カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の69件の記事

2022.11.16

加熱ベスト

Th_71hxnwuvh2l_ac_ux522_ 料費の高騰が家計を圧迫しております。特に寒冷地にある我が家では冬の暖房費はバカになりません。

 最近は静岡の実家にいることが多いのですが、山梨にいる時は昼間私一人なので、ストーブはつけず、自然の太陽光とこのベストでしのいでいます。というか、それで問題ありません。

 基本家にいる時は、特製(?)ワーキングスペースにずっと座って作業をしているので、このベストを直接USB電源とつないでいます。つまりバッテリーは使用しません。

 なんだか、有線で電源につながれたロボットのような状態ですが(笑)。

 ヒーターは一番弱く設定しても、ちょっと暑いくらいですね。基本外で使うためのものですから。

 この製品は写真にあるように背中と肩にヒーターがあります。肩が温かいというのは重要です。

 同様の製品でもヒーターの配置がいろいろありますのでご注意を。

 また、洗濯機で洗えるかどうかも大切なポイントです。専用の洗濯ネットが付属していました。

 多少心配があるとすると、低温やけどと電磁波でしょうかね。

Amazon 加熱ベスト 

| | コメント (0)

2022.09.21

スカーゲン 腕時計『AAREN KULØR』

Th_images_20220926103701 族で3色買いまして、毎朝好きなのを早いものがちで選んで装着して仕事に行きます。

 ウチで買ったのは、緑と黄色と水色ですが、どうも増殖しそうな気配が…。

 次はオレンジか青かピンクか…考えるだけでも楽しいですよね。

 この時計、案外評判がよく、いろいろな人から「いいねえ」と言われます。

 たしかに普通(以下)のファッションでも、これをしているとワンポイントでオシャレに見えます。

 こういう全体カラフルな腕時計って案外なかった。

Th_51ca4qwpinl_ac_ul1200_ スカーゲンならではのシンプルなデザイン、機能性、視認性の良さは言うまでもありません。メンズ41mmを購入しましたが、女性でもこのデザイン、カラーだと逆にこの大きさが可愛く感じられるようです。

 ちなみに、本当はこの日の丸をイメージした限定ヴァージョンがほしいのですが…もうどこにも売っていません。かっこいいですよね!

 Amazonのタイムセールですと、だいたい定価の半額で買えますので、ワンポイントで生活や気持ちを変えたい方はぜひ。おススメです。

Amazon スカーゲン 腕時計『AAREN』ライトブルー

| | コメント (0)

2022.06.17

《大勉強 by PHAETON 》Issue 4 死生ってる?

Th_-20220618-90646 勉強 Vol . 4  が完成いたしました! とてもヤバい内容になりました!最高です。。。

 と、先日、この本のプロデューサーである坂矢悠詞人さんから興奮気味のメールが来まして、さっそく送ってもらい今日手にとったのですが…たしかにヤバい!!

 全てがセンスの塊。手にとった瞬間から次元が変わります。これは本当にすごい世界。

 そう、実は今年2月に、ファッション界のカリスマである坂矢さんにお誘いいただき、石川県は加賀市にありすでに伝説的なお店となっている「PHAETON」およびその隣にある「TEATON」を訪問しました。

 田んぼの中にポツンとある「PHAETON」には東京はじめ全国からお客様が飛行機で買付けにきます。そして隣の「TEATON」は会員制の紅茶専門店。

 もうその存在センス自体に、してやられた感がありました。ファッションから程遠いところにいる私がそこにいることに違和感があるかと思いきや、全然そんなことなかった…。

 そして、坂矢さんと長時間にわたり対談をいたしました。それが今回、6ページ1万3千字以上の記事として紹介されております。

 いやあ、自分で読んでもヤバい(笑)。そう、あのあまりに高次元な空間、センスの塊の空間とおいしい紅茶、ケーキに促されて、私も完全に違う次元に行ってしまいました。

 ああ、ここまで語ったんだと、今さらながら感心してしまいました。やはり、環境というのは大切ですね。

 坂矢さんとは初対面、かつお会いして数十分後からの対談でしたが、坂矢さんの純粋な魂にすっかり魅せられ、実に気持ちよくお話させていただきました。まさに「大勉強」。

 ぜひぜひ皆様にも読んでいただきたいですし、それ以上に、私の体感した高次元をこの本を通じて皆様にも感じていただきたい。本のデザイン、紙の質感、選ばれた、いや降りてきた言葉たち…こんな高次元な本をご自身でプロデュースして、個人で出版してしまう坂矢さんって…。

 坂矢さんと私のロング対談のほかにも、本当に素晴らしいページが連続します。この本が一冊そこにあるだけで、きっと今日という日が、明日という日が大きく変わるでしょう。

 二人とも超ハイテンションになっちゃってます(笑)。というわけで、続きがありそうです。楽しみです。

 お買い求めはこちらから。ぜひ!

