カテゴリー「経済・政治・国際」の713件の記事

2017.03.21

修学旅行1日目広島

Th_img_9814 年、この時期は中学校の修学旅行の引率。コースも毎年一緒ですが、その年どし感じることが違うので面白いもので。
 今年は一昨日からの流れで、やはり日本の近過去の歴史と対峙する旅となりそうです。
 一日目は広島。宮島から平和記念公園へ。被爆者の方の講話をお聞きし、平和記念資料館へ。
 欧米の方、特に白人の方が多くてびっくり。昨年までとは明らかに様相が違います。
 これは言うまでもなく、オバマ前大統領の広島訪問と、そこでのあのメッセージ発信があってのことでしょう。オバマさんGJです。
 原爆投下から72年となろうとしています。あと四半世紀も経てば、被爆者の方も限りなくゼロに近くなることでしょう。これはしかたありません。
 その時、私たちはどうするのか。どうあるべきなのか。これが「歴史」の難しさであり、しかし一方でだからこその進化のチャンスでもあるのです。
 たしかに講話を拝聴し、資料に触れると、暗澹たる気持ちになります。二度と繰り返しませぬ…これは当たり前のことです。そこにとどまっていたら、やはり戦後は戦後のままでしょう。
Th_img_9810 私は、最近仲小路彰の思想に触れる機会が多い。彼の非常に未来的な考え方は実に魅力的です。あまりの未来的思考のために、おいおいさっきまで言っていたことはなんだったの?と思われてしまうほどです。
 昭和20年の8月、仲小路は実に彼らしく未来的な提言を多数出しています。政府に向け、軍隊に向け、皇室に向け、国民に向け。
 その一つが、「原子爆弾に就いて」という文書です。おそらく8月20日前後に作成されたものだと思われます(今、調査中です)。
 「幾十万の死傷者を出し、一瞬にして全都市を壊滅に帰せしめたる貴重なる広島および長崎の両都は、これをなるべく現状のまま保存して、あらゆる角度より百パーセントに活用し、もって人類を一大反省せしむる最も迫力在る活資料となし……」
 結果として、広島全都市が活資料となることはありませんでしたが、原爆ドームがこのように「現状のまま」保存されたことは、仲小路の提言の一部が実現したとのだと解釈しても間違いないでしょう。
Th_img_9819
 そして昭和30年、坂倉準三ルートで仲小路の影響下にあったと言える丹下健三が、あのように哲学的にシンボライズされた平和記念公園を設計したのは、当然と言えば当然であったと言えましょう。
 そんな仲小路彰の思想、それも彼が21世紀のために遺した膨大なる「提言」を、この時代に世に出すことが、私の天命であると思っています。
 多くの尊き魂に背中を押されて、今、それを命懸けでやろうと思っているところです。

|

2017.03.15

報道特注(右) 『韓国の横暴…慰安婦のウソ!少女像のモデルは慰安婦じゃなかった!』

 日の続き。私の立場と態度は昨日書いたとおりです。
 さて、この番組の中でも批判されている、宮城県の大林寺にある安重根記念碑の話ですが、もう一つ日本国内にあった安重根碑、佐賀県にあったものはこのたび撤去されたのだとか。
 安重根についての評価は、実は難しいんですよね。
 日本の初代総理大臣伊藤博文を暗殺したと言うだけなら、これはまあテロリストですね。しかし、当時もですね、実は安重根を高く評価する日本人はけっこういたんですよね。特に右翼。
 私が多少研究している「汎アジア主義」者なんかは、けっこう評価している。
 あと、これは結構タブーな部分ですが、安重根が裁判で語った暗殺理由の一つ、「伊藤博文は孝明天皇を暗殺した」というのも、当時からウワサされていたことです。
 もしこれが本当だとすると、伊藤こそ大逆賊ということになるわけですね。実は出口王仁三郎関係でも、それを示す「証拠」が出てきているんです。やばいですよね。
 そうそう、戦後になっても野村秋介が安を高く評価していました。いろいろ裏の事情も知っていたのでしょう。
 安重根と伊藤博文、それこそ立場によって正反対の評価をされる歴史的人物ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.14

