« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018.10.31

『バロックの日本』 守安敏久 (国書刊行会)

Th_51f9sc9pdwl_sx325_bo1204203200_ ロック音楽愛好家として、最近いろいろと「違うな」と思うことが多い。「違うな」ではなく、「違っていたな」でしょうか。
 この前、紹介した佐藤俊介さんの「四季」なんか、その下品なまでの大げささがいかにも「バロック」ですが、かつての古楽器演奏は、どちらかというとお行儀よく、また純粋な響きを追求していたように思います。
 それは、いわゆるクラシック音楽演奏の悪弊に対するカウンターとしては、あるべき姿だったのだと思いますが、「バロック」の原義からしますと、やっぱり違っていたのではないかと思うのです。
 言うまでもなく、「バロック」とは「ゆがんだ真珠」という意味です。ルネサンス期の均衡の美を求める姿勢に反抗するかのように、あえてその均衡を崩したり、大げさにコントラストを作ったり、意図的な「ゆがみ」を「かっこいい!」と思ったのがバロック時代です。そういう意味ではやっぱりカウンター・カルチャーなんですね。
 その「バロック」的な要素というのは、実は日本の文化ではけっこう当たり前で、全然カウンターでもなんでもなく、どちらかというとベース・カルチャーだったと思うのは私だけではないでしょう。
 いや、侘び寂びの世界はその逆の境地だ、とおっしゃる御仁もおられるでしょうが、いやいや、ああいう極端な簡素化や、あるいは不完全性を愛でる態度というのは、非常に意図的でもあります。
 歌舞伎や浮世絵については、もうそのまんまバロック的です。例外を探す方が難しい。つまり、日本は世界で最もバロックを窮めた国だとも言えるのです。
 そんな「日本のバロック」の例を挙げて検証したのたがこの本です。いや、「日本のバロック」ではなく、「バロックの日本」です。このタイトルは正しい。日本の中に見出されるバロック的要素ではなくて、バロックこそ日本であり、日本こそバロックなのです。
 取り上げられている人たちは、次のとおり。たしかに魅力的です。私好みの奇人たち。

月岡芳年(浮世絵師)
牧野信一(小説家)
牧野邦夫(画家)
寺山修司(寺山修司)
横尾忠則(グラフィックデザイナー)

 寺山修司(寺山修司)としたのは、言わずもがな、彼の職業は「寺山修司」だからです。私は不勉強で、牧野邦夫はよく知りませんでした。いとこの牧野信一は、かつてセンター試験の小説問題に「地球儀」が全文採用されたことで初めて知りました。
 考えてみると、バロック作家である牧野信一の作品がセンター試験に出るなんてすごいですね。日本はなんとバロックなんだ!
 西洋のバロック音楽に話を戻しますと、たとえばバッハなんかはバロックの枠さえも超えてしまうほどの変態ぶりですよね。異常ですよ。いろいろと極端です。音楽の父とか神とか、私もそう思ってきましたが、ある種の悪魔性で捉え直した方がいいのではないでしょうかね。
 というわけで、私の生き方もけっこう「バロック」です。特に最近自分でも呆れるほど、はみ出しています。今日も某大学の先生たちと仲小路彰の話で大盛り上がりしました。仲小路彰もまた変態的とも言えるバロック人間ですね。まさに職業は「仲小路彰」。寺山修司と喧嘩するはずだわ…。
 これからもバロック人生を楽しみたいと思います。秩序や均整については、それこそ神様にお願いして、人間らしくゆがんで生きたいと思います。いや、日本の神様はけっこうバロック的か。

Amazon バロックの日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.30

ファミリーヒストリー 『ロバート秋山竜次』 (NHK)

75年前の事件浮かびあがる不思議な絆
Th_b1804143_main 代の世阿弥(と私は真剣に思っている)、ロバートの秋山竜次さんの「ファミリーヒストリー」がすごすぎました。放送されたのは昨日ですが、観たのは今日。
 まさに「事実は小説より奇なり」。あまりに出来すぎたストーリーに「これがシナリオだったらダメ出しされるな」と思ってしまいました。
 こういう「出来過ぎなご縁」というのは、私もたくさん体験しています。そのたびに天意というか天命というかを感じざるを得ない。
 どれほどすごかったかは、もうご覧になっていただくしかありません。
 この「ファミリーストーリー」、NHKの異常とも言える取材力によって、本人も知らない血縁のストーリーが明かされ、毎度驚きと感動を巻き起こすのですが、今回はいわゆる神回だったと言って良いでしょう。
 私が秋山さんや彼のお父さんに特別な思い入れがあるからかもしれません。というのは、私の姉が秋山さんの大ファンで、本人に会って話しただけでなく、門司のお店に行ってあのお父さんともずいぶん仲良くなったと聞いていたからです。いったいどんな家に育ったんだと(笑)。
 もちろん、私も彼の芸、特に最近の「クリエーターズ・ファイル」を観て、これは「モノを招く」という意味で、伝統的な「ものまね芸人」だなと高く評価していました。そう、能の大成者世阿弥が語った「物まねに似せぬ位あるべし。物まねを究めて、そのものに真に成り入りぬれば、似せんと思ふ心なし」という境地を、彼は完全に現代において実現しています。
 逆に言えば、モノ(他者)を招き入れるような境地の人には、縁が味方をする、ということでしょう。これは仏教の教えにもつながります。他力とは縁を活かすことですから。
 それを無意識でやることが重要です。天才とはそういう人でしょう。自我が、ある意味ない。
 それにしても、父方、母方ともに外地を経由していること、梅宮辰夫さんとの因縁、この動画のロケ地である天草の小さな島との不思議すぎる縁…本当に面白かったし、感動しました。
 再放送が11月2日(金) 午前1時からあります。1日の深夜です。ぜひ観てください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.29

格安 掛け時計(アイリスプラザ)

Th_61b67o27rl_sl1000_ て、今日は軽いネタでいきましょう。いや、案外重いかも?
 最近、「時間」について考えてばかりいます。先日、紹介した吉本ばななさんの「違うこと」をしないことでも、私の時間論が紹介されていました。
 ようは、「時間は過去から未来へではなく、未来から過去へ流れている」という考え方です。これは別に目新しい考え方ではありません。逆にとっても古い考え方です。
 結論から言ってしまうと、本当は時間は流れていません。全てが「今ここ」に同時に存在しています。ただ、私たち生き物はそれを流れているように捉えるよう進化しているだけです。
 その捉え方に大きく分けて、「過去から未来へ」と「未来から過去へ」の二つがあるということです。
 で、本来人間は後者であったはずなのに、近代になって前者のような考え方が主流になってしまったのです。
 そのあたりのからくりを説明するのに、この時計は使います。というか、普段はフツーに壁掛け時計として重宝してますよ。大きいし、デザインもいいし、静かだし。そう、秒針がカクッカクッと動くタイプではなく、スムーズに連続的に動くタイプなので、音もほとんど無音で良い。
Th_6b06b3e67b4b4999b8d1434ecda54876 この前、あるイベントで話した時の写真がこれです。こうして持ち上げて説明するにも、大きさ、軽さの点で最適です。
 何をどのように説明しているかというと、そのスムーズに「時計回り」に動く秒針を一番上、12時の位置に止まるように、時計を「反時計回り」に回すのです。そうすると、針が止まって文字盤が回るタイプの和時計を再現できる。そう、文字盤(すなわち「時」)が反時計回りに、つまり、未来から過去へ動くのを確認してもらえるんですね。
 自分が止まっていて、「時間が流れている」という、言葉どおりのことが体験できるわけです。「自動説」ならぬ「時動説」。地動説の普及とともに、自分が歩んでいくイメージの「自動説」も蔓延していきました。
 というわけで、本当なら「針が止まっていて文字盤が回る」タイプの壁掛け時計があったら欲しいんですけど、一針式だと細かい時間がわからないし、二針、三針式だと複雑すぎるし、難しいか。
 いずれにせよ、このアイリスの壁掛け時計、安い割に良い製品だと思います。なにしろこのクオリティーで1280円(税・送料込み)ですからねえ。おススメします。
 あっそうそう、電波時計はダメです。我が家では時計はわざと5分ほど進めて使いますので。

Amazon アイリスプラザ デザイン 掛け時計 ブラウン 30cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.28

『偽書が描いた日本の超古代史』 原田実 (KAWADE夢文庫)