 PHAETON

 

| | コメント (0)

2022.02.05

シャンバラ 『SHAMBARA』

 

 1989年の隠れた名盤。

 カシオペアのベーシスト櫻井哲夫さんとドラマー神保彰さんを中心としたボーカル・バンド。これは今でも新しい音楽ですね。

 フュージョンにボーカルが乗るという意味では、これぞ真の「シティ・ポップ」と言えるかもしれません。実際、最近欧米で大変高く評価されているようです。

 ツイン・ボーカルというのも珍しいし、一昨年亡くなった山本寛斎さんがファッション面で協力したり、ダンスも取り入れたりと、ヴィジュアル面でも新しいチャレンジをしていました。

 残念ながら、カシオペア本体野呂さんらとの軋轢もあり、お二人はカシオペアをやめることになってしまいました。さらにシャンバラとしての活動も思うようにいかず、結局この「伝説のアルバム」1枚を残して自然消滅してしまったのは、なんとももったいないことでした。

 櫻井さんと神保さんは、これを機に「ジンサク」として活動することとなり、昨年久しぶりにニュー・アルバムを発売しましたね。

 ちなみにキーボードの梁さんは、のちに平昌オリンピックの音楽を担当するなど、韓国で大活躍。

 あらためてすごいバンドだったなあと思います。ちょっと早すぎたのかなあ。ようやく時代が追いついたようにも感じますね。

 いくつかライヴ動画がありましたので、そのヴィジュアル面にも注目してください。

 

 

 

| | コメント (0)

2021.12.19

鎌田浩毅 「京大最終講義〜地震・噴火・温暖化は今後どうなるか?」

 

 昨日の河合隼雄先生に続き、京大の先生の最終講義。これは今年の春の最新最終講義です。

 (文学部卒の)私が勝手に「師匠」として崇めている、地球科学の鎌田浩毅先生。ご著書からもそのお人柄が窺えます。かつてこんな記事も書きました。

 地学ノススメ

 この最終講義も、地球科学に対する「愛」、そして人に対する「愛」を感じますねえ。なにしろ分かりやすいし、説得力があります。

 先生の講義のスタイル、その「場」、一期一会を大切にする姿勢、辻説法、これは私のそれに近いかもしれません。今週も都内某所で講演しますが、パワポはもちろん資料さえも何も準備しません。脱線では鎌田先生に負けませんよ(笑)。

 学生からの雑多な質問、専門外の質問に答えるのも似てるかな。あとゲストを呼ぶのも。外に開かれているのもかな。大前提をひっくり返すのもかな…。

 相手の関心を引くファッション。相手の関心に関心を持つ。それも「死ぬなよ」がベースになっています。つまり「愛」ですよ。

 とにかく、鎌田先生は私の「師匠」なのです!

 生きていることが「ノーブレス」。私が言う「死なない力」を育てる教育につながる考え方ですね。

 アウトリーチ、オンリーワンはナンバーワン、スキマ法。京都大学は面白いですねえ。今、教え子が京大の大学院で防災の研究をしております。まさに社会貢献をしてもらいたいと思っています。

| | コメント (0)

2021.09.03

日本元気プロジェクト2021 世界遺産ランウェイ in 富士山(富士吉田) - FASHION MOVIE

 

 慣れた富士吉田の街がこんなふうに見えるようになるとは。

 昨年亡くなった山本寛斎さんの遺産「日本元気プロジェクト」。

 グローバルに活躍した寛斎さんは、誰よりも日本を愛していました。

 真の愛国者こそ真のグローバリスト…これは仲小路彰の理念であり、たとえば世界的ソプラノ歌手三浦環はそれを標榜し、実践した人でした。

 寛斎さんは加藤登紀子さんとも同じ事務所で仲良しでしたから、当然、仲小路彰のことを知っていたはずです(加藤登紀子さんの旦那さん藤本敏夫さんは仲小路フリークでしたし、加藤さん自身も仲小路の歌曲を歌っています)。

 そういう意味では、この富士北麓で寛斎さんの思いを爆発させたこのムービー、それこそ寛斎さんが最も喜んでいるかもしれません。

 縄文から昭和・平成に至るまで、様々なレイヤーの「遺産(遺跡)」が詰まっている富士吉田。もしかすると、こうして「未来のファッション」を花開かせることによって蘇るかもしれませんね。そんな予感がしました。

 メイキング・ドキュメンタリーも実に興味深い内容です。若い皆さんのコンセプト、思いが、私の知っている「能装束」の世界観に似ているので驚きました。ぜひご覧ください。特に富士吉田の皆さん!

