カテゴリー「映画・テレビ」の1005件の記事

2019.01.16

森達也監督作品 『A2(完全版)』

 日の「A」に娘もかなり衝撃を受けたようなので、続編の「A2」、それも3年前に公開された「完全版」を鑑賞しました。
 作品としては、正直こちらの方が面白かったと思います。オウムの内部というよりも、今回は外部の方に焦点が当てられた、いや、内部と外部との関係の「妙」が上手に表現されていて、それが私たちのよく知る対立と対話の物語に、ある種の興奮や赦しや癒やし、さらには滑稽さまでもが見え隠れしてきます。
 対立という濃厚な接触をしているうちに、いつの間にか友人のようになっていくというのは、よくある物語のパターン。あるいは、たとえば警察という正義が簡単に悪になってしまうという物語。
 そのあたりのあぶり出しのテクニックは見事だと思います。すわなち編集術ですね。御本人も語っていたと思いますが、森さんはかなり意識的に私たちの価値観を揺るがす編集をしています。
 私たちは、映画という時間の流れの中に囚われているうちに、しっかりマインドコントロールされている。それはまさにオウムのテーマそのものでもあるという入れ子構造。すなわち正義もまた洗脳であると。
 森さんの作品には、映画に限らず書物にしても、そういうデプログラムという逆説的な洗脳のシステムがインストールされています。
 ドキュメンタリーだからこそその効果は大きい。現実のように見せかけた「作品」なのですから、それじたいも「FAKE」です。言い方によっては悪質だとも言えます。
 そう、語弊があるのを承知で言うなら、また私自身の得意の語り口のことも棚に上げず言うなら、「正義」のふりをした「悪意」であるとも言えるのです。それもまたオウムの存在そのものに重なります。
 そういう多重構造、多義的な構造こそが、この映画、森作品の魅力であると言えましょう。私は嫌いではありません。
 それにしても、一人ひとりは皆さん、いい人ですね。オウム(アレフ)の皆さんも、警察の皆さんも、マスコミの皆さんも、右翼の皆さんも、住民の皆さんも。それが集団になるとなぜ…そこがこれらかの人類の課題なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.15

森達也監督作品 『A』

 来映画作りに関わりたいと考えている次女と鑑賞。ドキュメンタリーにこそ監督の思想が表現されるということを知ってほしかった。
 バッシングオンリーだったオウム報道の中、あえて中立という立場を取っているかのように見せつつ、結果としてこの映画は相対的にオウムを擁護する形になりました。
 オウムの人たちは純粋な青年たちであり、異常なのは世間の方であるという構図が浮かび上がるようになる。たとえ森さんがそんなことを意図していない、あくまで中立であると言っても、たとえば私のようなオウム世代の人間にとっては、自然にオウムの方にシンパシーがわき、世間に対する違和感が醸成されてしまうように、ある意味たくみに作られています。
 私は完全にオウム世代。オカルトで育ち、バブルに違和感を覚え、仏教に目覚め、正直ギリギリのところでオウムに入信しなかった人間です。いや感覚的にはギリギリとはいえ、現実的な可能性は限りなくゼロでした。なぜなら、私には出家する勇気も根性も全く欠けていたからです。
 そういう意味では今でもオウム真理教という存在や、彼らが起こした様々な事件の評価は、自分の中で定まっていません。
 そのあたりの心情はこちらにも書きました。
 彼らを単純に排除しようとするのは、まさに「殺人」と同じ行為です。出て行け、目の前から消えろ、というのは殺人と同じ発想と言えます。
 昨年、麻原を含む複数の死刑囚の死刑が執行されました。法という国家権力を借りて、ある意味私たちの「排除=殺人」が達成されました。
 さて、それで私(たち)の心の中のオウムは本当に消えたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.14

ファミリーヒストリー『堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~』(NHK)

