カテゴリー「音楽」の1637件の記事

2018.11.12

Rei 『2017 Eurockéennes(full concert)』

Th_drtn3lzu8aakqig 日のNHK-FM『今日は一日“クイーン”三昧』が面白かった。錚々たるゲストの方々のトークも最高でしたが、個人的には武田アナとReiさんのギタープレイにしびれました(!)。
 特にReiさんという才能に触れることができたのはラッキーでした。ごめんなさい、勉強不足で存じ上げなかった。
 この前も、なんちゃってベーシストである長女と「うまい女子のギタリストがいない」という話をしていたのですが、実は歴史的に見てもなかなかいない。特にロックギタリスト。
 個人的にはマイケル・ジャクソンのギタリストとして有名なJennifer Battenなんか、男勝りでカッコいいと思いますが。あと、やっぱりJoan Jettかなあ。
 そんな中、こんなカワイイ(ちっちゃい)日本人でこんなに上手いギタリストがいたとは!ブルーズのセンス最高。歌もうまいし。
 で、動画を見ていたら、去年のフランスの音楽フェスでのライヴがあったので鑑賞。ドラムスと二人だけでこれだけの迫力を出すんですから、只者ではない。驚きました。

 先ほど挙げた海外の女流ギタリストなんか男勝りですが、日本人の女性って向こうからするととってもネオテニーに見える。それとロックがまたギャップでいいらしいですね。
 ウチの娘もチビで子供っぽいのでウケてるようです(笑)。まあ、学生バンドの中の話ですがね。まだまだ実力も足りないし、音楽や楽器に対する愛情も全然足りないので、ちょっと叱ったところです。
 どうせやるなら、Reiさんに一歩でも近づけるよう真剣に取り組んでほしい!一度Reiさんのライヴに行かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.11

告知! 11/25 『ウリッセの帰還(モンテヴェルディ)』

 昨日はモーツァルト、昨日はお能、そして今日はバロックオペラ。それぞれの超一流の方々とお会いし懇談する歓び。本当にありがたいですね。
 楽器を始めてそろそろ40年。大きな何かが実を結びそうな予感がします!
 今日は、バロック・ヴァイオリン奏者としても、また指揮者としても世界的に大活躍しておられる寺神戸亮さんにお会いしました。何度かご挨拶することは今までもありましたが、こうしてじっくり3時間近くお話する機会をいただけるとは。間に入ってくれた友人に感謝です。
 お話してみると、実はいろいろと共有することがありまして、いろいろと話がはずみました。
 考えてみると不思議ですよね。北とぴあ国際音楽祭の最初期の頃、祝祭管弦楽団でヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオリーノ・ピッコロ、ヴィオラ・ダモーレを弾いていた私。その楽団が現在寺神戸さんが指揮しヴァイオリンを弾いている「レ・ボレアード」に発展進化したわけですし、寺神戸さんはこの音楽祭で、昨日私がお会いした野村四郎先生と「オルフェオ」で共演されているのですから。
 そのお二人とこうして続けてお会いできるなんて。全く不思議なご縁であります。和洋両刀をそれなりに磨いてきてよかった(笑)。
 今、寺神戸さんは北とぴあ国際音楽祭での公演「ウリッセの帰還」へ向けて稽古中。これがまた実に面白そうです。寺神戸さんは現代音楽にも造詣が深く、また、邦楽とのコラボにも積極的。今は浄瑠璃とバロックオペラを結びつけようとしているようです。
 今回の演出家は演劇の世界では超有名な小野寺修二さん。今年もまた、面白い化学反応が起きそうですね。もちろん私も聴きにうかがいます。皆様もぜひどうぞ!
 とにかくモンテヴェルディは楽しいとのこと。天才ですからねえ。私も楽しみにしています。

