カテゴリー「音楽」の1000件の記事

2019.06.18

フィフィ・ザ・フリー 『栄光の朝』

 日の続きです。プロデューサーとして有名な村井邦彦さんですが、もともとはミュージシャン。作曲家として、けっこう多くの楽曲を提供しています。

 アルファ・レーベルでの第一弾デビューバンドとして、白羽の矢が立った「フィフィ・ザ・フリー」。その3枚目のシングルが「栄光の朝」。作曲、編曲が村井さんです。

 1969年11月の発売。ビートルズのアビイ・ロードが発売になったすぐあとですね。フィフィ・ザ・フリーは、もともとビートルズやヤードバーズなどの影響を受け、いわゆるサイケデリック・ロックを得意としていたようですが、この曲は、お聴きになってわかるとおり、アメリカのコーラス・ポップの色合いが濃いキャッチーな楽曲になっています。

 アルファは、サイケからのちのシティ・ポップ、フュージョン、そしてテクノに至るまで、本当に幅広い音楽を包含していましたが、このフィフィがすでに、そういうマルチな感覚を持っています。まあ、当時の日本人はとにかくアメリカのあらゆるジャンルを貪欲に呑み込んでいたのでしょうね。

 

 この曲、のちに山下達郎さんらが紹介し再び注目を浴びました。今、アメリカでアルファ系の音楽がウケているわけですが、その原点とも言えるのがこのフィフィであり、栄光の朝なのかもしれません。実に進んだ時代でした。

| | コメント (0)

2019.06.17

TALK ABOUT YMO 村井邦彦×川添象郎

 近、アメリカなどで日本のシティ・ポップが大人気だそうですね。本家アメリカの40年先を行っていたわけですよね。

 すごすぎますよ、当時のアルファレコード。シティ・ポップに加えて、フュージョン、そしてYMOに至るまで。

 そんなアルファレコード創設者の村井邦彦さんと川添象郎さん。お二人ともお元気ですね。川添さん、いろいろありましたが、まあいろいろあるのは元気な証拠です(笑)。

 私、今、仲小路彰の研究をしているわけですが、最近は仲小路本人よりも、その天才仲小路が「天才」と称した川添浩史(紫郎)に興味が湧いてきてしまいました。象郎さんのお父さんです。

 川添浩史さんは、仲小路の右腕としてだけでなく、高松宮さまの秘書として、また六本木キャンティのオーナーとして、ある意味派手に活動していた方ですが、その一生はまだ研究対象になっていません。昭和の裏面史の重要人物なんですがね。

 それはこれからの課題といたしまして、今日はとりあえず、象郎さんと村井さんのYMO談義を聴いてみましょう。いろいろとすごすぎる話満載ですよ(笑)。

 

 

 

 川添象郎さんにもお会いして話を聞かねばなりませんね。なんとか今年中に実現したいと思っています。

| | コメント (0)

2019.06.16

ちあきなおみ 『雨に濡れた慕情』

 日は地元オヤジバンド「JJ Paradise」のライヴにヴァイオリンで参加しました。家内がヴォーカルを務めているのですが、私はずるくて、昨日初めて練習に参加し、今日いきなり本番(笑)。

 当然初めてやる(聴く)曲もたくさんあったわけですが、いやあ、昭和の歌謡曲はみんないいですねえ。弾きながら感激していました。

 特に今回は、ちあきなおみさんの曲を何曲がやりましてね、中でも彼女のデビュー曲「雨に濡れた慕情」は素晴らしい名曲ですね。

 当然耳にしたことはありましたが、こうしてしっかりアレンジまで味わうとホントたまりません。

 なるほど、編曲は森岡賢一郎さんなんですね。昨年惜しくも亡くなってしまった素晴らしい作曲家です。森岡さんの功績はウィキでどうぞ。

 森岡さんはクラシック畑の出身。そこに加えてジャズの知識と経験がありますから、オーケストレーションはお手の物ですね。ストリングスも魅力的ですし、ベースラインも完璧。ある意味、ちあきなおみさんの空気感を決定したアレンジとも言えましょう。

 

 

