カテゴリー「経済・政治・国際」の1000件の記事

2022.05.16

THE BOOM 『島唄』

Th_-20220517-73402 日は沖縄返還から50年の日でした。

 沖縄と山梨、遠く離れ、特に深い関係はないかのように思われますが、実はそうでもないのです。

 まず、50年前の沖縄返還に際しては、山中湖に蟄居していた仲小路彰が大きな影響を与えています。

 仲小路と佐藤は五高時代の同級生。総理となった佐藤はことあるごとに山中湖へ通い、仲小路から重要な情報・アイデアを授けられました。

 この写真は山中湖での貴重な二人の写真です。

 佐藤のノーベル平和賞は非核三原則と沖縄返還が主たるその受賞理由でしたが、その裏には(密約部分も含めて)仲小路の助言があったのでした。

 そうした助言の具体的な内容については現在研究中です。

 さて、時代は移り、返還から20年経った1992年、発表されたのがTHE BOOMの「島唄」です。

 作詞・作曲の宮沢和史さんは山梨県甲府市出身。

 発表当初は、現地の人たちには「なんちゃって沖縄音楽」と揶揄され批判されましたが、今では本土の人たちにとっても、沖縄の人たちにとっても大切な歌の一つになりました。

 この曲の画期的というか巧みなのは、さまざまな音楽的要素が融合・和合しているところです。

 メロディーで言えば、沖縄音階と、本土のヨナ抜き音階と、西洋音階が絶妙にミックスされています。また和音で言えば、冒頭ではノンコード、そして続いてディミニッシュを効果的に使い、またサビではいわゆるカノン進行をベタに使う。それこそ沖縄と本土とヨーロッパ(アメリカ)を見事に組み合わせたと言えましょう。

 そしてそこに乗る歌詞ですね。いや、歌詞が先にあって、そこにそれぞれの「国」の音楽が乗ったのでしょう。たしかに見事です。「和」を基調とする日本らしい音楽なのです。

 

| | コメント (0)

2022.05.01

NHKスペシャル 『東京ブラックホールⅢ 1989-90魅惑と罪のバブルの宮殿』

Th_wkqp7n549yeyecatch_8d404a52fb1519154c ょっと聴いてください!今日はビックリな日でしたよ!

 今日の夜放送されたこの番組に主役級で登場する川添象郎さんと、偶然昼間に直接お電話でお話したんですよ!そして、LINEでつながらせていただき、さらに我が家に遊びにいらしてくれると!

 このありえない、全く想定外のご縁を作ってくれたのは、これまた夢のような話ですが、ファンモンやケツメイシ、BoAなんかのプロデュースをしてレコード大賞3回受賞、2000万枚のCDを売り上げたYANAGIMANさんでした。

 なんと今日はYANAGIMANさんがウチに遊びにいらっしゃったのです。初対面だったのですが、お会いして3分でお互いにトップギアに入ってしまい、そのままお互いに「うわ〜、いや〜、やば〜」しか言えないほどいろいろシンクロしてしまいまして、しまいには我が家の家族バンドの生演奏まで聞かせてしまうという図々しさにも程がある状況になりました(笑)。

 そんな中、青山テルマさんなどで川添さんと一緒にお仕事をしたことのあるYANAGIMANさんが、私を川添さんに紹介してくれたのです。もちろんそれは私が、仲小路彰と、象郎さんのお父様である川添紫郎(浩史)さん、そしてお母様である原智恵子さんの資料を整理しているからです。

 そんな奇蹟が起きた日に、まあタイミングよくこの番組が放送されたのでさらにビックリ。

 ちなみにこの番組に出てくる、トランプのライバル柏木昭男については、私がこちらに書いていましたし、オウム真理教の元信者の野田さんとは、こちらでやはり意見交換しておりました。

