カテゴリー「音楽」の1000件の記事

2019.12.13

『若者のすべて フジファブリック 志村正彦がのこしたもの』(NHK甲府 ヤマナシクエスト)

Th_-20191214-114537 当に素晴らしい番組でした。

 思わず2回続けて観て、そして、ずっと号泣し続けました。

 実は、つい先日、ある大切な友人が急逝しました。彼女との出会いのおかげで、私は志村正彦くんや、この番組のナビゲートをした藤巻亮太くんと実際に会って話をすることができたと思っています。

 彼女にこの番組を観てもらいたかった。いや、きっとあちらで観て、そして一緒に泣いてくれたことでしょう。

 志村くんが亡くなって、間もなく10年。本当に彼ののこしたものは、ますます輝きを増しています。私自身も、彼のおかけで人生が全く違ったものになりました。感謝してもしきれません。

 本当にいろいろな音楽、いろいろな言葉たちに触れてきたつもりですが、志村正彦がのこしたものは、まさに「もの」。生きもののように、時代とともにうつろい、新たな意味を生み出し続けています。

 そう、藤巻くんも冒頭で「うつろいゆくもの」という言葉を使っていますね。

Ff080531_2 私は2008年の4月に「茜色の夕日(フジファブリック)」に見る「もの」と「こと」 という記事を書いています。実はこの記事をご覧になってくれた志村くんのご両親が、翌月実現した富士吉田市民会館凱旋ライヴで私を見つけてくださり、志村くんとの対面を実現してくれました。

 そして、今日のこの番組でも最後に放送されたあの、「茜色の夕日」演奏前のMCで志村くん自身の口からも「ものやこと」という言葉が…。

 その後、リニューアルされたふじさんホールで藤巻くんと、また職場ではイエモンの吉井和哉さんと、志村正彦談義をすることになりました。本当に自らの意識や意思を超えたところの「もの」のご縁に感謝するしかありません。

 この番組では、残されたメンバーをはじめ、同級生の皆さんや、志村くんが亡くなったのちに彼の音楽に出会い、人生を突き動かされた人たちが、それぞれ「のこしたもの」をどう受け継いでいくかを語ってくれました。

 私も、先日天に召された友人の遺志も含めて、そうした「もの」をどのようにさらに意味のあるものしていくのかを改めて考えさせられました。ただ志村くんの音楽を紹介するだけでなく、彼が未来に投げたであろうボールの、そのほんの一部でも、ちゃんとキャッチできるようにしていきたいと思います。

 また、志村正彦、太宰治、李良枝…夭折の天才たちの感性を育てた富士吉田、特に下吉田が持っている特殊な霊的磁場についても、生徒たちと一緒に感じて考えていくつもりです。せっかくそこで一日の半分を過ごしているのですから。

 この番組、もちろん志村正彦やフジファブリックを知ってほしいという意味でも、そして富士吉田、富士北麓の魅力を知ってもらうためにも、ぜひとも全国放送してほしい。非常によくできた番組であったからこそ、そう強く望みます。

NHK甲府特設ページ

 

| | コメント (0)

2019.12.10

坂口孝則×モーリー・ロバートソン 『あの日のインディーズバンドの話の続きをしよう』

Th_img_5169 しすぎ!久々に大興奮。

 今日は虎ノ門の某ホテルにて安倍総理やヤフーCEO川邊健太郎さんの話などをうかがったのち、新宿は歌舞伎町へ。ここでの坂口孝則さんとモーリー・ロバートソンさんのお話が最高に面白かった。

 なんとも対照的な世界観でしたよ(笑)。世の中の両面(両極端)を半日で体験してしまった。

 安倍さんと川邊さんのお話の内容は、ここにいくらでも書けますが、坂口さんとモーリーさんのお話は、正直これっぽっちも書けません!