 今日は観客として来ていた若いピアニストをつかまえて、「歌(名曲)のためのユニット組もう」と誘いました。名曲の歌詞とメロディーをたっぷり、しっかり伝えるコンサートをやりたいと思います。当然、この曲もレパートリーに入れますね。

| | コメント (0)

2019.06.15

椎名林檎 『三毒史』

Th_71nkhlzrynl_sl1200_  日今日と、中学生と宿泊座禅。

 般若心経も何度もお唱えしました。

 その般若心経で始まるこのアルバム。その名も「三毒史」。

 三毒とは、「貪・瞋・」。今日はこの三毒から少しでも離れられるよう、座禅をしたり、作務をしたり、読経をしたり、写経をしたりしたわけです。

 「貪」はむさぼり。「瞋」は怒り。「癡」は愚かなこと。うん、たしかに私たちは日々これに囚われていますね。

 そこから脱するために、たしかに修行という手もあります。その一方で、それらをアート作品として昇華してしまうという方法もありますね。

 文学はもちろん、音楽や美術、演劇などにおいては、実はこの「貪瞋癡」がテーマになっていることが多くありますね。

 この椎名林檎さんの新作も、そうしたアプローチの一つ。三毒の世界を物語化することによって、日常から遠ざけることに成功しています。

 特に音楽は高次元に作用するので、「解脱」の手段としては有効でありましょう(最近、それを研究しています)。

 椎名林檎さん自体が、ある意味では三毒を昇華する存在だとも言えます。何度か書いているように、ものすごく「女性性」を持っているのに、なぜか同性から嫌われず、そして異性に「やる気」を出させる存在。これは高次元ですよ(笑)。

Th_220pxthree_poisons  このたびはステキな(煩悩の塊のような)男性諸氏とデュエットしておりますが、それぞれの男性がそれぞれの三毒を抜かれている様子、また、それに対して私たち受け手もまた、妙な嫉妬から解放されているという事実。これはやっぱり「画期的」なことですよ。

 お見事。

 あっ、あと細かいことですが、Amazonの解説で、貪=豚とあるのは間違いです。貪は鶏です。つまり、貪=鶏、瞋=蛇、癡=豚が正解です。1曲目の曲名が正しいということですね。

Amazon 三毒史

| | コメント (0)

2019.06.11

Orkestra 『Fly Away』

 日紹介したミック・カミンスキーが、同じくELOのメンバーだったケリー・グロウカットと組んだプロジェクト「Orkestra」。

 その「Orkestra」の隠れた名曲を紹介しましょう。まあ、聴いたことがある人はほとんどいないでしょう。かなりコアなELOファンじゃないとね。

 ジェフ・リンの裏に隠れてしまって目立ちませんが、ケリー・グロウカットのソングライティング能力はめちゃくちゃ高い。ジェフの影響もありましょうが、よく練り上げられたポップな曲をたくさん書いています。

 その代表曲がこの「Fly Away」でしょう。まずはお聴きください。こうしてYouTubeでマイナーな名曲を共有できるようになって嬉しい。

 

 

 この曲にはアンプラグド・ヴァージョンがあります。これがまた良いですね。ミックのヴァイオリンが最高。こういう伴奏が理想です。

 

| | コメント (0)

2019.06.10

Violinski 『Clog Dance』

 をヴァイオリンの道へいざなった張本人は、このミック・カミンスキーです。

 ELOのヴァイオリニスト。青いバーカスベリーのエレキ・ヴァイオリンを弾く彼は、ELOの中では比較的地味な存在でしたが、私にとってはある意味恩人です。

 めちゃくちゃ上手というわけでもないし、ロック!という雰囲気でもない。結構謙虚なヴァイオリンを弾くんですね。それがなんというか、私の中のハードルを下げてくれたともいえます。

 彼のソロ・プロジェクト「Violinski」のこのアルバムでも、期待を裏切ってあまり派手にヴァイオリンが出てきません。ちょっと拍子抜けしたことを思い出します。

 その中で、シングル・カットされた「クロッグ・ダンス」は、アルバムの中では珍しいインストロメンタル・ナンバーでありながら、やはり派手なソロなどはなし。期待を裏切るというか期待どおりというか、いつのまにか終わってしまいます。

