カテゴリー「スポーツ」の620件の記事

2024.04.11

追悼 曙太郎さん

20240415-162623 日、アイアンクローを観たばかりだったので、ショックも倍増でした。格闘技で命を削った曙さん。まだまだ若いのに。

 相撲での生観戦はありませんでしたが、総合格闘技、そしてプロレスではその勇気溢れる姿に感激しました。

 特に、大仁田厚さんとの最初の電流爆破マッチはまさに衝撃的でした。横浜だったでしょうか。元横綱なのに…ではなく、横綱だからこそ、大仁田さんの攻撃を真っ向から受けて、そして見事に爆破しました。

 吉田の火祭りの日だったと記憶しています。こちらの火祭りもすごかった。

 二人は、まさに勝敗とは関係なく身も心も燃やして、私たちの魂を揺さぶりました。清浄な(清浄であるべき)相撲という神事と、その真反対に位置しそうなデスマッチが、なぜか同じように私たちの魂を震わせるのはなぜだろうと考えました。

 聖俗が一周回って同じ次元に到達するということは、日本文化の中で本当によく見られる現象ですね。

 角界から格闘技、プロレスに進出した方は多くいますが、私はやはり曙さんが最も顕著な成功を収めた方だと思っています。それは、日本とアメリカの狭間に位置するハワイ出身者だからこそできたことなのかもしれません。

 また、横綱という頂点に上り詰めながらも、謙虚に学ぶ姿勢を持っていた、その優れたパーソナリティーによる部分も大だと思います。

 心より御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2024.04.10

『アイアンクロー』 ショーン・ダーキン監督作品

Flyer_1jpg 晴らしい映画でした。丁寧に作られていました。監督のエリック家への愛、プロレスへの愛、人間への愛がたっぷり込められた名作です。

 プロレスを知らない人もぜひ観てほしい。人生の明暗を分かりやすくエンファサイズして見せる神事がプロレスです。それはフェイクであって良いし、そうあるべきでしたが、なんとエリック一家にはあまりにリアルに不幸が襲いました。

 フリッツ・フォン・エリックの息子たちの多くが、若くして病死または自殺してしまったのです。

 しかし、こうして残されたケビンを中心とした家族愛、兄弟愛の物語として昇華された結果、ようやく彼らは救われたのではないでしょうか。映画とプロレスの機能は似ている。鎮魂という意味では能も同じですね。いずれもスポーツではありません。

 映画では、幼くして亡くなった長兄は最後に登場するとして、のちにプロレスラーになった4人の息子のうち3人が亡くなったことが描かれていたのですが、実はリアルにはもっと多くの不幸が彼らを襲っていました。しかし、そこまでリアルに表現するとあまりにも重い、特殊な物語になってしまうと判断したのでしょう。監督はあえてそこは避けています。

 そう、末弟のクリスのことです。一人体が極端に小さかったクリスもプロレスラーになりましたが、だからこその不幸が彼を襲いました。

 そのあたりについて、息子たちとダラスで試合をしていた谷津嘉章さんが語ってくれています。映画とは違ったリアルな衝撃があります。谷津さんがケリーと同じく義足で復帰したという意味でも。

 

 エリック一家の呪いと言われるこの不幸の連鎖の元凶は、この映画でも描かれているとおり、間違った父性愛にあったのでしょうか。そこにはいくら議論しても結論できない難しさがあると思われます。

 映画でも上手に女性性や母性が救いとして表現されていたと同時に、信仰の無力さというか、キリスト教の父権性の問題も描かれていたと感じました。

 ただ、大変短い人生であったとしても、彼らは立派に利他的な天命を果たしたとも言えるわけで、それが最後に近い天国のシーンで感じられたのは救いでした。

 ぜひ劇場でご覧ください。ちなみに、プロレスの再現シーン、細部にわたってお見事でした。役者陣、ステロイド使ってないか心配になっちゃいました。

| | コメント (0)

2024.04.07

祝 ブル中野さん WWE殿堂入り!

Ef93b944ffbd074d74c563b11f137e5d_1712391 やあ感動的でしたね〜。素晴らしい!

