カテゴリー「ニュース」の1000件の記事

2024.04.14

細川氏が川勝氏に激怒

 

 れには私も激怒しましたよ。

 もともと、半静岡県民、そして半山梨県民のワタクシとしても、川勝知事のあまりのアタオカぶりに、怒りを超えて呆れてしまっていたところですから。

 いや、リニアがこのような形で南アルプスを貫通できないことを、私は予言者のように言っていたんですよね。こちらの記事によると、川勝さんが「神」ということになってしまいますが(笑)。

 たしかにある種のアタオカでないと「神」的な事業はできないものです。悪と見せて善を為すっていうことでしょうかね。

 しかし、この細川ガラシャの辞世の歌を引用したことに対しては、たとえ神であろうと私も許しません。

 細川ガラシャについては、仲小路彰も高く評価しており、また出口王仁三郎に縁の深い明智光秀の娘ということもあって、私も尊敬する歴史的女性の一人です。その辞世の歌の重さもよくわかっているつもりです。

 ですから、ニュースで川勝さんがそれを引用したと聞いた時は、さすがに「おい!いい加減にしろ」と怒鳴ってしまいました。人のいやがること、人の気に障ることを言う天才ですね。ある意味神ですわ。

 ところで、10年以上開通が遅れると予想されるリニアモーターカーですが、大量の電力を必要とすることから、昨日紹介した核融合発電との組み合わせが重要な鍵を握ると予想しています。そういう意味では、ちょうど良い時期に重なるのかなとも思います。

 のちに川勝さんのおかげということになるかもしれません。悪と見せて善を為すに落ち着くのか。注目です。

| | コメント (0)

2024.04.13

レーザー核融合は実現するか

 週でしたか、大阪のスタートアップ企業エクスフューズが、静岡の浜松でレーザー核融合の実用化実験を始めるというニュースが流れました。

 私は核融合推進派であり、なおかつ日本がその中心になると信じる者です。仲小路彰もたびたびそのように語っていました。

 ある時期、やはり夢は夢に過ぎないのかという雰囲気が流れていましたが、ここに来て急速に夢の現実化に向けた大きな動きが見え始めています。

 核融合という名称も「核」が入っているために、知識不足の方々がアレルギーを発症してしまうので、フュージョンというカッコいい(?)カタカナ語に変わるようです。

 このレーザー・フュージョンにおいても、昨年アメリカでいよいよ投入エネルギー以上の出力が得られたと発表がありましたね。ただ、まだまだ実用化には程遠いレベルでした。

 日本が得意とするレーザー技術で、ぜひとも日本発の夢のエネルギーを地球平和のために現実のものとしてもらいたいところです。そのあたりの基礎的なことを、元慶應義塾大学教授の岡野邦彦さんがわかりやすく説明してくれています。

 素材工学も含めた最終光学系の開発は、まさに日本のお家芸です。私の予想では、日本人による画期的な発明が近々あると思いますよ。楽しみですね。

 

| | コメント (0)

2024.04.11

追悼 曙太郎さん

20240415-162623 日、アイアンクローを観たばかりだったので、ショックも倍増でした。格闘技で命を削った曙さん。まだまだ若いのに。

 相撲での生観戦はありませんでしたが、総合格闘技、そしてプロレスではその勇気溢れる姿に感激しました。

 特に、大仁田厚さんとの最初の電流爆破マッチはまさに衝撃的でした。横浜だったでしょうか。元横綱なのに…ではなく、横綱だからこそ、大仁田さんの攻撃を真っ向から受けて、そして見事に爆破しました。

 吉田の火祭りの日だったと記憶しています。こちらの火祭りもすごかった。

 二人は、まさに勝敗とは関係なく身も心も燃やして、私たちの魂を揺さぶりました。清浄な(清浄であるべき)相撲という神事と、その真反対に位置しそうなデスマッチが、なぜか同じように私たちの魂を震わせるのはなぜだろうと考えました。

 聖俗が一周回って同じ次元に到達するということは、日本文化の中で本当によく見られる現象ですね。

 角界から格闘技、プロレスに進出した方は多くいますが、私はやはり曙さんが最も顕著な成功を収めた方だと思っています。それは、日本とアメリカの狭間に位置するハワイ出身者だからこそできたことなのかもしれません。

