カテゴリー「ニュース」の1000件の記事

2022.05.16

THE BOOM 『島唄』

Th_-20220517-73402 日は沖縄返還から50年の日でした。

 沖縄と山梨、遠く離れ、特に深い関係はないかのように思われますが、実はそうでもないのです。

 まず、50年前の沖縄返還に際しては、山中湖に蟄居していた仲小路彰が大きな影響を与えています。

 仲小路と佐藤は五高時代の同級生。総理となった佐藤はことあるごとに山中湖へ通い、仲小路から重要な情報・アイデアを授けられました。

 この写真は山中湖での貴重な二人の写真です。

 佐藤のノーベル平和賞は非核三原則と沖縄返還が主たるその受賞理由でしたが、その裏には(密約部分も含めて)仲小路の助言があったのでした。

 そうした助言の具体的な内容については現在研究中です。

 さて、時代は移り、返還から20年経った1992年、発表されたのがTHE BOOMの「島唄」です。

 作詞・作曲の宮沢和史さんは山梨県甲府市出身。

 発表当初は、現地の人たちには「なんちゃって沖縄音楽」と揶揄され批判されましたが、今では本土の人たちにとっても、沖縄の人たちにとっても大切な歌の一つになりました。

 この曲の画期的というか巧みなのは、さまざまな音楽的要素が融合・和合しているところです。

 メロディーで言えば、沖縄音階と、本土のヨナ抜き音階と、西洋音階が絶妙にミックスされています。また和音で言えば、冒頭ではノンコード、そして続いてディミニッシュを効果的に使い、またサビではいわゆるカノン進行をベタに使う。それこそ沖縄と本土とヨーロッパ(アメリカ)を見事に組み合わせたと言えましょう。

 そしてそこに乗る歌詞ですね。いや、歌詞が先にあって、そこにそれぞれの「国」の音楽が乗ったのでしょう。たしかに見事です。「和」を基調とする日本らしい音楽なのです。

 

| | コメント (0)

2022.05.15

笑点神回…木久蔵さん司会回

 

 日の「笑点」に、立川志らくさんが登場してましたね。「笑点なんかなくなればいい!」とまで批判していたのに、ちゃんと出演させてあげる番組もすごいが、ちゃんと出ちゃう志らくさんもすごい。

 というか、本来そういうものでしょう。笑いの世界なのですし。ありえないけれど、ロシアとウクライナなんかも、こうして笑いに変換できませんかね。不謹慎を承知の上で真剣にそんなふうに思ってしまいましたよ。

 さて、「笑点」と言うと、ひねくれ者の私はどうしてもこの神回を思い出してしまうんですよね。今日もいいボケ味を出していた木久扇師匠が司会をやった回。

 言うまでもありませんが、キクちゃんは本当はキレッキレに頭いいし、瞬発力あるんですよね。それが期せずして証明されてしまったのがこの回です。

 もう、言葉はいりませんね。素晴らしいジャズのセッション、それもジャム・セッションのようですよ。全体のスイング感の上に展開する変幻自在なリズムやメロディの応酬。なにより本人たちが楽しそう(笑)。エンターテインメントの基本はそこですよね。

 完璧なライヴ作品と言えましょう。さて、志らく師匠はこのセッションに参加できるのでしょうか。そんなことを想像しながら見直すと面白いですよ。

| | コメント (0)

2022.05.14

出口王仁三郎 「天災と人震」(『惟神の道』より)

Th_-20220515-154433 このところ、各地で地震が頻発しております。特に注目は京都の亀岡周辺を震源とする群発地震です。

 3月31日のM4.3震度4に始まり、ほぼ同じところを震源とする地震が続いております。

 亀岡周辺には三峠・京都西山断層帯が走っており、1968年、1972年にはM5を超える中規模の地震が発生していますし、古記録に残る京都盆地に被害を及ぼした大地震のいくつかの震源は亀岡周辺とも考えられています。

 気象庁も注意を促しました。気をつけたいところです。

 さて、亀岡といえば大本の天恩郷。出口王仁三郎は地震についてどんなことを述べているのでしょう。今日はいくつかある言及のうち、昭和10年刊の「惟神の道」から抜粋して紹介しましょう。「天災と人震」という文章です。

 なるほど、我が国の文化は「地震の花」であり、日本は自然(神)の恩寵を多く受けるからこそ、それに背くと天災が起きるというわけですね。そして、天災がなければ「人震」が起きるというのも面白い考え方であります。