 お二人が一緒に地上波のワイドショーのコメンテーターを務めているとは…ある意味、すごいなあ。ちゃんと使い分けておられる。大人の中の大人ですね(笑)。

 お二人が語った世界とは、いちおう「インディーズバンドの話(のつづき)」なわけで、まあたしかに表面的にはそう表現するのが一番だと思うのですけれど、実際はそこに生き、そして死んだ人間のそれぞれのドラマがあるわけですよね。

 ロック、特にパンクやメタル、あるいはノイズなどは、もともと反社会性を内包しています(ま、日本のそれらは、どこか文学的であったりして、つまり反自己性みたいなものもあったりするのですが)。

 その人々の生き様、死に様を語りだせば、それは放送禁止にもなりますよね。それが実に面白い。それこそこうした「ライヴ」「オフライン」の醍醐味だったりするわけです。

 それにしても、パンクの文脈として、モーリーさんの口から「出口王仁三郎」が出てきた時には、正直ぶっ飛びました。そして、さらなる驚愕の事実が…これも書けません(苦笑)。

 それも含めて、なんだかんだ私の「身内」「関係者」という方々の名前が出てきまして、ああ、なるほど、私ってそういう世界(うまく言えば、清濁併せ呑む世界)に生きているんだなと実感させられました。

 いやはや、お二人のように「好きすぎる世界」があるって幸せですね。そして、その好きすぎる世界に実際に関わったりすると、もう幸せも絶頂でしょう。話が尽きるはずがありません。

 その原動力は、やはり「愛」なんですね。「愛」に貴賎なし!

| | コメント (1)

2019.12.06

佐藤俊介 『バッハ 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 2番』

 

 日公開された動画。すごい。

 ようやくここまで来ましたか、バロック・ヴァイオリンの演奏も。

 バロック・ヴァイオリンのムーヴメントをずっと見てきた、そしてその中で多少は演奏もさせていただいてきた者としては、この境地を若い日本人がやってのけてくれたことに格別な感慨をいだきます。

 言葉で説明すると野暮になってしまいますので、とにかく聴いて観て(ここが大事)ください。

 聖書のように扱われて、そのために、たとえば繰り返しにおける即興的変奏もどこか許されてこなかったこの作品。佐藤さんは、いかにも自然に軽やかにそうしたかつての「良識」を越えてくれました。

 守破離。素晴らしい。

 そして、あらためてバッハはすごい。なんだ、このシャコンヌは。あらためて驚愕。

 シャコンヌの「空」については、昨年こちらに書きました。もう一つ付け加えるなら、このシャコンヌの最後の「d」音が、実はシャコンヌ冒頭の「空」白の1拍目になり、結果として無限にループする輪廻になりつつ、しかし螺旋状に上昇していくという構造になっています(そんなこと誰も言ってませんが、私にはそう聞こえます)。

 しかし、今回佐藤さんの演奏を聴いて、いやシャコンヌの冒頭ではなく、アウフタクトも含めて、このパルティータの冒頭、アルマンドの1拍目にループするのではないかと(初めて)感じました。面白いですね。

| | コメント (0)

2019.12.02

BeatleDNA『Power To The Pop』

Th_61jvv3eqpvl_sl1000_ さ〜しぶりにCDを買いました。そして大満足!

 なんだろうなあ、やっぱりストリーミングとは違う、あの感じ…ノスタルジーだと分かっていても、やはりこれは「もの」として所有し、そしてその「もの」をセットしてかけたい。

 そして、ジャケットを眺め、解説を読み…そういう儀式の世代ですからね。アナログレコードからCDになっても、その儀式は基本変わらなかったわけで。

 さて、肝心の内容についてです。

 ビートルズに多大な影響を受け、その魂を受け継いだミュージシャンたちによる珠玉の「POPS」たち。

 「沼」の表面をなぞっただけで、とてもマニアとは言えない、浅めのビートルズファンでありELOファンである私ですが、こうしてその「沼」の広さ、深さを感じるだけでも、それこそ「感じちゃう」のでした(笑)。

 大げさでなく、「生きてて良かった!」「音楽が好きで良かった!」「ビートルズに出会えて良かった!」と思いました。

 小学校高学年でビートルズに出会い、中学でELOにドハマりし、その後それらの影響からヴァイオリンを始め、高校時代にはいつかビートルズ風な楽曲を演奏するバンドをやりたいと真剣に考え、しかし、今ではなぜかバロック・ヴァイオリニストの端くれにまでなった私。そこから無限に広がったご縁。

 「YESTERDAY」風に言えば、ビートルズがいなかったら、今の私は全然違う人生を歩んでいたのです。

 この企画のディレクターである白木哲也さんは、私と同じ1964(昭和39)年生まれ。だからということもありますが、こうした「自分だけの」コンピレーションをいつか作りたいという気持ち…それは間違いなく「愛」なんですが…そんなところにも大共感するのでありました。

