« 『サマータイムマシン・ブルース』 本広克行監督作品 | トップページ | 窮して変じ、変じて通ず。 »

2018.12.09

SONGS 『hideが遺(のこ)したもの』

Th__20181210_143742 日録画したのものを今日観ました。
 う〜ん、なんだかこの歳になって妙に感動してしまった。正直、若い頃、hideの楽曲やギタープレイに、特別な魅力を感じなかったのですが、今頃になって何か共鳴するものがあることを感じます。
 今回のSONGSのゲストが、たまたま私の大好きな3人だったからかもしれません。吉井和哉、生駒里奈、MIYAVI。
 吉井くんも、いかにも大人になった吉井くんから見た若きhideの魅力を語ってくれたし、生駒ちゃんはhideを直接知らない世代として、そしてMIYAVIくんはある意味直接hideの魂を継ぐ者として、その魅力というかカリスマ性を語ってくれました。
 私、生のhideを観て聴いたことは一度だけ。まだ彼らが無印Xだった時、あれは1992年の1月、東京ドーム3daysの中日だったかなあ。業界の知り合いからチケットを譲ってもらい、なにげなく行ったコンサート。正直、音響もよくなく、また周囲のファンたちの狂騒で、あまり音楽を楽しめなかった記憶しかありません。
 しかし、今思えば、あのドームの異常な熱狂はすごかった。そのエネルギーの源の半分くらいはhideが作り出していたかもしれない。なぜなら、私の記憶に残っているのは、彼のかき鳴らすギターの音ばかりだから。
 ちなみに彼は私と同い年です。昭和39年生まれ。早逝してしまった同世代。
 彼が生きていたら…と考えるのは意味がないのかもしれませんが、今日番組を観て聴いていて、彼が非常に未来的な音楽をやっていたことがわかりました。時代がやっと追いついてきた。
 それは彼の生き様、哲学においてもそうです。あの頃は理解できなかった彼の社会的行動の一つひとつが、今20年を経てようやく普通のことになってきているように思います。
 さあ、21世紀のこれからの日本語のロックはどうなっていくのか、それを聴きたい衝動にかられました。私もあらためて彼の楽曲を聴き直してみようと思います。そこにきっとヒントがあることでしょう。

SONGS公式

|

« 『サマータイムマシン・ブルース』 本広克行監督作品 | トップページ | 窮して変じ、変じて通ず。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67469222

この記事へのトラックバック一覧です: SONGS 『hideが遺(のこ)したもの』:

« 『サマータイムマシン・ブルース』 本広克行監督作品 | トップページ | 窮して変じ、変じて通ず。 »