 アメリカのプロレスファンも本当に感動し驚いたことでしょう。

 まず、現役当時の体型からは想像できないほどにスリムにスマートになられていること。ちゃんと定番メイクをしつつ、上品な笑みを絶やさなかったこと。そして、全文英語で見事なスピーチをされたこと。

 全て暗誦したのはもちろん、表情、ジェスチャー、涙、間…本当に人間としてできてるなあという感じでした。

 「プロレスは世界共通語」「またブル中野として生まれかわりたい」…感動のスピーチ全文(翻訳)はこちらでどうぞ。

 WWEによるブル中野紹介動画です。

 若い頃、会場最前列で観戦中、ブルさんが飛んできたことがありました。その重み、厚みと思いを右足に思いっきり乗せられ、帰りは足を引きずって帰ったことを思い出します(もちろん誇りに思いました)。

 そんなブル中野さんに祝意と敬意を表し、私にとっては彼女の最高の試合をあらためて観てみようかと思います。

 

| | コメント (0)

2024.04.04

TAXIめし リターンズ(ミヤテレ)

 

 日のオッペンハイマーとは対照的かもしれませんが、最近ハマっている映像作品(?)がこちら。

 全日本プロレスを観戦する機会が増え、特に注目しているのが斉藤ブラザーズ。体も大きいし、相撲で鍛えた安定感、悪役というキャラクターづくりも上手く、双子のハーフということも加えて、なかなかの逸材です。

 あっそうそう、最近VM解散のため悪役やめたんですよね。その悪役をやめる一つのきっかけがこの番組とも聞きます。なにしろこの番組では素が出すぎて、全然悪役じゃなくなっちゃうので(笑)。

 毎回、その外見とのギャップが萌えなのですが、今日はこの回を紹介しましょうか。もう、うさぎちゃん、お馬さんと言っている時点でヒールではない(笑)。

 そして、この番組の素晴らしいところは、その「食レポ」…ではなく、「食いっぷり」にあります。やたらと言葉を弄しての(つまり美味しんぼ的な)食レポが横行する中、レスラーの食いっぷりだけで食べ物の美味しさを伝えるこの形は、実は基本なのかもしれません。

 このとんかつ回、タクシーの運ちゃんも交えて、なんとも言えない味を出していますね。

 今後本来のベビーフェイスに転向する斉藤ブラザーズ、どんな闘いを見せてくれるか楽しみです。会場に応援に行きます!

| | コメント (0)

2024.03.30

超新星 度会隆輝

Hqdefault_20240331104601 やあ、今日はこれを書かせていただきますよ。

 大洋ホエールズ時代からの半世紀にわたる推し球団、横浜ベイスターズに超新星現る!

 昨日のデビュー戦で同店ホームラン打つあたりで、もうこれはすごい新人だと思いましたが、今日はもっとすごかった!

 第1打席、頭部付近への危険球デッドボールで心配させておいて、すぐに盗塁。第2打席では技ありのヒット。そして、第3打席は完璧なホームラン。この軌道、打球速度は見たことがない!パワーと技術の総合芸術。第4打席ば見事なバットコントロールで2塁打。そしてサイクルヒットを期待された第5打席は「残念ながら」単打(笑)。

 それぞれ多彩な投手から打っていることからも、その対応力の高さがわかるというものです。まだ21歳。

 なんちゅう男や。そして、どこまでも明るいキャラが最高で〜す。長嶋以来じゃないですか。本物のスターのオーラをまとっていますね。

 高卒ドラフト外れたのが、結果として良かった。社会人野球で名将に出会ってじんわり育てられた。そしてまさかの番長のクジ運の強さ!地元球団への入団が決まった。ストーリー性もありますね。

 もちろんこれから毎日が正念場。相手チームもだまっていない。そして長い長いペナントレースは始まったばかり。しかし、彼自身もどんどん進化するでしょう。そういう星の下に生まれた選手です。お父さんもいい選手でしたからね。お父さんよりお母さんが熱心だったとか。

 イチローを超えるかもしれませんね。やはりあのニコニコがいいですよ。本当の大和魂(グレートにこにこスピリッツ)です。日本を代表する、いや世界を代表する選手になってください。

