カテゴリー「経済・政治・国際」の1000件の記事

2021.09.20

BTS 『MIC Drop (Steve Aoki Remix)』

 

 BTSが国連総会で演説したというニュースがありましたね。純粋にすごいグループになったと思います。

 ということで、昨日のNCTに続き、今日はBTSの話をしましょう。 

 昨日の記事では「BTSは欧米音楽に魂を売った」と書きましたが、もちろん韓国の国策としての文化輸出の賜物であり、そういう目的を極めて行けば、「最も金になる市場」に合わせていくことは当然です。

 アーティストとして卓越した才能を持つ彼らは、ある意味では表現者としてのそのアーティスト性を捨てて行かねばならず、今、葛藤の中にあることでしょう。

 特に最近欧米市場でヒットした作品の多くが、本来のアジア性を捨ててしまっていることはたしかで、それは自他共に認めざるを得ないところでしょう。

Th_-20210921-71727 そんな中、かつての彼らの作品の再評価が始まっているのも面白い流れであり、たとえば近過去の楽曲「MIC Drop」のスティーヴ・アオキによるリミックスが10億回再生を達成したことも、記憶に新しいところです。

 スティーヴ・アオキは、アメリカ生まれのアメリカ育ちではありますが、両親は純粋な日本人であり、本人も日本人としてのDNAを強く意識していますよね。

 ある意味、私たち日本に閉じこもっている日本人よりも、日本を知ろうとしているかもしれません。

 そんな彼が、やはり母国を離れたBTSとコラボすることによって、欧米の反対側にあるアジアのスピリット、それも「メタ」なスピリットを世界に発信してくれているのは実に有り難いことだと思います。

 日韓友好という意味でも、このコラボは「メタ」ですよね。

 この時代、文化的鎖国を解いて、私たち日本人も「メタ」な日本、日本語、日本文化を操って世界に打って出る(即ち恩返しする)ことも必要ではないでしょうか。

 「メタ」と言えば、ママさん登場のアオキ・ヒロユキさんのこの動画、大好きです(笑)。

 

| | コメント (0)

2021.09.14

自民党総裁選(中田敦彦のYouTube大学)

Th_unknown_20210915092201 ングメーカーの山口さん、今度の自民党総裁選どうなると思いますか?…とのご質問を受けましたので、書けることを書きますね。

 それにしても「キングメーカー」とは!ww

 正確に言うなら「キングメーカーメーカー」でしょうかね(笑)。たしかに今回も私の周辺がにわかに騒がしくなってきております。

 というか、身近な人ばっかりです、今回の候補者。河野さんの奥さんは同級生ですし、高市さんとは共通の友人がおりますし、岸田さんは…期せずして今一番近い関係かもしれません。

 この御三人、自民党らしく左中右バランスいいですね。政策的にその三つのどこに舵を切るのかというのも興味津々ですが、それよりも世代交代、新旧交代に注目が行っていますよね。

 いや、キングの世代交代よりも先に、キングメーカーの新旧交代が起きつつあるので、その新KMの意図(動向ではなく)が結果を左右しますよね。

 KMMとしてその新KMの意図を読み取りますと、これは案外「中」に落ち着くのではないかと思うのです。

 KMとしては、とりあえず河野さんの過半数超えを防ぎ、そして2位3位連合で逆転というシナリオもありでしょう。とりあえず高市さんを推すことで保守派の納得も得られますし。

 たしかにこのご時世、政治に大きな変革があることは危険をも伴います。今は新しいことよりも、安定したコロナと経済対策でしょう。

 そして、その二つの本質が「第三次世界大戦」だとすれば、その裏で現実的(現代的・未来的)かつ堅実な防衛力と外交力を高める必要があるのは当然です。

 とはいえ、政局は政局。皆さんがおっしゃるとおり衆議院議員選挙前ということもあって、それぞれの議員さんの思惑は自己保身に向かうでしょう。その中で裏切りもあるでしょうね。生き残りをかけた戦国時代ですよ。

 そのあたりについて、中田敦彦さんが面白く解説してくれています。そういえば、これで中田さんの結婚にも関係してたんだっけ。たしかにキングメーカーですね、私は(笑)。

 

 

| | コメント (0)