 なんだか、私のブログの世界を凝縮したような番組でしたね。つまり、このブログはバブルの光と影だったのか(笑)。

 この番組、ドラマ仕立てでなかなか面白かった。私もいちおうバブル体験世代ですが、あの頃の私に今の私から言ってやりたいことがあります。「バブルの蚊帳の外で良かったね!」と。

 あさって(3日)の朝9時から再放送があります。未見の方はぜひ御覧ください。

 NHK公式

 NHK+

| | コメント (0)

2022.04.10

ひろゆき&成田悠輔(&パンダ)vs 泉健太 立憲民主党代表

 

 

 わかに忙しくなりまして、ちょっと手抜きの記事が続きます。

 手抜きと言うと泉さんに失礼でしょうか(笑)。

 しかし、この動画、この前の菅義偉前首相の回と比べていただければ、私の説明など不要だと思うのです。

 たとえ相手がひろゆきでも、その作戦にまんまと引っかかってしまっているようでは、とても与党にはなれませんよ。

 めちゃくちゃ「イキってる」上に、作り笑いまでするなんて…政治家もエンターテイナーですから、視聴者を意識した会話術を身に付けねば。

 これほど見事に罠に引っかかる人も珍しい。老獪さは微塵もありません。もしかして純粋すぎるのか?

 結果、聴いている人、見ている人を不快にさせてしまっては「まつりごと」はできませぬ。

 ある意味怖い番組ですね。特にパンダが…(笑)。

| | コメント (0)

2022.04.04

菅義偉 前首相を正しく評価せよ!

Th_hqdefault こ最近のことですが、菅前首相がインターネット番組に積極的に出演し、舌鋒鋭いあの人たちの意地悪な攻撃にひるむことなく、いや完全に自らがペースを握って、最後には完全にあの人たちを味方としてしまっているのを観ました。

 なるほど決して目立つ方ではありませんでしたが、静かなる熱意をもって自らの志を貫かれた方だったなと、あらためて感服しているところです。

 ウチのカミさんの故郷の地域出身。カミさんの出身高校の大先輩であり、またおじさんは高校の同級生だったりして、官房長官時代からなんとなく身近に感じていました。義父は菅さんのお父さんのことを仕事柄(農業関係です)よく知っていましたし。

 御本人もおっしゃるとおり、国民もまた菅さんが総理大臣になるとは思っていなかった。そして、総理としてはどうなのかななどと勝手に思っていましたが、こういう静かなる闘志を持った政治家もいいものですね。

 特に安倍さんのあとを受け継ぐ形でしたから、その対比が明確でよかった。安倍政権の裏方、縁の下の力持ち的な部分が表に出てきまして、そういう意味では、艮(東北)に幽閉された国常立大神の復権という神話的な意味合いもあったと思います。

 実際、安倍政権時代、昭恵夫人を同地域にご案内し、当時の菅官房長官の話になった時、ニギハヤヒとクニトコタチの話で持ち切りになりましたっけ。現代の政治もいまだに神話的世界とつながっていると実感できた瞬間でした。菅さんのお母様のご実家はニギハヤヒと深いつながりがあるのです(菅さん自身も知らないと思いますが)。

 いずれにせよ、陰陽のバランスこそ日本文化の根幹であり、陰が表に出て光り輝くこともまた歴史上必要なことなのでありました(日本語で「かげ」は光と影両方の意味があることが象徴的です)。

 さてさて、前置きが長くなりましたが、まずは日経テレ東大学にて、ひろゆき&成田悠輔と対談する菅前総理。もともとひろゆきさんも成田さんも菅さんを高く評価していたからとも言えますが、非常に実務的でありながら一方で霊的な(?)お話を聞くことができたと思います。

 まさに菅さんを突き動かす「モノ」のお話ですよ。はっきり言わないのではなく、言えないのです。なぜなら何モノかに動かされているからです。

 

 

 

 つづいて、ホリエモンとの対話。こちらも非常に安定感ある軸のしっかりしたお話に終始していますね。一方で痛感するのは、本当に私たちは「切り取られた」マスコミ情報に振り回されているということ。そして感情的に価値判断しているということ。

