかし、そうこうしているうちにその作品の深いところに入っていって、実際に好きになってしまうとか、よくあったじゃないですか。

 今の若者たちはそういうことがないので、それこそ「夢中になる」ことがなくなってしまった。対人関係も、自己洗脳という手順を踏まないから、ついつい浅くなってしまう。

 お金をかける、また、時間をかける、手間をかけるということ、また失敗することの大切さというのを、今一度考えてみる必要がありそうです。

 特に「お金」をかけて失敗することの重要さは大切です。その失敗を成功に変える力が「お金」にあるのですから。

| | コメント (0)

2022.04.24

『都道府県別 にっぽんオニ図鑑』 山崎敬子(ぶん)・スズキテツコ(え) (じゃこめてい出版)

Th_51jpekm72vl_sx339_bo1204203200_ 本では鬼は大人気ですね。いや、いまや世界でも大人気。

 日本の漫画やアニメの「愛すべき悪役」たちの原点は、おそらく鬼たちでしょう。

 西洋の善悪二元論では割り切れない、悪さもするが幸せも運んでくる。その善悪不二、表裏一体、好悪一味のところが実に日本的であります。

 だから、鬼と書くよりも「オニ」と書きたくなる。カタカナにすることによって、ある種のキャラ化がなされるわけですね。キャラ化することで、初めて私たちの友達になる。

 土偶とかもそうです。目に見えない精霊、自然神にカワイイ姿を与えて友達にしてしまう。モノのコト化、モノガタリですよ。

 この本でも、とにかくオニたちは「カワイイ」。怖いけどカワイイ。

 私たちの中にもオニは棲んでいて、時々アンコントローラブルに現れる。しかし、それはそれでやっぱり愛すべき自分の一部なので仲良く共存していくしかない。

 そういう私たちの、あるい自然界の隠れた(隠がオニの語源とも)荒魂を象徴するのがオニなのでしょう。

 そうしますと、上田喜三郎が鬼三郎に、そして王仁三郎に変身していくことの面白さが分かりますよね。「喜」と「鬼」が昇華して「王仁」になるという。

 王仁三郎がどこか憎めない可愛さのオーラを放っているのは、なるほど文化的、歴史的理由のあることなのでした。

 さて、そうしてこの現代に至り、いよいよキャラ化、カワイイ化が進みつつある愛すべきオニたちを、県別に、これまた可愛いイラストと軽妙な文章で紹介したこの本、眺めているだけで幸せな気分になります。

 それぞれの国々、土地土地で愛され、畏怖され、祀られているオニたちと同様に、私たちの体や心の至るところにそうした「モノ」が棲んでいて、ちゃんとそれと共存しているという事実(マコト)に気づくことができるのです。

 そして、全てに会ってみたくなる。来訪神に会うために、私たちもそこにマレビトとして来訪するのだという、旅の欲求の原点がそこにあります。

 そうそう、この本にも紹介されている「鬼をおがんだおばあさん」、いい話ですよね。オニたちもカワイイけど、おばあさんが最強すぎて(笑)。

 私、若い頃に「地獄で会おう会」というのを発足させました。どうせ地獄に落ちるんだから、うまく閻魔大王や鬼たちにとりいったりして、様々な「アトラクション」を楽しんじゃえ!という趣旨の会でしたが、そのアイデアの源泉はこのおばあさんだったのです。

 

 

 

Th_-20220426-75128 あっ、最後に。香川県の「牛鬼」って、うる星やつらのレイですよね(笑)。残念なイケメンの象徴としての牛鬼。なるほど。そういうギャップというか、内在的なマイナス面がやっぱり鬼の本質なのですね。

 そっか、うる星やつらこそ、愛すべきオニたちの未来的なお話なのか。

 ラムちゃんが最強ってことですね。ラムちゃんは方言からすると宮城県のオニでしょうか。

Amazon 都道府県別 にっぽんオニ図鑑

| | コメント (0)

2022.04.15

いのちの歌

 