Th__20190115_102320 にげなく観ていたらよく知った風景が出てきたのでビックリ。
 へえ〜、私の職場のすぐ近くに堺駿二さんが住んでいたとは!
 今回もまたNHKさんの取材力のすごさを痛感する内容でしたね。潤沢な資金と時間、優秀なスタッフのおかげでしょう。私もいくつかNHKさんの番組に出させてもらいましたが、そのたびにいろいろ感心させられてきました。民放さんは民放さんでまた違ったすごさを感じますが。
 さて、堺正章さんのお父さんである堺駿二さんが主役だった今回のファミリーヒストリー。早川雪洲の懐に飛び込み認められたというのはさすがですね。
 堺正章さんは、そんな偉大なお父さんをある意味で超えたかもしれません。それこそ父親譲りの才能もあったことでしょう。しかしそれよりなにより、堺さん父子の時代を読む力、笑いをベースにした利他精神、そしてお人柄こそが成功の要因だった。まあ、それもまた才能(タレント)ということでしょうけれど。
 堺駿二さんが富士吉田に住んだのは昭和15年とか16年とかでしょうか。当時月江寺界隈は瑞穂村が下吉田町になったばかり。戦争の影もちらつき始めていましたが、織物産業でかなり盛っていた時代です。そんなこともあって堺駿二さんは商売になると考えたのでしょう。
 戦争が始まると、下吉田の織物業は厳しい状況になります。絹織物は奢侈とされ、織機は金属として接収されていきます。そんな空気も感じたのでしょう。堺さんは昭和17年に東京に戻り役者業を再開します。
 まあそれにしても、ウチの学校(当時はまだありませんでしたが)の目と鼻の先に昭和の名役者が住んでいたとは。面白いですね。ちなみに正章さんは戦後の生まれですから富士吉田とは直接縁はありません。
 戦後、下吉田の織物業は輸出増に伴い、ガチャマン時代と言われる隆盛期を迎えます。映画館も昭和30年台には、下吉田だけでも銀嶺シネマ、松竹館、富士国際劇場、武蔵野大映、富士映画劇場と5館が林立していました。一つもなくなってしまった今からすると信じられないですね。こんな狭い地域に5館ですよ。きっと、堺駿二さんの出演した映画もたくさん上映されていたことでしょう。
 今回の堺駿二さんの富士吉田居住情報には、ユリ・ゲラーさんの富士吉田居住情報なみにびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.03

細野晴臣 イエローマジックショー2

Th_img_3375 日のYMO名盤ドキュメントに続き放送された神番組。う〜ん、すごすぎた。面白すぎました。
 そう、伝説の「細野晴臣イエローマジックショー」が、細野さん音楽活動50周年の今年の年始に復活しました!それもパワーアップして。
 昨日も書きましたが、これで紅白出ちゃったら出すぎでしたね、ホント(笑)。
 YMOが18年ぶりの一夜限りの復活。それも再び「ドテラ」で。あっそうそう、先に言っておきますが、次の復活は2020年、東京オリンピックの開会式ですよ!?
 18年ぶりのドテラRYDEENは、ちょっとテンポが遅めで、なんとも円熟味のあるあったかい演奏でした。御本人いわく「シロウトには分からない」というヘタになった加減もまた、これはこれで「味」となっていました。
 昨日書いたように、YMOってとってもアナログなのです。昨日の番組で紹介されていた「根性」。今日のほんわかRYDEENの中にも、坂本龍一さんの円熟した「根性」の指さばきを見ることができましたね。そうそう、キーボードがJUNO-6だったところも良かった!デジタルシンセだけど、なんかとってもアナログなんですよね。
Th_img_3378 そして、星野源さんとの夢の共演、「FIRECRACKER」がまた良かった。昨日も書きましたが、こうして若者たちによって若者たちにベテランのすごさが伝わることは素晴らしいことですね。これぞ文化の継承でしょう。
 その他、コントのコーナーもそれぞれ面白すぎた。小山田圭吾さんが…(笑)。ナイツや清水ミチコ・イチロウ姉弟、その他高田漣さんらライヴのメンバーたちからも、ものすごい「細野愛」が感じ取れましたね。
 そして、テレ東モヤさまとの奇跡のコラボ(笑)。まったくNHKってのは恐ろしい。ホントさりげなく深夜のBSでこういう歴史的なことをやっちゃうんだから!
 まあとにかく楽しすぎる上に感動的で、ついつい何度も見たくなってしまう神番組でした。「3」はいつなのかなあ…。それまでお三人ともお元気で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.02