藤井厳喜 『従軍慰安婦の全貌ー韓国と反日勢力による捏造の実態を暴く』

 日は藤井厳喜さんが語る「いまさら聞けない従軍慰安婦の全貌」という動画を観ました。それは限定公開された最新の動画でしたが、そこでも紹介されていた4年前のこちらの動画を紹介します。
 藤井厳喜さん、実は未来学者でもありますし、実際仲小路彰について語ったこともありますし、それより何より「ネコウヨ」ということで親近感がわきます(笑)。きっと話が合うと思います。
 この動画、非常によくまとめられていて、分かりやすい内容だと思います。
 先方の言い分は、直接先方から、そしてなぜか国内のメディアから、いやというほど聴かさせらているので、こうした「こちら側」に立った、ある意味客観的、科学的な論もしっかり聴いておいた方がいいでしょう。それでようやく私たちも公平な判断ができます。
 もちろん、歴史、特に戦争に関する歴史は、最低でも勝者敗者の二つの視点があって、それによって「感情的」に多様な解釈が存在することになり、結果としてお互いが「極論」に、場合によっては「捏造」に走り、それらがまるで戦争の延長のように衝突し続けるということは、まあ普通にあることです。
 しかし、どちらが正しいかを論ずること自体が、戦争が始まる際のお決まりの種になるので、私は実はそこをあまり重視しないんですね。だから怒られることが多いし、昨日の話ではありませんが、「トンデモ」と言われたり、非科学的だと言われたりすることも多い。
 私は、いつかも書いたとおり、たとえ嘘やハッタリや捏造であっても、それが人の心を動かし、国を動かし、場合によっては戦争をも引き起こしてきたという「事実」に注目したいのです。そちらの歴史に興味がある。
 なぜ、人は嘘までついて戦争したがるのか。極論すればそういうことです。
 ですから、今の従軍慰安婦問題についても、腹が立ったりする以前に、そういう視点で興味が出てきてしまう。
 こちら側、すなわち藤井さんのこの語りについても、どちらかというと「そうだ!そうだ!」と言うのとは、ちょっと違う感覚で捉えてしまうんですよね。これはもうサガなのでしかたないかなと思っています。皆さんはどうお感じになるでしょう。ぜひご覧ください。

 英語版もありますよ。

藤井げんき公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.13

『反知性主義と新宗教』 島田裕巳 (イースト新書)