 一途に「愛」を貫き通した白木さんの「自分だけ」が、こうして日本のみならず世界の「決定盤」になりそうなのを見て、ちょっとしたジェラシーすら覚えます。浮気しすぎたな、私は(笑)。

 いやはや、正直な話、これほど「知らないいい曲」があるとは知りませんでした。反省です。浮気しているうちに、これほどたくさんのBeatleDNAが生まれ、育っていたとは。
 全41曲。DISC1でさえ3分の1は未知の曲でした。DISC2に至ってはほとんど初体験。だからこそ、まるでビートルズの新曲を聴くかのように楽しめたのでしょう。

 私の守備範囲であるELOから選ばれたのが「夏の日」というのは、ある意味意外で嬉しかった。隠れた名曲である「夏の日」をビートルズ文脈で聴いたことがなかった。なるほど「ミスター・ブルー・スカイ」では面白くなかったかも。許諾が取れなくて良かった(笑)。

 

 

 …と、そんな具合で、私にとっての「いい曲」とは、そうか、やっぱり「POP」なのだと、この歳になって再確認した次第であります。

 さあ次なる私の仕事(?)は、キーボードを弾きながらこのアルバムを聴くことです。つまり、私の音楽観の根底にある「POP」とはなんなのか、その文法をいちおう歳相応に身につけた音楽学の知識を総動員して明らかにすること。これがまた楽しいのですよ。13世紀くらいから始まった和声音楽の歴史の中で、現代の「POP」がどういう位置にあるのか確かめたいと思います。

 最後に、これって「邦楽盤」も全然ありえますよね。私の守備範囲では、UNICORN(奥田民生)からのフジファブリック(志村正彦)なんかも。そうビートルズがいなければ、彼らもいなかったわけですよね。

 あれから半世紀たちましたが、ますますビートルズの価値は上がり続けているのでした。偉大なり。

Amazon Power To The Pop

| | コメント (0)

2019.11.29

雪村いづみ&キャラメル・ママ(細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆、林立夫)

 

 けて貴重映像(音源)。最近の日課。夜中の2時に起きて、お宝動画を探すこと。

 演奏は Tin Pan Alley ではなくキャラメル・ママ名義。

 昨日のユーミン、一昨日の藤圭子も演奏に負けぬすごい歌唱を聴かせてくれましたが、こちら雪村いづみさんもすごい!

 昔の人は生演奏が当たり前ですよね。そして、このキャラメル・ママみたいな、かなり挑戦的なアレンジをしてくることもよくあって、それを、おそらく数回のリハでここまでやってしまうのですから…。

 もうブギウギじゃないっすよね(笑)。いやあクールだなあ。

 昔は良かった…単なる懐古趣味ではなく、実際すごかったと思いますよ、昭和という時代は。

 とはいえ、もう二つ前の時代になってしまったわけですね。昭和で言えば明治ってことでしょ。

 昨日も書きましたが、その昭和をこうして今、じっくり堪能できるわけですから、本当にいい時代ですよ。そして、昭和に生まれて良かった。娘たちには「これを生で体験したんでしょ」とうらやましがられますからね。

 そして、当時活躍していた若者が、まだ現役でバリバリ頑張っていたりする。今日録画で観たプロレス、ザ・デストロイヤー追悼大会でも、70過ぎのおじいさんレスラーたちが若者に負けず頑張っていました。平成、令和のレスラーはそこまで生き残れるでしょうか。

 私も若いもんに負けないよう頑張ります(笑)。

| | コメント (0)

2019.11.28

ユーミン,ムッシュ with Tin Pan Alley

 

 日に続き、貴重な、貴重すぎる映像(音源)を紹介しましょう。

 コメント欄を参考にしますと、これは1976年3月14日、TBSの「セブンスターショー」のようです。セブンスターショーはサンデースペシャル内の企画で、1976年2月から3月にかけて7週にわたって放送された音楽番組。圧倒的人気を誇ったNHK大河ドラマ「風と雲と虹と」にぶつけた伝説の番組。ラインナップは以下のとおり。

2月15日 沢田研二 
2月22日 森進一
2月29日 西城秀樹
3月7日 布施明
3月14日 かまやつひろし・荒井由実
3月21日 五木ひろし
3月28日 吉田拓郎

 2月29日分は、西城秀樹さんが亡くなった時、BS-TBSで放送されましたね。なんとワンマンで90分(紹介の第5週は二人ですが)。プロデューサーはドラマ界の鬼才、久世光彦さん。

