カテゴリー「ニュース」の1000件の記事

2021.06.17

白頭山に噴火の兆候?

Th_unknown_20210618140501 朝鮮と中国国境の聖地、白頭山は巨大火山です。その白頭山に噴火の兆候が見られるとのニュースが。

 最後の噴火がいつかは、正直はっきりしていないのですが、活発な活火山ですから、まあいつ噴火してもおかしくはありません。

 白頭山の噴火と言えば、946年の大噴火ですね。西暦以降の世界最大規模の噴火と言われ、日本にも火山灰が到達しました。

 そのあたりの約100年間、極東は非常に活発な地殻変動に見舞われました。

 以前も書きましたが、日本ではこんな感じです。

 864年貞観の富士山噴火→869年貞観の三陸沖地震(津波)→887年仁和の東海・東南海・南海連動型地震→888年八ヶ岳水蒸気爆発?&山体崩壊→915年十和田大噴火(日本史上最大規模)

 日本史上最大規模の十和田火山噴火の30年後、今度は日本海をはさんで西の白頭山が世界史上最大規模の大噴火を起こしたわけです。また、その前、893年、917年にも噴火したという記録が残っていますから、本当にすさまじい100年間ですね。

 915年の十和田噴火と917年の白頭山噴火も間違いなく呼応関係があるでしょう。そして、写真で分かるとおり、両火山ともに、巨大な美しいカルデラ湖を形成しました。

 奇しくも2011年の東日本大震災が発生して10年。まだ10年ですよ。地球の時計から言えば10年なんてほとんど同時。100年でさえもちょっとあとという感じです。

 ですから、これから数十年の間に、白頭山や富士山が噴火したり、南海トラフ巨大地震が起きる可能性は十分あるということです。

 人間にとっての「忘れた頃」なんて、それこそ地球のまばたき程度の時間なのです。そのことを忘れないことが大切でしょう。

| | コメント (0)

2021.06.14

追悼 小林亜星さん…あなたとコンビに…

Th_unknown_20210615084301 曲家にして名俳優でもあった小林亜星さんがお亡くなりになったとの報が…。

 「北の宿から」という名曲を残してくれただけでも本当に素晴らしい作曲家でした。

 しかし、作曲家として特に評価すべきは、歌謡曲ではなくCMソングでしょう。いちいち挙げませんが、あれもこれもです。全て一瞬で印象に残るメロディーばかり。

 これってコピーライターの仕事と似ていますよね。短いパッセージをいかに印象的にするか。その商品の、特に映像印象とどう有機的に結びつけるか。

 そういう意味で、私が特に「すごいな」と思っていたのが、あのコンビニのテーマソングです。

 ファミリーマートというと、あの入店音「大盛況」が有名というか印象的ですが、実はこちらのテーマソング(サウンドロゴ)も耳になじんでいますね。Img_7780

 楽譜を見てください。たった12個の音符を並べただけですが、どこか温かみを感じる音印象になっていますよね(ちなみに入店音は11個の音符)。

 歌詞の「あなたとコンビに、ファミリーマート」はコピーライター仲畑貴志さんのお仕事です。

 最小限の情報で最大限の効果を上げるという意味では、日本人は俳句や短歌の歴史を持っていますよね。逆の言い方をすれば、行間、音間のイメージを大切にしているということ。

 いや、少ない情報どうしの関係性のクオリアに、モノの本質を感じるということです。関係性においては、実はコトという情報の数が少ない方が多様性や深さを担保できるんですよね。

 コトという不動点が増えると、その引力のベクトルによって、どんどん自由度が下がっていく。科学は基本、そういう方向性を指向し、西洋音楽もそちらに向って発達しました。

 日本の文化の本質は、コト(言語)ではなくモノ(非言語的印象)にあると、私は考えているので、こういうコピーやロゴに興味がありますし、自分も比較的そういうモノが得意なのです。

 このファミマのサウンドロゴは2017年に「音商標」として登録されました。小林亜星さんの偉大なるお仕事は永遠に語り継がれ、聞かれ継がれることでしょう。

 最後に、弔意と敬意を込めて、海上自衛隊による小林亜星オムニバスを紹介します。いかにすぐれた「モノガタリ」作家であるかが分かります。そして、ニセ亜星がいい味出してますね(笑)。

| | コメント (0)

