« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その1)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 »

2018.11.16

田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その2)』

 中先生は「和」を「やはらぎ」と訓んでいます。仲小路彰は「にぎ」と訓んでいます。どちらが正しいかは難しいところですが、少なくとも「ワ」と読んでいた可能性は低い。和語で訓読したはずです。
 日本には文字がなかった。それは劣っていたという意味ではなく、逆に文字という情報次元を超えた高度な科学を持っていたというのにも納得します。
 少し話がそれるようですが、最近音楽の世界がレコードやCDからダウンロードへ、そしてしまいにはストリームへと変化してきているじゃないですか。アナログにせよデジタルにせよ、そのデータを所有するというのは文字によって情報を記録して所有するのと同じことです。それがストリームになりつつある。
 つまり所有しなくなったということです。そして、かつてのように情報というか音楽そのものが向こうからやってくるようになったということです。それはある意味古代の口承文化に戻るということです。私はそうとらえています。
 近代西洋的価値観、すなわちワタクシの言うところの「コト」文明から、かつての日本がそうであったであろう「モノ」文明に再び戻りつつあるのではないでしょうか。そんな話も年末に出る某雑誌のインタビューで語っています。どうぞお楽しみに。

Amazon 聖徳太子 本当は何がすごいのか

|

« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その1)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67392834

この記事へのトラックバック一覧です: 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その2)』:

« 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その1)』 | トップページ | 田中英道 『日本らしさの基礎を築いた聖徳太子(その3)』 »