Th_unknown 信のアウトソーシング特集、とりあえずこれで一段落でしょうか。
 今日、ウチの近所の安倍総理の別荘に、インドのモディ首相がいらっしゃいました。これも元をたどると、私の妄想が実を結んだとも言えます。そこには、ある「トンデモ」が関わっています。その話はまた最後に。
 少し前に、原田さんの最近のお仕事「江戸しぐさ批判」を含む『オカルト化する日本の教育』を紹介しました。あれもとっても面白かった。どうも、私はこういうモノに反応してしまうんですね。
 たしかに自分も子供の時から嘘つきです。今でも生徒に「はったり、ちゃっかり、ぼったくり」とか言われています(笑)。
 もしかすると、これは社会的にはかなりヤバイのかもしれませんが、とりあえず小さなの嘘でも、それが世の中を大きく動かすことがある、いや、世界史の大事件のほとんどは、ある種の嘘が生み出したとも言えるのではないか、と思うとどうにもワクワクしてしまうんですね(笑)。
 まあ、たとえばある人が未来はこうなる、未来をこうすると言って、人を動かし世の中を動かしたとすると、未来なんていうのはまだ起きていないという意味では、現在においては「嘘」になってしまいますよね。あるいは小説などの芸術作品も嘘っちゃ嘘。それが人や世を動かすこともよくあります。
 そういうスケールでの「嘘」にワクワクするということです。
 さて、この本には、どう見てもバレバレな嘘なのに、それなりに世の中を動かしてしまった、という例がたくさん紹介されています。
 いわゆる「古史古伝」です。それはほとんどの場合「超古代史」を含む内容になっています。それはそうでしょう。最近のことについて嘘をつくとすぐバレるけれども、超大昔のことは誰にも分からないので、嘘というか妄想を書きやすい。
 これって、たとえば幽霊が見えるという話をするのと似ています。つまり、肯定派も否定派も科学的根拠を提示できず、ただ「なんとなく信じる」か「なんとなく信じない」ことしかできないから、発信者としては絶対的肯定も絶対的否定からも逃れられる。
 そういう意味では、「江戸しぐさ」は近すぎた。いや、近いからこそ自分に都合の良い嘘につなげたくなるというのもありますね。超大昔を語るより、とりあえず信用されやすい(つまり生活レベルで騙しやすい)。
 いわゆるユダヤ陰謀論や、大東亜戦争の解釈なんかにも、たくさんの「妄想」や我田引水が混入していますね。いや、一番近いところでは今の政権も…。
 そう、この本の「富士宮下文書」のところに、実は私が大きく関わっている「事実」が紹介されていました。ある人を通して、そことモディさんもつながっている。トンデモな話に聞こえるでしょうけれども、起きたことは本当だからしかたありません。
 と、そんなわけで、この本に書かれていることは、ほとんど事実ですし、本当に客観的に書かれているという意味で、この種の本の決定版だと思います。さすがです。
 それを実現したのは、やはり原田さんの人間への「愛」でしょう。単に嘘つきを糾弾したり、揶揄したり、無視したりするのではない…。
 さて、私は今、こうした歴史的「嘘」や現在的「嘘」、そして未来的「嘘」を総合して、戦後日本において国家や国民、そしてそれを取り巻く世界をも動かしてしまった人物、仲小路彰の研究をしています。
 仲小路は賢かった。なぜなら、完全に黒幕として隠遁していたからです。その存在は当時からすでにミステリアスであり、だからこそ人を惹きつけてしまった。
 仲小路は、これら古史古伝が「発見」され、流布し、利用された時代に生きながら、その内容をかなり深く研究していました。そして、それは彼独特の「日本世界主義」「グローバリズム」「未来学」を構築することに大きく寄与しています。
 その潮流はまだいろいろなところに息づいてます。とても一笑に付すわけにはいきません。面白いけれども、笑ってばかりはいられないのです。
 物語の力、すなわちモノを騙る力は、事実よりも奇であります。

Amazon 偽書が描いた日本の超古代史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

ヴィヴァルディ 『四季』 (佐藤俊介ソロ&指揮)

 日の続き。オランダバッハ協会の「ALL 0F BACH」シリーズでも大活躍の日本人ヴァイオリニスト、佐藤俊介さん。彼の活躍は凄まじいですね。けっこう好きです。
 なにしろガット弦で初めてパガニーニの24のカプリースを録音したというのですから、なかなかやり手ですよね。そう、実はパガニーニの時代も裸のガット弦だったのです。
 モダン、クラシック、バロック、それぞれの音楽と楽器を自由に行き来し、時にはクロスオーバーさせながらの彼の演奏は、なかなかエキサイティングです。
 私は常に「ヴァイオリンは野蛮な楽器だ」と言ってきました。決して上品な楽器ではないのです。彼はそれをよく分かっています。なぜフレットがないのか。フレットがないのだからそれなりの演奏をすべきです。
 彼はちゃんとやってくれていますよ。それが一番よく分かるのが、ヴィヴァルディの四季でしょう。あの曲自体、もともと過激なヴィヴァルディの中でも、最も過激、ほとんどロックです。佐藤さんはまさにロック・ヴァイオリニストのごとくバロック・ヴァイオリンを弾きこなしています。
 ぜひ楽しんでください。これぞヴァイオリンです。そしてヴィヴァルディです。
 比較的退屈になりがちな「秋」もかなり面白い!わざと音痴なホルンのまねしたり。なるほどね〜。これなら楽しい。

 ふむふむ。恥ずかしながら、ロック&バロック・ヴァイオリニストを標榜してきたワタクシでありますが、実はずっと肩当て、顎当てなしで演奏してきました。しかし、ようやく変な呪縛から解き放たれまして、最近は肩当ては使うようにしようかなと思っております。
 無駄な難行苦行やってきたなあ…と、若い人たちの自由な演奏を見て反省しているのでありました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.26

バッハ 『無伴奏チェロ組曲第5番』 (鈴木秀美)

 ウトソーシングというには、かなり無理がありますが、自分では弾けないので名手鈴木秀美さんにお願いしたという体で。
 演奏だけでなく、楽器や調弦、演奏や演奏家についての解説もまた素晴らしい。完全に同意です。まずは解説からどうぞ。

 なるほど「落語」ですか。たしかに。日本人は無伴奏が得意かもしれませんね。

 そう、この曲、スコルダトゥーラなんですよ。私も当然スコルダで弾いています(ヴィオラで)。
 ビルスマも言っていたと思いますが、バッハ自身はチェロは演奏しなかったようなので、おそらく自分ではヴィオラで弾いたのではないかと。
 で、そうだとすると、6番は5弦必要なので、私が弾いているような「5弦ヴィオラ」で作曲、演奏したのではないかという疑いが生じますね。
 ついでに勝手な妄想(暴走)をしますと、上掲の記事に書いたとおり、ブランデンブルク協奏曲の6番も(特に第1ヴィオラは)、やっぱり5弦ヴィオラで演奏すべきなのではないかと思うわけです。それもスコルダトゥーラで。
 そんなことをやっているのは、世界中で私だけかもしれませんが、結構正解なのではないかと思っているのです。
Th__20181028_75009 無伴奏チェロに話を戻しましょう。アンナ・マグダレーナ・バッハの筆写譜によりますと、冒頭、このような指示があり、その後もいわゆるスコルダ記譜法になっています。つまり、最高弦については実音ではなく、運指の場所に音符が書かれている。
 スコルダの面白さは、鈴木さんがおっしゃっているとおり、普通では弾けない和音が弾けること、そして、響きが変わることです。特に「緩める系」のスコルダは、テンションが下がって、残響が増えますから、なんとも心地よい響きになるんですよね。
 そんなところもお楽しみいただきながら、ぜひ鈴木秀美さんの名演奏をお聴きください。映像もきれいです。たしかに「チェロが通ればバッハが引っ込む」…いや、ここでは「バッハが通ってチェロが引っ込んでいる」ということですね。

 このオランダバッハ協会の「ALL 0F BACH」シリーズ、めちゃくちゃいいですよ。これからもいくつか紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.25

『「違うこと」をしないこと』 吉本ばなな (角川書店)

Th_71x2fgve7ul ウトソーシングシリーズ。一番最近、私(宇宙人教頭)の頭の中の情報を代わりに発信してくれたのは、吉本ばななさん。
 昨日も紹介したCS60つながり…まだ直接つながっていませんが、高次元ではすでにつながっている?…とも言えますが、元をたどれば高城剛さんとのラジオ対談に行き着きます。
 この本に書かれている、ばななさんの生き方哲学、本当にたくさん共感できます。
 「些細な違和感」、「なんかいやだなという直感」…こういうモノを「違うこと」と言うのだと思います。そう、日本語としては「違うこと」と「コト」という言葉でも表現されますが、宇宙人的には、それこそが不随意、不如意、外部を表す「モノ」だと思うんですよね。
 あとで「あれはああだったんだ」と解釈、得心すると「コト」になる。だから、その時は「モノ」でしかないのです。言葉(コトの端)では表現できないモノ。
 そういう「モノ」をテキトーにごまかして生きるのではなく、ちゃんと拒否したり、回避したりする。これって、実はとっても「他力」だと思います。
 すなわち、向こうから流れてくるモノをしっかり峻別して、受け止めるのか、やりすごすのか、パンチして破壊するのか、そういう判断をいいかげんにしないということですね。
 そこで重要なのは、たしかに「直感」であったりします。実は「直感」という時点で、すでに自己ではないんですね。神様か仏様か何かわからないけれども、だれかが教えてくれているのでしょう。
 そうそう、それで、ばななさんが私の何を引用してくれているかというと、時間は未来から過去へと流れているという話です。「すごく感動したんです」なんて、とんでもない。こちらこそ感激です。ありがとうございます。
 この本を読んで、つくづく思ったのは、やはり吉本隆明さんの娘さんだなあということです。こちらに紹介しました吉本隆明さんの出口王仁三郎評、本当に大好きです。
 王仁三郎の霊界物語と一緒です。ばななさんも、本来コト(言語)で表せないモノを語ること、すなわち「物語すること」を、この世でのお仕事にされているのですね。素晴らしいと思います。

