« 馬場 vs ヒョードル (清野茂樹の架空実況中継) | トップページ | 日本国憲法と仲小路彰 »

2018.05.02

M.S.ベレゾフスキーのグラーヴェ

Th_berezovsky_maksim_sozontovich 日は渋い、いやなかなか華やかな音楽を紹介しましょう。
 昨日登場した格闘家のヒョードルはウクライナ出身。同じウクライナ出身の作曲家M.S.ベレゾフスキーのヴァイオリン・ソナタです。日本ではほとんど知られていませんが、ベレゾフスキーは31歳で亡くなってしまった天才音楽家でした。活躍した時代はヨーロッパで言えば前古典から古典派にかけての時代。ハイドンの長い人生の中にすっぽり入る感じです。
 私もベレゾフスキーのことはほとんど知りませんでした。あまり資料もありません。本当にたまたまロシアのバロック音楽を調べていて知りました。
 YouTubeなどで彼の音楽を聴いてみると、なかなか魅力的です。完全にヨーロッパ、特にイタリアの様式を踏まえていますが、どこか東方的(?)な雰囲気が漂う瞬間があって、それがなんとも言えないのです。
 彼はオペラ歌手としても有名で、声楽の作品、特に宗教的合唱曲をたくさん残しています。しかし、器楽曲もなかなかいいんですね。やはり歌心があったのか、メロディーメーカーとして優秀だと感じます。
 そんな中で、ヴァイオリン弾きの端くれである私が気に入ったのが、この1771年に作曲されたヴァイオリン・ソナタハ長調のグラーヴェです。

 雰囲気としては前古典という感じですね。ガルッピの影響を受けたとも聞いています。なるほどですね。
 このグラーヴェを両端の楽章も悪くありません。全曲聴いてみて下さい。

 このころのウクライナは、ロシアに攻められてコサックが滅びるころでしょうか。地政学的に、ヨーロッパ、ロシア、そしてモンゴルに翻弄された歴史があります。そして、現代、今でもゴタゴタしてますよね。
 そんな中、このような美しい音楽が作られていたのは興味深いことです。まあ、ベレゾフスキーもロシア帝国に仕えていたようですが。
 こういう知られざる音楽に触れることができるようになったのも、インターネットのおかげです。なんともいい時代になりましたね。ほかにもいろいろ探してみたいと思います。

|

« 馬場 vs ヒョードル (清野茂樹の架空実況中継) | トップページ | 日本国憲法と仲小路彰 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/66667623

この記事へのトラックバック一覧です: M.S.ベレゾフスキーのグラーヴェ:

« 馬場 vs ヒョードル (清野茂樹の架空実況中継) | トップページ | 日本国憲法と仲小路彰 »