« 「恋人」の心の機微(その2) | トップページ | 上映會&志村正彦展 »

2019.07.05

Googleは過去(うんこ)の商売

Th_-20190707-83315  日Google様のお世話になっております。皆さんもそうでしょう。

 Google検索のワードの履歴を見ますと、まるで自分の日記を読むような感覚になります。その日のことをいろいろ思い出しますよね。

 そう、実はGoogleは過去の商売なのです。「過去の商売」というのは、もう時代遅れという意味ではなく、「過去で商売している」ということですね。

 いつかも書きましたが、Googleの目指しているところは、「世界のインデックス化」すなわち「世界のコトの整理整頓」です。言葉(コトのは)をはじめとする様々な「情報(コト)」を収集して整理している。

 その収集するコトは、収集できるわけですから、すでに存在しているコトです。存在というより認識したコトですね。すなわち、それは過去のコトです。まだ見ぬモノは収集できない。

 仏教(禅宗)でいうと「過去はカス」ですから、Googleはゴミ収集業者だということです。そして収集したカスを整理して再利用している。いや、再利用させるべくカスを売っているわけです。

 たとえば、最近テレビで見るこのCM。マツコさんが見ているのは、過去のマツコさんです。カスのマツコさん、マツコさんのカス(うんこ)だとも言える。

 

 

 Googleはとっても最先端で、そして未来を見せてくれるかのように感じますが、実は現在すら見せてくれません。商品はすべて過去です。カスです。うんこです(笑)。

 そういう意味で、私はGoogle様のお世話になっていますが、それに今の自分が支配されている感覚はありません。過去の誰かの、未来への妄想は記録されていますが、今の私の、未来への妄想はどこにも書いてありませんから。

 Googleが見せてくれるコトたちが、カスであり、うんこであると思うと、それだけでも人生が豊かになりますよ。うんこに振り回され、うんこに感心し、うんこに動かされ、また人のうんこを誰かに語るような人生は、そりゃあ避けたいですよね(笑)。

|

« 「恋人」の心の機微(その2) | トップページ | 上映會&志村正彦展 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恋人」の心の機微(その2) | トップページ | 上映會&志村正彦展 »