「名盤ドキュメント」 YMO『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー(1979)』

Th__20190103_115457 晴らしすぎた!実は続く番組でまた奇跡が起きるわけだが、まあNHKというのはすごいなあと再認識。
 なるほど、細野さんが紅白に出なかったのはこれかな。年末年始出過ぎになっちゃう(笑)。
 明日記事にする続く番組イエローマジックショーとの対比がすごかったなあ。あえて本人抜きで真面目に語っておいて、本人たちはあれだから。超一流ってそうでしょう、いつも。何度も泣いてしまったよ〜。
 こちらの名盤ドキュメント、ワタクシ的にはやはり川添象郎さんが出たことがうれしかった。仲小路彰、川添浩史の流れですよ。仲小路邸でYMOの販促資料とともに象郎さんの名刺見つけたもんなあ。それから、なんと言っても、細野晴臣さんと中沢新一さんらきサイン色紙。訪問してたんですよ。
 ちなみに、坂本龍一さんは仲小路彰の名前は知らないけれども、未来学原論は覚えているとのこと。
 なんかあの時代の裏側の空気をそのまま感じることができていることに、感動というか、もうほとんど戦慄のようなモノを感じますね。
 11月の40周年の日には、サエキけんぞうのコアトーク87 『YMO40周年“1978”』に行きました。そこでも鮎川誠さんの超カッコいいトークと音源を聴きましたが、今日のこの番組でも最高のギターを披露してくれましたね。
 YMOのすごいところって、やっぱりシンセサイザーや人民服に象徴されるような、ある種のデシタル世界を前面に押し出しつつ、だからこそ見え隠れする人間性、自然性、アナログ性が売りになっているんですね。今日分析されていたマルチトラックなんか、めっちゃ人間業の集合体だったじゃないですか。
 すごい。すごい。とにかくすごい。めちゃくちゃリアルタイムだった私ですが、あの頃はそこまで共感できなかった。違う種類の音楽聴いてましたからね。でも良かったかも。こうして大人になって、いろいろ知った上で彼らのすごさを実感できるのですから。
 今の若いミュージシャンもしっかり影響受けていて安心しました。今どきの若者は恵まれてますよね。今日も家族で車で移動中、ずっと70年代の歌謡曲と洋楽聴いてましたよ。子どもたちが聴きたいっていうんですから、私たち親もおかげで再発見できる。
 いい音楽、そして「新しい」音楽は時代を超えます。次は若者たちの「新しさ」への挑戦を聴いてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.31

今年の紅白は…

Th_img_3329 年もいよいよ大晦日。平成最後の紅白歌合戦は、なかなか良かったと思いますよ。やはり今の音楽よりも昔の音楽で盛り上がったような気もします。
 中でも、最後のサザン桑田さんとユーミンの共演は、いろいろな意味で(いい意味でも悪い意味でも)昭和から平成、そして新しい時代への時の移ろいを感じさせ、感慨深いものがありました。
 まさに「もののあはれ」。人は枯れていきますが、音楽はその生命力を失うことはありません。そのギャップですね、もののあはれとは。
 さて、個人的に、あるいは昭和世代として地味に感動したのは、ユーミンのバックバンドでしょう。林立夫さん、鈴木茂さん、松任谷正隆さん…ここに細野晴臣さんがいればなあ…ティン・パン・アレー復活だったのに。
 まあ細野さんはいろいろ忙しいし、しかたありませんね。いや、細野さんの代わりが小原礼さんですからね!ぜいたくは言えません。サディスティック・ミカ・バンドというか、尾崎亜美さんというか。
 さらに遠山哲朗さんや武部聡志さんなど、ユーミンのライヴを語る際にはずせない人たちも参加して、なんか昭和の同窓会という感じでした。
 つくづく平成という時代は昭和の残影に影響を受けてきた時代だったなと。それこそ、いい意味でも悪い意味でも。来年以降はいよいよその呪縛から解き放たれるでしょうか。その時には私の役目も終わり…ませんね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.29

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 松岡錠司監督作品

Th_91l2ml3uljl_ri_sx300_ 日はこの映画に出演しているある女優さんのお宅で楽しいひとときを送りました。たまたま、そのあと地元の民放でこの映画が放映されたのでびっくり。
 今年は樹木希林さんがお亡くなりになりましたね。この映画でガンで亡くなるオカン役を演じられているのもなんとも言えません。
 この映画は言うまでもなくリリー・フランキーさんの自叙伝的小説が原作です。私も同世代人として懐かしい風景を共有させていただきました。
 ところで、この映画と樹木希林さんといえば、日本アカデミー賞総ナメ事件がありますよね。「この結果はおかしい。組織票なのでは」「自分だったら違う映画を選ぶ」「監督に殺意すら感じた」…こんな過激な発言も、女優としてプロ意識、映画愛の表れだったと思います。
 たしかに、原作の明るさがほとんどなく、最初から最後までしんみりとしているのは私もどうかと思いました。しかし、一方で、映画は映画、原作とは別の芸術作品だと考えることもできましょう。
 単独で映画として評価するなら、樹木希林さんの演技も含めてそれなりの逸品だと言えます。
 今日お会いした女優さんも樹木希林さんを心から尊敬しておられました。あらためてご冥福をお祈りいたします。

Amazon  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.27

GUEEN 『犬のおまわりさん』(グッチ裕三's ボヘミアン・ラプソディ)

Th__20181228_101943 画ボヘミアン・ラプソディが大ヒットしています。私はまだ観てません。
 こうしてQueenの素晴らしさを若者たちに知ってもらえるのは、本当にうれしいことです。
 私は完全にリアルタイム世代です。ビートルズを通して洋楽に興味を持ち出した小学校5年生の時に「ボヘミアン・ラプソディ」がヒットしました。その時は正直よく分からなかったけれども、2年後中1の時の「伝説のチャンピオン」や「ウィー・ウィル・ロック・ユー」には完全に打ちのめされました。「世界に捧ぐ」は、今でも私にとってのベストアルバムの一つです。幸せなことですね。
 さて、そんな私たちの世代として忘れられないのが、NHKのハッチポッチステーションでのこの企画。1996年でしょうか。原曲から20年。今から20年くらい前。ちょうど中間地点にあるのがこの名パロディ。

 映画のヒットによって、この動画もたくさんの人々に見てもらえているようですね。それもまた素晴らしいことです。本家とともにグッチ裕三さんのすごさを知る良い機会だと思います。
 ちなみにこのハッチポッチMTVのシリーズはホントみんなすごいですよ。ぜひこちらから全部大笑いしてください。最後は感動に変わります!