Amazon 「違うこと」をしないこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.24

CS60の世界(プロモーション・ビデオ)

 日紹介した未来医療のアイテム(デバイス)、CS60。我が家でも毎日のように大活躍。いろいろな方に奇跡を体験していただいております。
 なにしろ、昨日書いたように、これは「モノ」なので、「コト」たる現代科学ではなかなか説明できない部分があり(最先端をゆく科学者の方は皆さん「ありえる」と言いますが)、そう簡単には紹介できないなと思っていましたが、昨日の本のように発明者自身が発信を始められましたので、私もいよいよここに明らかにしていきます。
 今日ご覧いただきたいのは、そのCS60の素晴らしいPV。私の知っているCS60の世界が、見事に表現されています。
 なぜ、こんなに素晴らしいビデオになったのか。それは、製作者ご自身もその奇跡を体験なさったからです。その感動と驚きがなければ、このような作品にはならなかったでしょう。
 その方を導いたものは、不思議なネットワークです。高次元のネットワークが彼を呼んだのでしょう。ちなみにその方は、ここ数日このブログに登場した天才たちと一緒に仕事をしております。
 私が皆様にお伝えしたいことを、こうして天才が代わって表現してくれる。これまた究極のアウトソーシングですね。
 どうぞ御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.23

『120歳時代の生き方』 高橋呑舟・西村光久 (徳間書店)

Th_51t75ldp9l_sx338_bo1204203200_ 日からしばらく「アウトソーシング」特集です。
 昨年から、テレビやラジオ、インターネットなどに登場させていただくことが多く、そのおかげさまで、私が人生の中で考えてきたこと、実感してきたことを多くの方に知っていただく機会が激増しました。
 たとえばこのプログでの発信のような「自力」の影響力なんか、たかがしれているわけですが、こうして影響力のある方々が、ある意味私の代わりに発信してくださる、つまり「他力」は実に強力です。
 やはり自我にこだわりすぎない方がいいですね。
 さて、他力ということでいえば、私はこの本で紹介されているCS60という不思議な器具に出会って、それを痛感させられています。
 たしかに私がそれを手に持って動かしているが、そこには間違いなく「他者」のエネルギーが存在しています。それは私流の言い方をすれば、「コト(自我)」ではなく「モノ(他者)」ですね。
 「もの」という日本語の歴史を振り返ってみれば、「もののけ」や「ものいみ」、「もののあはれ」などの例を挙げるまでもなく、まさに人知を超えたエネルギーが存在するのは間違いありません。
 それを「超科学」と言うこともできるでしょう。ものすごく古くてものすごく新しい。CS60については、私は未来医療というい言い方もしています。
 かつて特殊なシャーマン的存在にのみ与えられていた能力…それを「神の手」と呼んでもよいでしょう…が、テクノロジーによって万人に与えられたとしたら、これは人類史上、大変な革命となります。
 私はこのCS60には間違いなくそのような可能性があると信じています。
 こちらに暗に書いたように、この未来医療を高城剛さんに紹介したのは、実は私です。彼がそれを気に入り発信してくれたことで、その革命は大きく前進したと思います。まさにアウトソーシングは「ご縁」そのものですね。
 ちなみに、究極のアウトソーシングということでは、この本に私のある「発見」が掲載されております。「ユニークな教頭先生」が発見したのは、CS60が「薬師如来の薬壷」であるということ。
 私がブログの以下の記事に書いた内容を引用してくださっています。ありがたいことです。

薬師如来が持っている薬壺は?

薬師如来の薬壺の秘密

 皆さんもぜひ体験してみてください。もちろん私のところに来ていただいてもOKです。ボランティアで施術させていただきます。
 最後に一言。私も宇宙人かもしれませんが、現代にこの薬壷を降ろした西村さんは、もっともっと宇宙人ですよ(笑)。

Amazon 120歳時代の生き方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.22

坂本龍一 『async』

Th_81taa20kfal_sl1500_ 楽ネタが続きます。忙しいというのもあるのですが、今、おそらく私の中で何かが大きく変わりつつあって、その成就のために音楽がとても重要なファクターであることを、暗に象徴しているものと思われます。
 この坂本龍一さんの作品も、もうずいぶん前に購入して聴いていましたが、このタイミングでおススメするということに、何か意味のようなモノ(あくまで「ようなモノ」)を感じます。
 モノということでいうと、このアルバムが表現しているのは「コト」ではなく「モノ」でしょう。つまり、不確かであり、一見秩序のないモノ。
 コトは、私たち人間の脳ミソの範疇における秩序です。人間の都合で切り分けられた世界がコト。その最先端が「コトの端」すなわち「言葉」です。
 従来の音楽というのは、一番最初は「モノ」でした。日本では音楽のことを「もののね」と読んだ。それが、ここ何回か書いてきたように「楽譜」という言語で記録されるようになってから、「コト」の要素が強くなっていった。すなわち、天から降ってくるアドリブよりも、人間の力で構築された作品を何度も再現する方向に変化したのです。
 もちろん、民族音楽、世俗音楽の世界は別でした。また、それがクラシックの楽器と理論と結びついたジャズでは、再び「モノ」の要素が占める割合が増えました。
 坂本龍一さん自身の音楽も、もしかするとこうした音楽史の流れを凝縮しているのかもしれません。
 「async」…シンク、シンクロしていないということです。つまり「非コト」。
 聴けばわかるとおり、ベースというか背景には、しっかり構築された「コト」音楽がありますが、その秩序を突然乱入する「モノ」が破壊するような感じ。しかし、破壊は創造の原点です。そこに新しい何かが生まれている。
 たとえば、この曲。コト音楽の権化とも言えるバッハのような「音楽」に「ノイズ」が混入してくる。


 
 坂本龍一さんは、若かりし頃、仲小路彰の未来学原論に感銘を受け、「コスモポリス」というロック・オペラを実現しました。ちょうど仲小路彰が亡くなった年です。その貴重な動画がYouTubeに上がっていました。

 これを観る(聴く)と、まさにモノが優位な音楽という気がします。ある意味原点回帰したのか。仲小路彰は、ある意味人間の考える秩序のみでは、そこに明るい未来はないとしました。
 コスモポリスから30年以上が経ち、いよいよ本当に「コト」より「モノ」の時代、あるいは両者の融合の時代が来ているのかもしれません。

Amazon async

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

椎名林檎と宮本浩次 『獣ゆく細道』

Th__20181022_141505 岡エコパアリーナで行われた、椎名林檎デビュー20周年「椎名林檎 (生)林檎博'18 -不惑の余裕-」に遊びに行ってきました。
 いつもながらの総合的エンターテインメント。26曲を2時間弱で一気に歌い上げるという演出は、まさに演劇的(見世物的)世界。日常的なモードになってしまいがちなMCを極力排する意味はそこにあります。
 生林檎自身はもちろん、舞台装置、衣装、そして斎藤ネコオケ含む演奏者たちも、どこか異世界的であり続け、私たちをどこかに連れて行ってしまう。
 ふと現実に戻るかというと、それがなかなか戻れないし、それどころか、現実の方もいつのまにか天然色に彩られてしまう。そういうマジック、トリック、フェイクの天才ということでしょうね。
 さて、今日はサプライズでトータス松本さんが登場したのですが、もう一人、林檎に伍する男が登場しました。「生」ではなかったけれども、大画面に映された彼の顔はほとんど「獣」。とっても非現実的でした。
 その男はエレカシの宮本浩次。いやあ、この組み合わせ、なるほど想像していなかったけれども、たしかに合うわ。伍するわ。
 お二人とも、年を重ねてさらに「余裕」。余裕で現実を塗り替えます。かっこいいですね。私もそうありたい!

