カテゴリー「芸能・アイドル」の349件の記事

2020.09.25

BTS 『Dynamite』

 

 日の模範的バッハから、いきなりBTSです(笑)。

 アジア人として57年ぶりに、全米ビルボード・チャートで1位に輝いたのがこの曲。言うまでもなく、57年前の快挙は坂本九の「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」です。

 私は今のK-POPには、それほど興味はありません。かつては半分面白がって「韓国テクノ」や「ソテジワアイドゥル」のCDを買って聴いたりしていましたが。

 しかし、最近は、娘二人がBTSだけでなく、その他のグループにもキャーキャー言っているので、ついつい聴いてしまう(聴かされてしまう)日々を送っています。

 そうしますと、今の韓国の音楽は、日本のそれと比べると、たしかにアメリカ向けに職人的に作られていることがわかります。好き嫌いは別として、たしかにうまく出来ているし、歌もダンスも日本のアイドルとは比較にならないほどうまい。

 一方のJ-POPは、日本国内のみを市場とするガラパゴス状態にあります。もちろん、それが悪いわけではなく、ガラパゴスオットセイのように(?)特殊な進化を遂げていて、それはそれで価値があるとは思います。しかし、とてもグローバルに受け入れられるものではない。

 今日ちょうどメールマガジンで高城剛さんが指摘していましたように、20世紀末の英国の「クール・ブリタニア」 を、韓国は国策として見事に輸入し、日本は見事に輸入しませんでした。

 その国家ブランディングの有無が、その後20年以上経って、この違いを生んだわけですね。経済的なグローバル戦略としては、完全に勝敗がついてしまいました。

 韓国映画がアカデミー賞を獲ったことも記憶に新しいところ。ソフトだけでなく、電化製品やIT機器などのハードも、いつのまにか韓国や中国の後塵を拝するようになってしまった日本に、ちょっとした淋しさをおぼえるのも事実です。

 しかし、5年後はどうなっているわかりません。こうした国家的な商業主義が長く続くことはありません。

 一方のガラパゴス日本はどうなっていくのでしょう。こちらもあまり明るい材料は見当たりません。

 ただ、一つのヒントとなるのは、それこそ坂本九さんがアメリカの音楽を吸収しながらも、非常に日本的な音楽を日本語でヒットさせたこと、あるいは、仲小路彰の「未来学原論」に刺激されたYMOや山下達郎さんやユーミンらが、無意識的にせよ21世紀のアメリカやヨーロッパを驚かすような音楽を作ったことです。

 今売れる曲を作るのか、はたまたバッハのように数百年残る音楽を作るのか(実際バッハは当時不人気であった)。もちろん、ビートルズのようにその両方を実現する天才もいるわけですが。

 いずれにせよ、ポピュラー音楽の世界は、今大きな壁にぶつかっています。いわゆるコード進行もメロディーも出尽くした感があり、そこから逃れるようにHIP HOPが売れる時代になって久しい。そろそろ「天才」が現われてもいいかなと思いますね。

 音楽もデザインの一つと考えると、その発展の鍵は「違和感」と「慣れ」にあると思います。もちろん「違和感」とは、作り手側のそれではなく、聞き手側のそれです。「慣れ」もそう。どの時代においても、エポックメイキングな表現者は「違和感」という批判にさらされてきたのです。

 BTSに話を戻しますが、彼らに「違和感」があったとすれば、やはりアジア人であるということでしょう。たしかにアメリカ人はそこには「慣れ」ましたね。その業績は素晴らしいと思います。

 ちなみに娘たちはこの快挙に興奮しているのかと思うと、案外冷めていてですね、「まあ、チャートなんて金で操作できる時代だからね。戦略で勝っただけだよ」「昔のビルボードとは違うよ」とのご意見。逆に「坂本九はすごい」と、そちらに感動していました。たしかに(笑)。

 それにしても「上を向いて歩こう」、あの夏の日の航機事故で亡くなったことを考えると、きつい歌詞ですね…。

 

| | コメント (0)

2020.07.28

『BU・SU―富田靖子フォト&エッセイ』

Unknown ょっと気恥ずかしいのですが、これが届きました。

 50過ぎたオジサンが隠れて見ていると思うと気持ち悪いですよね(笑)。

 しかし、実際には一番喜んでいるのは、高校3年生の次女なんですよ!

