« 御札(ふだ)とお札(さつ) | トップページ | 宇宙人を囲む会(今どきの若者はすごい!) »

2018.11.23

駒場祭にて(運命のベース)

Th_img_3137 際には24日の出来事ですが、3連休密度高くいろいろなことがあったので、この日の記事に書いておきます。
 24日は東大の駒場祭に行ってきました。娘がいくつかのバンドでベースを弾くからです。
 とは言っても、ウチの娘、東大生じゃありませんよ(笑)。東大の音楽サークルPOMPに入っているからです。
 もともとPOMPに入れと言ったのは、実は父親であるワタクシであります。自分の夢を娘に押し付けた(笑)。
 まあ、娘も大変楽しそうですし、ついでにライバル音楽サークルである「音感」にも誘われて、そちらでもステージに立っておりました。
 それぞれなかなか良い演奏だったわけですが、ごく個人的に感慨深かったシーンがありました。
 EGO-WRAPPINバンド。当初、娘は普通のエレキベースを演奏する予定でした。しかし、その練習音源を聞かせてもらって、あっこれは違うと思ったのです。これはアコースティックで弾かないと、エゴの雰囲気が出ないと。
Th__20181127_121400 そうだ!ウチにあるではないか。私の秘蔵の楽器が。そう、まさに秘蔵で、最近全然弾いてなかった。
 これです。ヤイリのアコースティック・ベース・ギター。そう、この13年前の記事に書いてあるジャズ・トリオ、実はその後道の駅でライヴをやったんです。その時、なんとワタクシがEGO-WRAPPINのあの「色彩のブルース」を弾いたんですよ。
 それをですね、まさか実の娘がこうしてこのベースで同じ曲を(私よりずっと上手に)演奏し、それを私が聴く日が来ようとは、まったく夢にも思いませんでした。
 結果として、胴鳴りの豊かなまろやかな音色がぴったりで、いかにもEGO-WRAPPINらしい空気が出ていたと思います。
Th_010224 この写真は、18年前のものです。娘がこのベースを初めて弾いた日です。まったく面白いですね、運命というのは。考えてみると、このベース、吉祥寺で買ったんだよな。今、娘は吉祥寺に住んでいるわけで、このベースは二十数年ぶりに吉祥寺に帰ってきたとも言えます。
 ベースを弾けなんて一度も言ったことありませんでしたが、いつのまにかプロのベーシストを目指すようになった娘。このベースはそんな運命を知っていたのかもしれません。
 娘も私に似てかどうかわかりませんが、相対音感はまあまあよく(絶対音感はない)、フレットレスを上手に弾きこなしています。ちなみにあの絶対リズム感は母親譲りで、私はとてもかないません。いいとこ取りしやがったな(笑)。
 というわけで、個人的になんとも感慨深いライブでありました。

|

« 御札(ふだ)とお札(さつ) | トップページ | 宇宙人を囲む会(今どきの若者はすごい!) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67424458

この記事へのトラックバック一覧です: 駒場祭にて(運命のベース):

« 御札(ふだ)とお札(さつ) | トップページ | 宇宙人を囲む会(今どきの若者はすごい!) »