Th_61psmaaaikl 日は島田裕巳さんとも懇意だという某出版社のカリスマ編集者の方と日本酒をがっつり飲みました。
 紹介してくださったのは、仲小路彰関係で知り合った方々です。また面白いご縁をいただきました。
 本当にいろいろな話をさせていただいたのですが、その中でこの本の話も出てきました。反知性主義そのものについて。また、生長の家を筆頭とする大本系宗教団体、日本会議、創価学会、天理教、松下幸之助、田中角栄…この本で紹介されている人々や団体が、出口王仁三郎や仲小路彰に深く関わっている人ばかりだという話などなど。それからオウムのこと。
 なるほど、この本のようにまとめていただきますと、私の今までの研究対象というか、人生そのものが、結局のところ「反知性主義」だったということになりそうです。納得です。
 いわゆる「知性」や「知識」よりも、「知能」あるいは「霊性」重視する。たしかに王仁三郎や仲小路は、純粋な学問の世界にはとても収まりきらない、妙なスケールと質感があります。
 それをもって、彼らは、そしてそれが好きなワタクシも、「トンデモ」というレッテルを貼られることもあります。いや、それも分かるんです。自分にも多少の「知性」はありますから。知性側からすると、まあ面倒くさい、変な人でしょうね(笑)。
 しかし、やっぱりそこにこだわりたい。なぜか。たぶん、「知性」で評価される学校という世界において、あまり居心地が良くなかった(成績が良くなかった)からでしょうね。学歴コンプレックスもありますし。
 なのに、こうして学校の教師になっているのも変と言えば変ですよね。まあウチの学校は、それこそ朝比奈宗源の息のかかった禅宗系の学校ですから、決して「知性主義」ではありませんが。だからやっていけるのか(苦笑)。
 私の「モノ・コト論」で言いますと、知性は「コト」です。反知性は「モノ」。モノと言っても、もちろん物質という意味ではありません。不随意、不可知、他者を表わす言葉です。いつも言うように私は「コト」よりも「モノ」を重視してきました。あるいは、「コト」を窮めて「モノ」に至るという意味での「コト」には非常に大きな価値があると思っている。
 結局のところ、明治維新以来の「コト」化…有り体に言えば近代西洋化…社会に対する、ある種の反発としての、王仁三郎のような新宗教であったり、あるいは仲小路のような「新哲学」であったりしたわけで、そういう意味では、それらは「新」であるけれども、ものすごく保守的であったり、「新」どころか「みろくの世(超未来)」的であったりしたのでしょう。
 この本を読んで、いろいろ納得しましたし、とっ散らかっていた頭の中がずいぶん整理されました。島田さんに感謝です。
 昨日の編集者さん、島田さんをいつかご紹介くださるとのこと。とっても楽しみにしております。

Amazon 反知性主義と新宗教

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.06

魚屋+議員+議員=本音トーク「報道特注(右)」【森友学園の疑惑SP】

 日の国会も森友学園問題で紛糾というか、ちょっと噴飯なところもありましたね。夜は家族でそれを見ながら夕飯を食べました(笑)。
 ご存知のとおり、我が家は安倍昭恵総理夫人と、ある意味ご近所であり、また趣味(?)も近いということもあり、ずいぶん長く懇意にさせていただいております。
 問題になっている塚本幼稚園のことも直接お聞きしたことがありますし、昨日もメールでですが、このたびの件に関して、ちょっと軽く、しかし大きなスケールでやりとりさせていただきました。
 私の森友学園問題についての意見というか、知っている情報は、こちらの動画での皆さんのトークの内容とほぼ同じです。
 私も昭恵さんにとある名誉職をお願いした立場の人間です。本当に良かれと思って「いいですよ」と快諾してくださる方なのです。脇が甘いと言われると、その通りとも言えますけれど、そういう純粋な昭恵さんの存在に救われている人もたくさんいます。ま、これからは少し慎重になられることでしょうけれど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

『日本を揺るがせた怪物たち』 田原総一朗 (KADOKAWA)

Th_51hjabrz5tl やぁ面白かった!昭和の怪物たちのエネルギーにやられました。
 で、結局、田原総一朗もまた怪物の一人であったということを確認。現役バリバリの怪物ですね。
 取り上げられている怪物たち。まずは政界…田中角栄、中曽根康弘、竹下登、小泉純一郎、岸信介。続いて財界…松下幸之助、本田宗一郎、盛田昭夫、稲盛和夫。最後が文化人…大島渚、野坂昭如、石原慎太郎。
 こうした怪物たちと対等に、いや場合によってはその怪物を裏で操る存在として田原さんの体験談集ですから、それは面白いはずです。
 これだけ大物揃いとなると、私自身もある程度の知識や先入観がありますが、それを一つ一つ、生々しく否定されたような、いや否定ではないな、さらに強化されたというような感じです。
 う〜ん、誰が一番印象に残ったかなあ…難しいなあ。みんなすごい。
 今の世の中では許されないような、いわば清濁併せ呑む迫力がありますよね。今の政治家も財界人も文化人も、スケールが小さくなってしまったなあと。
 まあ、昨日今日のニュースも見ても、実につまらないネタで盛り上がっているマスコミや世間が悪いんでしょうね。残念な時代になってしまいました。
 さてさて、上に挙げた怪物たちですが、そのほとんど全てが、私の研究している仲小路彰に関係しています。実際、彼らかの書簡もたくさんあるし(先日も石原慎太郎からの書簡を見つけました)、ある種の名簿類には上掲の人物の名がほとんど記載されています。
 田原さんもまあすごいけれど、実際裏で彼らを操っていた仲小路彰のすごさを改めて痛感する次第であります。
 中には仲小路に徹底的に嫌われた人もいます。それはそれでまたすごいのかもしれませんね。
 また、彼ら怪物たちは、自身が怪物であるからこそでしょうが、ある種の信仰心を持っているように感じます。そのあたりについては、また後日書きますね。仲小路彰と各宗教団体の関係についても、いずれ知られることとなるでしょう。
 宗教と言えば、田原総一朗さんと、かの幸福の科学の大川隆法との「対話」が面白いですよ。続きを観たい方は、数珠つなぎでどうぞ。