 これは嬉しい誤算でした。

 とにかく「可愛い、可愛い」と萌えまくっています。娘が。

 いきなり「パパ、ありがとう!」って言ってくれちゃいましたからね。お前のために買ったんじゃないよ(笑)。

 映画好き、かつ日本の伝統芸能を志して厳しい稽古をしている次女は、たしかに「BU・SU」はハマる要素が満載ですよね。

 いや、本当に私も毎月1回は観てるんですよ、「BU・SU」を。最高の映画です。

 そのフォト&エッセイですから、これはたまりません。もちろん中古で買いました。

 当時の富田靖子さんの素は、元気で明るい女の子でした。18歳なのかな、当時。エッセイの内容はそれにふさわしく他愛もないものです。

 それと、映画「BU・SU」でのあの影のある不思議な存在感のギャップがたまりません。この写真集の中でも、そういう表情と素の表情のコントラストが素晴らしい。

 返す返すも、「BU・SU」が手軽に鑑賞できないのは残念です。今の高校生とかに絶対観てもらいたい名作なんですが。

 最近も明るく元気な役柄で、いろいろな若手女優のお母さんになっている富田さん、17歳当時のいい意味で「他愛のない」インタビューがありますので、どうぞご覧ください。

 うん、やっぱり、可愛い…。

 

Amazon BU・SU―富田靖子フォト&エッセイ

| | コメント (0)

2020.07.25

『もらとりあむタマ子』山下敦弘監督作品

Th_81y9bhuzcyl_ac_ul320_ 梨県は甲府が舞台の映画。

 その甲府で、元AKBの前田敦子さんが実にいい「ぐーたら」ぶりを発揮しています。

 元アイドルが女優に転じていくためには、たしかにこういうイメチェンのきっかけが必要でしょうね。

 というか、私は彼女が14歳の時から見ていますが、正直トップアイドルになるとは思えませんでした。

 しっかりしている子だなとは思いましたが、正直トップアイドルに必要な要素はあまり見つけられなかった。

 まあ1期生は全体にそんな感じであり、そこからのシンデレラストーリーが庶民の共感を生んだのかもしれませんがね。AV女優になっちゃった子もいたし(笑)。

 そういう意味では、シンデレラがいきなり髪ボサボサのニートに落ちぶれるという落差もまた、私たち庶民にとってはある種のカタルシスなのかもしれませんね。浮き沈みの疑似体験。

 もともとこの映画を観たのは、いつものとおり富田靖子さんを鑑賞するためだったのですが、これもいつものとおり、結果、未知の名作映画に出会うことになりました。富田さんには感謝です。地味だけれどもいい映画にたくさん出ているんですよね。

 この映画の舞台になっている「甲府スポーツ」さんは実在するお店です。私も場所は分かります。店名そのままで登場するっていうのは珍しいですよね。一時的にであれ、あっちゃんが生活したというのはすごいですね。

 映画撮影時や公開時にはきっとすごい評判だったと思いますが、もう今では元の静けさを取り戻していることでしょう。これもまたある種のシンデレラストーリーか。

 その他のロケ地も全て甲府周辺。なんの変哲もない地方都市の日常的な風景が、なんとも懐かしく感じられます。必要以上に絵にならない街なんですよ、甲府って。それが良い。風情がないとも言えますけど。

 ターニングポイントになる駅は「春日居町駅」ですね。これまた普通すぎてどうしようもない。そしてそれが良い。だいたい映画の中の駅って、主張が強いんですが、ここは違う(笑)。

 短い作品ですので、軽い気持ちでグータラしながら観てみてください。唐突に終わったあとの星野源さんの主題歌、そして最後のカット、そこまでちゃんと観てください。なんか癒やされますよ。

 ただ、だれかも指摘していますが、食事の時の「ものを食う音」が大きすぎて、ちょっと不快でした。演出の意図は分かりますけれども、それにしても大きすぎでは。

 

 

 Amazon もらとりあむタマ子

| | コメント (0)