 そう、菅さんにそれがないのは、彼自身が何モノかに動かされており、そこには自己がないからです。人生の本質が明確なコトではなく、ぼんやりしたモノの方に宿るということを改めて痛感させられました。

 そういう意味では、本物の政治家(まつりごとを執り行う人)なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022.03.26

ゼレンスキー大統領の国会演説をキエフ市民はどう聴いたか

 

 日のウクライナ、ゼレンスキー大統領の国会演説について、記事でも紹介したボグダンさんはどのように感じられたか。

 いや、ウクライナ人科学者である彼のおじいさんがどのように感じ、そして日本人に対してどのようなメッセージを送りたいのか。

 それが非常によくわかる動画ですね。

 細かく私が論評すべきものでもありませんので、ただただ皆さんにも視聴していただきたいと思い、ここに紹介しておきます。

 「オレンジ革命」の時のウクライナ大使である天江さんにも連絡をしたいところですが、聞くところによると大変忙しくなっているそうで(それは当然でね)、落ち着いてからということになりそうです。

 はたしていつ落ち着くのか。このまま人類は第三次世界大戦に突入するのか。いや、もう朝鮮戦争開戦から第三次世界大戦は始まっており、すでに70年近くつづいているわけですが、このように目に見える形で共産主義の反撃が始まるのか、非常に微妙な局面であります。

 そう、共産主義の世界革命計画は、それこそ100年にわたって秘密裏に、しかし着々と計画通りに進行しており、このたびのウクライナの件も、プーチンの突然の乱心でもなんでもありません。

 ソ連の崩壊とベルリンの壁崩壊により、表面的には西側陣営が勝利し、共産主義は虫の息のように見えていましたが、そこで勝利に酔い油断してしまうことも含めて、アメリカを中心とする資本主義グループは、まんまと彼らの作戦にひっかかっていたのです。

 この動画でも述べられていますとおり、共産主義国家の得意とするのは諜報戦です。プーチンはまさにその専門家であったわけです。

 彼らの最終兵器は「暴力」です。その最終兵器を出すためのお膳立てを整えるのに70年かかったとも言えるわけで、中共も含めてそういった大きな世界史的な視点に立たねば、この戦争の本質は分かりません。

 マスコミはじめとするメディアに扇動されているのは西側陣営です。ある意味見事な長期的作戦が成功しつつあることに、もっと私たちは慄く必要があるでしょう。

| | コメント (0)

2022.03.23

ゼレンスキー大統領国会演説(と仲小路彰)

Th_-20220324-90439 ピーチライターはどなただったのでしょうか。少なくとも日本人が関わったことはたしかですね。日本人向けとして大変よくできた演説であったと思います。

 厳しい言葉はほとんどなく、感謝や敬意の表現が多かった。アメリカで「真珠湾攻撃を思い出せ」とまで言っていたのとは大違いです。

 さらに、原発やサリン、津波といった言葉が散りばめられ、恐怖の共感を図るあたり、ちょっとやりすぎかなと思うほどよく練られた原稿でした。

 そんな中、印象に強く残ったのは「調和」という言葉でした。「調和」と訳されていましたが、これはおそらく「和」をイメージしたものでしょう。

 そこで想起されたのは、仲小路彰の地球平和論の根幹にある、聖徳太子の「和」でした。

 実は、仲小路彰に可愛がられた弟子の一人が、元ウクライナ大使の天江喜七郎さんです。私も一度お会いしましたが、本当に聡明かつ柔和な方でした。天江さんは、2004年のウクライナ「オレンジ革命」の時に大使をされていました。

 その時のことをキエフ在住のボグダンさんが語っていると、仲小路彰のご親族の方から教えていただき、この動画を視聴しました(43分から天江さんの話が出てきます)。

 