Amazon 日本を揺るがせた怪物たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.26

戦前戦後史人権フォーラム「2.26事件とゾルゲ事件そして岐阜の人々−安藤輝三・尾崎秀実・伊藤律」

Th__20170227_155826 しくて、こちらも簡単な報告になってしまいます。いろいろ書きたいことはあるのですが…。
 今日は二・二六事件から81年目の日。一昨年から突然、二・二六事件、特に安藤輝三大尉と時間を超えた不思議なご縁をいただいた私たち夫婦。
 この日をどのように過ごすか考えていたところ、なんと2・26事件で反乱指揮の安藤大尉 処刑直前の手紙を26日に中津川で公開というニュースを偶然目にして、急遽岐阜は中津川市に向かうことにしました。
 富士山から中津川まで高速道路を使って約3時間半。考えてみると、リニアが開通すれば10分くらいで着いてしまうんですよね。それほど直線距離は近いのに、南アルプスのおかげでとても遠く感じる「岐阜県」です。
 結論から申しますと、時間をかけて行った価値は充分すぎるほどにありました。安藤輝三さんの甥っ子であられる安藤徳彰さんにお会いでき、そして発見された「遺書」の実物などに触れることができただけでも、本当に感涙ものでしたが、またそれと同じくらい、登壇者の皆さんのお話が興味深く興奮を誘うものでした。

16996431_611686799036663_1909470591

 私もある程度、本当にある程度ですが、仲小路彰を学ぶ中で、ゾルゲ事件のこと、特に尾崎秀実やその愛人だったと言われる関屋敏子(三浦環の弟子です)、そしてタイムマシーンに乗って帰国し(?)戦後史にまで大きく関わってくる伊藤律についても知識はありました。
 しかし、今日聞いたお話は、そうした私の先入観、先入知識を完全に覆すものでした。陰謀の裏の陰謀。スパイがスパイではなく、スパイではなかったはずの人がスパイだった…。
 そんな単純なことではないかもしれませんが、やはり「真実」を知りたいという気持ち、資料や証言にあたって「嘘」を暴いていくことは、非常に重要なことであり、いよいよ昭和史もそういう対象になってきたのだなと思いました。
 しかし、一方で、たとえば今の私の感想のような、ある種の「個人的興味」によって、実際にその歴史を紡ぎ、またそれを背負わされた人々(本人やその周辺の人々)の人権が蔑ろにされてきたということにも気づかされました。
 今、私もまた、秘された昭和史を「暴く」仕事をさせていただいていますが、そうした視点が正直欠けていたことに反省させられました。
 残された「事実」の上に、生きている人間の、言葉にならないような体験や感情が重なって、「真実の歴史」になっているのだということに、今更ながら気づかされたわけです。
 それにしても、研究者の皆さん、特に渡部富哉さんのパワーには恐れ入りました。まさに執念ですね。
 孫崎享さんとも初めてお会いしお話させていただきました。仲小路彰のことはご存知ないようでした。あま、それそうでしょうね。
 そのあたりは私のこれからの仕事でしょう。
 最後に一つ。安藤輝三の刑死寸前の「怒」とは、何に向いていたのでしょうか。
 ふと、思ってしまいました。もしかして、二・二六事件もまた、あちら側の陰謀だったのではないかと。あり得ることですね。
 非常に純粋に東北の貧困などを憂えていた安藤。彼の目指したものは、ある意味では共産主義革命でもあったわけです。そんな純真さを利用されていたとしたら…。
 それに安藤が気づいたら、それはたしかに「怒」になるでしょう。そのあたりの研究も、もしかすると、私に与えられた宿題かもしれません。