2021.06.01

mineo パケット放題 Plus

20210603-93623 日は極小スマホを紹介しました。今日はその回線について

 通話に関しては基本AUの回線を使っているのですが、データ通信に関してはこちらを契約しました。mineoです。

 これもちょうど今日からの提供。すでに娘たちはずっとmineoを使っており、彼女たちの評判も大変良いので、私も1回線契約しました。

 私はデータ通信のみのシンプルタイプ。データ容量は(たった)1GBです。娘たちは通話もできるデュアルタイプですの最低容量1GB。

 それで足りるかというと、実は今日から提供される「パケット放題 Plus」が秀逸なのです。要は契約容量に関係なく、385円払うと1.5Mbpsでネット使い放題になるのです。

 正直、普通に動画を観たり、音楽を聴いたりする分には、1.5Mbpsあれば充分。昔のADSLと同じくらいですからね(ちなみにウチはいまだにADSLです)。

 実際テスト期間があって、娘たちがその恩恵に浴しており、東京でも全く問題なく使えるとのことでしたので、私も契約しました。主に車の移動中にナビを使ったり、音楽を聴いたり、ポッドキャストを聴いたりするために使います。

 最近大手キャリアも格安プランを発表しておりますが、なんだかんだ言って、20GBなんてすぐ使い切ってしまいますよね。そしてそれをいつも気にしながら使うことがストレスになります(私は)。

 だったら多少遅くとも「使い放題」の方がよい。ちなみに月額料金は複数回線割引もあって1,215円です。

 あとmineoは非常にユーザーライクなサービスが多いのでおススメですよ。もし、興味をお持ちの方は、手数料3,300円が無料になる、下記エントリーパッケージを使いましょう。

Amazon mineoエントリーパッケージ

| | コメント (0)

2021.05.23

『姉妹坂』大林宣彦監督作品

Th_81iswhrohol_ac_ul320_ 「げ恥婚」が大ニュースになっております。まるでロイヤルウェディングのようですね。

 みくりのお母さん役、富田靖子さんのファンであるワタクシとしては、ワイドショーなどに富田さんが登場するかと思って楽しみにしていたのですが、残念ながら…。

 で、富田靖子さん、そして「逃げ恥」と同様に少女漫画原作の映画ということで、この作品を久々に鑑賞いたしました。

 大林宣彦監督の代表作でありながら、なぜか長いことDVD化もされず、あまり注目されていなかったこの作品。

 原作の昭和少女マンガのあの雰囲気と、大林監督の良い意味での嘘臭さが見事にマッチした名作だと思います。久々に鑑賞しましたが、なんか感動してしまいました。

 1985年の作品。美しい四姉妹の物語といえば、この映画の2年前に公開された「細雪」を思い出します。私もこの1983年版の細雪(市川崑監督)が好きです。

 「細雪」の四姉妹は、岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子。うん、すごい。美しい。

 「姉妹坂」の四姉妹は、紺野美沙子、浅野温子、沢口靖子、富田靖子。うん、すごい。こっちも美しい。

 昭和の新旧対決という感じですよね。

 旧では、佐久間良子さん、新では浅野温子さんの演技が光りました。つまり「次女」。

Th_819h0j2rydl_ac_ul320_ 特に今回しみじみすごいなあと思ったのは、浅野温子さん。なるほどトレンディドラマの女王だったのも、こうした基本的な演技力に支えられてのことだったのですね。

 ストーリー的には、まさに昭和の少女マンガ的であり、恋愛のすれ違いと不治の病、そして…と、ハラハラ・ドキドキとなんとも煮え切らない感が、逆に新鮮だったりします。

 細雪ほどではありませんが、今どきの恋愛、たとえば「逃げ恥」とはかなり違った、ある種の「暗さ」があっていいですね。

 興味を持った方は、こちらでどうぞ。

Amazon 姉妹坂

| | コメント (0)

