« AUKEY 30000mAh ポータブル・チャージャー | トップページ | 月がきれい第6話より 東山奈央『3月9日』 »

2018.03.08

エトナ山噴火と大地震

Th_mt_etna_and_catania 士山と一緒に世界遺産登録された火山、イタリアのエトナ山。
 エトナ山と関東大震災の不思議な(トンデモな)関係については、以前こちらに書きました。王仁三郎の言霊的世界ですので、理解できない方も多いと思いますが。
 さて、そのエトナ山の噴火と言えば、今から349年前(来年で350年)の今日3月8日の大噴火ではないでしょうか。
 死者1万人。麓の町ニコロシとカターニアが大きな被害を受けました。
 ここで注目すべきは、この大噴火の24年後にその地を大地震が襲ったことです。復興途中のカターニアはこの大地震で全滅状態になりました。
 このエトナ山の噴火と大地震は、明らかに連動したものですが、その間が24年あるというのがポイントです。
 もうすぐ東日本大震災から7年になりますが、地球規模で言えば7年なんていうのは、ほんの束の間。明治の三陸沖大地震の最大余震とも言えるアウターライズ昭和三陸地震も、37年後に発生しています。
 天災は忘れた頃にやってくる…というのは、そういう意味でしょう。
 以前、こんなツイートをしたことがあります。人間はこういうスパンで物事を連関させられないのですね。ですから、常に思い出し、注意喚起をし続けなければならないわけです。

「天災は忘れた頃にやってくる…こういう規模での地異は最低50年単位で俯瞰しなければならない。〈例〉864年貞観の富士山噴火→869年貞観の三陸沖地震(津波)→887年仁和の東海・東南海・南海連動型地震→888年八ヶ岳水蒸気爆発?&山体崩壊→915年十和田大噴火(日本史上最大規模)」
 

|

« AUKEY 30000mAh ポータブル・チャージャー | トップページ | 月がきれい第6話より 東山奈央『3月9日』 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/66488201

この記事へのトラックバック一覧です: エトナ山噴火と大地震:

« AUKEY 30000mAh ポータブル・チャージャー | トップページ | 月がきれい第6話より 東山奈央『3月9日』 »