カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の50件の記事

2017.10.31

告知! シルクサミット 2017 in 富士吉田

 も実行委員をつとめさせていただいているシルクサミットがいよいよ来週の開催となりました。
 シルクの世界は深い。そして新しい!
 過去、現在、未来を絹糸でつないでいきたいと思っています。
 参加費は基本的に無料。申込みなしの飛び入り可ですので、ぜひお越しください!
 お問い合わせはこちらまで。

2017_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.24

SORASION クラッチバッグ

Th_81znmggcapl_ul1500_
 日は軽いネタで。最近買って重宝しているもの。
 秋は公私にわたり、いろいろ出かける用事が多く、そのたびにいろいろなバッグをチョイスしていますが、本当にちょっとした書類を持っていく時、あるいは何も持っていくものはないけれども、手ぶらだと変だなというような時に使っているのが、このクラッチバッグ。
 クラッチですから、基本折りたたんで使うわけですね。でも、ちょっと大きめの荷物を入れる時などは広げる。その時にこのタイプのように取っ手がある方が絶対便利です。
 さらに、私が買ったこの製品は、折りたたみの部分にチャックがついており、たたんだままモノの出し入れができます。
 デザインがシンプルで、材質も意外と高級感があるので、ちょっとした会議や冠婚葬祭に持っていっても問題ありません。予想よりも厚めの素材ですし、感触がとても良い。
 サイズとしては、真ん中で折ると本当に小物しか入りませんが、上の方で折ればA4の書類が入ります。またiPadなどのタブレットも余裕で入りますね。
 縫製や補強なども必要十分なレベルですので、税・送料込みで1,680円は大変お買い得ではないでしょうか。
 おまけ(?)で付いてくるオリジナル収納袋もしっかりしていて、これはこれで単独で使い物になりますね。そういう意味でもお得です。おススメします。
 
Amazon SORASION クラッチバッグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.06

ARONA テーラードジャケット

Th_71aeg2nw6fl_ul1500_ 私ともに非常に忙しい日々が続いております。公私の夢は一致しているので、この忙しさは間違いなく「あり」ですが。
 そんな折ですので、今日は最近買った軽めなモノを紹介します。
 実際重量も軽いし、経済的な負担も軽かった。あれ?私が買った時は税、送料込みで2700円だったのに、3490円になってるぞ。それでもまあまあ安いか。
 秋にはおるジャケットがなかったので買ってみたのですが、たしかにこれは仕事でもカジュアルでも使える優れものですね。
 着丈がちょっと短め、かつ袖丈が長めだけれど、まあ、それもオシャレといえばオシャレなのかな。
 素材が綿なので軽くて肌触りがよく、また化繊のような不自然な保温性もなくてよい。
 それから案外シワになりにくいので、多少荒っぽく扱っても大丈夫。授業中エキサイトしてきて、上着を脱ぐことがけっこうあるんですけど、さっと脱いで教卓にポンと置いてもヘーキ。気を使わなくて楽ですね。
 これから当地はとんでもなく寒い冬に向かっていくわけで、その時はたして防寒の機能が発揮されるか。それはあまり期待できません。あくまでも春秋ということになりましょうか。
 あと、ちょっと誤算だったのは、胸ポケットがなかったこと。こういうジャケットはそういうものなんでしょうか。仕事柄名札を付けられないのがちょっと不便でしょうか。
 カジュアルでは中にTシャツを着込んでもいいでしょう。袖をまくっても自然ですし、そういう着こなしもしてみようかと思います。

Amazon (アローナ)ARONA テーラードジャケット メンズ ジャケット シャドーストライプ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

またまた格安腕時計

Th__20170813_154116 日紹介したなんちゃってMONDAINEは快調に稼働中です。作りも良く、みんな本家と見間違います(笑)。
 ナイロンのバンドの装着感、使い勝手も大変よく、いい買い物をしたと思っています。
 さて、実は同時にもう一つ、少しビジネス寄りのシンプル腕時計も買いました。それがこれです。MONDAINEと同様に秒針が赤いところがミソ。
 これはいくらに見えますか?答えは780円です(笑)。中国からの送料が150円。合わせて930円です。
 船便で2週間ほどかけて届きました。作りは残念ながらなんちゃってMONDAINEには遠く及びません。よく見ると、雑な作りですが、よく見なければ、まあ780円には見えないかな。
 本革バンドは予想よりもちゃんとした品質でした。まあまあかな。
 デザイン的に、これはこれでまあ日常的に使えるでしょうか。ビジネスでもカジュアルでも行けると思います。
 なんちゃってMONDAINEは春夏、こちらは秋冬と使い分けてみましょうかね。

