« Power FemaleーMother Earth/神聖なる女性 | トップページ | パイプオルガン・インプロヴィゼーション »

2018.10.13

バッハ 『組曲ハ短調 BWV997』

 しい日が続いていますので、楽曲紹介でスミマセン。
 バッハの作品の中でも、ちょっと変わり種、変態的な1曲。
 ギターで演奏されることも多いこの曲ですが、リュートのための曲なのか、鍵盤楽器のための曲なのか、よく分かりません。
 音の密度や音域からすると、やはりリュートかなあと思いますが、鍵盤で弾いてもなかなか良い響きになります。ちょっと和音が薄い感じがするのですが、それがまた不思議な「間」になっています。
 最近ではリュートとチェンバロの中間、すなわちガット弦を張ったチェンバロ「リュート・チェンバロ(ラウテンヴェルク)」での演奏も増えてきました。
 この動画もそのリュートチェンバロによる演奏ですね。
 ここのところ、バッハの「空」の話を何度か書いてきましたが、この曲など、まさに「間」が多いので、では「空」がたくさんあるのかというと、これがまた少し違う。
 すなわち、変態的に転調していくので、私たちの想像力がそれに追いつかず、結果として「空」が発生しにくいんですね。少なくとも私はそうです。
 そんな変態的なところが面白く、ああバッハさん狙ったな、という感じを与える裏名曲です。
 特に私はフーガが好きです。半音階を含むテーマがもう変態なんです。それが反転したり、ダルセーニョしたり、ある意味幾何学的に作られていて、楽譜もまたどこかバロック装飾的に映ります。
 つくづくバッハは変態だなあと思わせる逸品ではないでしょうか(笑)。

|

« Power FemaleーMother Earth/神聖なる女性 | トップページ | パイプオルガン・インプロヴィゼーション »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/67278145

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 『組曲ハ短調 BWV997』:

« Power FemaleーMother Earth/神聖なる女性 | トップページ | パイプオルガン・インプロヴィゼーション »