歌詞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.20

高城剛 KEYNOTE SPEECH 『30年後の未来へ』(INNOVATION WORLD 2018)

20181022_131745 うそう、この前のイノフェスの高城さんの講演が本当にすごかったんですが、やっぱりあれも「即興」だったそうな。空っぽでその場に立つと、ちゃんと流入してくるらしい。それであれだけ淀みなくしゃべれるんだら、まあ天才ですわ。キース・ジャレットと同レベルですね。
 その基調講演の一部がラジオでオンエアされました。今日はそれを紹介します。全体の3分の1くらいですが、それでもかなり衝撃的な未来像が紹介されていますし、私たちが考えるべき課題も提示されています。
 高城さんは、基本、実際に現場に行って自らの五感(+六感)で確認したこと、あるいは実際に会って聴いて納得した情報以外は信用しません。インターネットの寵児のように思われがちですが、逆に彼はインターネットの情報は信用しません。
 そこに彼の発信する情報の価値の基盤があります。ぜひお聞きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.19

楽譜リーダー 『MobileSheets』

20181021_81210 たまた音楽、特に「楽譜」のお話。
 私は「暗譜」が全くできません。ひどい。全くです。これは「暗譜」というより「暗記」と言った方がいいかもしれない。だから学校の勉強にも大変苦労しました。どうしても覚えられない。
 高城剛さんとも話したんですが、「我々が昨日のことも忘れてしまうのは、過去にこだわらないで未来を見ているからだ」とも言えますね(都合のよい言い訳?)。
 楽譜が覚えられないというのは、記憶の能力が低いというのもあるし、だからこそまず覚えようとしないというのもあります。さらにそう開き直っているために練習(訓練)をしないというのもあります。勉強でも同じです(苦笑)。
 その分、楽譜を読むのは得意。さらに即興もまあまあ得意。思いついたことをしゃべるのもまあ得意。原稿を暗記して話すのは無理。
 自分で楽しんでいる限りは、テキトーに即興で読んで、あるいはテキトーに即興で表現していいわけですが、グループで何かをやるとなると、そうもいかない。
 私はいくつかのバロック(ロックではない)のバンドに所属しているので、さすがにあまりにいい加減な演奏が許されない場面がけっこうあります。
 そんな時はもちろん楽譜を見ながら弾くわけですが、楽譜に対する思い入れ度が低いのか、楽譜をなくしたり、忘れたり、あるいは書き込みをさぼったり、あるいは本番当日まで製本しなかったり(笑)、演奏以前の部分でいい加減なのです。
 そこで考えたのが、楽譜の電子化です。
 最近、ロックやフュージョンをやっているう上の娘が、楽譜の管理をiPadでやってるのを見て、おおこれはいいなと思ったのです。
 iPadでは有名かつ大人気の無料楽譜リーダーアプリ、Piascoreがありますよね。あれはたしかにいい。
 ところが私はiPadは持っていません。老眼が進んでいるし、もしiPadを楽譜代わりにするとすると、iPad Proを買わなければならない。そんなお金はありません。
 そうそう、お金がないといえば、電子インク仕様の理想の楽譜リーダーGVIDOは売れてるのでしょうか。18万円はさすがに高い。8万円だったら考えますけど。あと10年もすれば5万円くらいになるかな。
Th_img_2871 で、私が持っているタブレットは、ヤフオクで落とした東芝 dynaPad N72。画面の大きさは実質B5サイズ。まあ老眼でもなんとかいける大きさです。
 アプリは有料になりますが、 MobileSheetsです。これはPiascoreに勝る機能を持っており、なかなか快適に使えています。
 まだ本番では使ったことがありませんが、クラブの指導の際には、いろいろなパートを行き来するので、とても便利です。手書きの楽譜もよく使いますので、それはスキャンアプリでパシャッと撮影して修正して取り込みます。
 書き込みもスムーズにできますので、たしかに紙の楽譜と同じ感覚で使えます。
 問題はやはりめくり。自動スクロールでめくりなしというのもできるのですが、クラシックですと、リピートやダ・カーポが多いので、単純にはいきません。そのあたり、まだ使い方がよくわかっていないので、これから研究します。
 あと、やっぱりバッテリー問題ですね。いちおうモバイルバッテリーを用意しておかないと、精神衛生上よくありません。演奏に集中できません。
 それから、電子ブックリーダーと同じように、いわゆるパラパラめくりができないのがちょっと…。さっと曲を探せないし、数ページまとめてめくるとという動作はできません。あれあれ?とかやっている間に、皆さんに迷惑をかけること必至。
 逆に紙より圧倒的にいいのは、薄暗い場所でもよく見えるということです。よくあるんですよ。夜の本番になって初めて、その暗さに気づき、なにしろ暗譜とかしていないので、いきなり音符が見えなくなって焦るっていうケースが(苦笑)。そういう心配はないですね。
 もちろん無線で譜めくりを可能にする、Bluetoothフットスイッチもあります。持っていませんが。
 もうロックやジャズの世界では、プロが本番でタブレットを使うのは当たり前になっています。はたして、クラシックの世界ではどうなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

禅とインプロヴィゼーション

 このところ忙しいと言いつつ、音楽について熱く?語っておりますな。
 今日から二日間、禅宗の教えに基づく教育をしている先生方との交流をいたします。
 禅と言えば不立文字。あるいは以心伝心、教外別伝。つまり、言葉や文字を頼りにしてはいけないというのが基本。
 音楽で言えば、楽譜はダメということですよね。しきたり(為来り)再現をするにしても耳で覚えなければならない。
 では、勝手に即興をやっていいかというと、禅ではそれもダメ。しかし、茶道などもそうですが、型を忠実に再現する中で、生きた人間としての差異、誤差というのが、ある種のその場性になるというのはある。
 それが一期一会であります。
 おとといのキース・ジャレットの彼らしさというのは、ある意味では「型」とも言えます。それがその時、その場という中で微妙な、しかし無限の差異や誤差を生じて、まさに一期一会の音楽となる。
 そうそう、キースも禅に興味を持っているんですよね。京都大好きです。ステージでの最後の礼の時も、必ず合掌しますし。
 また、違う言い方をすると、キースは空っぽになっているとも言える。器としての型はあるけれども、そこに注がれる何ものかは、完全に自由です。
 不変なるコト(型)と流動するモノとの関係性はかくも面白い。それがこの世を作っている(…と私は思っている)。
 キースの演奏で言えば、西洋音楽の理論という制約、そしてピアノという楽器と人間の肉体という制約がコト(型・器)になっていて、そこに時の流れに根ざしたモノが流入して一期一会が成立している。
 キースはある種の瞑想状態で演奏するわけです。間違いなくガンマ波が出ています。私も何度か彼のライヴを鑑賞しましたが、彼の脳波に誘導され、プチ瞑想状態に陥りました。会場全体が波打つのです。量子論的波動の世界ですよ。
 そんな過酷な状況を続けたために、彼は慢性疲労症候群になってしまったこともありました。まあ、あの集中状態はやばいですよ。私なんか、この前たった6分弱の即興演奏をしただけで、ぐったり疲れてしまいました(苦笑)。
 というわけで、今日もまたキース・ジャレットのソロ・コンサートの動画を紹介します。動画からも波動が伝わってきますよね。いったいどういう意識の状態になっているのか、そして、どうやって戻ってくるのか、いつも不思議でしかたありません。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.17

モニカ・ゼタールンド

 日はスェーデンのウプサラ大学の先生方が我が校を訪問されまして、教育についてものすごく濃い討議をさせていただきました。お互いの教育観、あるいは方法論がまさに正反対。だからこそ学ぶところも多く、両方の良いところをミックスしていくことが大切だという話になりました。
 ないものねだり、隣の芝生は青いということもあるでしょう。いや、隣ではなく、お互い地理的にも歴史的にも遠いので、どこか理想郷のようなイメージがあるんでしょうかね。
 さて、昨日までの即興つながり、ジャズつながりで言いますと、スウェーデンと言えばモニカ・ゼタールンドでしょうね。とってもチャーミングなボーカリストです。
 彼女の半生がおしゃれな映画「ストックホルムでワルツを」にもなりましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 この映画のタイトルにもなっていますように、彼女はジャズ界の大御所であり、憧れの存在でもあった、あのビル・エバンスと共演しています。これがまたいいんですよ。彼女の人柄が音楽に表れていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.16