Amazon POTOJP メンズ腕時計 クォーツ 腕時計 薄型 軽量 シンプル アナログモデル ウォッチ watch レザーバンド おしゃれ 高品質 ファッション ビジネス カジュアル 男女兼用 (ブラウン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

Natural Park 腕時計

Th_img_1096 た、格安腕時計を二つ買いました。そのうちの一つが届いたので紹介します。
 いや、1年前に買った285円(今は244円!)の腕時計は今でもちゃんと動いていて、大活躍中なのですが、夏場のお出かけ用にさわやかなデザインのものをと思いまして、これを買ったわけです。
 一見、というかよ〜く見ないかぎり、絶対「MONDAINE」ですよね(笑)。つまり、中国お得意のパクリということになるでしょうか。あんまりにもソックリなので感動すらしてしまった。
 MONDAINEは掛け時計を使っていて、実に見やすいので、同じデザインの腕時計もほしいなあと思っていたのですが、いくら安くても2万円くらいなので躊躇していました。
 そこに突如現れたのが、この偽物。2,399円。文字盤が白いものは、とりあえず私が最後の一つを買ってしまったので、残念ながら今は品切れになっています。
 同じものが、1万5千円くらいで売っていることもあるので、これはおトクな買い物でした。そして、それなりに品質が良さそう。パッケージもしゃれていますし、全体的な質感も決して本家に劣りません。
 Natural Park という自然公園みたいな(?)ブランドの時計、けっこう安くてセンスがいいものが揃っていますね。
 そして、このブランドの最大の特長はナイロンバンドではないでしょうか。独特な編み込みの軽くて丈夫なバンドです。単なる編み込みバンドなので穴はなく、編み込みの無数の隙間を穴代わりに使います。それがいいのか悪いのか、しばらく使ってみなきゃ分かりませんね。乱暴と言えば乱暴だし、機能的と言えば機能的。
 244円の時計の運針音が大きかったのに対して、さすが日本製ムーブメント(?)、ほとんど無音です。ガラスはミネラル(プラスチック)なのでキズがつきやすいかもしれません。
 というわけで、この夏はとりあえずこれをしてお出かけします。

Amazon Natural Park 腕時計

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.20

Niksa メンズ本革ベルト

20170521_162808 年使っていたベルトの穴がへたってきたので、新しいのを購入しました。今度は穴式ではなく、オートロック式。
 Amazonの評価が高かったことと、バックルのデザインがシンプルで気に入り、この商品をチョイス。
 今日届いたので、さっそく装着してみました。
 なるほど、これはいい感じですね。まず、本革ベルト部分が柔らかくて高級感がある。今までも本革を使っていましたが、なんとなく固くてあまりしっくり来ていなかったのですが、これはとにかくしなやかでさわり心地最高です。
 ハサミで切って長さを調整しましたが、それも非常にスムーズにできました。いい革使ってますね。
 さらにオートロックが気持ち良い。革のベルト裏に樹脂のストッパーがあるため、革自体を歯で噛んで固定するタイプとは違い、ベルト本体に傷がつかない仕組みのようです。
 で、あんまり気持ちよいから、ギュッときつく締めたんですね。そうしたら、緩め方が分からなくて、プチやばい状況に(笑)。
 そう、説明書にリリースのしかたが書いてないんですよ。実は、バックル底部にリリーススイッチというか、ボタンというか、可動部分があって、それをある方向に動かすと実に簡単に緩むんですがね。なにしろ、そのボタンらしきモノを見つけるのにまず数分。見つけてから、どちらに動かしていいか、押すのか引くのか、回すのか、全く分からず数分間(笑)。
 一度覚えてしまえばなんてことないんですが、最初はビビりました(笑)。これは説明書に載せた方がいいですよ。せっかくパッケージも素晴らしく、また説明書もその他の意味では丁寧なのに。
 まあ、それは笑いの種として、とにかく製品自体はとてもいい感じです。あとはどのくらいの耐久性があるのか。仕事着用のベルトですから、毎日使うわけでして、可動部分や塗装部分、そして革ベルト自体の耐久性も心配と言えば心配です。
 しかし、まあこのお値段ですからね。とりあえずの印象は星5つといったところです。
 ところで、ベルトのバックルのデザインって非常に重要だと思うのですが、案外センスのないものが多いですよね。異様にゴージャスなのだとか。ブランド物をこれ見よがしにつけるのもどうかと思いますし、ま、プロレスのチャンピオンじゃないので、地味に行こうと思います。全体のバランスからしても。
 そうそう、プロレスのベルトもどんどん大型化、そしてゴージャス化していますよね。いくらゴージャスでも革部分の酸っぱさは時代を超えて変わらないそうですが(笑)。本革の宿命でしょうか。

