カテゴリー「音楽」の1000件の記事

2021.09.22

Mohana Bhogaraju 『Bullettu Bandi』

 

 りあえず今日までワールド・ミュージックねたの予定です。

 先日、欧米、特にアメリカが最大の音楽市場と書きましたが、実はそうとも言い切れません。動画サイトでの再生回数を見ると、インドや中南米がすごいですね。

 昨日紹介したプエルトリコのファルッコの新曲も近くビリオン(10億再生)を達成しそうですし、今日紹介するインドの楽曲も今年中にビリオン達成しそうです。

 Mohana Bhogaraju(読み方がわからない)は、近代インド伝統の「プレイバックシンガー」です。つまり、インド映画の挿入歌を歌う人。吹き替え歌手ということですね。

 本人はテルグ語、タミール語、カンナダ語などを話せるようで、特にテルグ語の歌をたくさん歌っているようです。この曲もテルグ語なのかな?全然わかりません(笑)。

 伝統のインド音楽と、現代の打ち込み系音楽を上手に融合していますね。かっこいい曲だと思います。

 インド音楽の微分音は四捨五入されしていまい、結果としてペッタトニックになっていますが、世界の音楽の潮流が7音から5音に移行(回帰)していることを考えると、インドの新しい音楽もこれから大注目ですね。

 あと、やっぱりインド音楽、インド映画というと、こういうユルいダンスですよ。これもこれから来るかもしれませんよ。

| | コメント (0)

2021.09.21

Steve Aoki & Farruko 『Aire』

 楽ネタがあと数日続く予定です。

 昨日のBTSをリミックスしたスティーヴ・アオキの仕事をもう一つ。

 プエルトリコのスーパースター、ファルッコとのコラボです。これが今世界で最もオシャレな音楽の一つでしょう。

 

 

 スティーヴ・アオキは、本当に世界中のいろいろなジャンルの人たちとコラボしています。ラテン系もその一つ。そう、ロックにせよ、ヒップホップにせよ、ラテンにせよ、とにかく「カッコよく」しちゃうんですよね。

 このボーダーレスなセンス、ある意味日本的なのかもしれません。本来の日本と言うべきか。

 たとえば、このファルッコの直近の最も売れた曲を聴いてみましょう。これが彼の本来のカッコよさ(ダサかっこよさ)です。正直、聴き慣れないと「変な曲」ですよね(笑)。何度も聴くとクセになりますが。もうすぐ1億回再生ですね。

 

 

Th_s1104440x440fill スティーヴ・アオキのお父さんは、言わずもがな、アメリカで最も有名な日本人の一人、ロッキー青木さんです。レスリングのオリンピック代表にして、レストランBENIHANA の創始者として日本食ブームの立役者。無数の武勇伝を持つ昭和の男です。

 「死ぬこと以外かすり傷」という名言を残した人ですよ!実際何度も死にかけてますし。

 そんなお父さんに負けず劣らず、スティーヴ・アオキも世界の宴会部長…いやいやパーティー番長と言われています。

 日本のミュージックシーンも、そんなアオキさんに注目され、コラボしてもらえるようにならないといけませんね。彼はそれを望んでいますから。

 先日書きました「パラリンピック閉会式」のプロデュースをした小橋賢児くんがディレクターを務める「ULTRA JAPAN」には何度か出演しています。次に開催される時には、私も参戦してみようと思います。来年はできるでしょう。

| | コメント (0)

2021.09.20

BTS 『MIC Drop (Steve Aoki Remix)』

 

 BTSが国連総会で演説したというニュースがありましたね。純粋にすごいグループになったと思います。

 ということで、昨日のNCTに続き、今日はBTSの話をしましょう。 

 昨日の記事では「BTSは欧米音楽に魂を売った」と書きましたが、もちろん韓国の国策としての文化輸出の賜物であり、そういう目的を極めて行けば、「最も金になる市場」に合わせていくことは当然です。

 アーティストとして卓越した才能を持つ彼らは、ある意味では表現者としてのそのアーティスト性を捨てて行かねばならず、今、葛藤の中にあることでしょう。

 特に最近欧米市場でヒットした作品の多くが、本来のアジア性を捨ててしまっていることはたしかで、それは自他共に認めざるを得ないところでしょう。

Th_-20210921-71727 そんな中、かつての彼らの作品の再評価が始まっているのも面白い流れであり、たとえば近過去の楽曲「MIC Drop」のスティーヴ・アオキによるリミックスが10億回再生を達成したことも、記憶に新しいところです。

 スティーヴ・アオキは、アメリカ生まれのアメリカ育ちではありますが、両親は純粋な日本人であり、本人も日本人としてのDNAを強く意識していますよね。

 ある意味、私たち日本に閉じこもっている日本人よりも、日本を知ろうとしているかもしれません。

 そんな彼が、やはり母国を離れたBTSとコラボすることによって、欧米の反対側にあるアジアのスピリット、それも「メタ」なスピリットを世界に発信してくれているのは実に有り難いことだと思います。

 日韓友好という意味でも、このコラボは「メタ」ですよね。

 この時代、文化的鎖国を解いて、私たち日本人も「メタ」な日本、日本語、日本文化を操って世界に打って出る(即ち恩返しする)ことも必要ではないでしょうか。

 「メタ」と言えば、ママさん登場のアオキ・ヒロユキさんのこの動画、大好きです(笑)。

 

| | コメント (0)

2021.09.19

NCT 127 『Sticker』

 

 日、世界の音楽シーンがワールド・ミュージック的方向に進んでいるというようなことを書きました。

 たしかにネット(特にYouTubeやサブスク・サービス)で、世界中の音楽を聴くことができる時代になり、また、100年に及ぶ欧米の商業音楽市場に飽きてしまった人たちが、「知らない音楽」に興味を持つことは当然だと言えます。

 K-POPの世界でいうと、BTSはそうした欧米音楽に「魂を売った」とも言えますが、一方でたとえばこのNCTの新曲など、明らかにそれとは違う路線を目指していると感じますよね。

 冒頭から繰り返される印象的な(チープな笛のような)パッセージは、まあ韓国のヨナ抜き音階の派生とも言えますが、日本人にとっては単なる祭ばやしですよね。

 これが欧米人にはかなりエキゾチック、あるいはオリエンタルに感じられることでしょう。少なくとも、オシャレなコード進行とわかりやすいリズムや構成の「売れ線」の曲とは全く違う感じを受けるに違いありません。

 たしかにNCT自身、アジア中心の多国籍プロジェクトであり、このMVも無国籍風とも言えますね。プロデュースには欧米人が関わってると思いますが、やはり世界市場の動向を見てのこの曲なのではないでしょうか。

 欧米人にとって、日本も韓国も中国も全部同じにしか見えていないとしても、祭ばやしを使われるとは…。日本人は黙っていていいのですか(笑)。

 日本の音楽市場は、こうしたグローバル化の波に完全に乗り遅れています。もちろん、そうした鎖国主義も、その中でしっかり経済として文化として回っているので評価はできます。しかし、韓国のような過度な開国主義をまねる必要はないものの、やはりもう少し世界の広さを感じた方がいいのではないかと最近強く思います。

 それにしても、このNCT127の曲、最初は「?」でしたが、だんだんクセになるから面白いですね。最初の「?」は、すなわち既聴感がなかったということで、何度も聴いていると細部に「なるほど」と感じる発見があって面白いのです。

| | コメント (0)

2021.09.18

モロッコのアンダルシア音楽

Th_img_8013 「界ふれあい街歩き」の再放送「シャフシャウエン(モロッコ)」を観ていたら、アンダルシア音楽が流れてきました。

 スペインのアンダルシアの音楽がなぜアフリカのモロッコにということになりますが、そこが面白いところですね。

 もともとイスラム圏だったところに、レコンキスタによってスペインを追い出されたムスリムが移住してきたということですか。

 というわけで、まさに東西が融合というか混濁しているのが興味深い。

 写真でわかる通り、ウードのような楽器とともに、普通のヴァイオリンやヴィオラを使っています。しかし、その演奏法は実にアラブ的、東洋的。膝の上に立てて演奏します。動画で観て聴いてみましょう。

 

 いいですねえ。西の果てのイスラム音楽。それがヨーロッパの楽器によって演奏される。ケメンチェというかレベックのような楽器も見えますね。新旧、東西が混濁しています。

 ちなみに、私もヴァイオリンやヴィオラをこうして膝の上で弾くのを得意としています。これはすぐ参加できそう(笑)。

 別の動画も観てみましょう。一番左にダルシマーみたいな楽器が見えますが、ハンマーで叩いているのか、指やピックではじいているのか。どっちでしょう。

 

 最近、西洋音楽に飽きてきてしまったのか、我が家では世界の民族音楽や、最近の曲でもワールド・ヒットチャートを聴くことが多くなっています。

 実際、世界の最新音楽シーンがちょっとそっち寄りになってきているんですね。これから少しそういう最新音楽も紹介していこうと思います。

| | コメント (0)

2021.09.17

中川勝彦 『クール・ロマンティック』

 

 日は中川勝彦さんの命日。昨日紹介した中川翔子さんのお父さんですね。

 32歳で白血病で亡くなってしまった天才。歌、俳優、声優、絵本作家…まさにマルチタレントでした。

 しょこたんはしっかりそのタレントを継いでいますね。お父さんも草葉の陰で喜んでいることでしょう。

 この番組でも大林監督がゲストとして登場していますね。「転校生」でヒロインのお兄さん役として出演していました。

 また、ここでは俳句というか短歌を披露しています。太田蜀山人の名前がすっと出てくるあたり教養を感じさせます。まあ、なにしろ早慶の法学部に合格するくらいの秀才でもあったわけでして。

 どうですか、この存在感。単なるイケメンを超えた、何か神々しさを感じます。

 この「クール・ロマンティック」は来生えつこ作詞、林哲司作曲。今でいえばシティー・ポップになりましょうか。

 当初は和製デビッド・ボウイを目指す、すなわちグラム・ロックをやりたかったのでしょうか。今では当たり前ですが、男性が化粧するというのも当時としてはかなりぶっ飛んでいたと思います。

 そのあたりについて、実に軽妙に語っているこのオールナイト・フジもいいですねえ。秋本奈緒美さん大爆笑。

 

 

 その後、錚々たるロッカーたちと骨太ロックをやっていた時期もありました。中川勝彦&maji-magic。ギターはCharさん。ベースは鈴木享明さん。キーボードが国分輝幸さん。ドラムスは私の教え子のお父さんでもある柏原克己さん。かっこよすぎですね〜。

 本当に若くして亡くなってしまい残念ですね。ご存命なら来年還暦。きっと渋い役者さんになっていたことでしょう。いや、何かもっと違うこと、新しいことをしていたかもしれませんね。

 

| | コメント (0)

2021.09.16

中川翔子 『綺麗ア・ラ・モード』

 

 れもまた、「ザ・カセットテープ・ミュージック」最終回で「サビ渡し」として紹介された筒美京平作品。

 京平先生、晩年の代表作ですね。

 「サビ渡し」…たしかにこの曲の魅力はサビに入るあの一瞬に凝縮されていますね。

 番組ではしょこたんの歌うメロディーとベースラインの対称性からコード進行を分析していましたね。なるほどでした。

 この半音進行による(結果的にハーフディミニッシュを経由する)「サビ渡し」、この曲のアレンジャーである本間昭光さんがインタビューで言っていましたが、京平先生のデモテープですでに示されていたとのこと。そして、百戦錬磨の本間さんも「お〜、そう来たか」と思ったようですね。

 この「サビ渡し」、おそらく過去にもどこかで使われたコード進行だと思いますが、ちょっと思い浮かびません。もしかして京平先生のオリジナル?

 曲の方につい興味が行きがちですが、作詞は松本隆さんです。とっても素敵な歌詞ですよね。女の子の気持ちを表現する天才だなあ。

 もちろん中川翔子さんの歌も素晴らしい。さすが小さい時から四谷のシャンソンバー「蟻ん子」に通っていただけのことはある。しますえよしおさんの歌声聴いて育ったわけですから。

| | コメント (0)

2021.09.15

「また逢う日まで」のベース

 

 ゥエルビの「ザ・カセットテープ・ミュージック」が最終回を迎えてしまいました。

 最終回も相変わらずのノリで楽しいまま終わっていきましたが、いつか復活してほしいですね。

 最終回の「閉店セール」で投げ売り(?)された楽曲の中で、テーマとは外れますが、あらためて「すごい!」と思ったのは、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」。言わずもがな筒美京平さんの名作です。

 けっこうのちの草書体の歌唱を聴くことが多かったので、逆にこのオリジナル・ヴァージョンが新鮮に聴こえました。

 特に楷書体の歌唱のおかげで、いつもはあまり気にしなかったベースラインに正直萌えました。

 編曲も京平先生ですので、ある程度のベースラインも作ったと思いますが、これはやはり奏者のセンスが加わっているでしょう。いったい誰?と思ったら、ああ寺川正興さんか。

 往年の名ベーシストですよね。歌謡曲やアニメ作品でブイブイ言わせていました。

 この「また逢う日まで」では、尾崎紀世彦さんのヴォーカルとベースの絡みで聞かせるところも多い。非常に効果的ですよね。

 ベースのタブ譜の動画もありましたので、興味のある方はぜひ。私も娘に弾かせてみます。

 

| | コメント (0)

2021.09.12

『若者のすべて』が教科書に!

 昨日、KANSASのライヴをおススメしましたが、そういえば10年前にKANSASとフジファブリック(志村正彦くん)の類似性について書きました。

 その記事を今見ると動画が消えてしまっているので再掲しますね。ちょっと長いのですが、今日のテーマにつながっていきますので。

(2011.02.21)

 地平線を越えて(Live at 両国国技館…これ行ったなあ…)

 日、「プログレ」の話が出ましたね。私の音楽のルーツの一つは間違いなくプログレです。そう言えば私、一時期「プログレッシヴ・バロック」という古楽バンドやってましたっけ。ま、それほどそういう世界が好きだということです。
 プログレというのは面白いもので、本来アンチクラシック音楽(近代西洋芸術音楽)、民俗音楽回帰というところから始まったはずのロックが、「芸術性」すなわち「複雑さ」「構築美」(最初の変換が「好乳首」になってしまった…爆笑)を求めるという、ものすごい自己矛盾の上に成り立っているんですよね。
 ま、一絡げには言えませんけれど、いろいろな国にそれぞれの民俗音楽と芸術音楽があって、それらをそれぞれの国のロック・ミュージシャンたちが、なんとか融合しようと頑張った時代があったわけです。
 その結果、だいたいがまた新しい矛盾に遭遇することになりました。それは「難解さ」が生む「非大衆性」です。本来大衆音楽であったはずのロックがどんどん難しくなっていって、一度聴いても分からないような方向に行ってしまった。
 日本のプログレもそうだったんです。それはそれでマニアックなジャンルとして魅力的でしたがね。しかし、なかなか商売にはならなかった。自己矛盾は自己矛盾のままだった。
 私も、自分自身がそういう音楽を求めていた時もありますから、この分野に関してはかなりうるさい方だと思いますが、上記のいろいろな事情を考慮した上でですね、フジファブリックの「地平線を越えて」はすごい曲だと思います。
 つまり、そうした自己矛盾を見事に昇華しているということです。8分の12の複合拍子を基本に、変拍子やポリリズムなどを含むことや、また、特殊な転調や先の読めない展開、メロディーではなくパッセージ(リフ)の積み重ねなど、いわゆるプログレの王道をしっかり押さえつつ、メロディー的には日本古来の四七抜きと西洋音階を巧みに混合し、加えて、日本語の譜割りが実にお見事。開音節構造から生まれる単調なシラブルを羅列することによって、音楽的なポリリズムを意図的に無意味化しているところがあります(なんて、いかにもプログレな分析、解説でしょ?)。
 私は、この曲を初めて聴いた時、この志村正彦という男はいったい何者だと思いましたよ。こんな若者がいるのか!これは天才だ。その時は、まさか彼が富士吉田の青年だとは思いもよりませんでした。
 そして、この曲を聴いて、音作り的にはイエスなども想起されましたが、なにより私の印象と重なったのは、アメリカン・プログレの雄、カンサスのこの曲です。「ポートレイト」。
 ELOと並んで、私にヴァイオリンを始めさせたバンドの一つが、このカンサスです。中一の時、こんなのを盛んに聴いていたんですからね、ずいぶんとませたガキでした。てか、みんなこういうの聴いてましたよ、あの時代は。

 

 

 さて、ここからどんな話になりますかと言うと、志村正彦作品「若者のすべて」が音楽の教科書に!という話です。

NHKのニュース

 「若者のすべて」。言うまでもなく志村正彦くんの代表作です。彼亡き後も含めてフジファブリックの代表作と言っていい。

 もちろん志村くんも喜んでいることでしょう。しかし、一方で「若者のすべて」を「代表作」とされることにはどうでしょうか。

 そう、KANSASですと、彼らが得意とする難解なプログレ作品ではなく、美しいバラード「Dust In The Wind(すべては風の中に)」が最も有名な作品となりました。

 

 

 そういうことってよくありますよね。一番売れた曲が「らしくない」ということ。

 フジファブリックの「若者のすべて」もそういう曲だと言えましょうか。

 もちろん、とんでもない名曲なわけですし、当時初めて聴いた時もちゃんと「志村正彦らしい!」と思ったのですが、たとえば最近の若者がこの曲からフジに入って、その他の「(いい意味で)変態的な曲」を聴いたら、ちょっとビックリするかもしれませんね。彼(彼ら)にしてはシンプルな楽曲ですし、歌詞も妙にピュアです。

 旧作から、志村くん最後のアルバムになった「クロニクル」まで変わらず底流する、志村くんらしい抒情性と表現することもできますし、アレンジのちょっとした「面白さ」も彼ららしいと言えますが、やはりどこか屹立した異彩を放っていることもたしかです。

 これって天才によくある「あれ」でしょうか。亡くなる直前も、あまりに「降りて」きすぎて、器たる彼は眠れなかったと。それを書き留めた付箋が壁中に貼ってあったと。

 あの頃の志村くんは、すっかり地平線も自我も越えてしまっていたということでしょうか。そして故郷に一度帰ってきて、そして永遠の旅に出てしまった。

 いずれにせよ、彼の「代表作」が、高校の音楽の教科書に掲載されることになりました。これは本当にすごいことです。

20210913-124625 教育芸術社のMOUSAに掲載されるポピュラー作品の一覧を見てみましょう。

 なかなかマニアックな選曲ですよね(笑)。

 「若者のすべて」は2000年代の代表作品として選ばれたとのこと。

 志村正彦が、服部良一、いずみたく、村井邦彦、山下達郎、織田哲郎らと肩を並べたというのは、純粋に嬉しいですし、とんでもないことだと思います。よく見れば、加藤和彦、甲本ヒロトもいるではないか!米津もたしかに新しいソングライター形ですかね。

 いろいろ小難しいこと書いてきましたが、とにかく、志村くん!おめでとう!ですね。

 なにしろ学校で教えられるのですから。バッハやモーツァルトや八橋検校と並んで!

 さあ、あらためてこの時代を飾る名曲を聴いてみましょう!

 

| | コメント (0)

2021.09.11

Kansas - Live in Atlanta 2002

 

 日のABBAは40年ぶりに復活しますが、オリジナル・メンバーが亡くなってしまって、それが叶わないバンドの一つ「カンサス」。

 もう2ヶ月近く前になってしまいますが、私の人生を変えたロック・ヴァイオリニストの一人、ロビー・スタインハートが71歳で亡くなってしまいました。

 アメリカン・プログレという絶妙というか微妙な位置が、なんとも当時(中学生)の私好みだったカンサス。分かりやすさと分かりにくさ、田舎と都会のバランスということで言えば、先日紹介したバロック時代のブクステフーデに近いかもしれません。

 このライヴはオリジナル・メンバーによるリユニオン。このあと、再び解散ということになってしまいますが、およそ20年ぶりの再集合とは思えないほどのクオリティーの高さです。

 もともと腕達者ぞろいのバンドであり、その複雑な楽曲を完璧にライヴ演奏するというのも売りでした。

 楽器だけではなく、歌がうまい人がたくさんいる。スタインハートも正直ヴァイオリンよりヴォーカルの方がうまかった…かも。

 とはいえ、70年代、80年代のライヴでのスタインハートのヴァイオリンよりも、この21世紀の演奏の方がずっと安心して聴いていられますね。

 とにかく、今、私がバロック・ヴァイオリンを弾いているのは、スタインハートさんのロック・ヴァイオリンのおかげなのでした。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