2021.09.09

重陽の節句

 日は9月9日。重陽の節句です。陽が重なるのですから、とってもいい日です。

 いい日なのですが、個人的には公私ともに忙しく、なかなか時間が取れません。

 ですので、今日は「重陽の節句」について、羽賀ヒカルさんにご説明願いましょう。私が言いたいことはだいたい言ってくれています。ありがとうございます。

 どうぞ御覧ください。お聞きください。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021.09.02

ダークサイドミステリー 「なぜ人は陰謀論にハマるのか?イルミナティとアメリカ」(NHK)

Th_unknown_20210903140301 日の話の続きで言いますと、私は人工地震によって富士山を噴火させる張本人なんだそうです(笑)。

 陰謀論者なんてそんな程度の人たちです(陰謀論者の皆さん、スミマセン)。

 今日のNHKダークサイドミステリーによれば、私は、陰のそして悪の巨大権力者ということになりますね。なんでバレてるんだ?ww

 実はかく言う私も陰謀論者です。自分の想定外のモノは、実は見えない意志による謀りコトであると考えています。

 ただ、一般的な陰謀論者の皆さんと違うのは、私が「陰の巨大権力者」を感じるのは、予想外に「良いこと」が起きた時なのです!

 つまり、想定外の慶事に見舞われた時、神様なのか仏様なのか、あるいはもっと身近なところで言うと亡くなった方々(猫含む)のおかげだと思うわけです。

 正直、悪の陰謀は、こうして様々語られている時点で、すでに「陰謀」ではありません。

 ですから、本当の陰謀とは、誰も語らない「良き陰謀」なのです。おわかりになりますでしょうか。これは大切な真実です。

 というわけで、私は「良き陰謀」に乗っかりながら生きていきたいと思っております。

 ちなみに、気がついていないという意味で「陰謀」になってしまっているのは、コミンテルンの策謀ですね。彼らのそれは、長期間にわたって静かに進行しますので、結果として「陰謀」となってしまうのです。私にとっては、それらは陰謀ではなく単なる謀(はかりごと)なのです。

| | コメント (0)

2021.08.31

ワクチン接種(2回目)

20210901-101724 、9月1日の朝です。8月10日の「ワクチン接種(1回目)」から3週間経ちましたので、昨日2回目を接種してきました(ファイザーです)。

 私の場合は1回目より副反応は少なく…というかほとんどなく、多少左の肩が痛い程度で1回目のように手が上がらなくなったり、微熱が出たりしていません。

 今日一日様子を見ないと分かりませんが、体感としてはこのまま何事もなく終わりそうです。

 いかにも私らしく面白いのは(笑)、昨日夕方2回目を接種したのち寝るまでの間に、自らの体の中に抗体がどんどんできている感覚があったのです。

 まったくおめでたい思い込みのようですが、しかたありません、自分はそういうのが分かってしまうタイプなので。まあ、笑い話として読んでください。

 まあ、そうしてワクチンを好意的に受け入れ、良き未来をイメージすることによって、実際に抗体が増える可能性はあり、いや、それはないとしても、少なくとも免疫力は高まるのは間違いないでしょう。

 逆の言い方をすれば、怖れや疑いや怒りの意識や陰性感情が免疫力を下げるのです。

 そのあたりのメカニズムは科学的には解明されていませんが、しかし結果としてそのような傾向があることは確かです。

 1回目の記事で書きましたが、もともと私たちの遺伝子は外来ウイルス由来です。これは冗談ではなく、彗星や隕石が宇宙から運んできたウイルスによって、私たちは進化してきたのです。

 細菌がそうであるように、ウイルスにも善玉と悪玉があります。そして、短期的な影響だけではそのどちらかはかり得ない。新型コロナウイルスに関しては、もちろん発生の時点では人為的な操作があった可能性もありますが、変異株についてはウイルスの本来持っている「進化」のプロセス、すなわち宇宙の道理に従っているものです。

 ウイルスの基本的な性質は、生命との共存です。つまり宿主を全滅させてしまうことはないのです。

 今こそ、聖徳太子の「和」の精神、つまり「無忤(受け入れないことがない)」の精神が必要なのではないでしょうか。

 というような話を、先日「合宿」で皆さまに申し上げました。

参考 「以和為貴」と「無忤為宗」

| | コメント (2)

2021.08.30

マッカーサーを迎える厚木飛行場(記録映像)

 和20年の今日、進駐軍のダグラス・マッカーサーが厚木基地に降り立ちました。あの有名な、サングラスをしパイプをくわえてバターン号のタラップを降りるシーンは、日本人なら誰しも一度は見たことがあるでしょう。

