« こだま号グリーン車を堪能する | トップページ | 出口王仁三郎 「松と土と水」 »

2023.10.31

MacBook Pro(M1 2020)

Th_mbpsilverselect202206_geo_jp M3チップ搭載のMacBook ProとiMacの発売が発表されましたね。

 円安もあってとにかく高い!とても買えません。

 私は今、M1のMacBook Proを愛用しています。昨日の記事の写真にも写っていましたよね。あれです。今年7月に中古で購入しました。

 ちょっと前まで、MacBook Pro(2012)を使っていました。なんと10年以上も使っていたことになります。重かったけれど、DVDドライヴも搭載しており、また自分で分解できるメリットもありました。メモリーを16GBにし、SSD1TBに換装しましたので、普通使いには全く不便はありませんでした。

 考えてみるとすごいことですよね。パソコンが10年以上壊れないどころか、性能的にも充分使えるというのは。Macらしさとも言えましょう。

 ちなみに家内と娘は同機を今でもバリバリに使っております。

 私のもまだ健在なのですが、バッテリーがへたったのと、やはり重いので旅先に持っていくのがきつくなってきたので、思い切って乗り換えたというわけです。

 で、乗り換えたのが中古のMacBook Pro(M1)。家でM1Mac miniを使っていたので、M1チップの優秀さはよくわかっていましたが、今回MacBook Proを使ってみてやはり感動的だったのはバッテリーの持ちの良さですね〜。本当にすごい!

 もちろんこれまでのが古くてバッテリーの持ちが悪すぎたというもありますが(笑)。

 まあ、とにかく旅先に連れて行くには最高ですね。軽いし薄いし(これも前のが重くて厚かったからか)。

 ちなみにメモリーは16GB、SSDは1TBです。中古で11万ほどでした。また10年使い倒したいと思います。

 あっそうそう、今回のM3発表に伴い、Touch Bar搭載のMacBook Proが消滅しましたね。私のには付いていますが、けっこう使い慣れると便利です。なんであんなに不評だったのでしょうか。

|

« こだま号グリーン車を堪能する | トップページ | 出口王仁三郎 「松と土と水」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こだま号グリーン車を堪能する | トップページ | 出口王仁三郎 「松と土と水」 »