 明日、家族と甥っ子がハマスタで現地応援です。うらやましいなあ。

 

| | コメント (0)

2024.03.20

春分の日に思う

20240321-81233 日は春分の日。スピ界隈では宇宙元旦とか言われておりますが、まあその根拠は別としてお祝い気分になることは悪いことではないでしょう。

 しかし、それが自分中心思想の産物であることに気づく人は少ないかと思います。だいたい、春分はこの地球上の話であって、宇宙とは何ら関係ありませんし。

 ただし、逆にミクロ方向にズームインしていくと、私という存在が地球や太陽、その他の天体の影響を強く受けているということを意識することができます。そういう日にしたいですね。

 さて、ワタクシ的にはこの日は「富士山と出雲」を意識する日となります。今ちょうどある雑誌の取材を受けていて、この話をしたところです。

 そう、出雲大社が富士山の出張所であるという話。案外、皆さんが知らないこと。すなわち、富士山頂を真西に引っ張り、海に出るところ、最西端に出雲大社が創建されたということです。

 参考 御来光の道〜レイライン〜

 春分の日の今日、玉前神社から昇った太陽の光は、富士山頂などを通過し、最後に出雲に到達するのです。

 そんな日、この現界では、地下鉄サリン事件から29年の日を迎え、大谷とダルビッシュが韓国で初対決をする。闇は遠ざかり光が差す。

 今日、愛子さまが学習院大学をご卒業されました。その笑顔はまさに「和和(にこにこ)」の象徴のようでした。光を感じました。

 コロナ禍や戦争が去り、光の時代が到来するのか。それは私たちが自らの心の大峠を超えられるかにかかっています。皇室の皆様は、それを応援してくれています。

| | コメント (0)

2024.01.03

東京祈りの旅

 日明日、東京で仕事のため、上野の次女のところに宿泊いたします。

 元旦は地震、昨日は航空機事故、そして今日は無事に終わろうかという時、秋葉原の電車内で通り魔事件がありました。ちょうど事件の1時間ほど前に秋葉原駅で山手線に乗り換えましたので、ある意味ニアミスで助かったというところです。

 このような流れの時は、神仏にお祈りしなければなりません。特に荒魂(あらみたま)を和魂(にぎみたま)に変換することが必要であり、それは日本では古くから神道やそれと習合した仏教が担ってきた仕事です。

 昨日書いたように辰年は龍が上昇する年。そこには当然荒魂も発動します。それをいかに和魂=ニコニコに変えていくか。それは神仏の分霊としての人間の大切な役目です。

 そんなわけで、今日は仕事の道すがら寺社に立ち寄りながら祈りを捧げてきました。

Img_4424 まずは寛永寺。次女が住むアパート、そして通う大学は、かつての寛永寺の境内の中にあります。現在の上野公園のほとんど全てが寛永寺境内であったと考えて良い。

 ご存知のように、寛永寺は東の比叡山として、つまり江戸城の鬼門除けとして、家康のブレーンであった天海大僧正によって創建されました。

 天海と言えば、明智光秀の「死後」の姿であるとの説がありますが、それについては別の記事を書きましょう。今年のテーマの一つです。明智光秀が未来に投げたボールと、それを受け取った徳川家康。そして家康が投げたボールを誰が受け取ったのか、受け取るのか。

 今日はお正月の特別寺宝公開の日でした。本尊薬師如来ほか多くの仏像、そして馬堀法眼喜孝による徳川家歴代将軍像も拝観させていただきました。

Img_4425 次は鶯谷駅に隣接する元三島神社。ホームからもよく見えますのでご存知の方も多いかと思いますが、あのラブホテル街の中に堂々と建つ神社です。まさに聖俗相混淆する不思議なゾーンですよね。ちなみに神社の1階は居酒屋が雑居しており、あそこは大山祗命の真下で飲めるというある意味すごいパワースポットです。

 茅の輪くぐりもさせていただきました。まさに聖俗、荒和、男女が交錯しつつ昇華していくエネルギーを感じましたね。すごい。日本ならではの光景であり、信仰の形でありましょう。