 の日は父の葬儀、告別式でした。

 昨日づけの記事に書いたとおり、見事な晩年と見事な大往生だったので、皆悲しむというよりも「おめでとう」という感じで送り出しました。

 通夜はまさに夜通し飲めや歌えや踊れやでした(笑)。あまりの陽気な騒ぎに父の口角が徐々に上がってしまうというリアル「笑ってはいけない」状況でした。

 さて、そんなわけで葬儀も決して暗い雰囲気ではなかったのですが、思わず涙が出そうになったのは、長女がお別れの言葉を読んでいるときでした。

 いや、その内容にもですが、期せずしてBGMピアニストの方が「いのちの歌」してくださったことに思わず感動してしまったのです。

 改めて、この曲の歌詞とメロディーの素晴らしさを痛感いたしました。

 あっ、それと通夜で涙してしまったのは、若い二人の納棺師のお仕事ぶりに接した時でした。尊いお仕事ですね、と思わず申し上げました。

 父の死というのよりも、それを取り巻く一期一会の方とのご縁が素晴らしかったということですね。

 あまり尊敬できる人ではなかった父。最後の最後にいろいろなことを教えてもらったような気がします。

| | コメント (0)

2022.04.03

格闘技 いろいろと

Th_-20220404-141600 日は朝から格闘技三昧でした。

 まず昨日のことですが、とってもおめでたいニュースが。柔道の全日本選抜体重別選手権57kg級で、私の勤める中学・高校の卒業生である舟久保遥香が、見事東京五輪銅メダルの芳田司選手を破って優勝しました。

 ここのところ世界の舞台でも大活躍しており、10月の世界選手権にも初出場を決め、再来年のパリ五輪出場、そしてメダルへの期待が膨らみます。

 本校の柔道部と言えば、名監督の矢嵜先生。まさに最強の寝技戦士であり、また良き師であります。

Th_img_8779 先日彼とともに、北京五輪柔道金メダリストの石井慧選手にお会いしました。今日は石井選手がK-1の無差別級トーナメントに出場、見事1回戦をKO勝ちしたのですが、試合中に肋骨を痛め、残念ながら2回戦以降はドクターストップということになってしまいました。

 順調に勝ち進めば、京太郎選手との決勝になるかと期待していましたけれど、特にワンデートーナメントは怪我が怖いですよね。また、結果として京太郎選手も優勝した最軽量のサッタリ選手に完敗するなど、格闘技の難しさと面白さの両方を感じる大会となりました。

 実を言うと、立ち技の試合があれだけ続き、さらに試合の間の時間が長いとなかなか観戦する方も集中力が続きません。

Th_-20220404-142518 そんなわけで途中、別画面ではプロレス(ノア)の試合を楽しみました。特に興味深かったのは、鈴木秀樹選手と征矢学選手のシングルマッチ。そうだ、鈴木選手とも矢嵜先生と一緒に会ったっけな。てか、ウチの学校に来たんですよ。

 こちらもまた寝技師ですからね。最後はロイヤルストレッチというキン肉マン的な(?)技で見事勝利しました。強いわ。

 そうこうしているうちに、なんとも妙なニュースが。

Th_-20220404-142646 柔道全日本体重別選手権の男子100kg超級で、小川直也氏の長男、雄勢選手が優勝したとのこと。小川直也さんは矢嵜先生の大先輩であり、小川道場から毎年優秀な選手を我が校に送り込んでくれています。

 しかしよくニュースを読むと、なんと決勝は不戦勝だったと。怪我とか?と思ったら、準決勝の斉藤vs太田が両者消極的反則負けという前代未聞の展開。

 どうも最近、指導反則負けが目立ちますね。ルール改正のこともありますが、勝ちに行くより負けない柔道をする選手やチームが増えているように感じます。

 このあたりのことも含めて、この前石井慧選手や矢嵜先生には「新日本柔道連盟作りましょう!」って言ったんですよ(笑)。いや冗談ではなく、嘉納治五郎先生が泣いていると思いますので。

 最後にまだ書くことがあったのですが、なんだか忘れちゃったので(笑)、今日はこのへんで終わりに…あっ、思い出した!