Ulisse1

Ulisse2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.10

告知! 12/24 『独立披露 田口亮二 渡邉瑞子』

Th_img_2935 日のモーツァルトのオペラから、今度は日本のオペラ(歌劇)である能へ。
 今日は下の娘の初舞台。この春から人間国宝野村四郎先生に弟子入りし、半年を経過して初舞台となりました。
 ずいぶんと贅沢なもので、初舞台がGINZA SIXにある観世能楽堂ですからね。それも人間国宝の先生に地謡で歌ってもらいながら舞うわけですから。洋楽の世界では考えられませんね。
 こちらは勝手にドキドキしましたが、本人はなかなか堂々と舞っておりました。まあ合格点でしょう。苦難の道の入り口に立ったということですね。頑張ってもらいましょう。
 さて、娘の入門にあたり、大変お世話になったのが、教え子でもある渡邉瑞子さんと、彼女の同志であり私も懇意にさせていただいている田口亮二くんです。
 彼らはまさにその苦難の道をひたすらに歩んでいる若手なわけですが、このたびいよいよ独立することになりました。その披露の舞台がクリスマスイブにあります。
 本人たちの「覚悟」の熱演に、野村四郎先生や野村萬斎さんらが華を添えてくれます。私たち家族は大変楽しみにしております。ぜひ皆様も足をお運びくださいませ。素晴らしい舞台になるに違いありません。

20181103112408650_2

201811031124283125_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

『ドン・ジョバンニの夕べ』 (河口湖円形ホール)

Th__20181112_90746 に楽しい夕べでした。
 知り合いが企画したこのコンサート。素晴らしい音楽家の方々との交流も含めて充実の時間。
 なるほど、こういう小さな「オペラ」というのも、ある意味気楽に楽しめていいですね。
 前半のドン・ジョバンニの抜粋版、それぞれの歌手の方々の実力はもちろん、ピアノ伴奏も的確で、またあの地獄の門を足踏み発電によるLEDで表現するという、実に現代的かつユーモアに溢れた演出で面白かった。こういう形での入門編というのは、とても重要です。足踏みには聴衆も参加。参加型オペラというのは新しい!
 後半のピアノ曲演奏がまた良かった。原佳大さんは、日本人では初めてモーツァルトのピアノ・ソロ作品全曲演奏をされた方です。
 演奏されたのは、ピアノソナタ イ短調 KV 310、幻想曲ハ短調 KV 475、ピアノソナタ ハ短調 KV 457。全て短調というプログラムは珍しい。すなわち「死」がテーマになっている。
 モーツァルトというと、どうしても明るいイメージがありますが、よく言われるようにだからこそ短調の曲に名曲が多いんですよね。それをこうして並べて聴く機会というのはそうそうない。
 田舎のベーゼンドルファーが、演奏者によって次第に鳴るようになっていくのが、よく分かりました。原さんとも話しましたが、ベーゼンドルファーはスタインウェイなどとは違い、しっかり胴体を鳴らします。そういう意味では、フォルテピアノの系統とも言えるんですよね。
 だんだん胴体が振動し始めて、香り立つような響きが生まれた瞬間には感動しました。あまりメインテナンスされてないからこその瞬間(苦笑)。
 終演後はワインをたらふくいただきながらの懇親会。先日知り合った作曲家の権代敦彦さんも交えて、実に楽しい対話の時間でした。ああ、酔っ払った(笑)。モーツァルトとワインに酔いしれた「夕べ」でありました。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.07

バッハ『無伴奏チェロ組曲6番』(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによる)

Th__20181108_105420 またま今度日曜日にこの楽器の世界的な奏者にお会いします。ヴァイオリン弾きの夢を実現してくれた楽器ですね。
 チェロではありますが、チェロ弾きは弾きこなすのが大変。それはそうでしょうね。
 私も一度弾いたことがあります。こちらでその勇姿?を御覧ください。
 いや、実際思っていたよりうまく弾けなかったんですよね。あれからもう8年経ちますが、まだこの楽器は持っていません。そろそろ、と思っています。
 お金がありませんから、安物の1/10チェロを買って改造する計画です。さらにこの前ヴァイオリンで成功したのをいいことに、5弦に改造します。それで弾きたいのが、このバッハの無伴奏チェロ組曲の6番。
 無伴奏チェロ組曲5番書いたとおり、この6番は5弦チェロのために書かれています。
 さらに、その運指を詳細に見ていくと、どうも普通のチェロの大きさでは演奏が難しいところがある。これは肩掛けチェロのために書かれたのではないか…ということが最近言われるようになりました。
 少なくとも、バッハ自身は5弦のヴィオラを弾きながらこの曲を作曲したというのが、ワタクシの説であります。今度、お会いする大家にも聞いてみます。
 というわけで、ここのところ続けざまに紹介している、オランダバッハ協会の動画。この6番がまたいいですよ。いやあ、いい演奏だ。インタビューも興味深い。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.06

島津亜矢 『SINGER』シリーズ

Th__20181107_115020 日のNHK「うたコン」は良かったなあ。すごかった。「夢コラボ続々!うたコン文化祭'18」。
 まあいろいろ面白かったけれど、やっぱり三山ひろしと山内惠介の三波春夫長編歌謡浪曲が圧巻でしたかね。素晴らしい。
 いつも書いているように、最近の歌謡界は(特に歌唱力に関して)男高女低です。今日も全体では「白組」の圧勝でした(個人的には布施明さんが復調していて安心しました)。
 そんな中、紅組で唯一感激したのが、三山&山内のあとに登場した島津亜矢さんでした(共演したBeverlyさんも頑張ってましたが、なにしろね)。
 MISIAのEverythingを歌ったのですが、まあ上手いこと…。
 そう、最近の島津さんはポップスやジャズ、そして洋楽など、いわば非演歌を歌うことが多い。
 いや、私は今までもそれがいいんじゃないかと思ってきたんですよ。なんちゃって歌手のカミさんと、ず〜っとそういう話をしてきた。演歌もいいんですが、ちょっと声質が細いんですよね、演歌には。透明すぎるとも言える。
 抜群すぎる歌唱力は誰しも認めるところ。そして、ある意味ご自身の声質に合った楽曲を歌うことで、ますますその上手さが光るようになった(もちろん、元歌との比較によって「上手い」と認識することもある)。
 先日も、昨年に続き、オペラシティで非演歌のコンサートやったんですよね(レポートはこちら)。行きたかったなあ。そう言えば今月山梨に来るな。行けるかな。
 実際聴いてみないと、どんなにすごいか分からないと思いますので、YouTubeのこちらのメドレーをお聴きください。非演歌CDシリーズ「SINGER」からです。
 というわけで、実は今最も注目しているボーカリストは島津亜矢さんなのでした。

島津亜矢「SINGER」公式

Amazon SINGER5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.02

BAROQUE(バンド)

Th_img_you 「本のバロック」「バロックの日本」の話の続き。
 そのまんま「BAROQUE」なのが、この日本人ヴィジュアル系バンド「BAROQUE」。
 そう、いわゆるヴィジュアル系ロックバンドというのは、ある意味日本独特な文化であり、また、歌舞伎の伝統を継ぐものと言って良い。非常に面白い存在です。
 もちろん洋楽にもヴィジュアル系のバンドはありますが、やはり、日本人男性の中性的な存在感は独特なものがあります。
 そして、実に興味深いのは、ヴィジュアル系と言われるバンドの多くが「うまい」こと。ベースをやっていて様々なバンドのコピーをしている娘も、ヴィジュアル系はすごい!と常々言っております。
 もう一方のヴィジュアル系であるアイドルとは違う。そこはなんなのかなあと思います。ある種のギャップによる効果を狙っているのか、あるいは相反する要素を両立することを狙っているのか。
 ヴィジュアル系だとうまいのか、うまいとヴィジュアル系になるのか、はたまた天は二物を与え給うたのか。
 このBAROQUE、そうした相反する二面性をしっかり持ちつつ、そのバンドの歴史もどこかバロック的(大げさな芝居のよう)であり面白い。
 今年の夏に発売された2曲のシングルも、なかなかよろしいと思います。とは言え、彼らは「傾奇者」「婆娑羅者」ファッションではありませんね。イケメン系かな。

 BAROQUEと言えば、この曲、私は好きです。女性ベーシストのTOKIEさんが参加しているのがなんとも面白い。一番男っぽい?…いや、失礼。DREAMSCAPEです。

 そうそう、かつてはCembaloというバンドもありましたな。これはあんまりバロック的ではバンドでしたが。

BAROQUE公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.01

『プロフェッショナル 仕事の流儀 ~歌舞伎俳優・市川海老蔵~』(NHK)

宿命を背負い、歌舞伎に生きる
Th_main00 日の「バロックの日本」にぴったり。11月4日(日)13時05分から再放送があるので紹介しておきます。
 昨日の記事にも書きましたとおり、歌舞伎は最もバロック的な日本文化です。ある種の過剰さ、過激さ、大げささ、そして「型」とそれを崩す「荒らし」。
 今、それを伝承し、そして時代に合わせてバージョンアップしようとしている市川海老蔵さんを追った番組。まさに伝承とバージョンアップの現場を見ることができた素晴らしい内容でした。
 バロックということでいえば、この番組の中でも紹介されていた「源氏物語」で、海老蔵さんはカウンターテナー歌手と共演し、バロックの歌曲をバックに光君を演じています。それがなんともぴったりなんですよね。バロック貴族。このチャレンジも海老蔵さんのアイデアでしょうか。
 歌舞伎とは対照的な能の世界でも、たとえば人間国宝野村四郎さんがバロックオペラにおいてオルフェオを演じたりしていますね。
 ちなみに四郎先生は私の教え子および私の娘の師匠であり、その関係もあって、西洋古楽の音楽祭である都留音楽祭において、先生に舞ってもらったことがあります。その時、頑張って丁重なお願いのお手紙を書いたのですが、そこにも日本文化とバロックの関係を述べさせていただきました。
 これはごく私的な話になってしまいますが、私がなんだかんだずっと続けてきたバロック音楽演奏と、そして日本文化への探求というのが、なんとなくですが統合されつつあるような気がしているのです。
 そこにまた、実は海老蔵さんとの不思議なご縁(間接的ではありますが、かなり影響を与えていると思います)もありまして、ますますその意を強くしているところです。
 この番組、未見の方は、ぜひとも再放送をご覧くださいませ。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.31

『バロックの日本』 守安敏久 (国書刊行会)

Th_51f9sc9pdwl_sx325_bo1204203200_ ロック音楽愛好家として、最近いろいろと「違うな」と思うことが多い。「違うな」ではなく、「違っていたな」でしょうか。
 この前、紹介した佐藤俊介さんの「四季」なんか、その下品なまでの大げささがいかにも「バロック」ですが、かつての古楽器演奏は、どちらかというとお行儀よく、また純粋な響きを追求していたように思います。
 それは、いわゆるクラシック音楽演奏の悪弊に対するカウンターとしては、あるべき姿だったのだと思いますが、「バロック」の原義からしますと、やっぱり違っていたのではないかと思うのです。
 言うまでもなく、「バロック」とは「ゆがんだ真珠」という意味です。ルネサンス期の均衡の美を求める姿勢に反抗するかのように、あえてその均衡を崩したり、大げさにコントラストを作ったり、意図的な「ゆがみ」を「かっこいい!」と思ったのがバロック時代です。そういう意味ではやっぱりカウンター・カルチャーなんですね。
 その「バロック」的な要素というのは、実は日本の文化ではけっこう当たり前で、全然カウンターでもなんでもなく、どちらかというとベース・カルチャーだったと思うのは私だけではないでしょう。
 いや、侘び寂びの世界はその逆の境地だ、とおっしゃる御仁もおられるでしょうが、いやいや、ああいう極端な簡素化や、あるいは不完全性を愛でる態度というのは、非常に意図的でもあります。
 歌舞伎や浮世絵については、もうそのまんまバロック的です。例外を探す方が難しい。つまり、日本は世界で最もバロックを窮めた国だとも言えるのです。
 そんな「日本のバロック」の例を挙げて検証したのたがこの本です。いや、「日本のバロック」ではなく、「バロックの日本」です。このタイトルは正しい。日本の中に見出されるバロック的要素ではなくて、バロックこそ日本であり、日本こそバロックなのです。
 取り上げられている人たちは、次のとおり。たしかに魅力的です。私好みの奇人たち。

月岡芳年(浮世絵師)
牧野信一(小説家)
牧野邦夫(画家)
寺山修司(寺山修司)
横尾忠則(グラフィックデザイナー)

 寺山修司(寺山修司)としたのは、言わずもがな、彼の職業は「寺山修司」だからです。私は不勉強で、牧野邦夫はよく知りませんでした。いとこの牧野信一は、かつてセンター試験の小説問題に「地球儀」が全文採用されたことで初めて知りました。
 考えてみると、バロック作家である牧野信一の作品がセンター試験に出るなんてすごいですね。日本はなんとバロックなんだ!
 西洋のバロック音楽に話を戻しますと、たとえばバッハなんかはバロックの枠さえも超えてしまうほどの変態ぶりですよね。異常ですよ。いろいろと極端です。音楽の父とか神とか、私もそう思ってきましたが、ある種の悪魔性で捉え直した方がいいのではないでしょうかね。
 というわけで、私の生き方もけっこう「バロック」です。特に最近自分でも呆れるほど、はみ出しています。今日も某大学の先生たちと仲小路彰の話で大盛り上がりしました。仲小路彰もまた変態的とも言えるバロック人間ですね。まさに職業は「仲小路彰」。寺山修司と喧嘩するはずだわ…。
 これからもバロック人生を楽しみたいと思います。秩序や均整については、それこそ神様にお願いして、人間らしくゆがんで生きたいと思います。いや、日本の神様はけっこうバロック的か。

Amazon バロックの日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

ヴィヴァルディ 『四季』 (佐藤俊介ソロ&指揮)

 日の続き。オランダバッハ協会の「ALL 0F BACH」シリーズでも大活躍の日本人ヴァイオリニスト、佐藤俊介さん。彼の活躍は凄まじいですね。けっこう好きです。
 なにしろガット弦で初めてパガニーニの24のカプリースを録音したというのですから、なかなかやり手ですよね。そう、実はパガニーニの時代も裸のガット弦だったのです。
 モダン、クラシック、バロック、それぞれの音楽と楽器を自由に行き来し、時にはクロスオーバーさせながらの彼の演奏は、なかなかエキサイティングです。
 私は常に「ヴァイオリンは野蛮な楽器だ」と言ってきました。決して上品な楽器ではないのです。彼はそれをよく分かっています。なぜフレットがないのか。フレットがないのだからそれなりの演奏をすべきです。
 彼はちゃんとやってくれていますよ。それが一番よく分かるのが、ヴィヴァルディの四季でしょう。あの曲自体、もともと過激なヴィヴァルディの中でも、最も過激、ほとんどロックです。佐藤さんはまさにロック・ヴァイオリニストのごとくバロック・ヴァイオリンを弾きこなしています。
 ぜひ楽しんでください。これぞヴァイオリンです。そしてヴィヴァルディです。
 比較的退屈になりがちな「秋」もかなり面白い!わざと音痴なホルンのまねしたり。なるほどね〜。これなら楽しい。

 ふむふむ。恥ずかしながら、ロック&バロック・ヴァイオリニストを標榜してきたワタクシでありますが、実はずっと肩当て、顎当てなしで演奏してきました。しかし、ようやく変な呪縛から解き放たれまして、最近は肩当ては使うようにしようかなと思っております。
 無駄な難行苦行やってきたなあ…と、若い人たちの自由な演奏を見て反省しているのでありました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