« 「切り替え」ということ | トップページ | ゆる言語学ラジオ 『何この論文タイトルおしゃれやナイト』 »

2022.11.28

カプスペルガー 『リュート作品集』

 

 ロック期には知られざる天才作曲家がたくさんいます。このイタリアの作曲家カプスペルガーもその一人。

 1580年生まれですから、初期バロックということになりましょうが、めちゃくちゃ21世紀的な音楽を作る人です。

 21世紀の流行は「循環」です。20世紀に複雑に進化しすぎたのか、先祖返りしたような音楽がたくさん流れていますよね。

 このカプスペルガーの音楽は「循環」の可能性を追究しています。それもかなりマニアックな感じ。

 このまま現代風に打ち込んでテキトーにヴォーカルとか入れれば売れるんじゃないかな(笑)。

 一方で、冒頭のトッカータ・アルペジアータのように、当時としては本当に革新的なコード進行のチャレンジをしています。

 私はこの曲集をいつも睡眠導入に使っています。心地よいですよ〜。

|

« 「切り替え」ということ | トップページ | ゆる言語学ラジオ 『何この論文タイトルおしゃれやナイト』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「切り替え」ということ | トップページ | ゆる言語学ラジオ 『何この論文タイトルおしゃれやナイト』 »