Img_4435 市ヶ谷で仕事がありましたので、靖國神社にもお参りしました。とはいえ、大変な行列だったので「遥拝」です。本当は「鎮霊社」にもお参りしたかったのですが、残念ながら叶わず。そちらも心だけ遥拝させていただきました。

 戦没者の英霊の前には屋台が並び、家族や恋人たち、そして外国人の姿が目立ちました。まさに荒魂から和魂へ。時間はかかりましたが、いよいよ「戦後」は終わろうとしているのかと感じました。

 境内近くで某宗教団体が新聞を配っていまして、なんとなく受け取りました。そこの教団も、またそのライバル教団も信仰の柱を去年失っており、今年の動きが注目されます。あらぬ方向に行かねばいいのですが。少なくともその新聞は相変わらずの論調でありました。

Img_4440 続いては徒歩で東京大神宮へ。こちらは靖國以上の大行列でした。よってこちらも遥拝のみ。このたびの災害・事故犠牲者のお悔やみとお弔いをするとともに、私自身も分霊(部下)としてなんでもしますと約束してまいりました。

 東京大神宮は東京のお伊勢さんと呼ばれていますね。関東大震災前の旧社地では大正天皇(当時皇太子)の結婚式が執り行われました。それが現在の神前結婚式の始まりです。

20240104-163340 さて祈りの旅の終点は水道橋後楽園ホール。DDTプロレス観戦です。

 いや冗談ではなく、相撲がその役目を放棄してからというもの、プロレスが唯一の地鎮の祭祀なのです。

 東北の大震災が中止になった大相撲春場所の開催予定期間に発生し、それを受けて大相撲の代わりに1ヶ月後計画停電の中、日本武道館で地鎮のマツリゴトをやったのがプロレス界でした(ALL TOGETHER)。

 今日のDDTも見事に荒魂を和魂に変換してくれていました。最高にハッピーな、誰もが得をする時空間を作り上げていたことに感謝。これは間違いなく神道の世界。神々の戦いと和睦。女性ファン、そして外国人ファンが多いことにも驚きました。

 

| | コメント (0)

2023.12.25

自己肯定感?

Th_hqdefault_20231226193901 日は軽井沢のホテルにてセミナー。90名の「変態」たちが集まってくれました。もちろん「変態」は褒め言葉です。実際、各業界をリードする比較的若い実力者揃いでした。

 そんな皆さんに対し、僭越ながらワタクシが話をさせていただきましたが、予想以上に盛り上がりまして、懇親会も質問の嵐でした。ありがたや。また新たな出会いがたくさんありましたので、これからの展開が楽しみです。

 さて、いろいろ話した中で、「自己肯定感」や「自己実現」という言葉に違和感を抱くという話題がありました。なぜ「自己」にこだわるのか。

 私からすると、「自己」こそが人生の悩みの源泉であり、「肯定」や「実現」できるはずもない「自己」、いや存在するしないかもしれない「自己」に拘泥することこそ煩悩です。

 それに関連してこんな質問も受けましたっけ。「今とはなんですか?」と。私のセミナー、時間論が大きなテーマですからね。

 ちょっと前にもちょこっと書いた記憶があるのですが、禅宗や神道で語られる…というか、一部のスピ系で雰囲気的に語られると言った方が正確か…「今ここ」という概念こそが、「自己」を宇宙の中心に置く思い上がった思想であり、それもまた煩悩なのではないかと、最近の私は考えているのです。

 そういう意味では、いかにして「今ここ」感を捨て去るかが、私の人生における重要なテーマなのです。

 もちろん「自己中心」に関しては、「随処作主立処皆真(随処に主となれば立つところ皆真なり)」という記事に書いたような深読みによって、その矛盾を克服することもできるでしょう。

 しかし、その深読みすらも実は虚しい空回りである可能性が高い。やはり「自己同一性」なるものは完全なるフィクションであって、その亡霊のごとき実態のない「自己」を肯定しようとしたり、実現したりするのは、それは大変無駄なご苦労であることはたしかなのではないでしょうか。

 さて、「自己肯定感」について、かのイチロー禅師が非常に素直にその違和感を表明してくれていて、ある意味スッキリいたしました。否定の必要はないけれども、疑問を持つことが成長につながる。肯定したら謙虚さがなくなる。すなわち「終わり」。自慢は智慧の行き止まりなのですね。

