カテゴリー「住まい・インテリア」の67件の記事

2022.07.28

Origami-lite 蓮花 (カメヤマローソク)

Th_71t4cow4dql_ac_sl1200_ の初盆のために購入。

 これはシンプルですが、なかなか美しい。お盆の時だけ出してきて使うには、ある意味もったいない。

 インテリアとして間接照明的な使い方もあるでしょうし、乾電池式なので災害時の照明としても使えそうです。

 ポリプロピレンの花びらが重なっているだけの構造ですので、明るい時にまじまじとのぞき込むと興ざめしてしまうのですが、こうして明かり(LED)を灯すとその陰翳が美しく現れます。

 Origamiと称しているのは、まあイメージでしょう。蓮の花と称しているのもイメージと言えばイメージですね。

 リアルにこだわらないで、イメージに徹したところが良かったのでは。

Th_lay91_23040000 カメヤマローソクさん、地味なローソクやお線香の世界を現代的にアレンジして、とってもオシャレで楽しい製品をたくさん開発しています。

 ペットの供養用キャンドルやお線香なんか、面白すぎますよね(笑)。シローさんの1周忌のために買おうかな(もう過ぎちゃったけど)。

 LEDがリアルな炎を表現できるようになりつつあり、安全性の意味からも今後はそちらが主流になっていくでしょう。

 なんだかんだ言って、私たちはあの光のゆらぎが大好きなのですね。たしかに癒やされます。

 この蓮花はゆらぎませんが、いくつかのゆらぎモードを加えてもいいのではないでしょうか。基本的なコンセプトとデザインは秀逸ですので、AC電源と様々な光のアレンジを装備した上位機種が出てもいいかなと思いました。

カメヤマローソク公式

 

| | コメント (0)

2022.04.18

HiKOKI コードレスハンディクリーナー

Th_413j3yksxol_ac_sl1378_ 変わらず忙しくしておりますので、ここ数ヶ月の間に買った名品をいくつか紹介していきます。

 意外だと言われることも多いのですが、私にとっては「名品」とはコストパフォマンスの良いものなんです。

 つまり「安かろう良かろう」製品を探すのが好きなんですよね。

 そういう意味でこの掃除機はなかなかの名品でした。1万円也。

 こういうタイプの、無骨な道具的なハンディ掃除機といえば、マキタのものが最初に頭に浮かびますよね。

 このHiKOKI(ハイコーキ)すなわち旧日立工機製の製品も、マキタ同様に他の工機、工具と共用できる着脱バッテリーを備えています。

 内蔵のものより見た目は悪いのですが、やはり交換やスペアのメリットが大きいですね。さらに、充電も案外このようにいちいち外すやり方の方がストレスが少なかったりします。

 こういうタイプですから吸引力は並み以下ですが、考えてみると一般的な掃除機ってパワーが過剰なんですよね。暴力的じゃないですか。日本文化にはそぐわない(笑)。

 階段や高い所の掃除にも便利ですので、ぜひ2台目として皆さんもご利用になってください。

Amazon コードレスハンディクリーナー R12DA

| | コメント (0)

2022.01.14

ソーラーセンサーライト(暖色系)

Th_61rba7khdal_ac_sl1500_
 近購入した優れモノを紹介します。

 ノーベル賞を受賞した赤崎、天野、中村の三氏が開発した青色LEDのおかげで、白色のLEDが可能になり、多くの照明がLED化されました。

 その結果、世界全体での省エネの総量はとんでもなく大きな数値になります。

 ある意味地味な発明ですが、私たちの生活に直結していること、さらに地球環境に対する貢献度の高さということで言うと、21世紀最大の発明ということになるかもしれません。

 そのおかげで様々な色調合ができるようになり、暖色系白色、すなわち電球色の製品も一般的になりました。

 皆さんも様々なところで体験していると思いますが、純粋な白色LEDの光はやや攻撃的でまぶしさを感じますよね。その点、こうした暖色系のLEDはたしかに「暖かさ」、さらには昔の裸電球的なノスタルジーすら感じさせます。

 我が家の玄関灯もそうした暖色系のセンサーライトにしていますが、そのすぐ近くの壁に設置していたセンサーライトが純白系だったので、このたびそれは家の裏に移設し、新たにこの暖色系センサーライトを設置しました。

 この製品、まずデザインがよろしい。シンプルです。飽きの来ないオシャレさがある。

 明るさはまあまあですが元々予備灯ですし、柔らかさを求めていたので、これでちょうどいいくらいです。

 天面の太陽電池パネルは比較的大型で、直射日光が当たらない時間にもそれなりの発電をしてくれます。

 さらに良いのは、こういう製品には珍しく内蔵の蓄電池が交換可能だということです。開けてみましたら、一般的な3.7Vリチウム電池でしたので、へたったら簡単に交換できますね。

 ちなみに私が購入した時は、なんと1000円のクーポンがついていたので、たった2510円で購入できました。安い!