キース・ジャレット 『ソロ at 武道館(1978)』

 代の即興の天才と言えば、この人を忘れるわけにはいきませんね。キースジャレット。
 優れた即興演奏をたくさんの録音、録画として残し、またそれを日本人が「楽譜」に起こしたりしております。
 もちろん私もケルン・コンサートの楽譜を持っています。楽譜にしてみて、キース本人も驚いたとか。これはバッハのデザインだと。
 さて、そんなキースのソロ・インプロヴィゼーションの中で、正式にCD化されていないのが、この演奏。1978年12月12日。
 これをこうしてYouTubeで聴けるなんて、なんともいい時代ですね。音質もFMのカセット録音とは思えないほど美しい。なんか現場の空気が伝わってくる感じですね。アナログだからでしょうか。
 それにしても素晴らしい音楽ですね。キースらしさ、すなわちある種のパターンがあるのは当然ですが、だからこそその新しさ、即興性、その場感が聞こえてきます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.15

viola bastarda…即興と楽譜

 のすごく忙しいので、楽曲紹介が続きます。知られざる名作、名演奏を紹介するにはいい機会かもしれませんね。
 今日もまた、即興演奏に関わる動画を紹介します。
 今でこそ楽譜というものの存在が当たり前になっていますが、西洋で楽譜が普及したのは、活版印刷が登場した15世紀以降です。それまでも楽譜がなかったわけではありません。「変えてはいけない」音楽として、教会の聖歌などは楽譜として残されていました。しかし、庶民にまでそれが普及するのは、近代になってからです。
 日本でも事情はそんなに変わりません。五線譜が輸入される前は、正確な記譜法もありませんでした。
 ということは、逆に言えば、音楽とは再生するものではなく、その場でどんどん創造されるものだったわけです。つまり即興が主であったと。
 作曲家という職業のあり方、あるいは作曲家自身の考え方も近代になって大きく変わったと言えます。バロック音楽までは、かなり自由な即興性を認めていましたが(バッハは例外)、古典派以降になると、即興が許されるのは、いわゆるカデンツァの部分だけとなっていきます。
 一方で、大衆の音楽文化においては即興性が生き続けました。それがいわゆるクラシック音楽にリベンジして成功したのがジャズですよね。
 楽譜は「転写」された「コト」ですから、時間の流れが過去から未来へとなります。一方、即興演奏はその場で生まれる「モノ」なので、時間の流れが未来から過去となります。全然違うんですよね。
 その話はまたいつかするとして、今日は、そうした即興性が残っていた時代における楽譜に残された音楽を紹介しましょう。つまり、モノとコトが混在している音楽。
 ヴィオラ・バスタルダ(Viola bastarda)という楽器があったと言われています。即興演奏用のヴィオラ・ダ・ガンバだと言われていますが、どうも普通のヴィオラ・ダ・ガンバを即興で演奏する時に、そのように呼ばれていたようです。ヴァイオリンとフィドルの関係と同じですね。
 で、即興ですからほとんど楽譜に残されていないのですが、おそらく即興性が徐々に薄れていくことに対しての危機感でもあったのでしょう、何人かがその即興の例を楽譜に残したり、即興風の作曲をしたりしています。
 今日紹介するのは、16世紀の作曲家ジローラモ・ダッラ・カーサ (Girolamo Dalla Casa) の作品です。

 バロック期には、コレッリやテレマンが、即興の例を楽譜に残すというある意味矛盾した「作曲」をしています。面白いですね。
 忙しいと言いながら長々と即興で書いてしまいました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

パイプオルガン・インプロヴィゼーション

 昨日は自らインプロヴィゼーション(即興演奏)をしました。とはいえ、ヴァイオリンはその構造上、基本単旋律なので、即興と言っても単純なものしかできません。
 で、実はワタクシ、鍵盤楽器は弾けないのに、なぜか鍵盤楽器の即興演奏は得意なのであります。
 人様の前で堂々と(図々しく)演奏したこともたびたび。ピアノもいいけれども、個人的にはクラヴィコードでの即興が一番得意です(自分にしか聞こえないから?)。
 一生の間に一度やってみたいのは、パイプオルガンでのインプロです。そう、あのキース・ジャレットの『Hymns/Spheres』を聴いたからでしょうかね。夢です。
 昨日は、バッハのフーガを紹介しましたが、バッハなんかもしょっちゅうフーガなどを即興演奏していました。そんなの当たり前。その延長として楽譜に残された作品群があるわけですね。実際、もう二度と再現されない名フーガがあったかもしれません。
 さて、現代にもフーガの即興演奏に長けた天才はたくさんいます。私がYouTubeで聴いた中で、特に好きなのは、このDavid Briggsの演奏(作曲)です。バロックと近代、現代が見事に調和している。
 オルガンはサン=シュルピス教会のもの。ここはオルガン即興演奏のメッカです。
 ここのオルガニスト、即興演奏の名手でもあるダニエル・ロートさんが何か隣で言ってるのが、とってもリアル(笑)。

 いやあ、素晴らしいフーガですよね。こんなの即興演奏できたら気持ちいいでしょう。時々、夢では見るんです。どこかの教会の巨大なオルガンでフーガを即興演奏している自分。ドキドキしながらも、最後まで神がかりで演奏し終わるという。本当に気持ちいいんです。目がさめると全くその音楽は再現できません。残念。再現できたら天才作曲家と呼ばれていたかもしれません(笑)。
 さて、もうひとつ同じサン=シュルピス教会の巨大オルガンによる即興演奏。これはファンタジーという感じですね。美しい。こういうのもいいなあ。美しい。
 このSophie Veronique Cauchefer Choplinという女性も即興の天才のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.13

バッハ 『組曲ハ短調 BWV997』

 しい日が続いていますので、楽曲紹介でスミマセン。
 バッハの作品の中でも、ちょっと変わり種、変態的な1曲。
 ギターで演奏されることも多いこの曲ですが、リュートのための曲なのか、鍵盤楽器のための曲なのか、よく分かりません。
 音の密度や音域からすると、やはりリュートかなあと思いますが、鍵盤で弾いてもなかなか良い響きになります。ちょっと和音が薄い感じがするのですが、それがまた不思議な「間」になっています。
 最近ではリュートとチェンバロの中間、すなわちガット弦を張ったチェンバロ「リュート・チェンバロ(ラウテンヴェルク)」での演奏も増えてきました。
 この動画もそのリュートチェンバロによる演奏ですね。
 ここのところ、バッハの「空」の話を何度か書いてきましたが、この曲など、まさに「間」が多いので、では「空」がたくさんあるのかというと、これがまた少し違う。
 すなわち、変態的に転調していくので、私たちの想像力がそれに追いつかず、結果として「空」が発生しにくいんですね。少なくとも私はそうです。
 そんな変態的なところが面白く、ああバッハさん狙ったな、という感じを与える裏名曲です。
 特に私はフーガが好きです。半音階を含むテーマがもう変態なんです。それが反転したり、ダルセーニョしたり、ある意味幾何学的に作られていて、楽譜もまたどこかバロック装飾的に映ります。
 つくづくバッハは変態だなあと思わせる逸品ではないでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.12

Power FemaleーMother Earth/神聖なる女性

Th_img_2770 人であるマシュー・エリクソンの写真展「Power FemaleーMother Earth/神聖なる女性」。本当に素晴らしい展覧会、いや「天」覧会でした。21世紀のアートが宇宙に発信されました。
 写真の歴史と可能性、絵画との接点と相違点、天地人の調和、女性の神聖…本当にいろいろなことを感じさせてくれる素晴らしい作品群でした。
 僭越ながら、多くの皆様の前で、そこで感じたことを言葉に変換してお話させていただきました。私が私の言葉を弄すれば弄するほど、それはアートから離れていってしまう。まさにアートとは言語を超えた存在であることを知らされました。
Th_img_2793 しかし、あえて引用させていただいた仲小路彰の文章は、そのままアートでしたね。天才の言葉は言葉を超えます。朗読させていただきながら感動してしまいました。
 ただ、トークの寸前に降りてきた「かげ」という言葉は、自分においても大きな発見であり、その「場」を表現するのにふさわしかったかなと思います。
 「かげ」…日本語では、「光」「影」「姿」、そして「おかげさま」という四つの意味がある。それがマシューの作品には全て含まれている…。
Th_img_2765 そして、私のエレクトリック・ヴァイオリンの即興演奏に合わせた、マシューの奥様アムリッタ朝子さんの即興舞の美しさ。それはまさに「女性の神聖」そのものでした。あの奇跡的な「場」で共演させていただき光栄です。
 たしかに世界が変わりつつあります。今日も不思議な出会いがいくつもありました。人と人のご縁は、全てこの地球のためにあり、宇宙に開かれており、神聖なるお役目のためだと思いました。
Th_img_2762 これはトークのお礼にといただいたマシューの作品「クリスタル・ジャズ」です。
 まさに私たちの世界はジャズの名手たちの奏でる音楽のように、自由であり、他者との関係性の中で豊かであり、陰陽があり、色彩がある。
 これからも友人たちと、この地球が平和であるために、できることをしっかりやっていきたいと思います。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.11

BOSS 『KATANA-MINI』(ポータブルアンプ)