2021.05.19

追悼 田村正和さん

 さんにとっては、古畑任三郎のイメージが強いかもしれませんね。田村正和さんがお亡くなりになりました。


 私の印象の中に強く残っているのは、映画「日本の黒幕(フィクサー)」での正和さんでしょうか。


 阪妻の息子としての苦労もあったことでしょう。また映画では、お兄さんや弟さんの後塵を拝していたとも言える正和さんですが、その後テレビドラマで圧倒的な存在感を示すのでした。


 佐分利信さんはじめとする古い世代の皆さんの中で、この「日本の黒幕」での微妙な役どころを、見事に新しく演技していたと感じました。



 


 テレビドラマでは、何度も紹介している「うちの子にかぎって」での先生役でしょうかね。古き良き時代の小学校の先生。伝説の美女子役である磯崎亜紀子さんや、16才でバイク事故死してしまった高橋良明くんの姿も懐かしい。


 ご冥福をお祈りします。


| | コメント (0)

2021.05.03

今起きていることは「国際紛争」なのか?

Th_d850f896326455dc297bafe93cd659d4 年、この日になると憲法のことを書きます。

 世論調査では改憲派が護憲派を上回っているとのこと。ただし、改憲派には多くのレイヤーが存在していますが、護憲派は一枚岩だということを忘れてはいけません。

 私の立場は非常に明確です。

 日本語としての瑕疵や時代に合わない部分など改訂すべきところは改訂する。改正ではなく改訂です。

 9条は戦争の形態が大きく変わっている現在においては問題山積ですが、だからこそ「放置」する方が良い。9条だけは抽象的、未来的な捉え方をするのが良い。

 また、その制定過程を考えると、つまり、それが(昭和)天皇の命と同価値であることを考えると、9条を改訂することは天皇の否定につながる。そのことを忘れている国民が多すぎる。

 そのことに関しては、2年前の今日、改憲派のトップに直接お話をさせていただき、ご理解をいただきました。

日本国憲法の奇跡

 今日は、今年1月に紹介した仲小路彰の憲法(9条)観を再び紹介します。仲小路彰は高松宮さまのブレーンでした。当然、昭和天皇の意志を知る立場にあったわけで、その時点ですでに、我々一般国民とは違う次元から、日本国憲法を見ていました。

 ここでの「世界革命勢力」とは、もちろん共産主義のことであり、「旧概念の国家戦争」に対する新しい戦争概念とは、情報戦、心理戦、生物兵器戦などのことです。

 現在の世界の状況を考えながら、ぜひお読み下さい。今起きていること(コロナ含む)は、はたして国際紛争なのでしょうか。もし国際紛争ではなく、「世界的破壊性をもった内外よりする革命」であったとしたら、私たちは(新しい概念の)自衛的な戦争をすることも可能なのではないでしょうか。

 

 昭和28年12月発行「地球との対話 16 憲法改正可否に関する具体的問題」より

 今後、日本が自ら防衛し、また阻止しなければならない戦争とは、本質的な意味において、世界的破壊性をもった内外よりする革命であり、第三次世界大戦とは、まさに世界革命勢力の侵入に対する防衛に他ならないであろう。日本は現憲法に規定された旧概念の国家戦争には今後絶対参加する意志はなく、この点現憲法の精神は、日本の決意を示すものとして、そのままなんら変更される必要はないのである。

 (中略)

 この観点に立って平和憲法を考えるときそれは日本の進むべき方向を明示した、むしろ、未来への宣言として考えられるべきものであり、近代国家概念をこえた次の時代に導く最も象徴的、哲学的な最高の理想というべきである。そこには改正されるべきなにものもないであろう。

 (中略)

 それは今後全世界にわたる革命による破壊をもこえて、各国各民族をしてここにまで至らしめねばならない地球の普遍的法の原型となりうるものである。

 それは平面的な憲法改正論の次元をこえたものであり、むしろ平和への最高の道徳律として、さながら聖徳太子の十七条憲法が最高の道徳的規範として、今日にいたるまで少しもその意味を失っていないようにいかなる現実の変貌にも耐えて、今後の人類の方向を導く象徴となるものである。

| | コメント (0)

2021.04.24

追悼 レスリー・マッコーエン (BCR来日ライヴ)

 