 今のところ快調に点灯してくれていますので満足しております。

Amazon URORU ソーラーライト屋外LEDセンサーライト

| | コメント (0)

2021.12.12

(不思議な)ひんやり枕

Th_71bzefio6ss_ac_sl1500_ うやく理想の枕に出会いました。

 と思ったら、非常に不思議なのですが、毎晩鮮明な夢を見るようになりました。気持ち悪いほどです。

 夢を見るということは熟睡できていないのかというと、そんなことはなくて、前よりも間違いなく深く眠ってるという感覚はあるのです。

 今までもいろいろな枕を試してきましたが、朝起きると首や肩が凝っていることが多く、なかば「理想の枕」はあきらめていました。

 しかし、なんとなく「安いから」という理由でポチったこの枕が、肉体的、物理的にはけっこう理想形だったです。

 仰向けに寝ている時の後頭部のはまり具合はもちろん、寝返りを打って、横向きに寝る時の高さや硬さ、すなわち枕外側の隆起の具合が私にはちょうど良かった。

 だからなのか…よく分からないのですが、先ほど書いたごとく、まあとにかく鮮明で長編の夢を見るようになったのです。そして、朝起きてもその内容をよく覚えている。明らかに今までとは違うのです。

 「ひんやりジェルシート」がいいのでしょうかね。いったいなんなのでしょう。不思議としか言いようがありません。

 興味がわいた方は、試してみてはいかがでしょう。というか、その「効果」が私以外の人にも表れるのか知りたいのです。研究にご協力ください(笑)。

 いや、普通に枕としての機能にも満足ですよ。今なら25%オフのクーポンがついてきます(チェックをお忘れなく!)。

【Amazon限定ブランド】ひんやり枕


| | コメント (0)

2021.03.15

自宅プロレス

Th_s_minkeimorioka3267 日に続きプロレスネタです。

 コロナ禍、三密満載のプロレス業界も大変だったと思いますが、案外新しい興行のカタチを早く確立し、時代の先端をたくましく生き延びているようにも見えます。

 時代に合わせたという意味では、この「自宅プロレス」も実に面白い!

みちのくプロレスが新企画「自宅プロレス」スタート 選手が出張、反響多く

 ウチでもやってほしい!…けれど、散らかりすぎててデスマッチになっちゃうな(笑)。猫も乱入するし。

 プロレスに限らず、こういう出前パフォーマンスが流行るかもしれません。

 たとえばこの自宅プロレスのように1時間10万円で、ミュージシャンやアイドルを独占できるとすれば、きっと需要はありますよ。

 それこそ「能」なんかもいいんじゃないでしょうか。自宅能。自宅で神事ということです。

 オプションも面白いじゃないですか。選手とちゃんことか。

 エンターテインメントの近代化により、何千人、何万人集めてワーみたいな形が多くなっているからこそ、また、ディスタンスが叫ばれる今だからこそ、1対1とか安全な三密の価値は上がって当然ですよね。

 一度に多くの人に伝えるのは、もしかするとオンラインでもできるかもしれない。ライヴの良さはやはりその「近さ」「独占」にあるのでは。そういう基本に立ち返る良い機会なのかもしれません。

 教育もそうなのかも。オンラインの方が良いことと、リアルマンツーマンの方がいいことと。

みちのくプロレス公式「自宅プロレス」

| | コメント (0)

2021.03.04

工進(KOSHIN) 家庭用バスポンプ

Th_71p0tujtdfl_ac_sl1500_ 日は(も)皆さんにはどうでもいい話題です。

 昨年の今頃から運用している「24時間電気風呂」でありますが、非常にいい感じです(笑)。

 お湯の全面的入れ換えは1週間に1度。結局24時間保温しっぱなし(41度)にしていますので、いつでも風呂に入れます。

 私以外の家族女3人も、その「いつでも」がいいようで結構気に入ってくれています。電気代も想定以下で、結果として灯油ボイラーより安価ですんでいます。

 そんな中、1年運用してダメになったのは充電式シャワーです。スイッチがいかれまして、突然夜中にシャワーが吹き出したりし始めました(笑)。

 まあ1年持ったので良しとしまして、再び同じものを買おうかと思ったのですが、なんだかんだ5000円近くしますから、もっといい方法はないかなと考えまして、こちらにしました。