2020.07.18

追悼 三浦春馬くん…『山形スクリーム』 竹中直人監督作品

Th_81cjobausxl_ac_sy445_ んで…。三浦春馬くんが亡くなりました。

 役者として高く評価していただけにショックです。これからだったのに…。

 10年前の志村正彦くんを失った時に近い虚無感に襲われています。

 彼もまた、仕事に対して、人生に対して、まじめすぎたのでしょうか。

 追悼の意を込めて、彼の出演している映画のどれかを紹介しようと思ったのですが、なぜかこれが思い出されました。

 この、最初から最後までくっだらない作品の中で、唯一「死者(落武者・ゾンビ)」にならない村人が、実は三浦春馬くんなのです。

20200719-70841 2009年のこの映画では、友情出演でコンビニの店員役をやっていて、ほんの数秒ですが、竹中直人の落武者ギャグにまじめにつきあっています。

 本当に全出演者がふざけた演技に終始している中、唯一まともな演技をしているのが彼なのです。

 なんか、それが急に思い出されまして。この時まだ19歳か…。

 この作品、映画マニアの竹中直人さんが、様々な国内外の名作のオマージュを散りばめながら作った、コメディーホラーです。

 夏休みに田舎を訪れた都会の女子高生グループが巻き込まれる恐怖体験ドタバタ劇という意味では、全体がすでに大林宣彦監督の「HOUSE」のオマージュとなっていますね。

 各種ゾンビ映画、八つ墓村、ブレードランナー、マーズ・アタックなどの名作をそのままパクったようなストリーやシーン、セリフも満載。

 逆に言えば、それなりの映画好きでないと、この作品のB級さ加減が分からないでしょう。すなわちC級のドン引き映画にしか感じられないかも。

 そんな映画愛にまみれたこの明るい作品に、一人まじめに参加している三浦春馬くん。なんとなく寂しそうに見えてしまった。

 向こうではたっぷり映画や芝居に愛され、難しいこと抜きに楽しんでください。ご冥福をお祈りします。

 

| | コメント (0)

2020.07.04

藤圭子 『カスバの女』

Th_21497319 中湖村で三浦環の写真が大量に見つかったとのニュースを見て、さっそく「徳富蘇峰館」に行ってきました。発見された一部の写真が展示されていましたが、山中湖で撮られたものはほとんどないとのことで、私の興味のある仲小路彰や原智恵子との写真はありませんでした。

 正直、それよりも企画展の三島由紀夫の「詩」が面白すぎた。三島のフィクションの世界が現実に侵食していく感じがなんとも言えない。徳富蘇峰とは対照的ですね。

 さて、その当時の山中湖人脈についていろいろ書きたいことはありますが、今日はちょっとずれた記事にしてみます。

 夜、BSで藤圭子の秘蔵映像の番組がありまして、演歌マニアの家内と観て(聴いて)いたんですが、特に二人の印象に残った曲は、この「カスバの女」です。私は知らなかった。すごい歌詞ですなあ。

藤圭子

 

 めちゃくちゃ異国情緒ありますが、聴いた感じは「新宿の女」と変わらないところがすごい(笑)。「カスバ」とは、アルジェリアの要塞都市のこと。今では世界遺産になっています。

 映画「望郷」の舞台として日本でも知られていましたが、1955年に久我山明の曲に作詞家大高ひさをが詩を乗せて作られたこの曲、エト邦枝さんが歌って発売されましたが、ほとんど売れなかったと言います。

エト邦枝

 

 実はエト邦枝さんの師匠はオペラ界の重鎮、原信子さん。原信子さんの師匠は三浦環です。朝ドラ「エール」でも分かるとおり、三浦環もクラシックから歌謡曲まで幅広いジャンルの歌を歌いました。昔は今より自由だったんですよね。

 さて、このとってもグローバルな演歌「カスバの女」は、のちに緑川アコさんの歌唱で人気が出てから、本当にいろいろな方が歌っています。

 皆さんそれぞれ素晴らしいのですが、今日はあと二人だけ紹介します。

ちあきなおみ

 

八代亜紀

 

 やはりエト邦枝さんの声はきれいすぎたんでしょうね。上掲3人のほかも、青江三奈さんとか沢たまきさんとか、のちの人たちはみんなハスキーボイス。つまり非和声的な倍音の多い方々です。それがなんとも「場末」の「哀愁」を感じさせるわけですね。

 ウチのカミさんの声は、そういう意味では倍音が少ない、いわゆる「きれい」な声なので、どうもこういう味は出せないとのこと。その点、美空ひばりはすごいよなあ。

| | コメント (0)