 冒頭の部分も含めて、なかなか良い文章ですので、ぜひお読みください。

(以下引用)

 日本の国民は古来抱擁性に富み、世界の文化をことごとく吸収して同化し精錬して更により以上美はしきものとしてこれを世界に頒与する所に日本人の生命があり、使命があり、権威があるのである。しかして緯に世界文化を吸収してこれを精錬すればするほど、経に民族性が深めらるべきはずだのに、現代の日本は外来文化の暴風に吹きつけられるほど固有の民族性の特長を喪ひつつある状態は、あだかも根の枯れたる樹木に等しいものである。日本人は日本人として決して何れのものによっても冒されない天賦固有の文化的精神を持ってをるのである。それが外来文化の侵食によって失はれむとする事は、祖国の山河が黙視するに忍びざるところで無くてはならぬ。
 かくの如き時に際して天災地妖が忽焉として起こり国民に大なる警告と反省を促したことは今代に始まつたことでなく、実に建国以来の災変史が黙示する所の真理である。近くは元和、寛永、慶安、元禄、宝永、天明、安政、大正に起った大地震と当時の世態人情との関係を回顧するも、けだし思ひ半ばに過ぐるものがあるではないか。
 さて、我が国の記録に存するもののみにても大小一千有余の震災を数へることが出来る。その中で最も大地震と称されてゐるものが、百二十三回、鎌倉時代の如きは平均五年目ごとに大地震があったのである。覇府時代には、大小三十六回の震災があった。しかも我が国の発展が何時もこれらの地震に負ふところが多いのも不思議な現象であるのだ。奈良が滅び、京都が衰へ、そして江戸が発展した歴史の過程を辿ってみれば、その間の消息がよく窺はれるのである。
 全体我が国の文化そのものは全く地震から咲き出した花のやうにも思はれる。天祖、国祖の大神の我が国を見捨て給はぬ限り、国民の生活が固定して、腐敗堕落の極に達したたびごとに地震の浄化が忽焉と見舞って来て一切の汚穢を洗浄するのは、神国の神国たる所以である。
 古語に「小人をして天下を治めしむれば天禄永く絶えむ、国家混乱すれば、天災地妖臻る」とあるのは、自然と人生の一体たることを語ったものである。人間が堕落して奢侈淫逸に流れた時は、自然なる母は、その覚醒を促すために諸種の災害を降し給ふのであった。しかも地震はその極罰である。
 我が国に地震の多いのも、神の寵児なるが故である。自然否天神地祇の恩寵を被ることの多いだけ、それだけにその恩寵に背いた時の懲罰は、一層烈しい道理である。もし地震が起らなければ人震が起ってその忿怒を漏らすに至る。近くは天草四郎や由良民部之介、大塩平八郎乃至西郷隆盛の如き、みなこの人震に属するものである。

| | コメント (0)

2022.04.20

国宝 藤原定家「源氏物語 胡蝶」注釈書発見!

Th_-20220421-112730 2019年に定家の「若紫」写本が発見され大ニュースになりました。それに続き、こちら「定家筆源氏物語奥入」もまた大発見ですね。

  ニュース記事

 掛け軸に貼られた形での発見。昔はこうして貴重な古い文献の一部を切り取って観賞用に仕立てるということはよくあったこと。

 ある意味大胆な行為ですが、そのおかげで断簡が残っているケースも多く、文化財保存の観点からすると一定の価値あることでもあります。

 ところで、この画像を見てふと思ったことがあります。

 まず目についたのが「徐福」の文字。源氏になんで徐福?と思ったら、胡蝶の中の舟中の遊びの際の歌、

 亀の上の山も尋ねじ舟のうちに
   老いせぬ名をばここに残さむ

 が、白居易の白氏文集の中の「海漫漫」の影響を受けていると註釈しているわけですね。なるほど。

 たしかに蓬莱山は霊亀が甲羅の上に背負われていますし、不老不死の薬を求めた徐福の物語は当時すでに中国、日本で人気がありましたから、それをふまえての「蓬莱山を尋ねるまでもない。舟の中で不老の名を残そう」と詠んだというわけです。

 上の写真にある定家の注にも引用されているとおり、「海漫漫」では徐福は詐欺師のような扱いを受けています。「蓬莱山は見つからず空しく舟の中で年老いた」と。

 しかし、そうした記述は当時の権力者に忖度してのこと。書き残されたものとは反対に、徐福は独裁者をうまくだましその権力下から脱出した英雄ととらえられているのが面白い。現代中国でもそうなのです(現代中国だからこそかも)。

