« 節分と国譲り(譲位) | トップページ | 椎名林檎 『カーネーション』 »

2018.02.04

『花すみれ』 貞明皇后作詞・信時潔作曲

Th_img_0996 の娘が大学入試10連ガチャ発動中です。今日は一晩だけ富士山に一時帰国。明日からまた旅に出ます。
 前半戦は女子大巡り。MARCHの問題より、ずっと難しい。ある意味ちゃんとした問題ばかりです。どういう学生がほしいかがよく分かります。教養ある女性を求めている感じですね。
 そんなわけで、東京に娘を迎えに行くついでに、久しぶりに多摩御陵(武蔵陵墓地)にお参りしました。
 いつもそうですが、一番すごいパワーを感じるのは貞明皇后陵です。貞明皇后との因縁(もちろん片思いですが)は、こちらこちらに書かせていただきました。
 今日もまた、貞明皇后陵の前に立った時、ポツポツと雨が降ってまいりました。いつものことです。不思議ですね。
 さて、今日は貞明皇后が作詞された歌を1曲。作曲はかの信時潔です。交響曲「海道東征」の作曲者ですね。
 実はこの曲、女子学習院のために作曲されたのですが、のちに信時自身が曲を書き換え、現在ひらがなの「はなすみれ」として歌い継がれています。また、のちに同歌詞を用いて山田耕筰が「花すみれの御歌」を作曲しています。そのへんの事情については、論文があるようですが、私は読んでいません。
 貞明皇后作詞と書きましたが、その詞は次のような和歌です。

うつふして
にほふ
はるのの
はなすみれ
ひとのこころに
うつしてしかな

 一番最初にできた「花すみれ」を小川明子さんの素晴らしい歌でお聴きください。小川さんは、信時作品など隠れた日本の名曲を多く歌われています。

 ひらがなの「はなすみれ」はこちらで聴くことができます。
 「花すみれ」の方が和風、「はなすみれ」の方がより洋風(モダン)になっていますね。いずれもいい曲です。

|

« 節分と国譲り(譲位) | トップページ | 椎名林檎 『カーネーション』 »

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/66359931

この記事へのトラックバック一覧です: 『花すみれ』 貞明皇后作詞・信時潔作曲:

« 節分と国譲り(譲位) | トップページ | 椎名林檎 『カーネーション』 »