Th_91l5ntbmmll_sl1500_ 日のトークショーのために急遽購入しました。トークはたぶん地声でやると思います。ただエレクトリック・ヴァイオリンにはアンプが必要ですね。
 当初、ふだん使っている大型のアンプを持っていくつもりでしたが、自家用車ではなくバスで行くことになったので、もっと小さなアンプが必要になったのです。
 小型でいい音…といえば、この「刀ミニ」でしょう。ギター界では有名な逸品です。はたしてヴァイオリンの音はどうでしょう。
 さっそく届いた刀を鳴らしてみました。ふむ、なるほど音量は想定したとおり。小さな空間ならぎりぎり使えるかな。ちなみに出力7Wで4インチスピーカー内蔵。
 「クリーン」に加え、「クランチ」と「ブラウン」のサウンドが出せます。これがギター弾きにとってはなかなかの音質だそうですね。ヴァイオリンではほとんど「クリーン」しか使いませんが。
 リバーブでなくディレイが搭載されているのも個性的ですね。個人的にはこれも嬉しい。一人で即興演奏する時、けっこう遊べます。
 それからミニアンプのくせに、ちゃんと3バンドイコライザーがついているのもいいですね。私のなんちゃってエレキ・ヴァイオリンでは中音域をふくらませた方が豊かな響きになりますので。
 そして何より小ささがよい。リュックにスポンと入りました。縦にすることなく横のままスポンです。さらに乾電池で7時間駆動というのも良い。電源を探し、引っ張ってくる必要がないというのは、実にストレスレスです。
 というわけで、明日の即興演奏はどうなるのでしょう。なにしろ即興ですから、自分でも何が起きるか分かりません。その「場」をそのまま音にしたいと思っています。楽しみです。

Amazon 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.10

『The Bach Album』 ファミ・アルカイ  (ヴィオラ・ダ・ガンバ)

Th_51n3aaovfrl_ss500 「」…先日「武久源造さんのシャコンヌ」という記事を書きました。
 バッハの無伴奏作品における、書かれていないけれど鳴っている音について書きました。無でも有でもない「空」。
 その後、考えてみるとですね、人間の記憶による「空」の出現ではなく、もっと根源的な、まさにルーツのルート音が「空」であることに気づきました。
20181011_150505 そう、バッハの無伴奏ヴァイオリンのための有名なシャコンヌの冒頭は、2拍目から始まっているんですね。
 これは冒頭であるために、記憶の助けを得ることができませんが、確実にベース音、ルート音としてDが存在しています。
 こうした始まり方をするシャコンヌというは皆無ではありませんし、ある種のアウフタクトであるという解釈もできます。いやそれ以前にシャコンヌという舞曲が「にーいち」というリズム感で構成されているのを考えれば、こういう始まり方があっても良いと思います。
 実際、長調に転調するところや、再び短調に戻るところを見ても、そういう音楽的な構造であることは分かりますね。
 また、実は隠された1拍目がDでなくても音楽は成立します。たとえば上声部にB(シ♭)を鳴らして、2拍目のAに持っていってもよい。1拍目、ベースにCis(ド♯)を鳴らしてもいいですよね。ほかにも音型のパターンまで含めると、ほとんど無限の可能性があります。
 しかし、私が思うに、この大曲、バッハ自身の勝負曲ということを考えると、この1小節目の1拍目の「空」にかけた思いは、かなり強いと思います。
 記憶による補充ができないからこそ、永遠なる「空」を生むことができるのではないか…。
 たとえば、この長大なシャコンヌの最後のDの音から、再び冒頭に戻ることもできる。そうすると、文字通り永遠に持続する…。
 さてさて、そんなことを考えながら聴くのにふさわしい編曲がありますので、紹介したいと思います。
 ヴィオラ・ダ・ガンバによる演奏です。ガンバは重音を弾くことを前提とした楽器です。フレットがありますし、基本4度調弦です。すなわちギターと同じような感じなんですね。
 ヴァイオリンだと音域が高すぎて重みが出ない、だからと言ってチェロで演奏すると、運指にかなり無理がある。そうした悩みを一気に解決してくれるのがヴィオラ・ダ・ガンバでしょう。
 しかし、今まであまりこのチャレンジをした人はいなかった。いや、個人的にはけっこう自ら編曲して演奏する人はいましたが、録音する人がいなかった。
 ですから、この新しい録音は貴重です。そして、演奏も良い。ガンバのもう一つの特徴として、弦のテンションが低く、またフレットもあるために、残響が多いということがありますね。
 そのおかげで、かなりじっくりゆっくり演奏できる。ヴァイオリンだと間が持たないんですね。だからついつい雑に早い演奏になりがち。
 このアルバムにはほかにも、バッハのヴァイオリン、チェロ、フルートの無伴奏作品の編曲版が収録されています。どれも素晴らしい出来だと思いました。ぜひ聴いてみてください。
 YouTubeには、シャコンヌのほんのさわりだけがありました。まあこれだけでも、私の言いたいことはおわかりになると思います。
 さて、私もそろそろヴィオラ・ダ・ガンバを練習しようかな(老後にとっておこうか)。

Amazon The Bach Album
Fahmi Alqhai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.09

追悼 輪島大士さん

 念な訃報です。元横綱の輪島大士さんがお亡くなりになりました。
 横綱としてもそうですが、やはり私としてはプロレスラーとしての輪島さんの思い出が多い。
 特に天龍さんとの壮絶な戦いには、何か言葉にならない感情を湧き起こされました。横綱が前頭力士に「かわいがられる」。人生の過酷な運命の象徴でもあり、また、それを受け入れ乗り越えようとする、人間の強さと悲哀を感じずにはいられませんでした。
 今日は、その「人生劇場」の一つを見かえてみながら、輪島さんのご冥福をお祈りいたします。

 アメフト問題で一躍注目を浴びた日大の田中理事長は、日大相撲部で輪島さんの一つ上の先輩でした。そんなこともあり、輪島さんもアメフトに関わっていた時期もありましたね。あの一件について輪島さんはどんな思いだったのでしょうか。
 そういえば、相撲界を引退した元貴乃花親方が、馳浩元文科大臣と会ったとのこと。「プロレスは?」と聞かれ、「そんなに器用ではない」と答えたとか。
 プロレス的な器用さというのは、本当に奥が深い。貴乃花のような人にはたしかに難しいかもしれませんね。
 そう考えると、当時プロレス不器用に見えた輪島さんも、実は人間としては器用だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.08

『大宏池会の逆襲』 大下英治 (角川新書)

Th_71pglillrl 倍一強という、自民党として、いや日本として今までになかった状況が続いています。それが良いことなのか、悪いことなのかは、のちに歴史が教えてくれることでしょう。
 そうした現状は「宏池会」の弱体化であるとも言えます。保守本流、穏健ハト派である「宏池会」が、その内部分裂などによって自らの力を弱めてしまったのは事実です。
 そして、だからこそ「大宏池会の逆襲」なのです。歴史は繰り返す。偏りすぎたものは揺り戻す。これは政治の力学だけでなく、宇宙の法則でもあります。
 そう考えると、今の安倍一強というのは、未来のスウィングのためのバックスウィングということになります。
 今年の夏、バックスウィングの当事者の別荘にお招きいただき、そして2021年以降の話をさせていただきました。
 実はもうそういう方向で動いているのです。政治の現場というのはそういうものです。未来的に今動いている。
 岸田さんが昨年「未来戦略研究会」を設立し、この夏に2050年のヴィジョンを発表したのは象徴的でした。
 そこで私が思い出さずにいられないのは仲小路彰のことです。知られざる黒幕ですから、もちろんこの本にも出てきませんが、宏池会の誕生と成長に、間接的であれ仲小路が影響を与えたのは間違いありません。
 仲小路彰は、熊本の五高で、池田勇人、佐藤栄作と同級生でした。そして、彼らよりはるかに成績が良かった。言うまでもなく、池田と佐藤は宏池会と深い関係があります。
 また、山中湖での隠棲(ある意味院政)にあたっては、富士急行創始者の堀内良平やその子孫たちの援助がありました。堀内家も宏池会の歴史のど真ん中に存在しています。
 戦後、仲小路は吉田茂に多くの提言をしています。仲小路の言う「グローバリズム」や「地球平和」、さらに「未来学」、そしてそれらの中における対米政策などが、吉田に大きな影響を与えたことも間違いありません。そして、それが吉田学校を通じて宏池会の精神につながっている。
 この大下さんの著書が表の宏池会史だとすると、私がここに書いていることは裏の宏池会史ということになるかもしれませんね。
 そろそろバックスウィングも折り返し点に至りつつあります。2021年以降、はたしてどんなスウィングが様々な逆境を打ち返すことになるのか。私は非常に楽しみにしているのであります。
 その時代はきっと(また)富士山が鍵を握ることになるでしょう。仲小路が富士山麓に40年間蟄居していたのには、そういう未来的な意味があったのです。