 平安時代にはすでに徐福は日本に到達したという説が支持されており、源氏物語が書かれたころにはさらに「蓬莱山=富士山」という説も少しずつ一般化しつつあったと思われます。

 源氏物語にはさりげない「富士」に対する言及が2ヶ所あるのですが、上記をふまえますとこの部分は間接的な富士山についての記述ということもできるかもしれません。

 富士山麓に永住した徐福が書いた(ものも含まれる)と伝えられる、トンデモ文献「宮下文書」を愛読する者としては、そんな妄想までしてしまうのでありました。相変わらずの「統合過剰」なワタクシであります。

 

| | コメント (0)

2022.04.08

『まんが道 大解剖』 三栄ムック

Th_-20220409-100842 子不二雄Aさんがお亡くなりになりました。残念です。

 Aさんと言えば「まんが道」ですね。普遍的な「○○道」の表現ともいえる大河マンガ。

 私も自らを満賀道雄に重ねて苦悩した記憶があります。

 そういえば、我が家にあるフジファブリックの志村正彦くんのサインには、唐突に「まがみちお」と書いてありましたっけ。

 なるほど、彼もまた田舎から夢見て友人たちと上京、天才たちに出会って自らの才能の限界に苦悩しながら、それを乗り越えて一つの境地に達したアーティストでしたね。叶わぬ恋もあったことでしょう。

Th_61tbayujgyl さて、「まんが道」そのものに関しては、もう私が何をか言わんやという感じですから、その「まんが道」の解説、二次作品(?)として面白かったこのムックを紹介しましょうか。

 貴重な資料、インタビュー満載でありながら格安、今ではKindle Unlimitedで無料で読めます。

 この「まんが道」、中学生とか高校生の教科書にしたいですね。名言集だけでも感動…。

 そして「愛…しりそめし頃に…」のラストのあの詩の多くは御本人の作だったんですね!完全に「まんが」を超えています。文学です。実際文学界の重鎮の方々のインタビューもありますし。

 日本の近代文学は小説にはなく、まんが、アニメ、そして歌詞の世界が本流だと思うのは、私だけでしょうか。

 あらためて安孫子素雄さんの歴史的文学的功績を思い、このムックを眺めなおしてみます。

Amazon まんが道大解剖

 そして、こちらの二次作品(?)も神回ですね。愛に溢れております。

 

 

| | コメント (0)

2022.04.03

格闘技 いろいろと

Th_-20220404-141600 日は朝から格闘技三昧でした。

 まず昨日のことですが、とってもおめでたいニュースが。柔道の全日本選抜体重別選手権57kg級で、私の勤める中学・高校の卒業生である舟久保遥香が、見事東京五輪銅メダルの芳田司選手を破って優勝しました。

 ここのところ世界の舞台でも大活躍しており、10月の世界選手権にも初出場を決め、再来年のパリ五輪出場、そしてメダルへの期待が膨らみます。

 本校の柔道部と言えば、名監督の矢嵜先生。まさに最強の寝技戦士であり、また良き師であります。

Th_img_8779 先日彼とともに、北京五輪柔道金メダリストの石井慧選手にお会いしました。今日は石井選手がK-1の無差別級トーナメントに出場、見事1回戦をKO勝ちしたのですが、試合中に肋骨を痛め、残念ながら2回戦以降はドクターストップということになってしまいました。

 順調に勝ち進めば、京太郎選手との決勝になるかと期待していましたけれど、特にワンデートーナメントは怪我が怖いですよね。また、結果として京太郎選手も優勝した最軽量のサッタリ選手に完敗するなど、格闘技の難しさと面白さの両方を感じる大会となりました。

 実を言うと、立ち技の試合があれだけ続き、さらに試合の間の時間が長いとなかなか観戦する方も集中力が続きません。

Th_-20220404-142518 そんなわけで途中、別画面ではプロレス(ノア)の試合を楽しみました。特に興味深かったのは、鈴木秀樹選手と征矢学選手のシングルマッチ。そうだ、鈴木選手とも矢嵜先生と一緒に会ったっけな。てか、ウチの学校に来たんですよ。

 こちらもまた寝技師ですからね。最後はロイヤルストレッチというキン肉マン的な(?)技で見事勝利しました。強いわ。

 そうこうしているうちに、なんとも妙なニュースが。

Th_-20220404-142646 柔道全日本体重別選手権の男子100kg超級で、小川直也氏の長男、雄勢選手が優勝したとのこと。小川直也さんは矢嵜先生の大先輩であり、小川道場から毎年優秀な選手を我が校に送り込んでくれています。

