« 今起きていることは「国際紛争」なのか? | トップページ | 思想家・仲小路彰さんとの思い出(村井邦彦×細野晴臣「メイキング・オブ・モンパルナス1934」対談) »

2021.05.04

『Sakamoto: For Mr Lawrence Piano Music』 Jeroen Van Veen

Th_91ezlr66f5l_ss500_ しくて忙しくて、ブログの更新が追いつきません!

 こんなに忙しくなるとは。休み時間がなく、起きて、仕事して、寝るという日々を送っております。

 昨夜、寝る時に、いや寝ながらずっと聴いていたのがこれ。起きたらまだ鳴っていた(6時間近い収録時間なのです)。

 坂本龍一さんの作品を、オランダのピアニストがピアノ独奏用に編曲して演奏した作品集です。

 非常に心地よく眠ることができました…ので、ちゃんと聴いたわけではないのでしょうが、脳と体には染み込みました。

 坂本作品の良さは、やはりそのシンプルさですね。だから「歌心」がある。現代曲は複雑になりすぎる傾向があり、それは歌からどんどん離れていく結果を生みます。それに比して、坂本作品はあくまで「歌」なのです。

 坂本さんも仲小路彰の影響を強く受けています。彼がYMO散開後神戸で開催したロック・オペラは、仲小路の「未来学原論」をモチーフにしたものでした。

 

|

« 今起きていることは「国際紛争」なのか? | トップページ | 思想家・仲小路彰さんとの思い出(村井邦彦×細野晴臣「メイキング・オブ・モンパルナス1934」対談) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今起きていることは「国際紛争」なのか? | トップページ | 思想家・仲小路彰さんとの思い出(村井邦彦×細野晴臣「メイキング・オブ・モンパルナス1934」対談) »