 この動画からもわかるとおり、とんでもない演出をしていますね。当時はそれほど高い視聴率は得られませんでしたが、こうしてムッシュ・ユーミン、ティン・パン・アレーという夢の共演の映像を残してくれたという意味では、さすが久世さん、未来的遺産を残してくれたということです。

 それにしても、本当に貴重な貴重な映像&音源ですねえ。荒井由実の未来的天才性がはっきりと見てとれます。

 未来、そう当時の彼らは、仲小路彰の右腕、高松宮さまの特別秘書であった川添浩史が経営するキャンティに集い、仲小路の「未来学原論」を読んでいたのです。そして、未来を夢想していた。音楽で表現していた。

 実際、川添浩史の息子、象郎さんが設立に関わったアルファレコードの各ミュージシャンたちの音楽(シティ・ポップやテクノ、フュージョン)は、今まさに欧米で大人気となっています。

 この映像も完全に未来ですよね。それこそ未だ来ていない未来かもしれない。これからようやく時代が追いつくかもしれない。

 歌はもちろん、演奏もいいですねえ。細野さんのギターも聴けます。チャイニーズ・スープのヴァイオリンはレコード同様、松任谷正隆さんの弟さんですかね。

 とにかく、毎日のようにこういう貴重な映像を観ることができるYouTubeというやつは、本当にすごいですね。世の中はこのようにどんどんシェリングに向かっていくのでした。仲小路の言ったとおりだ。

| | コメント (0)

2019.11.27

藤圭子・尾藤イサオ・白井貴子 『ビートルズメドレー』ほか

 

 れはヤバい!何がすごいって…ギターの三根信宏さん!このクリーントーンでこのノリはあり得ませんな。天才ですよ。

 そしてもちろん、鮫島秀樹さんのベースもかっこいい!

 ということで、ようやく藤圭子さんのボーカルについて。う〜ん、こういう藤圭子さんは初めて観ました。いやはや、これって完全にロッカーじゃないですか。目ヂカラも含めてかっこよすぎです(笑)。

 尾藤さんや白井さんもいいんですよ。それなりに。でもやっぱり存在感は藤圭子さんが抜群。白井さんなんか、お二人に押されてか、なんだか元気ないですよね(笑)。

 考えてみると、圭子さんのハスキーボイスはブルージーですよね。それが日本のブルースである演歌にマッチしたということです。(本名)阿部純子さんのご両親は東北の旅芸人、浪曲師でした。まさにブルースの世界ですよね。

 そしてこのノリ、リズム感はロックにもぴったりです。藤圭子さんを特集した番組で、たしか成田忠幸が言ってましたよ。「藤圭子はロック歌手」だって。生き様、死に様もロックでしたよね。

 まあそれがのちに娘さんである宇多田ヒカルの世界観、現代的なR&Bの世界につながっていったと思うと、なんとも感慨深いですね。DNAの進化というか、時代適応というか。

 最近は、美空ひばり、ちあきなおみ、藤圭子が、昭和を代表する三大歌姫だと思っております。最近の女性歌手の不甲斐なさからか、遅ればせながらも彼女たちの歌をしみじみ聴く機会が増えました。そして、この三人の中では、藤圭子さんが圧倒的に美人ですね。

 まあ、すっかりオジサンになったということでしょうね。あれほど演歌嫌いだったのに(笑)。

| | コメント (0)

2019.11.14

サロンオーケストラジャパン

Th_img_5015 じさんホールにて楽しいコンサートを鑑賞。

 幼稚園の関係の行事でしたが、私も心から楽しみ、また学ばせていただきました。

 クロード・小林さん主宰の日本サロンコンサート協会のメンバーによる「サロンオーケストラジャパン」の演奏は、クラシックの曲を幼稚園児を全く飽きさせることなく聴かせる、本当に素晴らしいものでした。