 追伸 27日付けの岐阜新聞に今回のフォーラムについての記事がありました。 
戦前戦後の事件検証 安藤輝三、尾崎秀実、伊藤律を再評価


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

論客面談 『橋下徹 vs 森達也・ケビン・クローン・古谷経衡』

 校生の「国語表現」の授業で使った教材。昨日の「橋下×羽鳥」内「論客面談」。
 ディベートの勉強をしているわけですが、その教材としてはなかなかいいですよ。橋下さんの討論技術は高い。もちろんそれは「ずるい」とも言えるわけですが、高校生くらいならこういう戦闘能力に興味を持ってもらいたいと思っています。
 橋下さんは誰が相手でも、「政治」という「現実」を振りかざして、「理想」すなわち「正論」を掲げる皆さんをいなしていく。つまり、相手の正論を正論だと認めつつ、その「理想」が持つ矛盾、すなわち「現実的(現在的)無理」を理由として反撃していく。
 結果噛み合うわけはないけれども、現実の観客(視聴者)には、橋下有利で終わったかのような印象を与えることに成功しています。
 これはある意味プロレス的な勝ち方であるとも言えましょう。本当にどちらが強いかというケンカとは違う。自分の立場を充分に理解した戦い方です。
 まあ、こんな番組のこんなコーナーを喜んで(?)引き受ける理由があるということですよ。お見事ですね。
 個人的には橋下さんの政策や各種発言には異論もありますが、こういうプロレス的な力は素直に敬意を表したいと思います。
 プロレスと言えば、森達也さんはプロレスの取材もいくつかしていますね。その内容にもプロレスファンとして賛否両論有るんですが、やはり森さんも自分の立ち位置の置き方は上手だと思いますよ。世間の常識を敵に回すというか、あえて裏側から弱者を支援するというか、その手法には徹底が見られます。私は嫌いではありません。
 そういうことも含めて、生徒たちが何かを学んでくれればと思います。
 ケビンや古谷さんはまだ若いので、森さんのような独特の立ち位置があまり感じられませんね。本人たちなりには頑張ってそれを確立しようとしていますが、まだ大衆の思考の域を超えていません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

トランプ大統領は富士山に来るか?!

20170212_92243 倍首相夫妻がお見事な外交をしています。スサノヲとクシナダヒメを上手に持ち上げつつ信頼を得ている様子です。
 ゴルフは最高の密談の場です。自然の中でリラックスしながら、また頭だけではなく体を動かしながら、そして時間をかけて、余計な人間を排して話をする最高の機会です。
 政治、外交のシロウトであるトランプさんが、今や世界唯一の安定政権の主役を頼りにするのは当然でしょう。イヴァンカさんが「アベの言うとおりにして」と言ったとおりですよ(笑)。
 もうこの時点で日本は上位に立ちましたね。相手が聞く耳を持つということは大切です。
 夏にはトランプさんが来日するという話にもなったようです。大いにけっこうでしょう。
 その際にはぜひ富士山へ!
 もちろん富士山という地球平和の中心の山(天教山)を仰いでいただくことももちろんですが、リニアに乗っていただくというのもいいですし、なんと言っても、トランプさん最大のライバルにして盟友であった柏木昭男さんの故郷ですからね、富士吉田や河口湖は。
 というかトランプさん自身、富士山に来たいと思っていることでしょう。
 変な話ですが、私とその周辺のお変人たち(?)は、その日のためにスサノヲと富士山を結びつける神事を行なってきました。まさかこういう展開になるとは思わずに、ではありましたが、結果としてはその日のためにということになりそうな気配です。
 今年になって、さらに動きが加速しています。本当にそれを体感しています。そうしたストーリーの中の重要な登場人物がトランプ大統領であるということです。
 今日は紀元節。安倍首相もこのようなメッセージを出しました。ここにある「未来」の象徴が富士山であり、そして皇室であるのです。日本の象徴である天皇と富士山は、これから地球の融合の象徴となっていくのです。
 どうぞトランプ夫妻、そんな「象徴」の波動を受けにいらしてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