 

| | コメント (0)

2020.12.29

メガネ曇り止めクロス

Th_71uzritbll_ac_ul1500_ ベノマスクの在庫が切れて、一般的なマスクをするようになり、さらに寒さが増す季節となりまして、困ることと言ったら、メガネのくもりです。冷えた車の運転の際など、本当に難儀していました。

 しかし、これがあれば全然大丈夫!たしかにスグレモノです。2日程はほとんど曇りません。

 マイクロファイバーのクロスに界面活性剤が染み込ませてあるんでしょうかね。使用後は付属の乾燥防止用の袋に入れて保管する必要があります。

 600回使えるということですから、計算上冬だけなら数年使えることになりますね。まあ、そこまでは期待していませんが。

 なにしろ800円弱で、さらに500円分のキャッシュバックがあるのですから。つまり、原価は数十円なのでしょう。

 この季節、メガネの曇りでお悩みの方はぜひお試しください。

 ちなみに、 アベノマスクは苦しくないし、曇らないし、つまり通気性が良すぎて、マスク本来の効果はほとんどないということなのでしょう。

 冒頭で在庫が切れたと書きましたが、実は今日また大量に入荷しました(笑)。久しぶりにアベノマスク生活に戻そうかな。結構目立つんですけどね(笑)。

メガネ曇り止めクロス

| | コメント (0)

2020.11.14

富士御神火文黒黄羅紗陣羽織

Th_fd6ea410722d3de27a5014b8d60b759c201x3 士山に帰ってきました。

 昨日の大阪城ではいろいろと収穫がありました。中でも、憧れの「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織」を生で観られたことは幸運でした。

 富士山在住の者としてはたまりませんね。三峰ですし。

 そにしても素晴らしいデザイン。モダンというのも憚られる。これを実際に秀吉が着用していたというのが凄い。かぶいてますなあ。

 三峰富士山の意匠はもちろん、御神火がいい。そして、麓の謎の黒丸群の配置が絶妙。

10 ついつい背中側に目が行ってしまいますが、表も和洋折衷で素晴らしいんですよね。いったいデザイナーは誰なのでしょう。

 この陣羽織が有名になったのは、NHKのびじゅチューンで採り上げられたからでしょうね。たしかにインパクト大。井上涼さんもかぶいてますな(笑)。

 

 

 この富士御神火文黒黄羅紗のデザインを用いたいろいろなグッズが販売されております。ちょっとほしいかも。

リゲル社

| | コメント (0)

2020.01.16

防寒フェイスマスク

Th_616mtadhaal_ac_sl1000_ 100円ショップで似たものを400円で買いました。

 私はこれを裏返して使います。なんで?

 それは寝る時に使うからです。寝る時にこれを裏返してかぶるのです。変ですよね(笑)。

 というわけで、今日のおススメはほとんどの人に関係のない内容です。

 そう、私はスキンヘッドなので、冬寝る時寒いんですよ。ウチのような寒冷地ですと、まじで頭が寒くて眠れない。

 そこで帽子をかぶるわけですが、これがなんでも良いわけではない。

 ようやく到達したベストな帽子がこういうタイプというわけです。

 まあ、なんとなく想像できますよね。頭から顔、肩を覆ってぽかぽかという雰囲気は。

 で、なんで裏返しなの?

 これはホント、やってみなきゃ分からなかったわけですが、たとえば普通のニットの帽子とかだと、朝起きた時に、私の頭にニットの模様が刻み込まれるのですよ(笑)。ほとんどホラーです。

 特に歳をとってですね、頭皮に柔軟性がなくなりますと、そのついた跡がなかなか消えない。そのまんま学校に行くはめになるわけです(笑)。そうすると生徒に笑われるわけですね。

 では、こういうフリースタイプならいいだろうと思いますよね。模様ありませんから。

 それが、なんと、今度は裏地の縫い合わせの部分があるので、それがしっかり刻印されてしまうのです!

 ですから、基本的にでっぱりのない表側を頭皮に当てるために「裏返す」というわけです。

 なんともマニアックな、またピンポイントな、どうでもいい情報でスミマセン。

 実は四季を問わず、いかなる時にも、髪の毛のありがたさを感じるのですよ、スキンヘッドにしてみると。

 楽なのはシャンプーをしなくていいところだけでしょうか(笑)。以上。

 

Amazon 防寒フェイスマスク

| | コメント (0)

2019.12.27

ダウンマフラー

Th_518yq77mrel_ac_ux569_ 年は暖冬ですね。温暖化のおかげで、超寒冷地の我が家付近はすっかり住みやすくなりました。

 最低気温でいうと、10℃くらい上がってます。かつては氷点下20℃も普通にあったのに、今ではマイナス10℃割ることはほとんどなくなっています。

 とはいえ、やはり寒いものは寒い。マフラーは必須アイテムです。

 去年までは普通のマフラーをしていたのですが、あのチクチクがどうも苦手でした。首がかゆくなる。

 そこで今年買ったのはこれ。内側は起毛、外側は防水のナイロン。リバーシブルですから、ひっくり返しても使えます。

 先端の片方が輪っかになっていて、そこに反対側を差し込むだけ。着用も楽。反対側の先端はポケットになっていて、全体をそこに突っ込んで写真にあるようにコンパクトにまとめることもできますし、着用中はちょっとしたポケットとしても使えます。

 いろいろな色がある中で、私はあえて「燃える闘魂」赤を選びました。おじさんにはちょっと派手かな(笑)。

 ダウンとありますが中綿は化繊でしょう。それでも充分暖かい。そして何より軽い。厚手の毛糸マフラーより暖かくて重さを感じないつけ心地。

 これはなかなかスグレモノですよ。ほかの色も買おうかな。

 

Amazon ダウンマフラー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