 

| | コメント (0)

2023.12.15

「デコピン」からいろいろと…

Th_-20231216-125523_20231216125801 谷翔平選手がドジャースに入団し、今日記者会見がありました。

 彼がMLBで歴史的な活躍をしている意味については、「スマートなリベンジ」という観点からこちらに書きました。

 今回の会見で圧倒的な印象を残したのは、そう「デコピン」という日本語ですよね。

 愛犬の名前がまさか「デコピン」とは(笑)。

 日本語としてのデコピンとは、言うまでもなく、おでこを中指でピンと弾く、あれです。

 子どもの時には、やったりやられたり、必ず経験があることでしょう。あれって日本だけなのかな?

 ちなみに日本語学的に言いますと、「デコ」はもちろん額のこと。額は出っ張っているので「凸」です。愛情をこめて「お凸」とも言います。

 この「デコ」はたぶん、「出コ」でしょう。出ているので。それに愛称の接尾辞「こ」がついた。

 しかし、少し複雑なのは、「デコボコ」と言った場合の「ボコ(凹)」は、「ボコッと沈む」「ボコボコにする」などからも分かるとおり、オノマトペとも捉えられます。つまり「デコ」と「ボコ」は素性が違う可能性があるのです。

 「ピン」の方も、「ピンと弾く」というような形でオノマトペ的に使われることが多い。「ピンとする」「ピンとくる」「ピンと張る」「ピンと反る」など、なんとなくテンション(緊張度)が高い感じがしますよね。「デコピン」でも、力を溜めて弾く感じがします。

 ちなみに「ピンからキリまで」「ピンキリ」の「ピン」はポルトガル語の pinta(=点)で、サイコロの「点」から「1」を指すようになり、そして「キリ」はポルトガル語の cruz(=10)だと言われています(「キリ」は「切り」という説も)。

 話を「デコピン」に戻しますと、これは子どもの遊びかと思いきや、実はある伝統的な世界では大人が堂々とやっているのです。それは大相撲の世界。初めて髷を結った後輩力士に対して、先輩がおデコをピンと弾いて、その代わりに鬢付け油代を渡すという伝統があります。そして、それは「デコピン」ではなく、「こんぱち」と呼ばれています。

 とはいえ、最近はそれも「体罰」…いや、「暴行」となってしまうのでしょうか。昔は学校の先生もよく「デコピン」やってましたけどね。面倒くさい世の中になったものです。

 ま、今回、大谷選手の口から世界に発信された「デコピン」という日本語、これほど注目を浴びるとは、「デコピン」自身が一番驚いているのかもしれませんね。

 あっそうそう、オノマトペで思い出した。最近の「ゆる言語学ラジオ」のオノマトペシリーズ、実に面白かった。私は昔から「音象徴」論者でしたので。

 

| | コメント (0)

2023.12.14

追悼 木戸修さん

Th_1314109954_136 しいニュースが。「いぶし銀」プロレスラー木戸修さんがお亡くなりになったとのこと。

 14年前、一度だけお会いする機会がありました。その日の記事がこちら。なんかすごい日だったな。

 ちゃんこ居酒屋 カンちゃん

 居酒屋カンちゃんも今はありません。木戸さんはとにかくしぶかった。本当に挨拶を交わしただけというか、挨拶も無言でした。

 多くを語らないけれども、本当にプロレス界において重要な存在でした。なにしろ、カール・ゴッチに最も可愛がられたレスラーですからね。とにかく真面目で練習の虫。

 彼の影響を強く受けたレスラーが、今たくさん活躍しております。華々しいだけがプロレスではありません。小さい体で無口ながらも、技の説得力だけで観客の心をつかむ力はダントツでしたね。

 あの頃は全日派だった私。木戸さんの試合というとこの試合が印象に残っています。とはいえ、裏ビデオ(?)で最近見たのですが。

 負け試合でも、これだけ観客を盛り上げれば、それはすなわちプロとして勝ちということです。まあ、鶴田さんが強すぎるのですが(苦笑)。

 ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