 いちおういろいろな音楽を演奏している者として、こうして子どもたちを惹き付けるステージというのが、いかに難しいか、よ〜く分かっているつもりです。

 特にクラシックとなると…。そこはさすが定評ある団体だけあって、なるほど!と思わせる技術と演出に富んでおりました。

 終演後、思わず皆さんに「演奏会冥利に尽きますね」と申し上げてしまいましたが、堅苦しく眠たいクラシックのコンサートより、どれだけ観客との一体感があったことか。

 これって、先日の「夢カンタービレコンサート」と同じですね。ただ音楽を提供するのではなく、そこに観客を巻き込む装置を仕組み、全体を一つの物語として構成する。

 もちろん、純粋なコンサートがあっても良いのですが、音楽を通じて、演奏者と観客が一つの時空を共有するという形もまた、あるべきだと思います。

 たとえば学校の授業なんかもそうなんですよね。ただ、知識を一方的に伝えるだけでなく、先生と生徒が一体となって「場」を作る。そういうことが普通に行われるべきです。

 それこそが、「お互いがつながる」という本来の意味の「エンターテインメント」だと思うのですが。

日本サロンコンサート協会

| | コメント (0)

2019.11.10

Jeff Lynne's ELO 『Losing You』

 このところ、古今東西の音楽ネタが続いておりますね。

 その全ての、私にとってのルーツはビートルズと言ってよい。そして、そこから派生して、さらに実質的に多くのご縁を生んでくれたのは「ELO」です。

 先日、久しぶりのニューアルバムを紹介したばかりですね。

 このアルバム、なんでも38年ぶりに全英チャート1位を獲得したのだとか。「TIME」以来と聞いて、往年のファンとしてはまた格別な感慨を抱かざるを得ません。

 さて、このアルバム、ほぼ毎日聴き込んでいますが、気がついたのは「リフ」の可能性への挑戦ですね。ある意味ビートルズ的な原点に帰ったとも言えましょう。

 そんな中、ワタクシ好みの楽曲がこれ。「Losing You」。「リフ」を含む原点回帰とは逆の方向とも言える、ジェフ・リンの職人芸、作り込みのすごさが存分に発揮されています。代替コードや、それに伴うコーラス・ワークの妙。中間部の自在な展開。

 実際、ポール・マッカートニーも言っていますが、ジェフ・リンの中でビートルズは生き続け、そして進化しているのです。もちろん、それはジェフ・リンだけではなく、世界中の無数のミュージシャンの中でも。

 それが映画「イエスタデイ」のテーマでもありました。そう、あの映画の中ではOasisがWikipediaから消えていましたが、もちろんElectric Light Orchestraもなかったでしょうね(笑)。

 

| | コメント (0)

2019.11.08

バッハ チェンバロ協奏曲イ長調 (オランダ・バッハ協会)

 

 日の佐藤俊介さん率いるオランダ・バッハ協会オケの「All of Bach」。映像も美しく素晴らしく、新しい形のバッハ全集の完成が待たれます。

 最近上がっていたこの演奏もすばらしいですね。実に生き生きとしています。

 この曲は、私も大好き。チェンバロヴァージョンもオーボエ・ダモーレヴァージョンも、両方演奏会で弾いたことがあります。ヴィオラや第2ヴァイオリンを弾いていても至福の時を味わうことができます。

 バッハ自らがはたしてどのようなソロを弾いたのか、たとえばどのように体を動かして弾いたのか、そう考えるだけでも楽しい。

 それにしても、この演奏では、ヴァイオリンの二人が日本人ということで、なんとも感慨深いものがありますね。まさに時空を超えてバッハの音楽が蘇っているわけです。

 ちなみに2ndヴァイオリンの美しい女性は迫間野百合さんです。ちょうど昨日の北とぴあ国際音楽祭のエマ・カークビーさんのリサイタルでも弾いておられましたね。

 彼女がまだバロック・ヴァイオリンを始めてそれほど経っておらず、まだヨーロッパに行く前でしょうか、なんとウチの学校に来てくれまして、私、共演しているんですよね。というか、彼女のお父さん、お母さんとも共演していた…(こちらの記事)。

 彼女、その時もアイドル並みの可愛さでしたが、すっかり大人っぽくなられ、そして世界的に活躍されるようになられ、本当に嬉しく思います。

 考えてみると、昨夜のカークビーさんのリサイタルの出演者の皆さんとは、カークビーさんはじめ、多くの方々と「宴会芸」で共演させていただいています(笑)。ありがたき人生であります。

 そうそう、今度2月には横浜で行われる「西洋館で味わう バッハ チェンバロ協奏曲 1・2・3・4」という演奏会に出ます。練習しなきゃ。宴会芸の人と思われて久しいので、たまにはまじめにやらなきゃ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