 これって、実は風呂の残り湯を洗濯機で使うためのポンプなんですよね。それを今まで使っていたシャワーのホースとヘッドに無理やり接続してみました(ホースの内径が違う)。

 結果、全く問題なく使えますし、水圧もちょうどいいくらい。おそらくはポンプの性能(耐久性)も中国メーカーのものよりいいと思いますので、しばらくこれで運転してみようと思います。

 壁にオンオフスイッチがつきましたので、なんだか今までと違って高級感があり、家族も喜んでいました(笑)。まあ、近所のホームセンターで1300円台で買ったんですけどね。

 あっそれから、投げ込みヒーターに100円ショップで買ったブラスチックのザルみたいなのを装着して、加熱しながら入浴できるようにしました。やけどの心配がなくなりました(感電の心配は?…w)。

Amazon 工進 家庭用バスポンプ

| | コメント (0)

2020.06.04

「皿洗い」に目覚める?

↓ なんだかとっ散らかってますが…

Th_-20200605-102420 テイ・ホーム期間、「(新)三密」を避けながら、「(真)三密」を心がけておりましたが、もう一つ「密」を感じたのは、家族との時間が「濃密」になったということです。

 東京の大学に通っていた長女も2月からずっとウチにいます。もう二度と帰ってこないかと思っていた娘が、期せずして毎日家に引きこもっている。

 次女はやっとうるさい姉がいなくなったと思っていたら…いやいや、これはこれで結構楽しそうに姉妹でキャーキャーやっております。

 そんなわけで女子3人が1階の居間や奥の和室を占拠しており、唯一の男子たるワタクシは2階の寝室に籠もらざるを得なくなっております。はい。

 しかし、このステイ・ホームのおかげで、一旦「解散!」とも言われた我が家族が再び「濃密」な時間を過ごすことになりまして、それぞれ意外な発見がありました。

 その一つが、「男子厨房に入らず」だった男子が、なぜか厨房にいることが多くなったということです。これは発見です。

 で、何をやっているかというと、まずは皿洗い。これは今まで全くやってこなかったので、自分でもビックリしています。別に無理やりやらされている訳ではありませんよ(笑)。もともとの経緯はこちらに書いてあります。

 そんなこんなで、なんか楽しくなってきたのですが、そう、実はその徴候というか、素質のようなものは自分でも感じていました。

 というのは、私の奉職する禅宗系の学校では、年間行事として「接心」というのがありまして、生徒と先生で学校に泊まって、禅僧の修行のほんの真似事をやるんですね。その時、「典座(てんぞ)」という食事係をやりますと、家庭科の調理室をお借りして、大量のご飯を作るとともに、大量の洗い物をしなければならないのです。

 今はエセ坊主として現場の指導をしなければならないのですが、若い頃はその「典座」の仕事がけっこう得意でした。特に食器や流しに1滴も水滴を残さず、また髪の毛1本床に落ちていない状態に仕上げることに、異常に執念を燃やしていたんですね。まあ、それこそが修行と言えば修行なわけですが。

 普段の私のズボラな性格からすると、当時、自分でも意外なほどにこれにはこだわった。まあ、単純に家庭科の女の先生方がおっかなくて(笑)、怒られないようにというのもあったけれども、そうこうしているうちに「先生は完璧!」と言ってもらえたのが嬉しくて、やたら頑張るようになってしまったのですね。

 そんな自分の経験がありましたから、まあ家のちょっとした洗い物くらいはなんでもないと言えばなんでもない。今まで全く食器を下げることすらしなかったのが、なんだかもったいなかったなと思うほどに、今は楽しく皿洗いをしています。

 家族からは「世界が滅ぶのでは」と思われるほどに、劇的に意外な変化のようですが、実は自分の中でも自然なことでもあったのです。

 それでも、なんで、このコロナ禍をきっかけに、そういう本来の自分(たぶん両親譲りの几帳面さ)が表れてきたのか。それはたしかに謎です。やっぱり世界が滅ぶのかな?(笑)

 ただ言えるのは、たしかにこの皿洗いというちっちゃな行為のおかげで、家族との関係が良い方向に「濃密」になったことです。

| | コメント (0)