Amazon 大宏池会の逆襲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

富士山世界文化遺産登録5周年記念「Mt.FUJIMAKI 2018」

Th_img_2727 に素晴らしいフェスでした。楽しいだけでなく、なんというか深く染み渡るというか、自らのここ10年をも振り返るというか、本当に濃密な時間を過ごさせていただきました。
 まさに10年前、一緒にレミオロメンを追いかけ、このブログがきっかけで知り合い、輪が広がった懐かしい皆さんと再会し、そして、藤巻くんのご両親を始めとする親族の方々(10年の間にめちゃくちゃ増えた!)の隣に陣取らせていただき、いろいろと懐かしい話をしながら、また、「この曲をこの人が歌うなんて、10年前夢にも思わなかったね」という言葉を何度も繰り返しながら、素晴らしいミュージシャンたちの素晴らしい楽曲に涙しておりました。
 セットリストやそのパフォーマンスについては、いろいろな方が報告してくれているので、そちらに任せます。ここは極私的な感想だけ書かせていただきます。
 仲間たちもそれぞれいろいろあったようですが、私たち夫婦も、この10年の間に全く想定外のことをたくさん経験させていただきました。
 特に憧れの人たちとのご縁をたくさんいただいたことには、本当に感謝あるのみです。もとを辿ると、全てが「アレ」に至るのですがね。昨日の記事に出てきた人が作ったモノです。
Th_img_2726 考えてみると、音楽だけとっても、志村正彦くん、藤巻亮太くん、そして昨日お花を届けてくれた吉井和哉くん(中学の後輩なので「さん」はやめます)と、この富士山の麓富士吉田で立て続けにお会いして、お話する機会をいただきました。それだけでも夢のような話ですよね。
 もちろん、今日は天に帰ってしまった志村くんのことも思いながら涙していました。特に山内総一郎くんの「今」にこだわる選曲と演奏、歌唱には、なにか逆に癒やされたというか、そう、山中湖だし、志村くんの曲をやるかもなと期待していた部分もあったんですが、やはり「今」の方が輝いているし、志村くんも天から彼らの音楽を楽しんでくれたと思います。
 和田唱くんが最初に言ってくれましたが、ここ富士山麓には不思議なパワーが流れているんです。彼が大地からそれを感じていることを表現してくれましたが、そのとおりなんです。富士山から直接来ているのではなく、大地にその気が流れている。
 そこに住まわせていただき、そして音楽に少しでも関係させていただいている自分は、これからもその大地からの波動と、宇宙からの波動と、そして私たち生命の波動を調和させ、「もののね」を発信していこうと誓いました。
 そんな大切な節目の日を作ってくれた藤巻亮太くんの純粋な魂に感謝。ご両親にも心よりの感謝を申し上げました。奇跡的に天候に恵まれたのも、藤巻くんの生き様のおかげですし、彼のことを慕い祈ってくれていた人々のおかげだと思います。本当にありがとう。来年も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.06

『大正天皇』原武史(朝日文庫)

Th_41uwic3gryl_sy346_ 々大正天皇のお墓参りをしております。なぜか分かりませんが、ふと思い立ってお参りすると、必ずなにか不思議なことが我が身に起きます。
 もともとは出口王仁三郎を通じて大正天皇に興味を持ちました。王仁三郎は一説では有栖川宮熾仁親王のご落胤とも言われております。
 大正天皇は有栖川宮威仁親王を心から信頼し敬慕していました。結果、有栖川宮家は断絶するわけですが、大正天皇はその祭祀をのちの高松宮に託すことになります。
 その高松宮のブレーンだったのが仲小路彰ということで、私の半生におけるキーパーソンは全てリンクすることになります。
 まあ、それはごく個人的なことであって、そこになんの意味があるかはよく分かりません。しかし、その不思議なリンクを考える上で、大正天皇というのはどうしても外せない存在です。
 一般には病弱でちょっと頭も…というとんでもない評価をされてしまっている大正天皇ですが、10年前こちらにも書いたとおり、大正天皇は素晴らしい漢詩人でありました。そこ一つをとっても、とても暗愚の方とは言えません。
 ある意味、時代が強制的に大正天皇を追いやり、まさに暗愚な時代というべき昭和の初期が到来することになります。明治維新150年の今年、大きな流れの中で見ますと、大正天皇は軍事を嫌い平和的世界を切望した方だったことが分かってきます。
 そんな心優しきお人柄をしっかり描写、紹介してくれているのがこの本です。今、考えるべきは、いったい何が、誰が、大正天皇を日本の歴史から追いやったのか、大正天皇が高松宮さまに託した思いはなんだったのか、そして高松宮家も断絶してしまった今、その大正天皇の想起した「国体」はどこにあるのか、ということでありましょう。
 ちなみに大正天皇のお后さま、節子皇后については、同じ原さんの「皇后考」に詳しく書かれています。そちらもおススメです。

Amazon 大正天皇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.05

『オカルト化する日本の教育』 原田実 (ちくま新書)

江戸しぐさと親学にひそむナショナリズム
Th_41oku2eqe5l_sx304_bo1204203200_ 日の話(教育勅語トンデモ本?)ともつながりましょうか。
 実はこの本、6月に読んで記事を書いていたのですが、タイミングをはかっていたら、4ヶ月も経って今日になってしまいました。ということは、今日がベストタイミングなのでしょう。
 今年読んだ本の中では出色の面白さ。勉強にもなりました。
 特に後半、近現代日本の陰謀論とオカルトナショナリズムを概観する部分は最高にエキサイティングでしたね。左右にぶれまくるフィクションの生命力に、我ながら感動してしまいました(笑)。
 我ながら…というのは、もうご存知のとおり、ワタクシはまさにその爆発的エネルギーの中で生きてきた人間です。
 実際、この本に出てくるアヤシイ(?)世界のかなりの部分に、私も直接関わりを持っています。会って(楽しく)話したことがある人ばかり。そういう意味では、原田さんよりもよく分かっている部分があるかもしれません。
 そして、もちろん私も「教育」の中心にいるセンセイです。いちおう教育のプロとして、現場をいやというほど知っています。いい面も悪い面も(圧倒的に後者が多い)。
 では、私はどっち側の人間なのかというと、これがまた自分でも面白くてですね、両方OKな立場なんですよね。右・左、宗教・科学などの対立構造についても、どちらも否定はしませんし、どちらも正解だと思っていない。
 昨日もそんな、ある意味ずるい優等生的なポジション取りをしていましたが(笑)、まあ本当だから仕方ない。
 それが私らしさ、つまり「アヤシサ」そのものであり、また、客観的に見れば、そうして地球人の上に立とうとする、それこそエセ宇宙人のいやらしさでもあるわけですが、これはもう生まれ持った性質なので仕方ないですね。諦めてます。
 さてさて、前半の「江戸しぐさ」については、原田さんの『江戸しぐさの正体–教育をむしばむ偽りの伝統』『江戸しぐさの終焉』を読んで記事を書いております。後者の記事には、原田さんご自身がコメントくださりました。今読むと、たしかに原田さんの言う通りで、さすがに私のモダンチェンバロのたとえは、ちょいと牽強付会という気がします。
 しかし、なんでしょうねえ、どうしても「江戸しぐさ」というフィクションにシンパシーも湧いてしまう。自分にそういう嘘つき、ハッタリ屋の部分があるからでしょう。
 「親学」については、これはTOSS、すなわちワタクシの宿敵である向山洋一氏が関わっているので、これまた複雑な気持ちで読みました(向山洋一氏に対する恨み節はこちら)。
 この4ヶ月の間、ずっと「学校こそ諸悪の根源」という本を書こうと思い準備をしておりました(匿名で書こうと思ってたのにカミングアウトしてしまった!)。しかし、ここに来て、やっぱりやめようと思い始めたのです。それは北欧の教育関係者とのご縁ができ、本当にいろいろな人たちとお互いの教育について対話ができたおかげです。
 お互いに、外から見ると全く違った風景が見えてくる。良いところも悪いところも新たに発見できる。あるいは、善悪が逆転したり、自分の中での教育観の変化に驚くばかりです。
 北欧の方々から見ると、軍国主義的、軍隊文化的な日本の教育は、それ自体がオカルトに見えるでしょう。しかし、一方で理想的、先進的に見える北欧の教育がもたらす社会的な弊害というのも実はあり、それはある意味では、科学的ではない理想主義というオカルトに起因しているとも言えるのでした。
 教育は大切です。だからこそ難しい。正解がないが、迷いながら正解を求めるのが教育なのでしょう。そんな難しさの中には、オカルトが入り込みやすい。新しい(しかし古くからありそうな)特効薬のように見えるからです。そういう意味では、常にオカルトとの戦いであるとも言えるかもしれません。

Amazon オカルト化する日本の教育

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.04

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』 赤塚高仁 (星雲社)