 その前後の貴重な映像がこちら。

 

 

 先日、終戦を認めなかった厚木航空隊事件について少し書きました。詔勅が出ても収まらず、仲小路彰の「我等斯ク信ズ(勝テリ)」が出ても収まらず、結局22日に高松宮が直接出向いて説得にあたり(高松宮は富岡定俊少将を通じて昭和天皇と仲小路彰の意を伝えられていました)、ようやく収まったこの事件。

 28日にはマッカーサーがその飛行場に降り立つことが決まっていましたから、それはもう大変なドタバタだったようです。

 結局、暴動で荒れ果てた飛行場の整備などに時間がかかったようで、マッカーサーの到着は30日となりました。

 そこからいわゆる「戦後」が始まった、そして今もそれが続いていると言っていいでしょう。そういう意味で、この日は今の日本にとってまさに記念すべき日であると感じます。

| | コメント (0)

2021.08.23

『八月十五日の動乱』 小林恒夫監督・鶴田浩二主演作品

Th_-20210825-83551 葉真一さんがお亡くなりになりました。ワクチン接種をしなかったようですね。

 このような形で、あの強健な千葉さんが亡くなったことは、なんとも言えなく残念な気がします。

 その千葉真一さんが、医師役としてさりげなく出演しているこの映画、宮城事件を描いた作品としては新旧の「日本のいちばん長い日」の陰に隠れて、あまり評価されませんが、実はなかなかの名作です。

 フィクションの部分も含め、人間ドラマとして良いバランスだと思いますし、主役の鶴田浩二が目立たないのが良い。

 目立たないということで言えば、千葉真一もそう。一瞬しか登場しません。この時33歳ですね。前年にアクションスターとして深作欣二作品などに出演して人気を得ました。翌62年は、この映画も含めて幅広い作品10作以上に出演しています。

 さらに言えば、昭和天皇の姿も声も隠されているのも良い。時代的なことからの配慮だとは思いますが、「日本のいちばん長い日」の旧新の天皇表現の変化と結びつけると、時代とともに戦争と天皇の関係が徐々に変化したことが分かります。

 公開は1962年。東京オリンピックの2年前。やはり、五輪をはさんで日本の戦後は大きく変わったということですね。

 私は五輪の年に生まれましたから、その戦後前期の空気を吸っておりません。よって、こうしていろいろな資料から学ぶしかないのです。

 この映画において、玉音盤奪取に失敗した陸軍兵士たちは、ある意味現場にいたからこそ、陛下の御心に打たれて「情」によって終戦を受け入れることになりましたが、現場から離れた多くの人々は、玉音放送を聞いても終戦(敗戦)を受け入れられませんでした。

 それを「情」ではなく、「理」によって説得したのが、何度か書いてきた仲小路彰の「我等斯ク信ズ(我等斯ク勝テリ) 」だったのです。

| | コメント (0)

2021.08.17

陸海軍人に対する勅語 (昭和20年8月17日)

Th_-20210818-84248 日はワタクシの誕生日。期せずしてテレビの全国放送にてお誕生日を祝ってもらうことになりました(笑)。

 私が生まれたのは昭和39年。東京オリンピックの年です。

 その時からたった19年前、東京は焼け野原でした。終戦から2日。

 玉音放送を敵の陰謀であるとして受け入れず、多くの軍隊、兵隊が戦争を継続していました。

 特に厚木海軍三〇二航空隊の「叛乱」は有名です。それを受けて発せられた勅語は案外知られていません。

 8月17日に発出。18日に新聞報道されています。

 仲小路彰も、玉音放送を受けて制作・配布した「我等斯ク信ズ」(「我等斯ク勝テリ」という別稿もあり)に、厚木事件後この勅語を追加しています。

 今日はそれを紹介しましょう。テキストとしたのは仲小路彰の「我等斯ク勝テリ」です。

 

  勅 語

朕曩ニ米英ニ戰ヲ宣シテヨリ三年有八月ヲ閲ス此間朕カ親愛ナル陸海軍人ハ瘴癘不毛ノ野ニ或ハ炎熱狂濤ノ海ニ身命ヲ挺シテ勇戰奮闘セリ朕深ク之ヲ嘉ス

今ヤ新ニ蘇国ノ參戰ヲ見ルニ至リ内外諸般ノ狀勢上今後ニ於ケル戰爭ノ繼續ハ徒ニ禍害ヲ累加シ遂ニ帝國存立ノ根基ヲ失フノ虞レナキニシモアラサルヲ察シ帝國陸海軍ノ闘魂尚烈々タルモノアルニ拘ラス光榮アル我國體護持ノ爲朕ハ爰ニ米英蘇並ニ重慶ト和ヲ媾セントス