Th_-20220404-142830 新日のヒール・レスラー、グレート-O-カーン選手が男に連れて行かれそうになっている女の子を助けて表彰されることになりました。

 彼は今日は浜松で大暴れ。試合後「ひれ伏せ!静岡の愚民ども!正義の味方は勝つんだよ!正義の味方に拍手をよこせ!」など、通常運転。本当に素晴らしいですね(笑)。

 ヒール・レスラーはいい人というのが定説ですね。和魂と荒魂のバランス、いや両者が二分されるのではなく同一化してしまうのが、神話的格闘技の世界であり、それこそ日本文化の根幹なのでありました。

 いやあ、格闘技は面白い!

 

 

| | コメント (0)

2022.03.29

大島渚 vs 野坂昭如

Th_-20220330-130330 れはビックリしましたね。すごい演出だと思いました。あまりに素晴らしいフォームなのでネタかと思ったらガチだったんですね。

 コメディは必ず何かを揶揄して成立する性質のものです。受け取る側によっては限界を超えてしまい、今回のようなことになる可能性があります。

 クリス・ロックを責めるのは簡単ですが、その結果「お笑い」がさらに萎縮してしまうことを考えると、そう単純化できません。

 と、危惧していたら、圧倒的にウィル・スミスの方が批判されているではないですか。

 なるほど、こういう時代なのですね。かつてだったら、妻への愛情が評価され「漢!」と言われ、ウィル・スミスの好感度がアップしていたかもしれません。

 たしかに、あの程度のジョークでキレるなんてオスカー像にふさわしくないとも言えますし、もし私だったら(ありえないけど)、張り手を喰らわすフリだけして耳元で「これ以上はアウトだぜ」とでも囁きますがね。

 さてさて、このドタバタのニュースを見ていて思い出したのが、やはり映画関係でありますが、大島渚監督を野坂昭如がぶん殴ったあの事件ですね。

 

 いいパンチが入ってメガネが吹っ飛び、仕返しにマイクで2発「ボゴッ」とやってて、最高に楽しい。

 野坂昭如が酔っ払っていたわけですが、実は仲が良い二人だからこその「プロレス」でもあり、今回の二人もこんな感じだったらまた評価は違っていたのかなとも思います(無理か)。

 まあ、とにかくつまらない世の中になったとも言えますし、そのお陰で男もチンチクリンになってしまったなと。

 というか、大島vs野坂では、小山明子さんが最強のレフェリーじゃないですか(笑)。結果として女性の活躍の場も失われたということか。

 

| | コメント (0)

2022.03.17

追悼 宝田明さん

Th_images_20220318085101 しい訃報が届きました。

 昨年、突然お電話をいただき、コロナが落ち着いたらお会いしましょうと約束していましたが、コロナ禍もなかなか終息しない中、このような形でその約束が永遠に果たされなくなるとは…。本当に残念です。

 満州で大変なご苦労をされ、その後の華々しい俳優生活と並行して平和活動を続けておられた宝田さん。

 そんな中、私たちが研究している仲小路彰に興味を持ってくださったのです。

 パンデミックという分断や、ウクライナへのロシアの侵攻などに対し、どのような思いを持っておられたのでしょうか。

 昨年電話でお話した時は、とてもお元気そうで、そして誰からも愛されたそのお人柄を象徴するように、私のような者に対しても、とても丁寧な言葉遣いでお話してくださりました。

 ゴジラをはじめ、もう何十年も銀幕の宝田さんを拝見していた私は、本当にお会いする日を楽しみにしていました。そして、宝田さんが平和活動の一環として行ってきた音楽朗読劇「私の願い」を山梨で実現しようと約束しておりました。

 それが叶わなくなってしまった今、宝田さんの平和への願いを少しでも引き継ぎ、実際の行動として表現していかねばならないと、改めて感じています。

 祈りや願いはもちろん大切です。しかし、それが言葉だけでなく、実際の行動として表現されなければ、その価値は半減してしまう。そんなことをあのお電話で直接教えていただいたような気がいたします。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 心よりご冥福をお祈りします。

