カテゴリー「ニュース」の1000件の記事

2019.12.03

読解力の低下=◯◯◯の増加?

Th_1575365820_2019120300050212yom000view ISA調査 日本の読解力低迷 、読書習慣の減少も影響か

 さあ、国語のセンセーであるワタクシがコメントいたしますよ。

 アマノジャク宇宙人である私のことですから、世間様とはちょっと違うことを「あえて」書きます。

 まず、読解力の低下とは何かということ。これはズバリ

「読解力の低下」=「面倒くさがり屋の増加」

 です。

 そこから逆算しますと、「読書量の低下(本や新聞を読まなくなったこと)が原因」というのも眉唾です。

 「朝ごはんを食べない生徒の成績が低い、集中力がない」というのと同じくらい無責任な「懐古趣味」でしょう。先生はじめ、多くの「識者」が、「とりあえす昔は良かった」とか「自分はこうだった」というのを振りかざしている時は、まず疑ってかかった方がいいでしょう。

 「読書、新聞購読、朝ごはん」というのは昭和の常識です。そうでない世の中を目指し、作ってきたのは私たち大人でしょう。少なくとも子どもたちのせいではない。

 ちょっと言い過ぎましたかね。もう少し冷静に言うなら、こういうことです。

 「勉強が嫌いな子どもの家庭では、朝ごはんを食べさせないことが多い」

 「読書をさせたり、新聞を読ませたりする家庭の子どもは面倒くさがらず長文を読解する」

 それぞれの「家庭」が全く逆の性質を持っていることを明らかにしますと、これも差別的な発言だと糾弾されそうですね。しかし、そういうふうに常識的な因果関係を一度裏返してみることも大切なのですよ。世の中を読解するにあたっては。

 で、現場的に言いますと、私も含めてですが、凡人は基本「面倒くさがり屋」です。

 PISAのような舶来のテスト形式に慣れていない凡人にとっては、それはもっと面倒くさい対象になります。だから、白紙答案が多いのですよ。結果として平均点が一気に低下する。

 もちろん「面倒くさがらない」ことこそが「読解力」の入り口にあることも分かっています。しかし、その面倒くさがり屋さんたちに、「読書しろ」「新聞読め」と言っても、もっと面倒くさくなるだけで、なんの解決にもなりません。

 無理やり朝ごはんを食べさせたら、みんな成績が良くなるとか、学校を休むことがなくなるとか、集中力が増すとか、まあ巡り巡って結果として少しはあるかもしれませんけれども、「朝ごはん=勉強好き」という直接的な因果関係はそこにはほとんどありませんよね。

 朝ごはん食べないのも、食べさせないのも「面倒くさがり」の結果だったりします。

 しかし、その面倒くさがり屋たちも、いざとなると驚異の集中力を発揮すること知っています。そういう例がわんさかいます。今ちょうど期末テスト中でして、最強のぐうたら女である次女も、まさに火事場の馬鹿力を発揮しております(笑)。

 表面的な結果を表面的な因果関係だけで解釈して表面的に心配して表面的に騒ぐだけでは、本質的な改善にはつながりませんよ。

 では、どうすれば良いか。そのヒントは…極度な面倒くさがり屋のワタクシが、夜中起きてでもやっている「ゲーム」の仕組みの中にある…と真剣に思っています。

| | コメント (0)

2019.11.30

追悼 中曽根康弘さん(「憲法改正の歌」再掲)

Th_unknown_20191201154701 日、中曽根康弘元首相がお亡くなりになりました。101歳。

 2年前に「憲法記念日にちなんで」という記事を書き、中曽根さんが作詞した「憲法改正の歌」を紹介し、また、仲小路彰との関係について書きました。

 あらためて「憲法改正の歌」を聞いてみてください。なかなか勇ましい歌詞ですよね。たとえば、これを安倍総理が作ったとしたら、まあ大変な騒ぎとなるでしょう(笑)。

 しかし、ある意味では正しいことを言っている。しかし、歴史を宇宙から俯瞰すれば、やはり間違っている。私は仲小路の直観を支持します。

 

 

 ところで、ちまたでは「真実は墓場まで持っていく」発言が話題になっていますね。日航ジャンボ機墜落事件の真実のことなのか。それとも…。

 考えてみますと、私は偶然、日航ジャンボ機の事故の瞬間を目撃してしまったわけで(こちら参照)、そういう意味では中曽根さんとも因縁があるのかもしれません。

 いずれにせよ中曽根さんは、昭和という時代のある種の矛盾を体現した人物であったとも言えましょう。なにしろ、こんな歌を作って歌いつつ、ロン・ヤス関係を築いたわけですから。