ハッチポッチMTV


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.13

「ゆとり教育~戦後最大の教育改革~」 (アナザーストーリーズ 運命の分岐点)

2002年に始まり2011年で終えたゆとり教育は成功だったのか失敗だったのか

 当に最近悩んでいます。悩むじゃないな迷うかな。
 子どもたちは千差万別。彼らに画一的な教育を施すこと自体に無理があり、そういう意味では、「正しい」「間違い」「成功」「失敗」という判断もありえません。
 そんなことは分かっているのですが、なにしろ現場でそれなりに自信をもって仕事をしなければならない立場ですので、本当に苦しい。
 まあ、どんな仕事も同じでしょうね。しかし、教育は、目の前で結果が出るわけではなく、その成果が数十年後に出ることも多いですし、いや、もう数十年後ともなると、大昔の教育の成果なのか、その後の様々な体験の成果なのか、全く分からないというのが事実です。
 ですから、「ゆとり」も、ある種の生徒には良かったけれども、ある種の生徒には良くなかったという話になってしまいます。 
 というか、「ゆとり」の成否を問うよりも、「ゆとり」と「つめこみ」しかない、両極端に振れまくる教育行政に問題があると考えるべきでしょう。現場はそれこそ振り回されまくってきました。
 ただ、どうでしょう。私も渦中では否定的にとらえていた「ゆとり」、それを経たいわゆる「ゆとり世代」は、今、二十代、三十代になって、なかなかいい人生を送っていますよね。
 最近、私はその世代との交流が楽しくてしかたない。なんだか、自分と価値観が合っているんですよ。私が若いとか、ゆとってるとか、そういう意味ではなく、なんていうかなあ、既存の価値観や常識、しきたりにとらわれない、ある種自由な生き方に憧れすら持つのです。
 「つめこみ」世代には、正直あんまり面白い人たちがいないのですから、あくまで私のフィーリングの中では、「ゆとり」は意味があったような気がします。
 この番組の最後に、「ゆとり世代」の代表として、はじめしゃちょーがいいこと言ってますよ。ゆとりで学んだことは覚えていないけれど、こういう核心に迫ることをさりげなく言えて、そして楽しく現代を生き抜いている彼なんか、やっぱり「ゆとり」の寵児なんでしょうね。素晴らしいと思います。

「結局AIとロボットだと考えつかないようなことができるのが人間だと思うんで、もしそこの能力をのばせるのが「ゆとり教育」だったとしたら成功だったのかと思います」

 それにしても、寺脇研さんの語る裏話も面白かったな。さて、次の教育改革はどうなるのでしょう。なんだか意味の分からない、具体性のない言葉が並んでいます。それが、逆にいいのかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.11

「六城」「船と氷山」「激突き」ロバート秋山&友近の最新映画3部作

 近国産映画をよく観ています。しかし、国産の洋画というのは観てないなあ。なるほど、外国製の日本ブランド製品がよくあるように、日本産の洋画があってもいい。
 日本の映画は低予算でも高品質ですから、きっと世界からの需要もあることでしょう。
 (どこまで真面目に語ろうかな)
 「六城」は音楽が秀逸ですね。この原曲って最もいじられてる名曲ですよ。いくつもありますよ。そういうのだけ集めても面白いかも。
 そして、さりげなくプロレスラー潮崎豪選手が出ているところが良い(笑)。地下相撲の世界って、実は江戸時代からあるんですよね。そのあたりにスポットライトを当てる意味でも面白いかも。
 「船と氷山」は、まんまなタイトルですが、屋形船が氷山と激突するのかという疑問が残りますね。ある意味SFとも言えましょう。「大谷丸」は某豪華客船の名前にちなんでいるのですね。これも音楽が萎える(笑)。
 「激突き」では、スズキのキャリイが大活躍していますね。実際キャリイは強いですよ、いろいろな意味で。このキャリイは9代目KUですかね。あえての丸目。まさに最強です(笑)。
 私も、なんちゃって予告編だけはいくつか作ったことがあります。なるほど、洋画を国産でっていう発想はなかったかも。やってみようかな。
 相変わらずロバート秋山の自由なアイデアと、その本気の演技力には舌を巻かずにはいられませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