カテゴリー「携帯・デジカメ」の142件の記事

2019.03.09

格安スマートウォッチ

Th_ は1000円で買いました。けっこう便利ですよ。スマホ(iPhone)と連動して、面白いことがいろいろできます。
 まず便利なのは、iPhoneの電話やメール、LINEなどの着信を腕に振動で伝えてくれることです。そして小さな画面にちゃんと発信者の名前やメッセージの冒頭が表示されますので、iPhoneを開くべきかどうかそこで判断できます。無駄な動きがだいぶ減りましたね。
 それからいわゆるスポーツウォッチ的な使い方。脈拍や血圧、歩数などを計測できます。それはアプリと連携して記録されます。睡眠の記録も面白いですね。もちろん目覚まし機能などもあります。
 iPhoneとの接続もアプリから簡単にできました。充電はベルトをはずすとUSB端子が出てくるので、それを充電器に刺すだけ。ただ、この製品はベルトをはずすのに力とコツが必要です。ちょっとキツすぎるかな。まあ、防水機能のためにはいたしかたないか。
 中国製のこういうタイプが無数に売られています。基本的な機能は一緒ですので安いのを探して購入するといいでしょう。
 あとはバッテリーを含めてどの程度持つのかということでしょう。それにしても最近、ウチには中国製の電気製品が急速に増殖しつつあります。日本も頑張らなきゃ。いや、もういいのか。おまかせで。

Amazon スマートウォッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.20

Benks iPhone7/8 液晶保護フィルム

Th_41c7hsuepdl iPhoneの液晶保護フィルムを買いました。以前貼っておいたものが、傷だらけになったので、覗き見防止タイプで一番安いものを買って貼り替えました。
 これがなかなか良かった。まず、覗き見防止タイプにしては暗くならないところがよい。覗き見機能はそれほど強力ではありませんが、まあ別に見られたくないようなモノを見ているわけではないので、これで十分です。
 それから貼りやすかった。気泡やゴミがゼロというのは、今までの保護フィルム経験(けっこう多数)の中では初めて。位置も合わせやすかったし、とにかく一発できれいに貼れて大満足。今まではストレスだったからなあ。
 タッチの反応も大変よいし、全面タイプでありながら、それほど重さも感じません。あとは耐久性だと思いますが、まあ1000円そこらでいろいろ付属品もついて、パッケージもしっかりしているので、とりあえずはコスパ最高と言っておきましょう。
 説明書は中国語と英語しかありませんが、別にそんなに難しい作業をするわけではないので問題ありませんね。おススメです。
 ちなみにケースはこちらです。これがまたとってもいい製品でした。耐久性も今のところ全く問題ありません。全然へたったり汚れたりしていません。お風呂に一緒に入ったり(湯船に落としたり)してるのに大したものです。本当に中国の製品は質が高くなりましたね。

Amazon Benks iPhone7/8覗き見防止液晶保護フィルム


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.26

プロスピA 私的1周年

Img_3308Img_3309 は今日は私にとっての記念日でした。どうでもいい話ですよ。
 私はほとんどゲームをやらないし、やってこなかった人間ですが、実はここ1年、人生で初めて、一日も欠かさず1年間あるゲームをやり続けました(笑)。
 それはプロ野球スピリッツAです。ご存知の方、愛好している方もいらっしゃるでしょうか。
 要はスマホでやる野球ゲームです。実は、昨年末から急に野球熱が再燃したのですが、そのきっかけはこのゲームでした。
 なんで、1年前の今日、このゲームをやり出したのか、全く理由や経緯がわからないのですが、とにかくこれをきっかけに野球熱が再燃してしまった。
 昔、大洋ホエールズのファンだったし、38年ぶりにベイスターズが優勝した時もファンでしたから、今は当然DeNAが贔屓です。今年はテレビやネット中継でずいぶん試合も楽しみました。プロスピでも横浜純正でチームを構成しています。
 そんな中、高校野球では元々判官びいきしていた秋田の金足農業があのような活躍をしたり、個人的にも久しぶりにキャッチボールをしたり、とにかく2018年は自分にとって野球イヤーでした。
 というわけで、今年プロスピ1周年を迎えたわけですが、さてさてワタクシの横浜純正チームはどんな感じかと言いますと…実はちょうど数日前にチームランクがSに到達しました。記念にここに晒します(笑)。
 ご覧のように、宮崎、ロペス、山崎という主要メンバーがAランクというのが残念ですけれども、それでもここまでチームスピリットを上げてきたのは、日々の努力の賜物だと思います(笑)。
 ちなみに微課金です。無課金はさすがに無理でしたが、これからもあくまで微課金でやっていこうと思います。いやあ、野球は面白いですね。そして、よくできていますよ、このゲーム。すごいですね、日本の技術とセンス。やっぱり日本はこういうジャンルで世界をリードしていけばいいのかもしれません。環境に優しいですし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.15

Nakamichi デジタルカメラNC-35D

Th__20181217_101446 日は「あれっ?YABERってカー用品のメーカーじゃなかったっけ」と書きましたが、今日はもっと「ジャンル違い」。
 アキバで見つけて思わず買ってしまったのがこの「Nakamichi」のデジカメ。「あれっ?Nakamichiって高級オーディオメーカーじゃなかったっけ?」ですよねえ。
 ええと、私は変なカメラをたくさん持っていまして、最近ではAGFAのデジカメがヒットでした(笑)。これもなかなか面白いデジカメだったのですが、改造中に壊れてしまいました。
 で、今回はAGFA以上の衝撃。去年発売になったんでしょうかね。アキバで新品が5000円台で売ってたので、当然のごとく購入してしまいました。これは病気だな。
 で、これはいったい何者かといいますと、アメリカで売っているMINOLTAの新型デジカメの亜流のようですね。これです。ほとんど同じものです。MINOLTAのロゴがNakamichiになっただけ(笑)。これで5000円ならけっこう掘り出し物だと思います。普通に使えます。なにしろ光学35倍ズームが素晴らしい。この軽さと短さでそれを実現しているのですから。
 あとは普通に最新の機能がついていますし、操作性も悪くない。MINOLTAのと違うところは、Wi-Fi接続ができないところですかね。まああれば便利でしょうけど、なくても困らない。
 もちろん中国製です。アメリカでMINOLTA製として販売されるわけですから、まあそれなりの品質なのではないかと思われます。
 それにしても、なんでNakamichiなんだ。こういう形で憧れのNakamichiブランドを手に入れることができるとは…若かりし頃の私は夢にだに思わなかったよなあ。
 で、この謎のブランド戦略は成功した形跡もなく、今は叩き売りされている状況です。しかし、上述したように、その性能は必要充分なので、単純に考えてかなりのお買い得品だと言えましょう。
 いろいろな意味で変わったモノマニアの方はぜひ!おススメです。

Amazon Nakamichi デジタルカメラNC-35D


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.20

高城剛 KEYNOTE SPEECH 『30年後の未来へ』(INNOVATION WORLD 2018)

20181022_131745 うそう、この前のイノフェスの高城さんの講演が本当にすごかったんですが、やっぱりあれも「即興」だったそうな。空っぽでその場に立つと、ちゃんと流入してくるらしい。それであれだけ淀みなくしゃべれるんだら、まあ天才ですわ。キース・ジャレットと同レベルですね。
 その基調講演の一部がラジオでオンエアされました。今日はそれを紹介します。全体の3分の1くらいですが、それでもかなり衝撃的な未来像が紹介されていますし、私たちが考えるべき課題も提示されています。
 高城さんは、基本、実際に現場に行って自らの五感(+六感)で確認したこと、あるいは実際に会って聴いて納得した情報以外は信用しません。インターネットの寵児のように思われがちですが、逆に彼はインターネットの情報は信用しません。
 そこに彼の発信する情報の価値の基盤があります。ぜひお聞きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.30

TENDLIN 天然木層 iPhoneケース

Th_817xbcwx8kl_sl1500_ ょっと急用で忙しくなりそうなので、今日は軽い記事にします。
 最近気に入っているiPhoneのケースです。天然の木の感触が温かく柔らかく心地よい。
 TPUに極薄の天然木層を貼り付けてあるようですが、なかなかよくできていて多少の変形にも耐えられます。
 本体とのフィッティングもよろしく、ボタンの操作性も良い。
 天然木ですが耐水性もよいようで、昨日お風呂でゲーム中寝てしまい、iPhoneをドボンと湯船の底に落としてしまいましたが(笑)、全然大丈夫でした。
 あとは耐久性ですね。まあ安いものなので1年くらい使えれば良しとしましょう。今回は紫檀を購入してみましたが、次はほかの木材を選んでみるのもいいでしょう。
 それにしても、iPhoneのケース文化って面白いですね。こんなジャンルがここまで大きなマーケットになるなんて。ジョブズは当然そこまで想定していたのでしょう。
 ある意味どうせケースに収まってしまうので、ネイキッドな本体は完璧なデザインにすることができた。逆説ですよね。

Amazon TENDLIN iPhone8 ケース/ iPhone7 ケース 天然木層と弾性のあるTPU シリコン混合薄木製(紫檀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.14

孫正義 『就活生よ、君たちはどう生きるか』

20180615_85851 日に続き、超一流の方の講義(スピーチ)を味わってみましょう。
 ソフトバンクの孫正義さんのスピーチ。今日、記事として公開されました。

孫正義「就活生よ、君たちはどう生きるか」感動のスピーチを公開

 「夢」と「志」は違う。よく分かりますね。「感動したら即行動」。そうです、心が動いたら、次は体を動かさないと意味がない。感動した!で終わってしまう人が多いのです。というか、私も含めてほとんどの人がそうですよね。
 「死」を意識した瞬間、欲がなくなってしまう。誰もがそれを体験できるわけではありません。しかし、本気で行動していれば必ずあるのが「絶望」というものでしょう。その「絶望」こそが私たちを強くし、また純化する。もちろん、その逆に陥ってしまう人もたくさんいるでしょう。
 情報革命は人々の笑顔のため。スティーブ・ジョブズにも通じる考え方、感じ方でしょう。利他、布施の最大化に、テクノロジーは大いに役立ちます。見ず知らずの、地球の裏側の人々に対しても、テクノロジーを駆使すれば、布施することができます。
 見ず知らずだからこそ、お互いに匿名であり、個人は抽象化され、一対一のギブ・アンド・テイク関係ではない、純粋な贈与と感謝の感覚を持つことができる。もちろん、そこには金銭が絡むわけですが、高度に抽象化されているので、結果として我欲は個人間には働かなくなる。
 そういう意味で、今、人類は本当に新しいステージに入りつつあると感じます。テクノロジーが近代的経済の観念をぶち壊そうとしている。いいことだと思います。
 若者に負けないように、私も「志」を持って、地球のために尽力したいと思います。それが私自身の幸福でもあるのですから。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.18

Kindleの読み上げ機能

Th_51gadl1g53l 評だった高城剛さんとの対談がKindleで書籍化されました。
 『21世紀の「匿名」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑(未来文庫)』で、取り上げられた6人のうち、一番変な宇宙人が私です…って、「匿名」「仮名」なのに(笑)。
 いや、全然いいんです。別に間違ったこと言ってないですし、ある意味発言に責任を取らなきゃなとも思ったので。もともと実名でも良かったのですが、先方からの依頼が「仮名でぶっちゃけトーク」だったので、こういう形になりました。
 さてさて、最近ですね、たとえば自分の言葉が載っているこの本なんかも、いわゆる読む時間というのが大変少なくて困っているんですね。
 で、新しいスタイルとしての読書、いや聴書とでもいうのかな、口伝的な意味では原点回帰とも言えそうなスタイルを利用しています。
 趣味柄、車で長時間移動することが多いので、運転中に本を聴くわけです。
 本を聴く。昔だったら、だれかに朗読してもらわなければならなかった。それが今ではiPhoneでSiriのKyokoさんが読み上げてくれる。
 ちょっと日本語が不自然ですが…日本語の高低アクセントというのは(私の専門分野です)、案外難しい…、とっても明瞭に、そして要望どおりのスピードで読んでくれるので、とっても便利です。ちゃんとページをめくって先をどんどん読んでくれるし(少し止まるが)。
 これって案外使っている人が少ないようですね。設定→一般→アクセシビリティ→スピーチ→画面の読み上げonでOKです。あとは、Kindleの画面で上から指二本のスワイプでコントローラーが出てきます。
 読み上げ自体はバックグラウンドでも可能ですが、ページめくりをしてくれなくなってしまうので、たとえばナビを起動しながら本を聴くということができない。これが改善されれば最強なんですけれども。
 最近、こうして本を聴いたり、動画の音声を聴いたりしながら、別の仕事や趣味やゲームをやることが増えました。テクノロジーのおかげで、自分も多少なりともヴァージョンアップしているのかなとも思うのでした。
 いや、前に書いたように原点回帰していのかも。考えてみると、音楽だって楽譜を読むのではなく、聴く方が正統ですよね。文字ができて、読むという行為が生まれた。それも近代になって黙読という特殊な文化が入ってきて一般化してしまった。言霊、音霊のない世界が異常だったのかもしれません。
 皆さんもどうぞお試しあれ。

Amazon 21世紀の「匿名」ハローワーク: 人には理解されないもうひとつの職業図鑑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

Sanfic Qiワイヤレス車載充電器

Th_71m8hoe2oml_sl1500_ ールデンウィーク最終日。今日もこれの便利さを痛感しました。
 iPhone8にしてから1年以上経ちましたが、今まで無線充電をしたことがありませんでした。このたび、従来使っていた車載用スタンドが壊れたので、2,000円で買えるならと、この製品を購入しました。
 うん、たしかにこれは便利ですね。いちいちケーブルをつながなくてもいい。つなぐというよりも、降りる時、あるいは電話を取るときに、ケーブルをはずさなくていいというのがいいですね。そういう時の方が案外急いでいるので。
 そして、この製品の地味に素晴らしいところは、そのホールド方法ですね。すなわち、iPhoneの自重によって、しっかりホールドされるような機構になっているのです。
 これは使ってみなければ分からない気持ちよさです。装着に力は全くいらないのに、車が激しくはねてもiPhoneが飛んでしまうことはありません(かつてのものはビュンビュン飛びました)。
 それから、ダッシュボードへ取り付け用の吸盤も、吸着ジェルとバキューム機構によって多少のデコボコがあってもしっかりくっつきます。
 もちろん充電も完璧。ナビを使いながらでも少しずつですが充電率が上がります。まあ、こういう使い方がバッテリーを傷めるというのも事実ですが、車の運転が異常に多い私としては、ここも大きなポイントになります。
 というわけで、すっかりQi無線充電の便利さにやられてしまった私でありますが、家での充電、つまり就寝中の充電はやはり有線ですね。ふとんの中で使うことも多いので、充電器に乗せておかねばならないのは正直不便です。寝落ちして朝になったら充電してなかった、なんてことがありそうですしね(笑)。
 
Amazon Sanfic Qiワイヤレス車載充電器

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

iPad 9.7インチ (2018)

Th_7198bkipayl_sl1000_ 学生になった娘がパソコン買って!というので、まずMacかWindowsかどっちがいいのか聞いたところ、大学のパソコンは全てMacだと言います。
 なるほど、それは良いことだ。ところで、何に使うのか。すると、レポートを書くというので、それなら高いMacを買う必要はなく、iPadでいいではないかと。
 ということで、最近出たiPadの一番安いやつを買いました。そしてキーボード付きケースも買ってセットアップしてやりました。WordとExcelは基本無料です。
 実は私、iPadを買うのは初めてです。父がずっと使っているので、その操作性などはよく分かっていたのですが、こうしてキーボードを接続すれば、ほとんど今までのパソコンと同じように使えるというのは、まあ知ってはいましたが実際やってみるとなるほどなと思いました。
 たしかに一般の人がディスプレー上でやることといえば、ウェブサーフィンとメールやLINE、あとは動画を観るくらい。それならたしかにタブレットでいいのかもしれませんね。
 大学生なんかも、キャンパスで持ち歩くのにパソコンよりタブレットの方がいい。特に女子はね。
 こちら親としましても、出費が約3分の1ですみました。Macは高いですからね。助かる。もちろん学生・教職員価格ですので、さらに割安でした。
 今回の新型iPadは、教育用を謳っていますよね。ApplePencilが使えるようになったらしい。たしかに学校でうまく使うと楽しいかもしれません。あくまで「楽しい」であって、それが学習にとって本当に効率的かどうかわかりませんが
 こうしてタブレットがいわゆるパソコンに取って代わるようになるんでしょうかね。
 ウチのMacも10年選手が2台あって、まだまだ現役なんですが、電源系がちょっと危うくなってきていので、いずれ買い換えなきゃと思っています。1台はiPadでもいいかなあ。いや、ウチは夫婦ともにワープロソフト(アプリ)は、最近奇跡の復活を遂げた名作EGWORDを使っているので、これがiOSに対応してくれるまではMacを使い続けるしかない。
 というわけで、たった一晩ですが、最新iPadで遊びました。あさってには娘のものになってしまいます。まあちょうどいい試用になりました。
 安物のキーボード付きケースもまあまあかな。Windows用の刻印がされているのが?ですし、ちょっとローマ字入力の設定などに苦労しましたが。

Amazon 新型 iPad 9.7 キーボードケース

Apple学生・教職員ストア
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