 また、横綱という頂点に上り詰めながらも、謙虚に学ぶ姿勢を持っていた、その優れたパーソナリティーによる部分も大だと思います。

 心より御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2024.04.01

エイプリルフール2024

 年やってくるエイプリルフール。今年はこんなネタが回ってきました。

 世の中のホントがウソで、ウソがホント。

 最近、それがよくわかりましたし、それをネタに講演やってますし、まあマスコミと学校の罪というのは大きい。それぞれ悪意なくやっている人たち、逆に正義感でやっている人がほとんどだから、それがまた困る。

 今年の「ウソ」もある意味「ホント」ですし、ぜひ「ホント」にこういう会見してもらいたいくらいですね。

 私もそのうちスケープゴートになるかもです(笑)。YouTube、全部削除されたし。

 以下ネタです。

 

【 小林社長激昂 我々は戦う!!と明言】

小林製薬は1日、健康被害が相次いでいる紅麹(べにこうじ)配合のサプリメントの問題で、これにより、同日午後、大阪市内で記者会見を開いた。
小林章浩社長らが被害状況などについて詳しく説明し、最後に力強い声でこう語った。

「最後に申し上げたい。
皆様、いい加減目を覚まされたらどうでしょうか。

コロナで騙され、ワクチンで騙され、ウクライナで騙され、イスラエルで騙され、今度は「紅麹」で騙されるのか。

そもそも、紅麹は我が国で数百年も昔から食されてきた日本の伝統食品です。
これを元にサプリメントとして商品化する過程において、なんらかの不具合があった可能性は無いとは言えません。
しかし、紅麹そのものにはそのような害も罪もありません。

それどころか、我が社の研究により、日本で古くから使われてきた紅麹菌には腎毒性の健康被害をもたらすカビ毒シトリニンが生成不能であることを世界に明らかにしました。

また、紅麹菌には高い抗がん作用もあり、日本の伝統的発酵食文化を繋いできた先人の智慧の素晴らしさに、感謝と敬意しか持ち合わす心がありません。

ですので、皆様。
今、起こっているこの現状の本質をしっかりと見ていただきたい。

はっきり申し上げます。
日本政府と厚労省は、マスコミを最大限に活用し、非常に恣意的に我が社と紅麹を槍玉にあげ、本質から目を背けようとしております。

今起こっている健康被害、亡くなった方のサプリメント接種状況も把握できておらず、サプリとの因果関係も根拠も何も出ていない現状において、今行われている報道の姿勢に異常性を感じない方が異常であると言わざるを得ません。

むしろ、コロナワクチン接種による死亡認定者は500名を超え、後遺症に悩む方々の数は6600件を超えている。
戦後最大のワクチン薬害であるにもかかわらず、ほとんど報道がされないのはなぜなのか?
この報道姿勢の差は一体なんなのか。

ここにこそ、大きな疑問と違和感があり、ある特定の意図的な圧力が働いていると思わざるを得ません。

さらにはっきり言います。
日本政府と厚労省は、ワクチン被害のスケープゴートとして、我が社を利用し、潰しにかかっています。

こんなことが許されていいのでしょうか。

私たちは、いかなる圧力・違法な権力・国中を包むおかしな空気には一切屈しません!

お天道様の元、堂々と戦います。
少しでも私の話に共鳴するところがあれば応援ください。

ありがとうございます。」

| | コメント (0)

2024.03.30

超新星 度会隆輝

Hqdefault_20240331104601 やあ、今日はこれを書かせていただきますよ。

 大洋ホエールズ時代からの半世紀にわたる推し球団、横浜ベイスターズに超新星現る!

 昨日のデビュー戦で同店ホームラン打つあたりで、もうこれはすごい新人だと思いましたが、今日はもっとすごかった!