 もう一つ、ご存知のとおり、中曽根さんは青春時代を静岡市で過ごし、富士山に対しては格別な思いをお持ちの方でした。今年、昭恵さんのご紹介で知り合った小田全宏さんは、中曽根さんをトップに立てて、富士山の世界遺産化を実現しました。そのあたりの裏話も面白いものがあります。

 また、富士吉田市に残る中曽根さんの書(こちら参照)。これもあまり知られていません。俯瞰しますと、いろいろ見えてくるのですが。

 ご冥福をお祈りしつつ、今一度、中曽根さんが富士山に託した思いというものを考え直してみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.11.26

「アルコールやたばこ、大麻より有害」

Th_d5ed2d9ea9f692e01cc794663da9812e 日、アルコールがやめられないと書きました。ものすごい大酒飲みではありませんが、毎晩寝酒に1合程度は日本酒をたしなみます。

 「酒は百薬の長」という言葉がある一方で、総合的に考えてかなり危険な薬物であるという考え方も根強くあります。

 2010年には、イギリスで次のような論文が発表されました。

Alcohol 'most harmful drug', according to multicriteria analysis

 他者への悪影響も含めると、アルコールは断トツで最悪な薬物というわけです。

 もちろん違法薬物の使用は許されるものではありませんが、たとえばここのところニュースを騒がせたMDMA(エクスタシー)は、ずいぶんと下の方にランキングされていますね。

 最近では、こんな記事もありました。ニュージランドの元首相のインタビューです。

「アルコールやたばこ、大麻より有害」と指摘した国際NGOリポートの中身

 これもまた、日本の実情からしますと、驚きの指摘ということになりましょう。ヘレン・クラーク元ニュージーランド首相は大麻解禁論者であるため、「大麻より」という表現をしていますが、大麻も上から8番目です(アルコールは1位、タバコは6位)。

 このランキング表をもって、大麻を解禁すべきとは言えませんが、ただ、危険性の高い酒やタバコが野放しになっていることの問題点は指摘してもいいと思います。

 変な話、酒も禁止されれば、私は飲まないでしょうね。そこまで依存していませんので。

 では、私はなぜ飲むのか。それは…とってもおいしい飲み物だからです。特に日本酒。いい日本酒のおいしさから逃げるのは難しい。ノンアルコールのおいしい日本酒(?)があれば、そちらでも構いません。どなたか開発していただけないでしょうか。

| | コメント (0)

2019.11.16

沢尻エリカ逮捕

Th_unknown_20191120171401 田に車で移動中、飛び込んできたニュース。あらら、ついに…というか、やっとというか。

 女優としての沢尻さんは、正直嫌いではありません。いや、けっこう好きな方です。天才と狂気は紙一重なのでしょうか。

 実は…個人的にはエリカ嬢周辺の方々から、いろいろと噂は聞いておりました。ここ数年、たまたまエリカ嬢に(とっても)近い方々と交流がありまして、その両面性についてたくさん話を聞いてきました。

 結論としては…決して彼女を擁護するという意味ではなく…周辺の人たちの中に、本当の悪者がいたということです。もちろん本当の善人もいたわけですが、圧倒的に悪者の方が多かったし、残念ながら強かったと。

 特に最も尊敬する友人でもある元夫の高城剛さんについては、あの頃は自らが悪役を買って出て、巨悪に命がけで対峙していたわけで、改めて「漢」だなと思った次第です。

 高城さん、私が今まで会った方々の中で、最も謙虚で礼儀正しく、そして本当に賢い人です。

 ちなみに彼は、お酒もいまや一滴も飲みませんし、世界一の健康オタクです。彼の大麻解禁論についても、彼の著作を読めば、ド真面目な正論であることがわかることでしょう。

 秋田でいろいろやろうと考えていたのですが、ちょっとしばらくは静かにしていようかなあ。余計な迷惑をかけたくないので。

 

| | コメント (0)

2019.11.05

米軍機の超低空飛行

Th_-20191106-153517 日のローカルニュース。

目撃相次ぐ 米軍機か 河口湖周辺を低空飛行

 地元民にとっては、あまりにも日常的な風景になってしまっています。

 ものすごい轟音が聞こえてきたかと思うと、ド迫力のお腹を見せて、大型のプロペラ輸送機が数機頭上を過ぎてゆく。一瞬陽が遮られてあたりが暗くなる。また、小型の戦闘機が猛スピードで過ぎていくこともあります。

 ということで、ここ富士山麓は米軍のやりたい放題です。米軍基地があるということもありましょうが、なんかそれ以上に日本を代表する風光明媚な場所という理由なのでは、と勘ぐってしまうほど賑わっています。だいたい天気のいい日に飛んでくるので。