 う開き直って、昭和の話ばっかりのブログにしましょうか(笑)。なんだか、自分が年寄りになったような気がして複雑な気持ちなのですが、しかたないですよね、実際すごい時代だったと思いますし、私自身、微妙に嫉妬のようなモノすらありますので。

 で、今日はベイ・シティ・ローラーズのレスリー・マッコーエンの訃報に触れ、なんだか自分の人生の終りも実は近いのではないかと思ってしまったのでした。

 レスリーはまだ65歳、一昨年でしたか来日したばかりですよね。昨年亡くなったイアン・ミッチエルは62歳でしたっけ。私よりちょっとだけ先輩の皆さんですから、なんだか自分のことのように感じてしまいますよね。

 それにしても、彼らが日本で一大ブームを起していたのが、1976年、77年あたりでしょう。細野さんは中華街ライヴとかやってた時ですよね。YMO前夜。

 私は小学校から中学校に上がるあたりでして、姉の影響でビートルズを聴き始めた頃。ある意味、ビートルズの一面である、ブリティッシュ・ポップ・ロック、あるいはそのアイドル的の側面においても、正統的な継承者であったかもしれませんね、BCRは。

 実際、アメリカのチャートでも1位を取っていますし、そのバンドとしての完成度もそれなりだったと思います。

 私はその後、そうしたポップ・ロックの系統としてのELOにどっぷりハマっていくわけですが、そのきっかけを作ってくれたのが、このBCR、そしてレスリーだったのかもしれません。

 この映像、なんとも懐かしい時代感がありますね。この日本人女性たちの熱狂ぶりも、10年前のビートルズに匹敵するものがありました。まさに新時代のビートルズとして受け入れられていましたからね。

 あらためて彼らの残したきらめくような名曲たちを聴きながら、レスリーのご冥福を祈りたいと思います。

| | コメント (0)

2021.04.13

追悼 麒麟児関

 

 関脇麒麟児の垂澤和春さんが67歳という若さでお亡くなりになったとのこと。

 麒麟児関といえば、やはり心に残っているのは、昭和50年夏場所の中日の天覧相撲ですね。伝説の富士桜戦。

 両者の素晴らしい回転のつっぱり合いに、私と同様、先帝陛下も身を乗り出して興奮されていました。

 当時は横綱北の湖や大関貴ノ花らが人気で、小学生の間でも大の相撲ブーム。私も小学校の砂場で毎日相撲取っていました。

 友人の中にも、つっぱりを得意としているやつがいて、そいつとの取り組みでは私もムキになってつっぱりました。それが次第に本気になってきて、しまいには取っ組み合いのケンカになり、土俵がプロレスのリングに変わってしまうなんてこともありましたっけ(笑)。

 今、こういう相撲ないですよね。水入りもほとんど見ないし。スタイルが変わったというより、まあいろいろ八百長問題等があって、いわゆる興行的な部分…それは天皇陛下をも喜ばせる神事でもあるのですが…がなくなってしまったということでしょうかね。残念です。

 それにしてもこの一番、本当に久しぶりに観ましたが、立ち合いからしてすごいですね。そして二人の息遣い。最後の麒麟児の上手投げのタイミングも見事ですし、単なるつっぱり合いとしてだけではなく、見るべきところがたくさんあります。古き良き時代かあ。

 余談になりますが、富士桜関は山梨出身です。当時の私は東京に住んでいましたが、まさか未来に山梨県人になろうとは思いませんでした。そして、住んでいるところは「富士桜高原」ですからね。不思議な感じがします。

 ということで、様々な感慨とともに、麒麟児関のご冥福をお祈り申し上げます。

 

| | コメント (0)

2021.04.02

南海トラフ地震や首都直下地震、富士山噴火。天災リスクのリアル

 

 このところ、富士山ラドン濃度が乱高下しております。10年の経験上、このような時は比較的近場の地下で何か動きがある可能性があります。

 富士山本体の火山活動ですともっと高い数値になると思いますので、どこかの地震活動の予兆かもしれません。

 先日、駿河湾震源の地震があり、当地もドンと揺れました。もう半世紀近く言われている東海大地震も含んだ東南海地震の発生も、いよいよ秒読みになってきたと感じます。

 まあ、富士山噴火にせよ、東南海・南海地震にせよ、首都圏直下地震にせよ、私が生きているうちに起きる可能性は(自分が明日にでも死なないかぎり)100%に近い。

 これほど確度の高い未来の事象なのですから、当然その準備をすべきです。たとえば、今乗っている車が数分後に事故を起こすことがわかっていたら、みなシートベルトをしますよね。