 第1打席、頭部付近への危険球デッドボールで心配させておいて、すぐに盗塁。第2打席では技ありのヒット。そして、第3打席は完璧なホームラン。この軌道、打球速度は見たことがない!パワーと技術の総合芸術。第4打席ば見事なバットコントロールで2塁打。そしてサイクルヒットを期待された第5打席は「残念ながら」単打(笑)。

 それぞれ多彩な投手から打っていることからも、その対応力の高さがわかるというものです。まだ21歳。

 なんちゅう男や。そして、どこまでも明るいキャラが最高で〜す。長嶋以来じゃないですか。本物のスターのオーラをまとっていますね。

 高卒ドラフト外れたのが、結果として良かった。社会人野球で名将に出会ってじんわり育てられた。そしてまさかの番長のクジ運の強さ!地元球団への入団が決まった。ストーリー性もありますね。

 もちろんこれから毎日が正念場。相手チームもだまっていない。そして長い長いペナントレースは始まったばかり。しかし、彼自身もどんどん進化するでしょう。そういう星の下に生まれた選手です。お父さんもいい選手でしたからね。お父さんよりお母さんが熱心だったとか。

 イチローを超えるかもしれませんね。やはりあのニコニコがいいですよ。本当の大和魂(グレートにこにこスピリッツ)です。日本を代表する、いや世界を代表する選手になってください。

 明日、家族と甥っ子がハマスタで現地応援です。うらやましいなあ。

 

| | コメント (0)

2024.03.23

追悼 寺田農さん

2024032300000050dal0006view 好きな俳優、寺田農さんが亡くなりました。非常に残念です。

 彼の出演作は基本全て好きです。それは本当に単純に彼のことが大好きだからです。

 文芸作品からアダルト・ビデオまで。どれも彼が出演すると深みと渋みが増します。主役を張ることは多くありませんが、その絶妙な存在感は主役以上。作品の質を大きく上げていたと思います。

 彼に底流するのは前衛芸術です。

20240325-95702_20240325095701 そう、農さんのお父様は寺田政明。池袋モンパルナスの重要画家です。油絵が専門ですが、私は彼の装幀、挿絵が好きです。尾崎士郎、司馬遼太郎、檀一雄、野坂昭如らの本に華を添える存在でした。

 池袋モンパルナスと言えば、岡本一平、熊谷守一、小熊秀雄、桂川寛、そして山梨は西桂出身のウルトラマンシリーズ怪獣造型で名を馳せた高山良策…。

 その系譜は戦後、安部公房、勅使河原宏ら戦後前衛芸術の流れつながってゆきます。それはATG映画の世界にもつながっていくわけで、農さんにも大きな影響を与えたことでしょう。

 そうした文化的なベースがあってこその彼の演技、存在感であったことは忘れてはなりません。

 また、自らAVを監督するなど、常識や枠組みにとらわれない自由なチャレンジ精神の源泉も、実は太く力強い日本文化の伝統の上に成り立っていたのでした。

 御冥福をお祈りしつつ、あらためて農さんの作品、そして政明さんの作品を鑑賞してみたいと思います。

| | コメント (0)

2024.03.21

カウンタックとワゴンR

441110 チの長女は3代目ワゴンRに乗っております。そろそろ20年選手になって外装はいかれてきていますが、エンジンほか動力系は元気です。

 昨年発売以来30年で国内販売数500万台を超えた、世界的な名車ワゴンR。そんなワゴンRを愛し、普段使いしていたある有名な方が亡くなりました。

 ランボルギーニ・カウンタックのデザインなどを手掛けたマルチェロ・ガンディーニさんです。

 ランボルギーニ・カウンタックと言えば、私も少年のご多分に漏れず憧れたスーパーカー。その流麗かつ力強いデザインは、今でも新鮮に感じられますね。

1920pxmaruti_suzuki__wagonr_lxi_front そんな彼が「最も優れたデザインだ」と語っていたのが、日本の軽自動車、ワゴンRだったのです。彼が愛用していたのはおそらく2代目の欧州仕様。

 どこへ行くにもワゴンRだったといいます。ある意味、カウンタックとは対照的な、トールデザインのワゴンR。たしかに、日常使いにミウラとかカウンタックは不便そうですね(笑)。

 彼の言う「最高のデザイン」とは、言うまでもなく外見だけではなく、走り、使い勝手、経済性なども含めた総合的なバランスのことでしょう。

 日本人にとってはとても嬉しい評価ですね。スズキ乗りの私としても誇らしいことです。

 最近、電気自動車の怪しさが暴露されつつあります。スズキが代表する日本のコンパクトカーが、これからの世界の標準になっていくのかもしれません。スズキのマイルド・ハイブリッドは非常に優れたシステムだと思いますよ。

| | コメント (0)