 私としては、ゼレンスキーさんのスピーチよりも、このボグダンさんと岡部さんの話の方が、大半のウクライナ国民の心情を理解する助けとなりました。

 もしかすると、ボグダンさんも今回のゼレンスキーさんのスピーチ原稿作成に関わったかもしれませんね。そうだとすると、仲小路彰の「和」の理想が天江さんとボグダンさんとゼレンスキーさんを通じて日本の国会に帰ってきたとも言えましょう(得意の統合過剰だと言われそうですが、霊的な世界とはそういうモノですよ)。

 ヒトラーの例を挙げるまでもなく、戦争における「演説」の価値は大変大きい。演説によって世論が動き、そこにより強く「敵」が意識され、結果としてこちら側の連帯があちら側との分断の壁を高く厚くしてしまう。

 さあ、スタンディングオベーションした(国会議員に代表されている)日本人は、単純に西側諸国の連帯の中に取り込まれてそれで良しとするのか。それとも「和」を正しく理解し、より高所的な立場で「戦争」自体の収束を試みるのか。

 国際的には、かつての日本はテロ国家という認識です。だから、アメリカではパールハーバーやカミカゼやトージョーやヤマモトが敵意の象徴として使われ続けているわけです。そこを乗り越えて(一応)平和国家となった日本が、この前世紀的な「第三次世界大戦」に対して、その消えがたい対立・矛盾を止揚する立場になることを望みます。

| | コメント (0)

2022.03.19

【討論】大災害がやって来る!その時日本は?!

 

 れは良い討論。錚々たる方々の貴重なご意見をうかがうことができました。

 「防災」「土木」には志が必要です。なぜなら、その仕事が時空を軽々と超え、また多くの命に関わることだからです。「今だけ、カネだけ、自分だけ」とは対極にある世界です。

 本来、教育もそうなんですよね。土木も教育も少なくとも百年の視野を持っていなければなりません。「十年樹木、百年樹人」という言葉があるとおりです。

 しかし、今や「土木」や「教育」はダサい仕事、キツいだけの仕事となってしまいました。というか、そういう「教育」が悪いのですよ。学校教育こそ「今だけ、カネだけ、自分だけ」を助長している。

 もちろん、土木や国土建設は唯物論では処理できません。思いや志、未来への希望、生命への愛情、自然への畏敬がないと成り立ちません。ですから、本来なら大変尊い仕事なのです。

 この討論でもいくつかの例が語られていましたが、古代天皇はじめ歴史上の人物の治水や治山の物語は枚挙にいとまがありません。つまり、そうした事業(仕事)が、その人物の歴史的評価そのものになるということです。

 日本は自然の恵みと自然の脅威の双方が豊かな国です。世界的にも稀有な存在と言えましょう。そんな中で培われた日本人の国土建設、土木事業哲学こそ、国内の防災のみならず、これからの地球建設、あるいは地球平和に有用なものになるかもしれません。

 かつてほどではないにせよ、今でも日本の各種インフラ整備技術が、世界の経済、防災に貢献していますね。そこにもっと誇りを持っていいと思います。

| | コメント (0)

2022.03.17

追悼 宝田明さん

Th_images_20220318085101 しい訃報が届きました。

 昨年、突然お電話をいただき、コロナが落ち着いたらお会いしましょうと約束していましたが、コロナ禍もなかなか終息しない中、このような形でその約束が永遠に果たされなくなるとは…。本当に残念です。

 満州で大変なご苦労をされ、その後の華々しい俳優生活と並行して平和活動を続けておられた宝田さん。

 そんな中、私たちが研究している仲小路彰に興味を持ってくださったのです。

 パンデミックという分断や、ウクライナへのロシアの侵攻などに対し、どのような思いを持っておられたのでしょうか。

 昨年電話でお話した時は、とてもお元気そうで、そして誰からも愛されたそのお人柄を象徴するように、私のような者に対しても、とても丁寧な言葉遣いでお話してくださりました。