2020.06.20

『HOUSE ハウス』 大林宣彦監督作品

Th_71sg6lu0kl_ac_sy445_ 日は、珍しくテレビ(トゥエルビ)で「さびしんぼう」が放映されました。

 「き○たま」を連発するから地上波では流しにくいのか。この名作がなかなか一般の人たちに鑑賞してもらえないのは、なんとも歯がゆかったのですね。プライムでも無料で観られないし。

 そういう意味では、この大林監督の劇場映画デビュー作品も、そうそう地上波では放送できませんね。それほどの衝撃作です。

 そして、一度観るとハマってしまう不思議な魅力のある作品。「夢」のリアルを表現しようとした大林宣彦監督の真髄が、早くも全て収まっている作品です。

 もう説明のしようがないのですが(笑)、とにかく「ぶっ飛び」ぶりが尋常ではありません。実験的すぎるとも言えますが、堂々と書割を使ってしまうあたり、やはり「脳内リアリズム」の表現であって、監督にとってはごく自然なことだったのかもしれません。

 どちらかというと、寺山修司の世界に近いのだと、今頃になって気づきました。それは、最近の作品「花筐 HANAGATAMI」を観ての再発見。そう、この「HOUSE」と「花筐」は直接つながっているような気がしますね。表現もテーマも。

 池上季実子さんの体当たりの演技もすごいけれど、鰐淵晴子さんの時代を超えた妖艶さや、大場久美子さんの可愛さにも注目ですよね。

 とにかくホラーなのに、ポップでリズミカル、どこまでも明るい。こんな不思議な映画、世界中探してもそうそうないですよ。海外で人気というのもわかります。

 遺作も早く観たいですね。本当に稀有な才能と哲学を持った監督さんでした。あらためて感謝したいと思います。人生を豊かにしてくれてありがとうございました。

 映画にも出演しているゴダイゴの音楽に乗せて、その雰囲気を味わってみてください。いやあ、すごいわ。

 

 

Amazon HOUSE

| | コメント (0)

2020.05.23

追悼 木村花選手

 しすぎる。最も注目していた女子プロレスラーの一人、木村花選手がお亡くなりになりました。まだ22歳。悲しすぎる。

 お母さんの木村響子さんの現役時代から、花さんの存在は知っていました。彼女が本格デビューして、その「花」のあるキャラクターと確かなプロレス技術を高く評価していました。

 特に昨年始まったジュリア選手との抗争は、本当に久々に世界に通用する魅力的なコンテンツだと感じていただけに、本当に残念です。

 恋愛リアリティショーは見たことがありません。それはリアルといいながらフィクションだったと言います。それはプロレスも同じです。しかし、その楽しみ方が違いすぎます。プロレスはヒールに対しても愛をもって接します(昔は違いましたが)。

 それはその業界、運営側の次元が違うということです。「今だけ、金だけ、自分だけ」なのか、長期的に役者、選手、タレントを活かそうとするのか。

 もちろん、死んだらダメ!とも言いたい…いや、学校でのいじめ問題と一緒で、そう言っても絶対に解決しない。「いじめられている人の気持ちになってみろ」もダメ。なぜなら、相手の気持ちがわかるから、つまり相手が傷ついているからこそいじめるわけでしょう。

 私も「いじめる種」「いじめられる種」を持っているので、とても他人事としては語れません。そういう意識があるからこそ、誰かを批判したい

時、誰かを変えたい時は、必ずその人と仲良くなるようにしています。極端な話に聞こえると思いますが、総理にも言いたいことがたくさんあるので、だから近づいて仲良くしているのです。聞く耳を持ってもらうためです。

 花選手の命と引き換えに、私たちの心の次元が上がり、SNSに象徴される「むき出しの野性」世界が変わることを祈ります。私はそういう人たちにこそ、彼女のプロレスと、そして彼女のライバルたち、それらを包むファンのあり方を見てもらいたいと思います。

 昨年末の、花選手とジュリア選手の「愛と敬意の溢れる」試合をご覧ください。心よりご冥福をお祈りします。

 

| | コメント (0)