Amazon Niksa メンズ 本革 ビジネス 紳士 ロング ベルト 穴無し オートロック式 サイズ調節可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.13

285円の腕時計(笑)

Th__20160914_103254 しいので小ネタで。
 ずいぶん前に愛用していたスカーゲンの腕時計が止まりました。電池切れでしょうか。かつて1回自分で電池交換をしましたので、今回もと思いAmazonで検索していると…、2900万円の腕時計を見つけて大笑いしました。
 で、結局何も買わず腕時計なしでずっと過ごしていたんですけれど、最近やっぱり不便を感じて検索したんですね。そうしたら、今度は逆のパターン…あれれ、ボタン電池と同じ値段で立派な(?)時計が買えるではないですか!
 ま、285円で送料もかからないというから、だまされたと思って注文してみました。
 もちろん中国製。中国から配送されるということで、結局手元に届くまでに2週間以上かかりましたが、まあ手にしてみて驚いたのなんのって。
 だまされたどころか、なんだかとってもステキな時計です。ほぼ写真のイメージどおり。ちゃんと動いてるし(笑)。
 ガラス面のカットも凝っていて、なんとなく高級感を醸し出しています。ベルトがちゃちいというレビューも多くありますけれど、まあレザーですし、こんなものでも充分でしょう。なにしろ300円以下なのですから。
Th__20160914_105957 文字盤のデザインもシャレてます。私のところに来た製品はちょっと中心がずれているのですが、気にしない気にしない。これが数万円、いや数千円出したモノなら、ちょっとガッカリですが。
 なんでこれが285円で中国から届くんでしょうか。経済システム、どうなっているんでしょう。
 けっこう売れてるみたいなので、それなりに儲かってるんでしょう。原価、人件費、送料とかどうなってるんでしょうか。
 こういうバカ安腕時計、けっこうたくさんAmazonにあって、なかなか個性的なデザインのものもあります。それこそだまされたと思って、いろいろ買って、気分で着替えながら使うといのうもありじゃないでしょうか。
 あとはいったい何年、いや何ヶ月駆動するのかというところですね。それも楽しみであります。
Th_img_5555_2 そうそう、Amazonで腕時計と言えば…上掲の2900万円の腕時計ほどではありませんが、この99%OFFもすごいですよね。なんでこういう参考価格になるんでしょうか(笑)。
 Amazonって、こういう見方をすると、けっこう面白い商品がたくさんあります。お坊さん(葬式)の宅配に近いものもありますよ。ヒマつぶしに、そういう「ウィンドウショッピング」はいかがでしょうか。

Amazon ファッション腕時計

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

牛革軽量ウォーキングシューズ2種 (アシックス)