2024.03.20

春分の日に思う

20240321-81233 日は春分の日。スピ界隈では宇宙元旦とか言われておりますが、まあその根拠は別としてお祝い気分になることは悪いことではないでしょう。

 しかし、それが自分中心思想の産物であることに気づく人は少ないかと思います。だいたい、春分はこの地球上の話であって、宇宙とは何ら関係ありませんし。

 ただし、逆にミクロ方向にズームインしていくと、私という存在が地球や太陽、その他の天体の影響を強く受けているということを意識することができます。そういう日にしたいですね。

 さて、ワタクシ的にはこの日は「富士山と出雲」を意識する日となります。今ちょうどある雑誌の取材を受けていて、この話をしたところです。

 そう、出雲大社が富士山の出張所であるという話。案外、皆さんが知らないこと。すなわち、富士山頂を真西に引っ張り、海に出るところ、最西端に出雲大社が創建されたということです。

 参考 御来光の道〜レイライン〜

 春分の日の今日、玉前神社から昇った太陽の光は、富士山頂などを通過し、最後に出雲に到達するのです。

 そんな日、この現界では、地下鉄サリン事件から29年の日を迎え、大谷とダルビッシュが韓国で初対決をする。闇は遠ざかり光が差す。

 今日、愛子さまが学習院大学をご卒業されました。その笑顔はまさに「和和(にこにこ)」の象徴のようでした。光を感じました。

 コロナ禍や戦争が去り、光の時代が到来するのか。それは私たちが自らの心の大峠を超えられるかにかかっています。皇室の皆様は、それを応援してくれています。

| | コメント (0)

2024.03.11

3/11 — The Tsunami: The First 3 Days(NHK WORLD-JAPAN)

 日は久々の山梨での学校仕事。夜は奇跡の神会。公私ともども大きな動きが伴うことばかりです。世界が動いているのでしょう。

 そして、もちろん今日は3.11。

 13年が経ちました。何度も書いているとおり「天災は忘れたころにやってくる」。今までの超巨大地震の例を挙げるまでもなく、13年なんていうのは、地球的に言えばほんの瞬き程度。

 この、自然の荒魂の発動を、私たちは未来的視点でどう捉えるべきなのか。単なる記憶として下流に流れ去るのを眺めるだけではいけません。

 鎮魂の祈りも大切ですが、その魂を活かすためにも、あらためて自分ごととして見つめ直してみたいと思います。

 様々なドキュメンタリーなどがありますが、私はこのNHK国際放送の番組を時々見直すようにしています。

 3/11 — The Tsunami: The First 3 Days

| | コメント (0)

2024.03.09

追悼 鳥山明先生・TARAKOさん

12_20240311153701 えと、この日は…神奈川の鵠沼でセミナーでした。笑いの専門家の方々が集まったこともあって、まあよく笑った笑った。楽しかった〜。

 私の話の中に、ちびまる子ちゃんの話題があるんですよ。もちろん笑いのネタなのですが、今日はちょっとしんみりしてしまいましたね。まる子そのものであったとも言って良いTARAKOさんがお亡くなりになったとのこと。まだまだお若いのに…。

 もっと早く亡くなってしまった、さくらももこさんとは、ちょっとしたご縁がありました。同年齢、同郷ですし、晩年あることで間接的にお力添えをすることになりました。

 今頃、あちらでお二人仲良くお茶などしているのではないでしょうか。

N2310130004_2__2 アニメ界を代表する、まだまだお若い方といえば、鳥山明先生もお亡くなりになってしまいましたね。なんということでしょう。

 圧倒的な画力と、破天荒な物語力で、世界中の子どものみならず大人までをも魅了してきた鳥山先生。

 私は、彼の作品をあまり深く鑑賞してこなかった一人なのですが、ドラゴンボールの持つ、霊界物語的世界観には興味がありました。

 お二人の早逝、残念でしかたありません。なんとなくですが、最近有名な方が若くして亡くなられるような気がします。気のせいでしょうか。

 私も今年還暦を迎えます。残された年月というのを意識する年齢になりました。

 セミナーでお話しているとおり、自己実現ではなく神(の夢)実現、そして自己肯定感を高めるのではなく、神(からの)肯定感を高めていきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