 それなのに、自然災害に関しては、なぜか私たち人間はある種の諦めというか、みんなで見て見ぬふりをするというか。

 そんなことをこの番組では厳しく指摘してくれています。多少脱線しているところもありますが、そこも含めて日本人の問題点が浮かび上がっていますね。

 自然の脅威に関してある種の諦めを持つことは、昨日の内田さんや先日の鈴木大明神が語っているように、一方では美徳になりうると思いますが、それが行き過ぎると弱点に転じます。

 この対談の中でもどなたかが言っているように、私たちの生活がテクノロジーによって「平時」は非常に便利で、快適で、不安が少なくなっています。では、「非常時」はどうでしょうか。平和ボケではありませんが、どうにも私たちは意図的に忘れようとしているようです。

 10年前の、あの大災害でさえ、すっかり過去のこと、他人事になってしまっていないでしょうか。

 天災は忘れた頃にやってくる。その「忘れた」は、記憶が薄れるという意味ではなく、見て見ぬふりをするようになったという意味なのです。

 最後に、私は鎌田浩毅さんのファンです(笑)。以前紹介したこの本おススメですよ。

 地学ノススメ

| | コメント (0)

2021.03.31

ホモ・パティエンス(悩める人)

Th_utslppsfritt-energisystem_till-press_ 境問題はエネルギー問題であり、それが実は戦争のない平和な世界への基礎課題であることは、皆さんもよく理解されていることと思います。

 それは昨日紹介した鈴木孝夫先生も常に強調していたところであります。

 今日、こんな記事を読みました。

太陽エネルギーを18年間保存できる液体が開発される 常温で保存可能で繰り返し使える

 たとえばこの「太陽エネルギー・ストレージ」など、どう評価すればよいのか。

 なるほど、たしかに北欧の人たちにとっての太陽エネルギーを備蓄することは夢のような話ですよね。

 それは一見、素晴らしいことのようでありますが、あくまでもこれは人間の「快適への欲望」、すなわち分かりやすく言えば、たとえば私が夏のクソ暑い日に、この暑さをあの厳寒期に持っていければなあとか、反対に寒い時にその冷気を夏の昼間に使えればなあとか、快適な春や秋の季節に一年中この陽気だったらいいのになあとかいう妄想の実現のためのテクノロジーだということを忘れてはいけません。

 私たち人類の生活は快適になりますが、はたしてそうして局所的であれ四季をなくすようなことが、人類以外の生物、あるいは地球全体にとっていいことなのか、それは常に意識しなければならないでしょう。

 私もここ20年くらい、エネルギー問題解決のために、核融合発電と大型キャパシタによる蓄電ということをずっと考えてきましたし、実際科学者や技術者の方々と現実的な討論をしてきました。

 しかし最近、ちょっと違うかなとも思い始めているのです。いくら再生可能エネルギーであったり、ゼロ・エミッションであっても、やはり地球環境に人為をほどこすことには変わりないのであって、根本的なところで「環境に優しくない」のかもしれないと。

 究極的には、ホモ・サピエンス、いや鈴木孝夫大明神のいうところの「ホモ・スチュピド・サピエンス(愚かにも賢くもなりうる人)」がいなくなることが最も環境に優しいのではないか。SDGsとかその「人」は叫んでいますが、お前にそんなこと言われる筋合いはないよと地球は思っているかもしれない。

 もちろん、では欲望のままに突き進んで勝手に滅亡すればよいのかというと、やはりそういうことではありませんよね。なぜなら、そのプロセスの中に巻き込まれて迷惑を被る存在があまりに多いからです。

 だからこそ、私たちは悩める人…「悩める」とは「悩んでいる」と「悩むことができる(悩むことに耐えられる)」というダブル・ミーニングです…ホモ・パティエンスでなければならないのかもしれません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