Th__20160906_112502 日は本当に軽いネタ。軽いモノ。
 8月に自分の誕生日があったのですが、誰も祝ってくれないので自分でプレゼントを買いました(笑)。というか、ずっと履いていたウォーキングシューズの踵がダメになってきたので、たまっていたポイントを使って購入したわけです。
 購入したのは2種類。仕事用の「黒」と休日用の「茶」。本革で軽量、疲れず、そしてある程度安価なものを探していたところ、結果として両方ともアシックスの製品となりました。
 黒い方は「TABIBIYORI(タビビヨリ)」。いかにも高齢者の小旅行用という感じのデザイン。ある意味一番かっこ悪いと言われる革靴ですね。
 まあ、とにかく履きやすければ良い。スリッポン式に履けるのが一番。そういう意味では完璧です。ちょっとオシャレな革靴は車に常備しておいて、普段はこれで通勤しております。
Th_719ycrjtv8l_ul1500_ 茶色の方は「Hite Luck(ハイテラック)」。こちらもステキなネーミングですね(笑)。「履いて楽」ということでしょうか。ネーミングはオヤジギャグですが、こちらは若い人が履いても恥ずかしくないデザインです。
 履き心地もいいし、なにしろ牛革なのに軽い。驚きの軽さです。
 両方とも今のところ満足していますが、あとは耐久性ですね。特にソールと踵部分。
 いずれにせよ、これから一緒にいろいろな所に行くことと思います。どんな土地でどんな土や床を踏むことになるのでしょうか。

Amazon TABIBIYORI 柔らかコンフォートカジュアル Hite Luck ウォーキングシューズ牛革軽量IL-130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.04

十六菊花紋のカフス〜戦前のシュメールブーム

Th_img_5490 日は軽くて重いネタです。
 最近、カフスボタンを集めるのが趣味になっております。実際仕事の時にもしていきますから、実用的な趣味ですし、ファッションと言えばファッション。
 で、以前からどうしてもほしかったデザインのカフスを本日入手いたしました。そのデザインとは「十六弁菊花紋」。皇室を象徴する「菊の紋章」ですね。
 いえいえ、決して私は右翼ではありませんよ(笑)。まあ左翼でもありませんが。
 マニアックで変わり者のワタクシとしては、この菊花紋は皇室の象徴であるのはもちろんのこと、シュメール文明の象徴でもあるんです。
 ご存知の方はご存知でしょうが、菊花紋に似た文様や紋章が、古代バビロニアの遺跡が出てきたとかいう話があります。
 また、元禄時代に出島に来たドイツ系オランダ人医師ケンペルが唱え始めたという、「日本人シュメール起源説」と、その展開系たる戦前のシュメールブーム(スメラミコトとは「スメル」の神とか)、そこから発したとも言える日ユ同祖論も含めて、私はずっと興味を持ってきました。
 もちろん歴史的な事実かどうかは眉唾ですが、実際にそうした「トンデモ説」が世の中を動かしていたという「歴史的事実」に興味があるのです。つまり、古代史としてではなく近現代史としての興味。
 そう、もうお分かりと思いますが、私のライフワークである、宮下文書(富士古文献)、出口王仁三郎(大本)、仲小路彰(スメラ学塾)の三者に共通するのは、実はそのあたりだったりするわけです。
 戦前の仲小路彰はまんま「シュメール学」を日本の国体と結びつけていますし、王仁三郎の霊界物語の舞台の多くはペルシャ周辺、また宮下文書における高天原は、解釈によってはやはり西アジアにあったことになります。
 そのいずれもが、当時のある種のブームに影響を受けたと言えます。そして、そうした影響がさらなる影響を増幅して、たとえば大東亜戦争につながっていったとも言えます。
 そのへんを、単なる「トンデモ」としてではなく、現実の歴史として研究していくことも、未来の日本にとって非常に重要であると考えます。
 とりあえず、大天才たちがそのトンデモになんで引っかかったのか。いや、実はそれがトンデモでもなんでなく、事実、あるいは真実を伝えているのかもしれない…。
 ちなみに、戦前のシュメールブームを支えた大ベストセラーが、スメル学会会頭三島敦雄著「天孫人種六千年史の研究」です。この本は当時100万部売れたというから驚きです。戦後はGHQによる焚書対象となりました。
 この「天孫人種六千年史の研究」はこちらのブログで読むことができます。ありがたいことです。
 ちなみにこの本の序を書いている、東大の法学者であった筧克彦は、宮下文書の研究会「富士文庫」の顧問。大正天皇のお后、貞明皇后さまに歴史を教えていた人で、あるルートで王仁三郎ともつながっていました。
 また、巻末の跋文を書いている原田敬吾はバビロン学会の創始者。このバビロン学会は、戦後、三笠宮さまのオリエント学会につながっていきます。そこで、仲小路彰ともつながってきます。
 実に面白い系譜ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.25