その八重垣を…

Th_2017020900050146yom0004view 倍首相夫妻がトランプ大統領との会談のためアメリカに向けて出発しました。
 この歴史的一大事にあたりまして、昭恵夫人にメッセージを送らせていただきました。
 昨夜、昭恵さんがFacebookにて「人との垣根が全て取っ払われ」というようなことをつぶやかれていました。そのお言葉と、昨年の天皇誕生日の日の「望」年会で昭恵さんとお話した内容から、ある種の直観を得たのです。
 詳しくは国家機密なので書けませんけれども(笑)、出口王仁三郎の以下の名文を参考として添付いたしました。
 今年はスサノヲの年となります。トランプさんも間違いなくスサノヲの系統ですね。ですから、この王仁三郎の「八重垣」に関する解釈は、非常に深い意味を持つと思います。八重垣をつくり、その八重垣をどうするのか…。
 皆さんもぜひ味わってお読みください。そして、何かを読み取ってください。この文は大本の機関誌『明光』昭和10年12月号に掲載された「歌まつり」の一部です。

(以下引用)

…素盞嗚尊(すさのをのみこと)が出雲の簸(ひ)の川の川上で八岐(やまた)の大蛇(おろち)を退治されて、ほっと一息おつきなされた。その時に、お祝いとして詠まれた歌が「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」の歌であります。

 このお歌の意味は、言霊(ことたま)によって解釈すると、「出雲八重垣」の「出雲」というのは「いづくも」のこと、「どこの国も」ということでありますが、つまり、大蛇は退治したけれども、まだ世界各国には八重垣(やえがき)が築かれ、そして八雲(やくも)が立ち昇っている。「八雲」というのは「いやくも」ということである──。それで、この「いやくも」をすっかりはらわねばならぬし、また、この垣も払わねばならぬ。

 今日も「八重垣」はたくさんあります。日本の物を外国に持ってゆこうと思えば、「税関」という八重垣ができている。「つまごみに」というのは──日本の国は「秀妻(ほつま)の国」というのである──日本の国もまた一緒になって八重垣をつくっているということであって、これは世界万民が一つになって、一天、一地、一君の政治にならなくては、この八重垣は取り払われないのであり、「八雲」を払い、「八重垣」を取り払って、はじめて一天、一地、一君の世界になるのであります。

 これが一つの意味でありますが、もう一つの意味があります。神さまがお鎮まりになっているその神さまを中心として「八重垣」を築く。その「八重垣」は「瑞垣(みづがき)」という意味になり、外から悪魔が入れない。ここでは神さまを守る「ひもろぎ」となるのであります。八重雲(八雲)も、幾重にも紫雲がたなびいている意味にもなるし、また、真っ黒な雲が二重にも三重にも包囲しているという意味にもなるのであります。

 それで、この歌は、「八重垣作るその八重垣を」で切れていて、あとがまだ残っているのであります。
 内外を問わず悪い「その八重垣を」今度は取り払わねばならぬということを残して、「を」の字でおさまっているのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