 上の写真でも分かるとおり、どう考えても、高度が低すぎます。太平洋戦争中のB29でも、こんなに低くは飛ばなかったでしょう。

 自衛隊の方に聞いたところ、実際レーダー照射などをして、いわゆる実戦的な爆撃訓練をしている場合もあるのだとか。

 ウチの学校の上なんかよく通りますから、もしかするとターゲットになっているのかもしれませんね(苦笑)。

 言うまでもなく、これは「知ってはいけない」事実に基づく現象です。日本の空はアメリカのものです。

 明日からウチの娘が修学旅行で沖縄に行きます(首里城が…)。那覇空港に着く前に海の上を低空で飛ぶから見ときな、と言ってあります。もちろん、それはある高度から沖縄の空はアメリカのものだからです。

 

| | コメント (0)

2019.10.28

追悼 八千草薫さん

Th_-20191029-123641 念な訃報。八千草薫さんが亡くなりました。

 私にとっての八千草さんのイメージは、寺山修司の「田園に死す」の人妻化鳥。あまりに美しく、可憐で、都会的で、しかし実に残酷な女性。

 寺山のエログロワールドに咲く一輪の白い花かと思いきや、とんでもない。しっかり女という存在の両面性を演じております。

 いろいろな異形の女が登場するこの映画の中で、青年だった私はとにかく八千草さんが怖くてしかたなかった。一番まともな、現実的な女性に見せかせて、最も恐ろしい妖怪のように見えたのです。

 異形であれば構えますが、あれほど美しい白い花には本能的に惹きつけられてしまう。危ない存在。

 特に、白い花の雌蕊とも言えるあのふくよかな赤い唇には、まさに恐ろしい色気を感じずにはいられなかった。実に危ない。

 この作品を観なければ、私は、八千草さんを単に上品なおばさま女優くらいにしか思わなかったかもしれません。寺山修司にも感謝です。

 ご冥福を心よりお祈りします。

 

 

| | コメント (0)

2019.10.25

南アルプス市 ふるさと文化伝承館

Th_afr1910250062p1_20191026090501 日も大雨。朝、焼津から富士吉田に帰ってきたのですが、ずっとすごい嵐でした。海水の温度が高い状態はこれからも続きますので、この秋口の荒天は恒例のものとなるでしょう。あとは人間側の対策いかんです。

 さて、そんな中、今日こんなニュースがありました。

台風19号】武田信玄が築いた堤防が一部陥没 山梨の御勅使川

 御勅使川…みだいがわと読みます。難しいですね。

 実はちょうど22日に御勅使川の氾濫と治水について、専門家のお話を聞いてきたところでした。

 南アルプス市の「ふるさと文化伝承館」。

 ここに関しては9年前、こちらにディスクレシア(失読症)と縄文について書きました。歴史上の天才たちはもちろん、縄文人はみんな文字が読めなかった!ゆえに天才。

 昨年この「ふるさと文化伝承館」がリニューアルしたということで、久しぶりにうかがったわけです。実はこの伝承館が位置する「小笠原」は、「山口氏」のルーツでもあります。

Th_img_4873 9年前にうかがって衝撃を受けた「世界的縄文土器がゴロゴロある」感はそのままで、さらに最近の中部横断自動車道工事で見つかった、のちの時代の遺物や、それこそ御勅使川の治水、あるいはこの度の台風被害でなぜか英雄的に語られた「信玄堤」が、「こちら側」では「うらみの信玄堤」だったという事実が、新たに整理され展示されています。そこがまた面白かった。

 味のある(ありすぎる?)係のおじいさんが、詳しく熱く説明してくれて、それがまた、なんというか妙に縄文ワールドとマッチしていて最高。

Th_img_4874 これを無料で体験できるなんて。正直、今縄文をやっている県立考古博物館や、ちょっと有名な釈迦堂遺跡博物館より、ずっと面白いですよ。

 キャラのラヴィちゃんも妙な可愛さがありますね(笑)。

 

ふるさと文化伝承館FB

 

 

| | コメント (0)

2019.10.24

清見寺の朝鮮通信使詩書

Th_34 日、日韓両首相が会談したようですね。戦後最悪と言われる両国の関係ですが、民間レベルでは相変わらず韓国アイドルや韓国ドラマの人気は高く、そちらはある意味戦後最良とも言える状況です。