仲小路彰 『絹の道について』

Th__20160826_124610 日は「絹」に関して、またまた嬉しい大進展がありました。先日の 私たち(安倍昭恵さん、宮下織物さん、山口家)の妄想が、こんなにすぐに実現の端緒につくとは…恐るべき天の計らいであります。
 そんな私たちの未来的妄想には、様々なベースとなる歴史的事実があり、歴史的な人物がいるわけですが、やはりここのところの動きには、この富士北麓に縁が深く、また絹に対する本質的な理解者であった、天才歴史哲学者(思想家)仲小路彰の見えない力を感じます。
 今日は、その仲小路彰が「絹」について書いた文章を紹介します。仲小路彰の文章はなかなか世に出ないのですが、これは私が古本屋で見つけた何冊かの「地球との対話シリーズ」の一つ、第53号「絹の道を求めて」の序文です。
 これが書かれたのは昭和30年。このあと、東京オリンピック開催が決まり、それに伴って、高輪の光輪閣に「シルク・ギャラリー」が設けられたことは、先日書いたとおりです。
 そうした流れの原点になった文章であり、私たちはこれを半世紀後の現代に甦らせたいと考えているのです。
 ぜひお読み下さい。


   「絹の道について」  地球文化研究所(仲小路彰)

 日本の伝統は絹の上におりなされ、つぎ伝えられている。絹のように美しく、たゆるなく結ばれている。この伝統を、将来にも、より豊かにつぎ伝えることこそ「絹の道」の志向する目標である。
 「絹の道」は、かっての紀元前二世紀における東西文化の交易路としての「絹の道」が有したと同じく、二つの意味を持つものである。
 一つは、直接的な東西文化交流の主要交易品としての絹ーそしてこのことは対外貿易の主要産業の一つとしての絹を、今後日本がいかに発展させるかという、日本経済の問題に通ずる。
 一つは、絹によって象徴される日本文化の国際文化との交流、発展への広義の効果ならびにその間接的促進である。
 前者が経済的実質的効果を求めることに対し、後者は文化的、精神的効果を発揮し、しかもこの両者が互に別れることなく、相互に影響しつゝ、より有機的な発展をなさしめるところに、今後の具体的方途が示されるものである。
 それは、かつての「シルク・ロード」が、単に絹だけを運んだ交易路ではなく、より広い東西文化の交流の意義をもったことに対比され、しかも「シルク・ロード」は、ただに文化の消長のみならず、それをめぐる諸民族の幾多の興亡変転の歴史をも包合していたことを歴史的にも深く考うべきである。
 そこには東洋の特産物としての高価な絹がラクダの背に、幾多の劇的な旅中の挿話を残しつつ、はるばる西方に運ばれ、その高度の物質的掲載価値を示すとともに、広く東洋の芸術的優秀さがヨーロッパ文化に多大の影響を与え、同時に西域の文化を東方に伝えることに役立ったのである。その貴重な実証を今日日本においては、なお法隆寺、正倉院御物の世界に比類ない文化的伝統のうちに見出し得るのである。
 「絹の道」を通じて絹だけが運ばれたのではない。それはあらゆる文化の交流路であった。同じく「絹の道」も、今後の国際文化交流の中核として、その内面的充実と発展がなされるべきである。
 そして「絹の道」はあくまでも「道」として、東洋のもつ高い精神の原理を伝統的につぎ伝えゆくものであることを銘記すべきであろう。
 日本の歴史を上代以来つらぬき通してきた絹の深い伝統は、つねに日本文化の中心となり絹によって織りなされた高い生活と文化の諧調をあらわし来った。それは「絹の国」として、あらゆる生活が絹に結ばれ、養蚕にいそしむ農村のかくれた労苦に、また糸を紡ぐ工場の人々の勤労によってうけつがれ、伝えられてきた伝統の美しさのうちに、今後もなお、外面的に近代的設備の利用、拡充を図ることは当然としても、その内なる魂の純粋なる伝統を、いかにつぎ伝えてゆくかーこゝに「絹の道」の大きな使命がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