送別歌」(お電話いただいた時の記事です)

 

| | コメント (0)

2022.03.16

福島県沖 M7.4

Th_img_8724 入りばな、まず最初の緊急地震速報で目がさめました。11時34分発生の地震です。

 ここのところ富士山ラドン濃度が急低下していましたので、東北含めた東日本のどこかで大きめの地震があるかなと思っていたので、さっそく「予想した地震が発生したようです」とツイート。それが36分。そしてその数秒後に再び緊急地震速報。こちらが本震でした。

 M7.4、最大震度6強といえば大地震。まずは被害の少ないことを祈ります。そして、震源の場所と深さを見て、大規模な津波はないと判断。

 この地震も、大局的に見ると11年前の3.11の余震ということになります。それもすぐにツイートしました。何度も書いていますが、あの巨大地震の最大余震はいまだ発生していません。つまりM8レベルのアウターライズ地震、あるいは青森沖、千葉沖の大地震です。

 もう11年も経っているのだから、それは余震とは言わないのでは…というのは全くの間違いで、たとえば昭和の三陸沖地震は明治の三陸沖地震の最大余震(アウターライズ地震)です。その間37年。

 また、これもいつも伝えているとおりですが、このM7.4がさらなる巨大地震の前震である可能性も否定できません。

 決して恐怖を煽っているわけではありません。11年前を思い出してください。3.11の2日前の3月9日に宮城県沖M7.3が発生しています。

2011年3月9日三陸沖地震M7.3を忘れてはいけない。

 もちろん、今回の震源の深さから考えると11年前とは明らかにメカニズムが違います。しかし、だからといって今後さらに大規模な破壊が起きないという確証はありません。

 まさに「天災は忘れた頃にやってくる」。これには二つの意味があります。一つは3.11から11年経ったというような意味での「忘れた」。そして、11年前の3.9から3.11にかけての私たちのように、非日常的に大きなことが起きると、もうそれ以上のことは起きないと勝手に思ってしまうという意味での「忘れた」です。

3.9と3.11の間に何が起きたか。

 自然(地球・宇宙)の時空スケールと、人間の時空スケールはあまりに違うのです。気をつけましょう。

 

| | コメント (0)

2022.03.09

苫米地英人 「認知戦」を理解してより良い世界を構築せよ!

 

 小路彰は70年前に、第三次世界大戦はピンポイント攻撃戦、情報戦、深層心理戦、そして生物兵器戦になるであろうと予測しました。

 ちなみに第三次世界大戦は朝鮮戦争からすでに始まり終結していません。その後の米ソ冷戦やアメリカとイスラムの戦争、そして現今のロシアとウクライナの戦争もその一部に過ぎません。

 この動画で苫米地博士が述べている民主主義を利用した「認知戦」は、仲小路の言う深層心理戦に含まれます。仲小路がいかに天才であったか、よく分かるでしょう。

 70年前、あの文書群を読んでも、だれも理解できなかったかもしれません。実際、21世紀になって、ようやく一部実感として理解できるようになりました。

 また仲小路は、第三次世界大戦の本質を「共産主義革命」との戦いだと看破しています。共産主義に伴う権威主義、そして唯物論に発する非人道主義こそが敵であると。

 あるお弟子さんによりますと、仲小路は「私の思想は500年経てば理解される」と言ったそうです。まだまだ未来の話ですね。しかし、その新しい思想、あるいは古くて新しい日本の使命が顕在化するのは21世紀であると考えていたようですから、私たちの責任は大きいですね。

 深層心理戦(認知戦)によって、世界中の民衆がプーチン一人を糾弾することで、はたして事態は収束するのか。いや、しないでしょう。だからこその日本の出番でもあります。

 国内の深層心理戦でコントロールされた世論からはずいぶん批判もありましたが、安倍元総理の「プーチンを安心させなければならない」という言葉には、ある種の心理的真理が含まれているのでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