2020.04.15

『BU・SU』 市川準監督・富田靖子主演作品

 しぶりに鑑賞し、感動に打たれて眠れなくなってしまいました。まじで。自分でもびっくり。

 公開の翌年でしたか、テレビで放映されたの観まして、その頃はけっこう日本映画を観まくっていた時期なのですが、どういうわけかあまりピンとこなかったんですね。

 

 

 それが、どういうわけでしょう、30年以上経ってこの歳になって観たら、ドはまりしてしまった…。

 その後の市川作品を観て、市川ワールドを満喫したからでしょうか。それとも私自身の変化なのか。もう冒頭の東京へ出てくる流れだけで、ガーンと頭をひっぱたかれてしまいました。

 そうか、これって映画というより「能」みたいな感じ?ワンカットごとに、たとえば多用されているスローモーションやストップモーション、望遠効果など、西洋的なリアリズムを超えた脳内リアリズムの表現だと思えば非常に自然です。

 当時はリアルタイムの東京の風景だったはずです。実は未来の記憶、思い出の東京だったのですね。時間も空間も自由に伸縮し美化され誇大になっている。これこそ映画的リアリズムでしょう。ノスタルジーではない、もっと普遍的な「切なさ」に満ちあふれています。人生も青春も大いに切ない。大切なものなのです。

 そういう意味では実験映画だったのかもしれません。若かりしワタクシにはそういう観点がなかったのでしょう。

 それにしても、この富田靖子の美しさはなんでしょう。「BU・SU」な性格までが美しい。思い通りにならないストーリーまでもが美しい。これぞ「もののあはれ」。

 当時は売れっ子CMディレクターが映画を撮ったと評されましたが、その後の映画監督としての活躍を考えれば、そういう見方は間違っていたということでしょう。ご本人の弁が興味深い。

 

 

 本当に全てのカットが印象的でした。計算され尽くしているとも言えるけれども、とっても感覚的とも言える。感覚に計算させているというか。

 やっぱり内館牧子さんの脚本もうまいのかなあ。語りすぎず。

 そして、そういうシーンがどんどん堆積していって、あのエンディングだからなあ。笑顔もセリフもほとんどない展開からのこれは反則でしょう。オリジナルの原由子の歌もとってもいいのですが、最近ショパンが続いているので、この動画もいいなあ。泣ける。やばい。この映画に再会できたことに感謝。毎日でも観たい。

 

| | コメント (0)

2020.04.02

ラッシャー木村のマイクパフォーマンス(vs 志村けん・たけし・さんま)

 年度になって、コロナさんのおかげでとっても忙しく、しかしある意味充実した日々を送っています。

 そんな中、志村けんさんに救われまくっています。今日もまた志村けんさんネタ。

 昨日も、昭和のプロレスラーのことがちょっと出てきましたが、志村さんとプロレスラーと言えばこれを思い出します。

 なんだかんだ、昭和から平成、令和の天才お笑い芸人さん3人を笑わせちゃったこの人はすごすぎました。

 ラッシャー木村さんです。

 プロレス大好きだった志村さんとラッシャーの素晴らしい交流シーン。

 

 

 そんなラッシャー木村さんは、たけし、さんまをも笑い倒していました。最強ですよね。

 

 

 志村けんさん、今頃、ラッシャーさんや馬場さんとも再会しているのでしょう。楽しいお酒と会話のシーンが目に浮かびますね。

 

 

| | コメント (0)

2020.04.01

カトちゃんの弔辞

 

 の素晴らしい弔辞が全てを物語ってくれていますね。加藤茶さんも素晴らしいけれど、やはりこの弔辞を読ませてしまう志村けんさんはすごい。

 ちゃんと最後まで笑い取っちゃうんだから。悲しみと怒りと笑いが共存するって、なかなかない。

 全てのコントの集大成がここにあったような気がします。本当に残念でしたが…しかし、最高の人生でしたねとも言ってあげたい。お疲れ様。もちろん、ありがとうとも。

 なんだか、本当にあの世は楽しそうだなあと思うのですよ。憧れの昭和の歌手、コメディアン、プロレスラー、みんないるんですから。

 いや歴史上の人物、みんないるわけでしょ。コロナ禍の渦中のこの世より、ずっと平和で楽しいでしょう。

 そう考えると、死ぬこともそんなに悪いことではないですね。死は怖いけれども、死後の世界は楽しみです。

 私もこんな弔辞を読んでもらえるように、人のために生きたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