若シ夫レ鉾鏑ニ斃レ疫癘ニ死シタル幾多忠勇ナル將兵ニ對シテハ衷心ヨリ之ヲ悼ムト共ニ汝等軍人ノ忠誠遺烈ハ萬古國民ノ精髄タルヲ信ス

汝等軍人克ク朕ガ意ヲ體シ鞏固ナル團決ヲ堅持シ出處進止ヲ嚴明ニシ千辛萬苦ニ克チ忍ヒ難キヲ忍ヒテ國家永年ノ礎ヲ遺サムコトヲ期セヨ

 

| | コメント (0)

2021.08.15

「一億総特攻」の碑

Th_-20210816-80825_20210816083601 戦の日。

 今日は地元の戦争にまつわる話題です。

 終戦直前の7月30日と8月13日に富士吉田に空襲があり、12名の尊い命が奪われました。

 とは言え、仲小路彰らが疎開していたことからもわかるとおり、富士北麓地方は比較的戦禍を逃れた地域でした。

 すなわち軍需工場などがあまりなかったのです。

 しかし、それを逆手に取るような形で、軍は山深い当地に兵器や軍事物資を秘匿することを計画していました。

 その一つが「イ」号演習というものです。富士北麓には立川陸軍航空廠から工場の一部や部品、工員の疎開がありました。

 明見の向原には、兵器や部品の隠匿場所として横穴が多数掘られました。その作業には、派遣された軍人のほか、地元民も参加したようです。

 戦況は悪化の一途を辿っていた頃ですが、この山村はなんとなくのんびりした雰囲気もあったのでしょうか、兵隊さんと地元の人たちはある意味仲良く作業に励み、そんな中から友情(ひょっとしたら恋愛も?)生まれていたようです。

 作業が終わり、兵隊さんたちが東京の方に戻るにあたり、地元民が記念碑を建てようと進言しました。結果として建立されたのが、この「一億総特攻」の石碑です。

 なんとも勇ましい文言ですが、当時の庶民が兵隊さんに感謝の意を表し、またお国のために自らを鼓舞するには、この言葉がベストだったのでしょう。

 今でもこの石碑は静かに富士山を仰いでいます。

| | コメント (0)

2021.08.13

『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』 原恵一監督作品

Th_518bwugeal_ac_ul320_ 日からの続きでこれ。

 記憶と想像、懐かしさと期待、カラーとモノクロ…。

 日本のアニメってほんとすごいですね。私が言うまでもありませんが、夏休みに公開されてきたTVアニメの映画版のクオリティの高さ、芸術性の高さ、スケールの大きさは異常です(笑)。

 たしかに、夏休み、子どもが一人で映画館に行くことは困難ですから、オトナも一緒に鑑賞することになるわけで、その両者を満足させる作品を作ろうとすると、とんでもないアウフヘーベンをしなければならず、結果としてとんでもない名作が生まれてしまうと。

 その最たるものが、このクレしん映画史上最高傑作の一つとされる「オトナ帝国の逆襲」ですよね。

 公開が2001年。まさに20世紀から21世紀に変わる時。そして、昭和が懐かしくなってきた頃合い。

 私より少し高い年齢層のオトナが、自分の子どもを連れて映画館に行ったのでしょうね。万博は1970年ですから、私は6歳でして、実際行っていませんし、それほど強烈な記憶としては残っていません。

 それでも、ディテールの隅々まで、たしかに「懐かしい」。そして、その「懐かしい」の功罪がこの映画のテーマとなっています。子どもたちには理解できない、親たちのオトナの世界。

 「懐かしい」って、すなわち、私の時間観からすると、時間の川の下流を眺めている状況なわけですよ。子どもは常に上流を見ている。つまり、「懐かしい」というのは、「上流を見ていた頃」という下流を思い出し、その頃に戻りたいと思うことですよね。そして、それがこの映画のテーマだと思います。

 というわけで、とんでもない名作なわけですが、もう解説はこの人におまかせしましょう。とてもとてもかないませんから(笑)。

 

 

 

Amazon 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲


| | コメント (0)

より以前の記事一覧