2020.04.29

我が家の最新風呂事情(その4最終回)…経費など

Th_img_5972 て、昨日までの連載で我が家の特殊浴場(?)事情がおわかりになったかと思います。

 別に真似をしてほしくはありませんが、こういうことも可能だというのを知っていただきたく記事にしております。

 ま、一人暮らしだと結構いい選択肢かもしれませんよ。特にプロパンガスを使っている場合。小さな浴槽なら電気代もそんなにかかりませんし。

 導入当初は我が家では24時間風呂として稼働させておりました。つまり、ヒーターを常時保温モードで運転していたのですね。

 極寒地の真冬ということもあって、それだと結構電気代がかかっておりましたので、途中から入浴後はヒーターのスイッチを切り、翌日の夕方からまた温め直すという形をとってみました。現在も基本そういう形で運用しております。

 気になるコストですが、この風呂システムを利用しない場合の我が家の1日の電気代は約400円。1週間に一度日曜日に新しい冷水から沸かして保温するとプラス約300円で700円。平日は寝る前にスイッチを切りまして、翌日の夕方にまたオンにして温め直します。だいたい25度くらいまで冷めたぬるま湯を40度まで温めて、また入浴が終わるまでしばらく保温することになります。すると、だいたい130円くらい。

 最近はみんな引きこもっているので、土曜日はお風呂はなしにしていますから、つまり風呂にかかるお金は、日曜日電気代300円+水道代100円=400円、平日は電気代のみ130円✕5日=650円で、合計1週間で1050円となります。

 ボイラーが壊れる前は、毎日灯油で沸かしていましたから、シャワーも含めると灯油代と水道代を合わせて250円はかかっていました。つまり6日入ったとしても1500円かかっていた計算になります。

 ということで、月にして約2000円の節約となります。年間24000円。もしボイラーを新しく買ったとすると、それだけで工事費込で40万くらいの試算でしたから、それも含めるとかなりの節約になっていますね。よっしゃ〜(笑)。

 ところで、ボイラーを使わなくなると、シャワーも水しか出ないことになってしまいます。そこで購入したのが、写真にある充電式の簡易シャワー。これで全然問題ありません。一度充電すると2週間は持ちます。ヘッドを節水型に交換したので水勢も十分あります。

 ちなみにボイラーを使わなくなると台所の蛇口からもお湯が出なくなり、たとえば冬場の皿洗いなどが困難になります。これはどのよう解決したかというと…私が責任を持って皿洗いを担当することになりました(笑)。これもいろいろコツがありまして、今では女性軍(シロウト)には皿は洗わせないことになっております(当然女性軍は喜んでおりますが…笑)。

 結果としてですが、全然家事をしなかった私が、最近では風呂掃除はもちろんのこと、皿洗いで厨房に立つようになって料理に目覚めてしまい、なぜかご飯を作るようになっております。最近は玄米の炊き方にもこだわりはじめ、そのへんも女性には立ち入らせないようにしています。

 時代は変わっているのですね。家庭内ではこのコロナ以上の想定外の展開に、世界が滅びるのではないかと厳戒モードになっております(笑)。

 あっ、あといちおうお風呂の抗菌剤として「サラリユ」を入れています。これもいい感じですね。

Amazon ポータブル・シャワー

Amazon サラリユ

| | コメント (0)

2020.04.28

我が家の最新風呂事情(その3)…お風呂の浄水器『せっすい君』

Th_se_01 あ投げ込みヒーターでお風呂が沸かせることが分かりました。次は浄水器です。

 いわゆる家庭用24時間風呂は、ヒーター、浄水器が一体となったもので、だいたい20万円以上します。

 ウチはもともと「なんちゃって24時間風呂」を計画していましたので、ヒーターは常に稼働させておくつもりはありませんでした。

 ですので、探したのが単独のお風呂用浄水器です。安価でいいものがありました。

お風呂の浄水器「せっすい君」

 家庭用24時間風呂で有名なユニオンテクノスさんの製品です。3万円弱で購入できました。つまり、ヒーターと合わせて5万円を切るという目標が達成できました。

 結論から書きますと、これもなかなかの優れものです。使い始めて3ヶ月以上になりますが、快調に運転しております。実際のところ、これのおかげで、実質1週間はお湯を替えなくてすんでいます。3月からは大学生の長女も疎開してきておりますから、毎日4人が入っても1週間大丈夫。

 今までは1日お湯を放置すると、浴槽の内面がヌルヌルしてしまいましたが、これだとそれが全くありません。宣伝文句のとおり、浴槽の掃除をしなくてもよい(いちおう1週間に一度はしますが楽です)。