Th_41tdvbirshl_sx337_bo1204203200_ 日はいろいろなお客様が入れ代わり立ち代わりいらっしゃり、合計6時間ほどお話をしました。
 「対話に貴賎なし」がモットーのワタクシといたしましては、大変楽しい一日でした。
 その中のお一人、政治家の方とは「教育勅語」の話になりました。そう、新文科大臣の発言がありましたので、そこからのお話でありました。
 教育勅語が素晴らしいという人と、教育勅語なんかとんでもないという人の溝は埋まりません。なぜなら、論点、評価のステージが全然違うからです。
 私はそのステージを行き来できると自負しておりますので、称賛も批判も両方できるつもりです。
 ただ一つ、直視していなければ教育勅語自身が持つ矛盾もしっかり直視しなければならないと思います。すなわち、教育勅語の眼目である「忠孝」は儒教の教えであり、決して日本古来のもの(国体の精華)ではないということです。
 いや、我が国の国柄は宏遠であり、彼の国の教えをも内包しているのである…なんて言い訳もありえます(いかにも私が言いそう…苦笑)。あるいは、忠孝のルーツは日本であるという言い方もありかな。
 しかし、教育勅語の時代性から考えると、実は単純な構造であって、江戸時代以来の儒教的家族観、友人観の最上位に、天皇への忠義を置いたものにほかなりません。
 そこを基準に論じると、たしかにいいことを言っている部分もあるが、それは別に教育勅語でなくてもいいだろうという、非常に単純な結論に至るわけですね。儒教の教えのエッセンスを紹介したものはほかにもいくらでもあるし、天皇家の素晴らしさを、あるいはあの時代の天皇制の危険を語るものもいくらでもある。
 教育勅語に関しては別にケンカすることはない。どっちも正しいし、どっちも間違っている。原理主義的二元論の罠にはまっているだけです。議論の仕方がいかんのです。
 では、私たち現代人は、教育勅語全体とどう付き合えばいいのか。それ自身が内包する矛盾をどう乗り越えればいいのか。
 というわけで、今日紹介する本は、知り合いである著者御本人からお送りいただいたものです。これは、今述べた二元論的な判断基準によるものではなく、儒教の上に「やまとこころ」を置き、天皇をキリスト(救世主)に見立てるという、全く別次元のお話です。
 これはこれで実に面白いストーリーであり、私は楽しく読ませていただきました。もちろん小馬鹿にしたり、ましてや怒り出したりはしません。21世紀において、そのような読みが可能ならば、それはそれでいいと思います。
 世の中には「教育勅語トンデモ本」というジャンルがあります。この本なんか、その中でもかなり先鋭な存在でしょう。たしかに常識的には「トンデモ」の称号を与えられてしかるべきでしょう。
 しかし、出口王仁三郎や仲小路彰に親しんでいる私としては、こういうトンデモ世界に、世の中の本質が見え隠れしているように思えてならないのです。
 少なくとも不毛なケンカのタネにするよりは、こうして新たな意味を付与する方が、当時の皆さんにも失礼がない…と思います。
 それにしても、著者赤塚さんのピュアな魂と行動力には、本当に頭が下がります。自らのお役目をよく知っていらっしゃる方です。

Amazon 聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.03

菅野よう子インタビュー

Th_kannoyokointerview01 だ停電が続いていますよ!
 真っ暗なので、音楽を聴きながら寝るしかありません(笑)。あるいはスマホでゆっくり読み物を読んだり。
 今日読んで感動したのがこれ。昨日は天才ユーミンの曲を紹介しましたが、こちらも負けず劣らずの天才ミュージシャンです。作曲家として尊敬している菅野よう子さんのインタビュー。
 菅野さんと言うと、ゲーム音楽や、「花は咲く」で有名ですよね。このブログではどうかなと思って検索してみましたら、おおっありました。なるほど坂本真綾さんか!

坂本真綾 『うちゅうひこうしのうた』

 そこにも書いてますが、菅野よう子さんの楽曲って「職人」を感じさせます。天才というより職人なのかな。いや、天才職人というのが正しいか。
 そんな天才職人が、いかに天才職人であるか、このインタビューを読んでよ〜く分かりましたね。正直、笑いながら読んでしまいました。いや、面白おかしいんじゃなくて、その天才ぶりがぶっ飛んでて楽しくなってしまったのです。

菅野よう子インタビュー

 メロディーやコードではなく、最終的にビートやリズムに逢着したあたり、なにか音楽と宇宙の本質に迫る何かを示唆しているように直観しました。
 最近、作曲家の方とご縁があります。宇宙の波動をダウンロードできる彼らに、ちょっと嫉妬しているワタクシであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.02

荒井由実 『そのまま』

 BUMP OF CHICKENの「シリウス」や、椎名林檎と宮本浩次の「獣ゆく細道」など、魅力ある作品が発表されて、それも実に素晴らしいと思うわけですが、先日、とうとう松任谷由実(荒井由実)の全作品が配信されることになりまして、毎日のように聴いて感動しております。
 実を言うと、今までアルバムをアルバムとしてちゃんと聴いたことがなかったのです。大学時代以降、何曲も演奏のお手伝いをする機会はありましたが、それはいわば名曲ばかり。ある意味地味なアルバムの作品は、そう、そのアルバムのどこに位置している作品なのか意識せず、聞き流してきたのでした。
 停電していたり、いろいろ忙しかったりしますので、今日はそうした「再発見」の一つを紹介するだけにいたします。
 ファーストアルバム「ひこうき雲」の実質的な最終曲である「そのまま」。ユーミンが中学生の時に作曲したのだとか。なんという天才的な感性でしょう。大人になった私が、なぜか異様に共感共鳴してしまった曲です。
 いろいろ語れてしまうのかもしれませんが、あえてそれは抜きにして、なるべくピュアの心で聴いてみたいと思います。

 変な話ですが、なんだかユーミンに近づいている気がするのです。いろいろな意味で。すごくワクワクするのです。ある意味、若い頃聴き込まなかったからこそ、今こうして新鮮な感動があったりする。曲や歌詞ももちろんですが、演奏一つとっても無限に楽しめます。
 世界の…というより、なんでだろうなあ、「日本の」財産だと思うのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.01

異常気象は人為か天意か

Th_img_2694 日の夜から今日の未明にかけて、台風24号が接近しました。
 当地富士山北麓でも大変な風雨となり、多数の倒木が発生し、長時間にわたって停電しております。
 我が家では、地震、噴火、台風などで被災した時のために、いろいろと防災グッズを準備しておりますので、そこそこ快適な生活を維持しています。
 とはいえ、灯油ボイラーが使えず、結果として風呂に入れない状況です。今日は、とりあえず私と娘は風呂割愛ですが、秋田出身温泉大好きな家内はここぞとばかりに近くの温泉施設でゆっくりしてきたようです。
 近くの携帯電話の基地局も機能しておらず、スマホもポケットWi-Fiも圏外で、インターネットに接続されない状況です。まあ、それでもなんとかなると言えばなりますが。
 今年は豪雨、酷暑、台風など、明らかに異常気象ですね。実は毎年のようにいろいろあるのですが、私たちは喉元すぎれば「暑さ」忘れる存在です。去年のことも覚えていないので、来年になると今年の災害のことも忘れてしまうんでしょうかね。
 さて、先日のイノフェスで高城剛さんが、最近の地球的な異常気象は太陽の活動に起因する「宇宙気候変動」であるという、天文学者の説を紹介していました。なんと、温暖化ではなく「ミニ氷河期」が訪れると。
 私もかねてから、二酸化炭素などの温暖化ガス排出による温暖化よりも、太陽活動による寒冷化の方が勝るのではないか、その日のために、今はなるべく温暖化させておいた方が良い、などと極端なことを言ってきました。
 一方で、標高の高い寒冷地に住んでいることを、短期的人為的な温暖化の中においては「勝ち組」だ、あるいは、2020年東京オリンピックの夏は「冷夏」になって全てがうまくいく、などという無責任な楽観論を言ったりして、温暖化反対派を故意に刺激してきました。まあ、軽い戯れのつもりなんですがね。
 しかし、どうもそれは冗談のレベルではなかったようです。実際に寒冷化が進む可能性が高いとか。
 実際、私が上のような戯言を言ってきたのは、地球レベル、あるいは宇宙レベルと、いわゆる人間レベルとを比べると、圧倒的に前者の方が上位にあると認識しているからです。逆に言うと、良いことにおいても、悪いことにおいても人間がなんでもできると思うのは、それは完全なる思い上がりです。
 日本には宗教がないと言っていいと思いますが、この確信において、おそらく本来の日本人は「神」を共有していたのだと思います。
 言うまでもなく「かみ」は「上」という意味であり、それは「天」そのものを指します。つまり「宇宙」ですね。それを忘れてはいけません。
 そういう意味において、このプチ被災状況をも天意であると受け入れ、ある意味楽しんでいきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »