カテゴリー「音楽」の1460件の記事

2017.06.26

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』 二宮敦人 (新潮社)

Th_61rsvqqq9l_sx346_bo1204203200_ ろいろな意味で憧れの東京藝大。私はとてもとても入れませんでしたが、教え子は入れました。また、最近は藝大卒の方々と共演することが多い。なんだか得した気分です(笑)。
 そうした皆さんは「音校」の方々。とってもまともな皆さんです(笑)。「美校」の知り合いは…あれ?いないかも。
 この本で言うところの「カオス」は正直「美校」の方ですよね。つまりカオスな天才の皆さんとは今のところご縁がないわけです。というか、私のような凡人は近づけない領域なのかもしれません。
 そんなわけで、私がもし藝大に入れるようなことがあったとしして、「音校」と「美校」どっちか選べと言われたとしたら、間違いなく「美校」を選びますね。てか、私の音楽や楽器との付き合い方というのは、ちっとも「藝大(音校)」的ではない(それ以前に音大的ではない)わけでし、どちらかというと「美校」的なカオスの方が自分の得意とする分野のような気がするのです。
 意外に思われるかもしれませんが、私は案外ちゃんと「絵」を勉強しました。先生について勉強したという意味では、音楽と同じくらいの期間(約10年)ということになりましょうか。
 今ではちっとも絵を描かず、あるいはモノを作るようなことはありませんが、かつては音楽よりも美術の方が得意だったし、そっち方面で創造的でした。
 実際、高校の芸術選択は美術を取ったんですよね、3年間。成績も良かった。中学では美術部でしたし。意外でしょ。
 ま、そんなこんなで、いちおう、本当にいちおう程度ですが、音楽も美術もそれなりに分かっているつもりです(あくまでつもり)。
 そう考えるとですね、なんで、「音校」と「美校」が対照的なのか、よく分からない部分もあるんですよね。違う言い方をすると、なんで「音校」はカオスにならないのか。これはある意味良くないことだと思うんですよ。
 ご存知のとおり、両分野ともに、基本基礎や論理やメソッドがあって、それを超えていくのが、いわゆる「天才」だと思うわけですが、なぜ「美校」はいとも簡単に超えていっているのに、「音校」は超えられない(ように見える)のか。
 もちろん、もともと音楽が「コスモス」に収斂してゆき、美術が「カオス」に拡散していく傾向があることは分かります。しかし、実際にはその逆もあり得るのに、なんとなく日本では芸術とアートが分離しているがごとく、両者がぐるっと回って一つになったり、止揚されたりすることがあまりないというのも不可思議なことです。
 いや、実際には音と美の境界線のあの道を軽くまたいで行き来する真の天才がいることも聞いています。しかし、やっぱりそこに分断がある、壁がある、溝があるのは事実でしょう。
 そういう意味で、私は古楽科に期待していたんですよ。ジャズ科みたいになってほしいなと。現状はどうなんでしょうかね。
 また、上野にない第三者的な新興の学部学科の存在も気になります。
 というわけで、藝大にスパイを送り込もうと思っています。上の娘はとっくに諦めているので、下の娘を洗脳して送り込もうかな(笑)。
 おっと、肝心な本の紹介を忘れていた。この本はインタビュー集です。入り口としては面白いんじゃないでしょうか。まさに入り口から中をちらっと見る程度でも、私は充分楽しめましたよ。

Amazon 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.24

告知! 7/29「バッハの音楽劇」@横浜

Fly721

Fly722

 月、横浜の開港記念会館にて催される演奏会のご案内です。
 今日、初めての全体練習が行われました。う〜ん、なんだか練習だけでも感動してしまった。いろいろ思うところがありました。感無量。
 私は今回は2ndVnにて参加させていただきます(とはいえ、楽器は最近お気に入りの5弦ヴィオラです)。
 今日は、またまた宿泊座禅明けという好条件(笑)。悟りを開いた?状態で絶好調かと思いきや、楽譜を忘れるという失態をやらかしてご迷惑をおかけいたしました。
 それにしても、このような錚々たる演奏家の皆さんに囲まれ、大好きな曲を演奏できる幸せはなんとも言えません。
 特にBWV208狩のカンタータは、高校時代繰り返し繰り返し聴いた曲です。まさか、このようなオリジナル楽器のフル編成と一流の歌手の皆さんとともに、自分が人前で演奏する日が来ようとは、35年前の自分は夢にも思わなかった…ご縁に感謝です。まさに「縁起」。
 そんなご縁に感謝いたしまして、このたびご一緒させていただく皆さんを紹介いたします(含む自分)。

 J.S.バッハ
「たのしきヴィーダアウよ」BWV30a
「楽しき狩こそ我が悦び」BWV208 (狩のカンタータ)

木島千夏、加藤詩菜(ソプラノ)、曽禰愛子(メゾソプラノ)、石川洋人(テノール)、藤井大輔(バスバリトン)

慶野未來、飯島さゆり(ナチュラル・ホルン)
大山有里子(バロック・オーボエ)、今西香菜子(バロック・オーボエ、オーボエ・ダ・モーレ)、永谷陽子(バロック・ファゴット)

小野萬里(バロック・ヴァイオリン)、櫻井茂(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺村朋子(チェンバロ)

アンサンブル山手バロッコ
曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ、リコーダー)
石野典嗣(バロック・オーボエ、オーボエ・ダカッチャ、ファゴット、リコーダー)
角田幹夫、原田純子、山口隆之、小川有沙(バロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ)、飯塚正己(コントラバス)

 今回は狩のカンタータのシンフォニアとして、BWV1046aを演奏します。ブランデンブルク協奏曲第1番1楽章の初稿版ですね。これもまたなかなか生では聴く機会がないレア曲です。冒頭のナチュラル・ホルンの咆哮だけでも鳥肌モノでしたよ。
 会場となる開港記念会館は今年建設100年を迎えます。その記念事業の一環として行われる豪華な演奏会。皆様、ぜひ足をお運びください。ご満足いただけること間違いなしです。
 ワタクシも末席を「汚す」ことなきよう練習して臨みます。チケットご希望の方はこちらまでメールをください。
 最後に…いつもこのような機会を私に与えてくださる、山手バロッコ主宰の曽禰さん、本当にありがとうございます。大会社の社長さんでありながら、このような演奏会を多数企画し、ご自身も演奏され続ける、そのバイタリティ、お人柄を尊敬申し上げております(拝)。

アンサンブル山手バロッコ公式


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.22

ジョン・ラター 『古風な組曲』

Th_220pxjohn_rutter 私ともに妙に忙しい(なぜだ?)ので、今日は軽めに音楽の紹介といきましょう。
 先日、The Water is Wideの記事で名前が出てきた、現代イギリスの作曲家・指揮者ジョン・ラター。
 私は彼のことを、フォーレのレクイエムの名演で知りました。いまだにあれがベスト盤です。
 そして、彼の作曲したいくつかの合唱曲を聴いて、ああいい作曲家だなと感じ、すっかりファンになってしまいました。
 現代の作曲家でありながら(?)、非常に古典的な作曲技法をとり、さらに逆に現代的なポップさがあって、非常にワタクシ好みの音楽なのです。
 この「SUITE ANTIQUE」も、ハープシコードを使っているところからも分かるとおり、ある意味バロック的でもあります。
 これは古楽器で演奏してみると面白そうですね(調性が微妙かな)。さっそく仲間とやってみようかな。
 あまりにポップなため、クラシック作曲家として認められないこともあるのだとか。まあ実にくだらないカテゴライズですけど。
 この演奏はラター自身がフランスの楽団を指揮したもののようです。演奏や動画の質は別として、この曲の良さは充分伝わることでしょう。
 ぜひお楽しみください。特にフルート奏者の皆さまには、レパートリーにしていただきたいと思います。ピアノ伴奏版の楽譜もありますので。

Amazon  The Very Best of John Rutter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

The Water is Wide(スコットランド民謡)

 ッサンや、その前の「花子とアン」で使われ、最近特に有名になったこの曲。たしかにいい曲ですね。なんとも切ない。
 スコットランド民謡がなぜか日本人に「郷愁」をおぼえさせるのは、やはりそのメロディーが他の地域の伝統音楽と同じく、ペンタトニックを基本としているからでしょう。
 日本では明治時代に多くのスコットランド民謡が輸入され、日本語詞を与えられて愛唱歌となっていきました。最も有名なのは「蛍の光」でしょうかね。
 そういう中では、この「The Water is Wide」は日本では比較的最近有名になったスコットランド民謡です。
 古くは「O Waly, Waly」とも呼ばれ、1948年にブリテンがピアノと声楽のために編曲したものもよく知られています。ブリテン本人がピアノ伴奏している貴重な映像がありました。

 同じくイギリスの作曲家、合唱音楽の指揮者としても有名なジョン・ラターも自作に使っています。うまい編曲(当たり前か)。

 ポピュラー界では、やはりカーラ・ボノフのバージョンが有名でしょうか。東京でのライブ映像がありました。

 一番上の「マッサン」のエリーの歌のあとの演奏は、ケルト音楽の歌姫Rowena Tahenyです。
 私は歌が下手なので、ヴィオラの無伴奏用に編曲しております。いつかどこかで披露したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.10

秋葉原神社

Th_img_0675 禅が明けてすぐに東京アキバへ。悟りを開いた?あとですぐにアキバとは(笑)。
 いえいえ、メイドカフェに行ったんじゃないですよ。教会です。キリスト教会。
 お寺から教会というのもまた、ある意味変ですが、実は神田キリスト教会でコンサートがあったんです。それに出演してきました。先日告知したこちらのコンサートです。
 とっても重いプログラムでしたが、ご来場の皆さまにはご堪能いただけたのではないかと思います。いろいろな意味で息の抜けないコンサートでしたね(笑)。
 私も思わぬ方との再会やら初遭遇など、練習から本番、打ち上げまで、いろいろなご縁を感じる良い機会となりました。お誘いくださりありがとうございました。
 さてさて、お寺、教会、そしてアキバということで、まあとにかくある意味浮世離れした空間にいた今日でありましたが、そうですねえ、やっぱりオタク文化って貴族文化ですからね、案外バロック音楽とアキバって親和性が高いなと思いましたね。アキバロック。
 そんなアキバで、ある意味最もバロックしているのが、お寺でも教会でなく、やっぱり神社でしょう。もちろん、神田明神もかなりバロックというかロココしてますよ。それと同じくらい非現実的きらびやかさを持つのが、昨年突然登場した「秋葉原神社」でしょう。
 そうそう、突然登場鎮座したと思ったら、今月いっぱいで突然消えることになったんですよね。移転なんでしょうか。それとも…。
 もともと、世界救世教の幹部だった松本明重創始の平安教団が作った神社ですから、ワタクシが専門としている出口王仁三郎にもつながっていますよね。たしかに、王仁三郎はコスプレの元祖みたいなところがあります。神様キャラ創造という意味でも天才でしたし。
 主祭神も天照弥勒大神という万教同根・万教帰一の象徴のような神様。配神が芸能の神様天宇受売命、商売繁盛の神様宇迦之御霊神。いかにもアキバですね。
 そうそう、この秋葉原神社、フィギュアの供養もしてくれるんですよね。人形の供養と言い換えれば、それが神社として正常なお仕事であることが分かります。いいことです。ひとかたには念がこもりますからね。オタクの念は強い。
 今日もたくさんのオタクの皆さんと外国人観光客でごった返していたアキバですが、たしかに日本文化の本質を見て感じるのにはいい場所ですね。いろいろな神仏が仲良く共存している、それこそパラディソですな。

秋葉原神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.01

森高千里 『雨』 【セルフカヴァー】

 日は気象記念日。高円寺氷川神社末社の気象神社の例祭の日でもあります。
 昭和19年に陸軍気象部に創られたこの神社。オモヒカネを祀っています。アマテラスの岩戸隠れを解決し、この世に再び「晴れ」を呼んだ神様だからでしょうか。
 思えば日本の戦は「神風」頼みのところがありましたよね。昭和19年といえば戦局も危うくなっていたころです。神頼みせずにはいられない状況であったとも言えます。
 今ではこちらの公式ページにあるとおり、かわいいキャラもいたりして、どちらかというとポップな雰囲気になっております。
 と、全然関係ない話から入ってしまいましたが、そう、そろそろ梅雨入りの季節ですよね。なんとなく空気も湿気を帯びてきました。今日もにわか雨の予報が出ていました。
 この季節になりますと、この曲を聞きたくなるのであります。名曲「雨」。
 今日は森高千里さんご本人によるセルフカヴァーで聴いてみましょう。この200曲セルフカヴァーの企画、いよいよあと1曲になってるんですよね。最後の曲は…あれとあれが残っている…いったいどうなるのでしょう。楽しみにです。
 それにしても森高さん、本当に「オバさん」になりませんねえ。先日デビュー30周年ですよ。30年前には私、正直言うと全く興味がなかったんですが、最近「オジさん」になってからというもの、森高千里さんにすっかりはまってしまいました(笑)。なんででしょうね。
 それにしてもいい曲ですね。切ないけれども、「雨」が人生にとって、あるいは日本文化にとって、とっても重要なものであったことが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.30

Aperiafuze カセットテープmp3変換機

Th_41nw2buixxl_sy355_ 近の買い物の中では、けっこうアヤシイ方ですな、これ(笑)。
 しかし、実際使ってみると、それなりに面白い。性能的にもまあまあでしょうか。
 皆さんのお宅にもカセットテープが眠っていませんか。ウチの地下室にはおそらく千本近いカセットテープがあります。
 その中にはすでにデジタル化したものもありますが、それもまたDATだったりして、結局最近は聞けなくなってしまっています。
 今やデータ化してパソコンなどで聞くという時代ですよね。で、この謎の「機械」はカセットテープの音源を単体でMP3に変換してくれるものです。
 ほかにももっと安い同じような「機械」が売っていますが、どうもあんまり評判がよくないので、ちょっと高めですが(それでも安いか)こちらをイチかバチか買ってみた次第です。
 というのは、自分のコレクション、青春の思い出のデジタル化というのもありますが、最近あるところで文化的価値のあるカセットテープやオープンリールが大量に見つかりまして、それをデジタル化して保存するという事業の一環としての作業のためという意味もあるんです。
 ま、そんな文化的価値の高いものだったら、もっとちゃんとした機材使えよということですが、とりあえずお金がないので緊急的措置として作業を進めようというわけです。
 で、こうした中華製の「機械」にありがちなですね、操作性の悪さはピカイチですね(笑)。数少ないボタンでいろいろやろうとするからこういうことになるわけです。しかし、それもまた面白いと言えば面白い。
 そうしたインターフェイスのデザインというのは、本当に難しいですよね。Appleはその点すごい。説明書なしでもいけちゃいますからね。
 というわけで、なんだかんだラジオも録音できたり、ボイスメモ的にも使えたり、便利なような不便なような、予想に違わぬトンデモ機械であります(くり返しますが私はこういうのが好きです)。
 なんだかんだ言って、自分のカセットコレクションは、ハイポジやメタル、フェリクロームにドルビーがかかっていたりするので、こちらの「機械」では正常に再生できません。
 かと言って、そういうものに対応したカセットデッキも今や手に入れるのが困難ですから、それこそ緊急避難的にこれを使い続けることになるでしょう。壊れなきゃいいんだけど。

Amazon Aperiafuze(アペリアフューズ) デジタル音声変換 ボイスレコーダーとしても使用可能 FM/AMラジカセ SRC-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.28

告知! 6/10 バロック音楽の午後

Th_s_dsc5664300x199 もヴィオラで参加させていただくコンサートの告知です。
 アンサンブル・オードブルさんには今回初参戦となりますが、古くからの音楽仲間が多く、すんなりとその音楽に溶け込むことができました。
 今日も東京で練習がありまして、7時間ずっと弾きっぱなしで、さすがに体力の衰えを感じた次第であります(苦笑)。ヴィオラでこれだけ大変なんだから、ソリストや他の楽器の方はもっと大変ですね。特に今回のプログラムではチェロの音数が異常に多いので大変だろうなあ。チェリストさん広島からの参戦ですし。すごい。
 そう、今回はバロック・ヴァイオリニストとして活躍中の天野寿彦さんをお迎えしての豪華すぎるプログラムですねえ。いやはや大曲、名曲ばかり(プロの楽団だったら絶対やらないプログラム?)。

アンサンブル・オードブル 第8回演奏会
「バロック音楽の午後」 天野寿彦さんを迎えて

2017年6月10日(土) 午後2時開演(1時半開場)
神田キリスト教会(末広町駅から徒歩3分)
全席自由 1,500円

バッハ ブランデンブルク協奏曲 第4番
バッハ 三重協奏曲 イ短調
バッハ オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調
バッハ ゴールドベルク変奏曲より(弦楽合奏版)
A.スカルラッティ 室内協奏曲 イ短調
ヴィヴァルディ 室内協奏曲 ニ長調

ヴァイオリン・ソロ(兼音楽監督):天野寿彦
ヴァイオリン:平松晶子・佐藤俊也・堀晶子・松島和彦
ヴィオラ:山口隆之
ガンバ:渡辺比登志
チェロ:中川剛
コントラバス:水越友顕
チェンバロ:和田章
リコーダー:曽原良嗣、山本勉
トラヴェルソ:江口陽子
オーボエ:石野典嗣

 もしおいでになってくださる方がいらっしゃいましたら、こちらにご連絡ください。何人か無料でご招待いたしますよ(早い者勝ち)!
 天野さん、昔は同じ立場で一緒にステージに上がっていましたが、その後東京藝大の古楽科から大学院まで進学され、今では第一線でご活躍です。
 今日のレッスンもとても面白く勉強になりました。特に体の動きと音楽の解釈、表現の関係については勉強になりますね。日本人得意の「縦ノリ」を何度か注意されました(笑)。
 それから、たとえばアダージョの曲をアレグロで演奏するというのも面白かった。全体像、流れ、セクションがよく分かる。また、ゴスペル風あるいはスウィング風に裏打ちで手拍子するというのも、なるほどなと思いました。さっそくウチの学校の楽団でもやってみよう。
 というわけで、天野さんのおかげで、なかなか充実した音楽の場になっています。ぜひお越しくださいませ。
 ちなみに当日、私は朝まで宿泊座禅でして、きっと悟りを開いた演奏ができると思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.19

ジャン・ロンドー 『即興曲』

 月初来日したチェンバロ奏者(クラヴサン奏者)ジャン・ロンドーの、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」をBSプレミアムで観ました(聴きました)。
 ウワサに違わず、非常に洗練されたセンスの持ち主でしたね。聴き慣れたはずの曲が大変新鮮に感じられました。
 とは言え、特に奇をてらっているわけではありません。単にモダンな感性を通じて普遍的なバッハが奏されただけです。そういう意味ではバッハはすごい。
 私、彼の演奏をじっくり聴くのは初めてだったのですが、聴きながらこんなことをつぶやきました。

 録画してあったジャン・ロンドーのチェンバロリサイタルを聴きながら(観ながら)ふと思った。バロック音楽演奏における反復の際の即興的装飾って音を足すことがほとんどだけれど、引き算ってのはないのかな。あえて沈黙するとか…と思ったら演奏終了後に沈黙した!!禅的変奏w

 そう、最後のアリアを弾き終わった後、1分くらい沈黙していたんですよね。なるほどあの長大な曲が終わったあとの余韻としては、あのくらい必要なのかも。まあ、究極の引き算でしょうかね。沈黙は。
 で、ちょっと気になってYouTubeで彼の動画を探したら、なるほどなと思う演奏にぶち当たりました。かのバッハの無伴奏ヴァイオリンのための「シャコンヌ」です。
 この宇宙的名曲、多くのチェンバリストが編曲して弾いていますね。大御所で言えば、レオンハルトとかコーネンなんかも録音していました。
 それらに共通しているのは、「音を加える」ということでした。チェンバロとヴァイオリンの特性の違いを考えれば、また、バッハ自身やその他の作曲家の編曲を考えれば、それは全く自然な営みです。
 しかし!このジャン・ロンドーは、ほとんど音を加えていない。もちろん、鍵盤楽器らしく音域は拡げてありますが、基本新しい声部を加えたり、和声を埋めたりしてません。これはある意味「引き算」です。自然な営みから考えると、かなり思い切った「引き算」ですよ。
 聴いてみてください。これが…実にいいのです。

 ちなみに同じ無伴奏を、バッハの長男が編曲するとこうなります。つまりは自然な営み。

 おっと、肝心な一番上の動画について書くのをすっかり忘れていた。ついつい興奮してしまったのでしょうか(笑)。
 彼は子どもの頃、なんとピアノよりもチェンバロを先に弾き始めたのだとか。いや、それは歴史的に考えても、また人間工学的に言っても実は自然なことなんですよね。子どもは軽くて小さな鍵盤を弾くべきです。ピアノには分数楽器がありませんからね。
 で、やっぱり彼はジャズも好きなんですね。このモダンピアノによるインプロヴィゼーション、どことなくキース・ジャレット風であります。私の好きなタイプの即興。
 どうせなら、リサイタルの前半をチェンバロ、中盤をフォルテピアノ、後半をモダンピアノで即興というのはどうでしょうか。ぜひ聴いてみたいところです。
 もう、楽器がどうの、様式がどうのとか言う時代ではなくなったのでしょう。ようやくと言うべきか。自由で自然。型にはまらないのが、本来の生きた音楽なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

バッハ 『アリア』 (スウィングル・シンガーズ)

 れはきれいですねえ〜。原曲通りではなく、微妙に編曲(ハーモナイズ)されていますが、それが適度であってセンスが良い。
 原曲の「アリア」…「G線上のアリア」と呼ばれますが、実際には「G線上ではない(G線だけは使わない)アリア」なんですよね…は、いつかも書いたとおり、どのパートも完璧で動かしようがないと思っていたのですが、こういう手もあるんですね。
 そして、やはり「アリア」というだけあって、この曲のメロディーには「呼吸」「ブレス」がある。ヴァイオリンで弾く時もそれを意識しなければいけないのだなと思いました。
 こうして聴いてみると、スウィングル・シンガーズって、むか〜しからバロック唱法だったんですよね。ノンヴィブラート唱法。ダバダバでもね。
 というか、フランスですから、シャンソン風だったとも言えますね。昔のを聴いてみましょうか。1969年の演奏です。

 というか、フランスのシャンソンが、イタリアのベルカント唱法とは違って、古楽的な、ある種古臭い唱法を残していたということでしょうか。アイルランドのエンヤなんかもそうでしょう。脱力ノンヴィブラート系。
 そう考えると、ヨーロッパの音楽史、歌唱史もけっこう面白くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