 しかしよくニュースを読むと、なんと決勝は不戦勝だったと。怪我とか?と思ったら、準決勝の斉藤vs太田が両者消極的反則負けという前代未聞の展開。

 どうも最近、指導反則負けが目立ちますね。ルール改正のこともありますが、勝ちに行くより負けない柔道をする選手やチームが増えているように感じます。

 このあたりのことも含めて、この前石井慧選手や矢嵜先生には「新日本柔道連盟作りましょう!」って言ったんですよ(笑)。いや冗談ではなく、嘉納治五郎先生が泣いていると思いますので。

 最後にまだ書くことがあったのですが、なんだか忘れちゃったので(笑)、今日はこのへんで終わりに…あっ、思い出した!

Th_-20220404-142830 新日のヒール・レスラー、グレート-O-カーン選手が男に連れて行かれそうになっている女の子を助けて表彰されることになりました。

 彼は今日は浜松で大暴れ。試合後「ひれ伏せ!静岡の愚民ども!正義の味方は勝つんだよ!正義の味方に拍手をよこせ!」など、通常運転。本当に素晴らしいですね(笑)。

 ヒール・レスラーはいい人というのが定説ですね。和魂と荒魂のバランス、いや両者が二分されるのではなく同一化してしまうのが、神話的格闘技の世界であり、それこそ日本文化の根幹なのでありました。

 いやあ、格闘技は面白い!

 

 

| | コメント (0)

2022.03.30

活火山「十和田」噴火警戒レベル運用開始

 

 本最大級の活火山「十和田」。ようやくという感じですが、噴火警戒レベルの運用が開始されました。

 十和田の噴火については、かつてこちらに書きました。その記事を書いた日に、十和田湖の直下を震源とする中規模の地震が発生したのです。今から6年ほど前のことです。

 これも何度も書いていますが、平安時代のある時期は天変地異、特に地異が多かった。

864年貞観の富士山噴火→869年貞観の三陸沖地震(津波)→887年仁和の東海・東南海・南海連動型地震→888年八ヶ岳水蒸気爆発?&山体崩壊→915年十和田大噴火(日本史上最大規模)

 とはいえ、あまり実感して理解しにくいと思いますので、無理やり2011年の東日本大震災にあてはめて記してみたいと思います。

2006年 富士山噴火(実際にはありませんでした)

2011年 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)

2029年 南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海連動型地震)

2030年 八ヶ岳噴火・山体崩壊

2057年 十和田大噴火

(2059年 白頭山巨大噴火)

 こうしてみますと、南海トラフ巨大地震はいつ起きてもおかしくないことが理解できますよね。富士山噴火も同様です。

 少なくとも私たちが生きている間に、これらのうちいずれかの(あるいは全く別の)地震や噴火が起きることは間違いないでしょう。

 特にここにきて東北地方で地震が増えているのは気になるところです。3.11の最大余震たるアウターライズ地震も起きていませんし、常に気を引き締めていかねばなりません。

 そうした流れもあっての今回の十和田噴火警戒レベル運用開始だと思うのですが、本来なら3.11直後から運用すべきだと思っていました。とりあえず間に合った(?)ので良いのですが。

 ちなみに、最近私がお預かりしている出口王仁三郎の耀わん「十和田」にヒビが入りました(なんと伊勢神宮にて)。使っているものですから、そういうこともあろうかと覚悟していましたし、新しい景色として楽しんでいるわけですが、ちょっと気になるところではあります。ヒビが龍神に見えますので。いよいよお出ましかなと。

| | コメント (0)

2022.03.29

大島渚 vs 野坂昭如

Th_-20220330-130330 れはビックリしましたね。すごい演出だと思いました。あまりに素晴らしいフォームなのでネタかと思ったらガチだったんですね。

 コメディは必ず何かを揶揄して成立する性質のものです。受け取る側によっては限界を超えてしまい、今回のようなことになる可能性があります。

 クリス・ロックを責めるのは簡単ですが、その結果「お笑い」がさらに萎縮してしまうことを考えると、そう単純化できません。

 と、危惧していたら、圧倒的にウィル・スミスの方が批判されているではないですか。

 なるほど、こういう時代なのですね。かつてだったら、妻への愛情が評価され「漢!」と言われ、ウィル・スミスの好感度がアップしていたかもしれません。

 たしかに、あの程度のジョークでキレるなんてオスカー像にふさわしくないとも言えますし、もし私だったら(ありえないけど)、張り手を喰らわすフリだけして耳元で「これ以上はアウトだぜ」とでも囁きますがね。

 さてさて、このドタバタのニュースを見ていて思い出したのが、やはり映画関係でありますが、大島渚監督を野坂昭如がぶん殴ったあの事件ですね。

 

 いいパンチが入ってメガネが吹っ飛び、仕返しにマイクで2発「ボゴッ」とやってて、最高に楽しい。

 野坂昭如が酔っ払っていたわけですが、実は仲が良い二人だからこその「プロレス」でもあり、今回の二人もこんな感じだったらまた評価は違っていたのかなとも思います(無理か)。

 まあ、とにかくつまらない世の中になったとも言えますし、そのお陰で男もチンチクリンになってしまったなと。

 というか、大島vs野坂では、小山明子さんが最強のレフェリーじゃないですか(笑)。結果として女性の活躍の場も失われたということか。

 

| | コメント (0)

2022.03.28

「ドライブ・マイ・カー」アカデミー賞国際長編映画賞受賞!

Th_-20220330-123554 も大感動し大絶賛した「ドライブ・マイ・カー」が、アカデミー賞国際長編映画賞を受賞しました。

 できれば脚本賞、監督賞、いや作品賞も獲ってほしかったけれども、まあそれは贅沢な望み。国際長編映画賞だけでも十分快挙ですね。

 これでまた多くの日本人がこの映画をじっくり観てくれるといいですね。テレビでは放送しにくい可能性もありますから、皆さん劇場に行きましょう。

 配信も始まりましたが、やはり劇場で観るのがいいでしょう。少しネタバレになってしまいますが、終盤の大切なシーンで音声がミュートされるんですよね。

 あの時、私は劇場で突然自分の耳鳴りや劇場の空調の音に包まれ、結果として一瞬現実世界に引き戻されたというか、劇中に自分も登場人物として立たされたというか、忘我の時間が長かったゆえにそれが非常に効果的でして、そう、ストーリーが自分ごととして捉えられたのです。

 そしてエンディングへ。素晴らしい演出でした。

 いずれにせよ、いろいろな面で極度に日本的であるこの映画表現が、こうして世界最高峰の場で認められたことは素晴らしいことでした。少なからず外国の映画人にも影響を与えただろうと思います。

 おめでとうございました。

| | コメント (0)

2022.03.26

ゼレンスキー大統領の国会演説をキエフ市民はどう聴いたか

 

 日のウクライナ、ゼレンスキー大統領の国会演説について、記事でも紹介したボグダンさんはどのように感じられたか。

 いや、ウクライナ人科学者である彼のおじいさんがどのように感じ、そして日本人に対してどのようなメッセージを送りたいのか。

 それが非常によくわかる動画ですね。

 細かく私が論評すべきものでもありませんので、ただただ皆さんにも視聴していただきたいと思い、ここに紹介しておきます。

 「オレンジ革命」の時のウクライナ大使である天江さんにも連絡をしたいところですが、聞くところによると大変忙しくなっているそうで(それは当然でね)、落ち着いてからということになりそうです。

 はたしていつ落ち着くのか。このまま人類は第三次世界大戦に突入するのか。いや、もう朝鮮戦争開戦から第三次世界大戦は始まっており、すでに70年近くつづいているわけですが、このように目に見える形で共産主義の反撃が始まるのか、非常に微妙な局面であります。

 そう、共産主義の世界革命計画は、それこそ100年にわたって秘密裏に、しかし着々と計画通りに進行しており、このたびのウクライナの件も、プーチンの突然の乱心でもなんでもありません。

 ソ連の崩壊とベルリンの壁崩壊により、表面的には西側陣営が勝利し、共産主義は虫の息のように見えていましたが、そこで勝利に酔い油断してしまうことも含めて、アメリカを中心とする資本主義グループは、まんまと彼らの作戦にひっかかっていたのです。

 この動画でも述べられていますとおり、共産主義国家の得意とするのは諜報戦です。プーチンはまさにその専門家であったわけです。

 彼らの最終兵器は「暴力」です。その最終兵器を出すためのお膳立てを整えるのに70年かかったとも言えるわけで、中共も含めてそういった大きな世界史的な視点に立たねば、この戦争の本質は分かりません。

 マスコミはじめとするメディアに扇動されているのは西側陣営です。ある意味見事な長期的作戦が成功しつつあることに、もっと私たちは慄く必要があるでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