 楽曲としては、シンプルかつキャッチーなメロディーとコード進行の名小品ですね。このTVショーでのパフォーマンスも地味でいいですねえ(笑)。

 懐かしいなあ。高校時代を思い出します。

 カミンスキーは今67歳。たぶんまだ現役で弾いていると思います。

 

| | コメント (0)

2019.06.05

飛騨高山レトロミュージアム

Th_img_4123  日は高山におります。自由散策の時間に、いくつかの神社を巡り、最後に立ち寄ったのがここ。

 昨年は、同じ高山の老舗「高山昭和館」に行き、予想以上の充実ぶりに感動いたしました。

 その昭和館にも携わっていた方が、新たに同じようなコンセプトで昨年オープンさせたのが、こちら「飛騨高山レトロミュージアム」。


Th_img_4122  正直、私は「昭和館」の方がツボでしたが、ソフビやゲーム、アイドルの立て看板の充実度はこちらの方が上かもしれません。ゲームやパチンコを自由に楽しめたり、懐かしい学校給食を食べられたりするという「参加型」という意味でも、新しい挑戦を感じました。

 可能な限り、両方訪ねてみるのがいいでしょう。両者は少し離れていますが、高山の古い街並みを楽しみながら、その両端をスタートとゴールにしてみてはいかがでしょうか。

飛騨高山レトロミュージアム公式HP

 

| | コメント (0)

2019.06.03

河口恭吾 『渡良瀬橋』

Th_-20190604-220932  日の宇宙人サロンにいらしてくれたお一人が、なんと河口恭吾さん!

 男性ヴォーカリストの中では、特に高く評価していた御本人と、こういう形でお会いできるとは…不思議ですね。

 実は昨日の話の中で、波と粒に関連して、ずいぶんとずうずうしく音楽のこと、歌のことを語ってしまいました。まさに釈迦に説法。礼を失していること極まりないのですが、そんな宇宙人の言葉に、本当に純粋に耳を傾けてくださり、うなずいてくださりました。いい人だなあ…。

 最初、ご挨拶した時、思わず「カバー曲が私の好きな曲ばかり」と申し上げました。そうしたら、「たとえばどんな曲ですか?」と聞かれ、ワタクシ、本当に恥ずかしながらカッコつけてしまい、「あの、The Water Is Wideの編曲にはやられました」と答えてしまいました。まあ、本当なのですけれど、もっと素直に「渡良瀬橋」と言えばよかった(苦笑)。

 そう、河口さんの「渡良瀬橋」は絶品なのです。本当に宇宙人として宇宙一大好きなこの森高千里さんの名曲。いろいろな人のカバーがありますが、実は河口さんのこの歌唱が一番心を打ちました。お人柄が歌に表れているんですね。このたび、実際にお会いし、対話し、施術もさせていただき、心からそう感じました。

 9月1日、山梨で河口さんのコンサートがあります。この曲、生で聴きたいなあ…と、宇宙人のワガママです(笑)。

 

 

河口恭吾 公式

| | コメント (0)

2019.06.01

満員御礼 『古楽器の響きで味わう モーツァルトの協奏曲と交響曲』

Th_k453n  番が一番良かった!…というコンサートは、自分としてはあまりないのですが、今日は他の出演者の皆さんのおかげさまで、本当に充実感あふれる演奏会になりました。

 素晴らしいプロのソリストの皆さんと、音楽が好きで好きでしかたないアマチュアの皆さんの「愛」が結集した奇跡の演奏でした。

 私自身、大変遅れ馳せながら、モーツァルトの天才性に気づくことになりました。今まで、ちゃんと向き合って演奏してきたことがなかったのですね。それが今回は、大曲を3曲も演奏させていただき、その細部に至るまで、じっくり味わわせていただきました。

 一言で言えば、やはり「天才」ですね。バッハの次の時代に、すでにあのような曲を書いたのですから。繊細にして過激。正直、プログレだなあと思いました。ホント今更ながらですが。

 そんな、発見、感動を、本番でも感じながら演奏できたのが、私としては良かったのかもしれません。

Th_img_4089  それにしても、フォルテピアノの大村千秋さんをはじめ、プロの皆さんが、こうしてアマチュアの私たちと一緒に音楽を楽しんでくださるのは、ありがたいかぎりです。なんともぜいたくなレッスンであるとも言えます。