 今日はたまたま、静岡は興津の清見寺を参拝いたしまして、かつての両国の友好関係を垣間見る機会がありました。

 この清見寺には、江戸時代に来日した朝鮮通信使たちが残した多くの漢文が残されています。それが刻字されて仏殿に掲げられていました。

 それぞれ、立派な五言絶句・律詩、七言絶句・律詩です。日韓(朝)が中国を通じてつながるというのも面白いですね。日中韓の幸せな関係です。

 今では、韓国では漢詩の勉強はしないのではないでしょうか。それどころか、現代中国人は漢詩・唐詩などは読めないようです。日本人が一番中国の古典を勉強している。

 秀吉の朝鮮出兵で崩れた日本と朝鮮の関係を、家康は見事に修復しました。ここから学ぶべきことはたくさんあります。

 この清見寺の朝鮮通信使詩書・遺跡は、県の文化財、国の史跡であり、またユネスコの記憶遺産となっています。まさに世界レベルでの平和友好の象徴と言えましょう。

 なお、清見寺には素晴らしい鐘があるのですが、その鐘楼には「瓊瑶世界」と刻まれています。「瓊・瑶」はともに「輝く玉」という意味だそうで、二つの輝く玉とは、日本と朝鮮のことであると、ご住職の解説がありました。

 また、琉球王朝との交流を伝える「永世孝享」の扁額もあります。鎖国していた江戸時代、ここは実に国際的だったということです。

清見寺公式

 

| | コメント (0)

2019.10.22

花園天皇 『誡太子書』

Th_ehdegcnvaaeax0 位礼正殿の儀も無事終わりました。これで天災も減ることでしょう。特に水に関する災害は。

 いろいろ語りたいことはありますが、儀式については今日は一言だけ。アメノウズメによってアマテラスが顔をのぞかせまして、虹まで架かりましたね。

 素晴らしいと思いました。さすがですね。全体を見ませんと、それぞれのお役割はわかりませんよ。残念がったり、批判したりするのは人間レベルでの話。以上。

 陛下のお言葉を拝聴しながら、思い出されたのは、第95代花園天皇が上皇時代に、甥でもある当時の皇太子(のちの北朝1代光厳天皇)に残した、ある意味大変厳しいお言葉。

 天皇になる者として、いかに徳を積むことが重要か。宮中にいるといかに世間知らずとなり、国民から遠い存在になってしまうか。システムとして自動的に天皇になってしまう危険性…。お前恥ずかしくないのか!?と。

 たしかに、時は南北朝時代。皇室が二分され、今風に言えば「国民分裂・分断の象徴」になってしまった時代ですからね。しかし、今まで何度か書いてきたように、実は700年前に後醍醐天皇が即位して以来、分裂してしまった皇室が、また一つに統合される、和合するチャンスがこのたびの御代替わりなのです。最後のチャンスかもしれない。

 それをよく御存知の陛下は、学生時代からこの「誡太子書」を「花園天皇という天皇がおられるんですけれども……誡太子書(太子を誡〈いまし〉むるの書)と呼ばれているんですが、この中で花園天皇は、まず徳を積むことの必要性、その徳を積むためには学問をしなければならないということを説いておられるわけです。その言葉にも非常に深い感銘を覚えます」とおっしゃり、大変重要視しております。

 内容だけではなく、歴史的な流れの中で、ご自身のお役割をよくお分かりになっておられるということです。さすがです。

 ちょうど私も、あさってから花園上皇の御所であった妙心寺の関係学校会議に出席します。これも何かのご縁と観じて勉強をしてこようと思っています。天皇に徳が必要であるということは、私たち国民にも徳が必要だということです。

誡太子書

| | コメント (0)

2019.10.21

QRコード

20191022-161404 も自分の名刺に、このブログへの誘導QRコードを印刷しています。

 最近では、日本でもQRコード決済が普及しはじめていますね。中国では本国日本よりもずっとQRコードが生活の一部として浸透しています。

 ご存知のとおり、このグローバルな2次元コードは、自動車部品メーカーのデンソーが開発しました。そのあたりの経緯については、最近のこちらの記事に詳しく書かれています。

 なるほど、漢字に対応しようとしたところが、結果として中国での普及につながったということですね。そして、オープンソースとしたこと。まあ、開発当時はトヨタの外に飛び出してこれほど世界的に普及するとは思わなかったのかもしれませんが、日本発のアイデアがこうして日本発であることを忘れてしまうほど一般化し、世界の発展に貢献しているのは、うれしいことですね。この前書いたブロックチェーンもそういう存在になっていくかもしれません。

 なんというか、デザインとしてもなぜか親しみがわくんですよね。デジタルだけれども、どこかアナログな顔をしているんですね。

 もう四半世紀も前に開発されたQRコード。これからますます進化していきそうですね。こんなニュースもありました。

 

 

QRコード公式

| | コメント (0)

より以前の記事一覧