« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その5)』 »

2018.11.18

田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その4)』

 詩に恋愛ネタがない、和歌は恋愛ばっかり…というのは確かにそう(笑)。
 ふむ、仏教が恋愛の感性を磨いたと。それはあるかもしれませんね。無常観。たしかに恋愛は、ワタクシの言うところの「モノのあはれ」(不随意へのため息)の代表ですな。思い通りにならない。
 神社(神棚)が「場」や自然、お寺(仏壇)が「人間(個人)」を祀るというのも面白い。それが両方ある、今の私たちの信仰の形は、たしかに聖徳太子が作ったと言えます。
 やはり、神道(という言葉さえありませんでしたが)が仏教を包み込んでいるのが、日本の特徴でありましょう。私は仏教は最強の思想だと思っていますし、お釈迦様は宇宙人だと思っていますが(笑)、それを意識せずとも、すでに日本は自然の中にあって無我、空、縁起を体現していたのでしょう。その姿勢こそが「あはれ」=「諦念」であったのです。

Amazon 聖徳太子 本当は何がすごいのか

|

« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その5)』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67392916

この記事へのトラックバック一覧です: 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その4)』:

« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その5)』 »