« バッハ 『無伴奏チェロ組曲第5番』 (鈴木秀美) | トップページ | 『偽書が描いた日本の超古代史』 原田実 (KAWADE夢文庫) »

2018.10.27

ヴィヴァルディ 『四季』 (佐藤俊介ソロ&指揮)

 日の続き。オランダバッハ協会の「ALL 0F BACH」シリーズでも大活躍の日本人ヴァイオリニスト、佐藤俊介さん。彼の活躍は凄まじいですね。けっこう好きです。
 なにしろガット弦で初めてパガニーニの24のカプリースを録音したというのですから、なかなかやり手ですよね。そう、実はパガニーニの時代も裸のガット弦だったのです。
 モダン、クラシック、バロック、それぞれの音楽と楽器を自由に行き来し、時にはクロスオーバーさせながらの彼の演奏は、なかなかエキサイティングです。
 私は常に「ヴァイオリンは野蛮な楽器だ」と言ってきました。決して上品な楽器ではないのです。彼はそれをよく分かっています。なぜフレットがないのか。フレットがないのだからそれなりの演奏をすべきです。
 彼はちゃんとやってくれていますよ。それが一番よく分かるのが、ヴィヴァルディの四季でしょう。あの曲自体、もともと過激なヴィヴァルディの中でも、最も過激、ほとんどロックです。佐藤さんはまさにロック・ヴァイオリニストのごとくバロック・ヴァイオリンを弾きこなしています。
 ぜひ楽しんでください。これぞヴァイオリンです。そしてヴィヴァルディです。
 比較的退屈になりがちな「秋」もかなり面白い!わざと音痴なホルンのまねしたり。なるほどね〜。これなら楽しい。

 ふむふむ。恥ずかしながら、ロック&バロック・ヴァイオリニストを標榜してきたワタクシでありますが、実はずっと肩当て、顎当てなしで演奏してきました。しかし、ようやく変な呪縛から解き放たれまして、最近は肩当ては使うようにしようかなと思っております。
 無駄な難行苦行やってきたなあ…と、若い人たちの自由な演奏を見て反省しているのでありました(笑)。

|

« バッハ 『無伴奏チェロ組曲第5番』 (鈴木秀美) | トップページ | 『偽書が描いた日本の超古代史』 原田実 (KAWADE夢文庫) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67321539

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴァルディ 『四季』 (佐藤俊介ソロ&指揮):

« バッハ 『無伴奏チェロ組曲第5番』 (鈴木秀美) | トップページ | 『偽書が描いた日本の超古代史』 原田実 (KAWADE夢文庫) »