 ゴジラをはじめ、もう何十年も銀幕の宝田さんを拝見していた私は、本当にお会いする日を楽しみにしていました。そして、宝田さんが平和活動の一環として行ってきた音楽朗読劇「私の願い」を山梨で実現しようと約束しておりました。

 それが叶わなくなってしまった今、宝田さんの平和への願いを少しでも引き継ぎ、実際の行動として表現していかねばならないと、改めて感じています。

 祈りや願いはもちろん大切です。しかし、それが言葉だけでなく、実際の行動として表現されなければ、その価値は半減してしまう。そんなことをあのお電話で直接教えていただいたような気がいたします。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 心よりご冥福をお祈りします。

送別歌」(お電話いただいた時の記事です)

 

| | コメント (0)

2022.03.15

占守島の戦い

 

 シアの侵攻に対するウクライナの抵抗の裏に旧日本軍の奮闘が…。

 ロシア人の友人から聞いた話ですが、ウクライナに限らずロシアから独立した国々では、この1945年8月15日以降の日本とソ連軍との戦いについて学ぶことがあるとのことです。

 おそらくウクライナ軍の兵士の中にも、この負けても「本土死守」を果たした日本軍の戦いをイメージしている人がいることでしょう。

 もちろん、これを美談や武勇伝として誇りに思いなさいという単純な話ではないにせよ、日本人がこのような歴史的な事実、先人たちのご苦労を知らないというのは、これはまずいでしょう。

 学校教育がそれらを無意識的に隠蔽してきたのは事実です。しかし、この時代になって、こうして動画という新しい教育のシステムによって、それらを知ることができるようになったのは、歴史的必然と言えるかもしれませんね。私もたとえばこの「大人の教養TV」には大変お世話になっております。感謝。

 この占守島の戦いでも分かるとおり、戦争においては条約や国際法などの約束事はほとんど意味をなしません。また、徹底抗戦、無条件降伏といった極端な対応はありえず、あるいは単純な平和主義、人道主義も意味を持たず、実際には裏での外交努力、個人と個人の交渉というものが存在しているのです。

 そのあたりを知るだけでも、私たちのニュースの見方、ネット情報の受け取り方も変わるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2022.03.09

苫米地英人 「認知戦」を理解してより良い世界を構築せよ!

 

 小路彰は70年前に、第三次世界大戦はピンポイント攻撃戦、情報戦、深層心理戦、そして生物兵器戦になるであろうと予測しました。

 ちなみに第三次世界大戦は朝鮮戦争からすでに始まり終結していません。その後の米ソ冷戦やアメリカとイスラムの戦争、そして現今のロシアとウクライナの戦争もその一部に過ぎません。

 この動画で苫米地博士が述べている民主主義を利用した「認知戦」は、仲小路の言う深層心理戦に含まれます。仲小路がいかに天才であったか、よく分かるでしょう。

 70年前、あの文書群を読んでも、だれも理解できなかったかもしれません。実際、21世紀になって、ようやく一部実感として理解できるようになりました。

 また仲小路は、第三次世界大戦の本質を「共産主義革命」との戦いだと看破しています。共産主義に伴う権威主義、そして唯物論に発する非人道主義こそが敵であると。

 あるお弟子さんによりますと、仲小路は「私の思想は500年経てば理解される」と言ったそうです。まだまだ未来の話ですね。しかし、その新しい思想、あるいは古くて新しい日本の使命が顕在化するのは21世紀であると考えていたようですから、私たちの責任は大きいですね。

 深層心理戦(認知戦)によって、世界中の民衆がプーチン一人を糾弾することで、はたして事態は収束するのか。いや、しないでしょう。だからこその日本の出番でもあります。

 国内の深層心理戦でコントロールされた世論からはずいぶん批判もありましたが、安倍元総理の「プーチンを安心させなければならない」という言葉には、ある種の心理的真理が含まれているのでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