 お湯もほんの少し匂いが出ますが、そんなに濁ったりもせず、ウチのメンバーはそんなに抵抗なく入っています。たしかに除菌がされていますね。あんな小さなフィルター(銀イオン濾過材)でよくこの性能だあと感心します。

 そのフィルター(モコモコ)は1週間に一度、水道の水でもみながら洗います。ホントはもう少し頻繁に洗った方がいいのかもしれませんが、とりあえず清潔な(?)我が家の住人(今は特に引きこもりなので)だと大丈夫なようです(笑)

 電気代は1日3円。案外パワーがあって、入浴中もプチジェット噴流で足の裏をマッサージしています。

 ということで、我が家の風呂の基本的なシステムは、投げ入れヒーターと浄水器で運用中です。そろそろ3ヶ月。実際の運用方法や経費も出てきましたので、明日はシャワーや入浴剤(除菌剤)の話も含めて、そのへんについて書きます。

| | コメント (0)

2020.04.27

我が家の最新風呂事情(その2)…『電気湯沸かしキット2』

Th_-20200428-84823 て、皆さんにとってはどうでもいい我が家の風呂事情。昨日の記事にあるとおり、ボイラーの故障、そして温泉ライフのあと、どうなったのか。

 家の風呂を復活させるためにどうすればいいのか。フツーにボイラーを新調すればいいのでしょうが、これが結構高いんですね。常時金欠状態の我が家ではかなり厳しい。

 あと、ウチが散らかりすぎていて、業者の方に来てもらうのが恥ずかしい(笑)。どうしても室内でコントローラーの工事とかあるじゃないですか。

 というか実際、石油ボイラーにせよ、電気温水器にせよ、ランニングコストまで考えると、かなりの出費になるのです。普通のご家庭ではそれが当たり前のことになっていると思いますし、これまでの我が家でもそうでした。

 しかし、考えてみると、これは結構節約できる部分なのではないかと考えたのです。

 で、なるべく器具の導入にもお金がかからず、そしてランニングコストも従前と同じくらいにするにはどうすればいいかと、いろいろ研究をしました。寒い寒い1月の上旬の話です。

 最新の太陽光温水器も考えました。真空管を使ったやつですと、ウチのような超寒冷地でもしっかりお湯が沸かせるようです。しかし、これも導入にかなりお金がかかることがわかりました。ま、災害時とかには最高ですけどね。

 そして最終的に決めたのがこれ。まさかの「電気」。一番お金がかかりそうですよね。ところがそうでもないのです。

 いわゆる「投げ入れヒーター」です。野外でバケツなんかに放り込んでお湯を沸かすやつですね。かなり荒っぽいけれど強力な道具です。

 風呂沸かし用のものが何種類か売られているのですが、ここはマニアックに最強キットを購入してみました。

電気湯沸かしキット2 湯沸かしコントローラーと1500Wヒーターセット

 ちなみに「キット」なのですが、かなり忙しい時期だったので、比較的得意な電子工作ではありますが、今回は500円払って組み立ててもらい完成品を送ってもらいました。

 さっそく設置して(というほどのこともない)使ってみました。うん、これはすごい!優れものです。

 1500Wというハイパワーですし、細かい温度設定、安全装置、タイマー、保温機能などかゆい所に手が届く感じ。デザインも実にシンプルで、かつ頑丈な感じで好感が持てます。

 ま、ハイパワーとはいえ、250Lの浴槽に、高冷地ならではの10度以下の水道水と気温ですから、2月は41度まで温度が上がるのに7時間以上かかりました。まあ、お昼過ぎにオンになるようにしておけば、夜にはポカポカのお風呂に入れます。

 いちおう安全を考慮して、入浴の際にはヒーターのオフを確認して、ヒーターを浴槽から引き上げることにしています(当然か)。結果、入浴しながらの追い焚きはできないのですが(果敢にもやってみたおばさんがいましたけど)、保温のためのアルミシートやフタを使いながら入浴しているので、真冬でも追い焚きの必要性は感じませんでした。

 春になり気温が上がってきた(水温は変わらない)ので設定温度40度まで上げるのに約6時間。電気料金でいうと約240円となります。灯油ですと約100円ですので2倍以上のコスト、そして10倍以上の時間がかかります。

 ヒーターの導入コストは約2万円ですみましたが、これでは今まで以上にお金がかかることになってしまいますよね。そこで考えたのが…その3に続きます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