« フェリックス・アーヨ 『ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ「春」』 | トップページ | セイキ 『アコーデオン網戸 オレジョーズⅡ』 »

2023.07.22

高中正義 『晴天』(2003.9.14 日比谷野音)

 

 日のフェリックス・アーヨのコンサートと同じ2003年、私はこちらを聴きに行っていました。

 高中正義さんの日比谷野音ライヴ。楽しすぎて倒れそうになりました(笑)。

 すごいメンバー。

 ギター:高中正義

 パーカッション:斎藤ノブ

 ドラムス:そうる透

 ベース:松原秀樹

 キーボード:小島良喜・重実徹

 「晴天」というのは、そうこの日の23年前、伝説の雨の日比谷野音があったからですね。1980年8月16日。

 ちょうどその年に、私は昨日のフェリックス・アーヨのコンサートを聴きに行きました。当時も高中さんのファンでしたが、なんだか時を超えてひっくり返っていて不思議な感じですね(笑)。

 この日の野音も、最初雨が降っていましたが、開演する頃にはやみました。開演が少し遅れたためか、全体にテンポが早いなと感じた記憶があります。野音は音出しの時間制限がありますからね。

 まあそのおかげもあって、メンバーもオーディエンスもノリノリ。最高のライヴとなりました。

 Early Birdでは弦が切れましたが、そんなの全く気にせず、いや逆にそれだからこそ燃えるのか(笑)、素晴らしいソロを弾ききりました。

 こうして改めて聴きますと、やはり高中さんのソング・ライティング能力の高さを痛感せずにはいられませんね。カッコいい!

 

|

« フェリックス・アーヨ 『ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ「春」』 | トップページ | セイキ 『アコーデオン網戸 オレジョーズⅡ』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェリックス・アーヨ 『ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ「春」』 | トップページ | セイキ 『アコーデオン網戸 オレジョーズⅡ』 »