 そんな感動もまた、もしかすると演奏に表れるのかもしれませんね。正確さから言えば、とてもプロの楽団にはかないませんが、おそらく音楽の感動は、そうしたことを超えたところにも存在するのでしょう(と信じたい)。

 いつもながら、企画運営をしてくださる、「大社長」曽禰さんには本当に感謝です。そして尊敬せずにはいられません。

 ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。次はまた2月に横浜で演奏ができるかもしれません。楽しみです。

 山手バロッコHP

| | コメント (0)

2019.05.27

モーツァルト交響曲40番のヴィオラパート(大発見!?)

 て、昨日は、横浜でのモーツァルト演奏会 の最終練習がありました。いよいよアンサンブルも練り(盛り)上がってきており、本番が楽しみになってきました。

 私はいつものとおりヴィオラ担当です。そう、モーツァルトのヴィオラって、ちょっと変なことをさせることがあって、あんまり得意ではないのですが、(昨日の話からすると)それも私の至らぬところを直してくださるありがたいことなのです。つまりモーツァルトは菩薩の権化(笑)。

 そうそう、今日、トランプ大統領夫妻が天皇皇后両陛下のもとを訪れ、大統領は天皇陛下になんとヴィオラを贈ったそうですね。どんなヴィオラなのでしょうか。アメリカ製でしょうけれど、いったい誰の作なのか。お値段は?

 実はワタクシ、皇太子時代の陛下とバロック・ヴィオラの弓を共有したことがあるんですよ!まあ、たまたまですけれど。陛下、ちゃんと古楽器も練習しているんですよね。さすが。

 さて、モーツァルトの40番に話を戻します。ええと、あの有名な出だしですね。ヴィオラのさざなみのような音型で始まり、そして、あの有名なテーマが…。

 で、そのヴィオラの出だしの「さざなみ」(私が勝手にそう思っている)ですが、下の楽譜のように重音で書かれています。まさか、これを一人で「ダブルストップ」で弾くということはないでしょう(不可能ではありませんが、pだし微妙な表現も必要だからほとんど無理)。

 そうしますと、いわゆる「div.」(分奏)で演奏することになります。今回の演奏会でもそうで、私は上のパートを担当します。

 で、今回、ワタクシ、とんでもない、まさにトンデモなことを思いついてしまったのです。それは…もしかすると、画期的な発見かもしれない?

 分奏のしかたのことです。普通はこういう楽譜を与えられたら、上と下で分けるじゃないですか。というか、今までほとんど全ての楽団でそうしてきたと思います。

20190527-134622
 ところが、今回、私は変なことに気づいてしまったのです。そう、上の楽譜をよく見てください。たとえば、最初の2小節、Bの音が連続していますよね。そのように実は全体を通じて、同じ音が連続しているところが多い。では、その連続する真ん中の音を抽出してみようと。それが下の楽譜です。
20190527-115633
 逆に、真ん中を抽出した残りを見てみましょう。そうすると、どうでしょう、ほとんどがオクターブの動きになっているのです。このように楽譜を分けて、分奏したらどうなるのか…。
20190527-115616

 さっそく、実際にやってみました!ご協力くださった方、ありがとうございます。

  そうしたら、案外難しかった。同じ音を正確に並べるのも、ずっとオクターブの跳躍を弾くのも。面白いけれど、現実的には普通の方が弾きやすかった(笑)。

 で、結局、普通どおりに分奏することにしました。そりゃそうでしょう。しかし、こうして「分析」してみると、その不思議な「さざなみ」の構造が明確になり、モーツァルトの意図が見えてくるような気がします。

 ま、こんなこと、モーツァルト以来だれも考えなかっただろうな(?!)。モーツァルトも考えたかどうか。いやあ、実はこうして「分析」してみるとですね、悔しいけれど、モーツァルトって天才だなあと再認識させられます。同じテーマが再現しているところでも、微妙に音の構成が違っていたり。

 というわけで、そんなこともふまえながら、本番の演奏を聴いていただきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