« アナザーストーリーズ 運命の分岐点 『落語を救った男たち 天才現る! 古今亭志ん朝の衝撃』  (BSプレミアム) | トップページ | タビビヨリ 柔らかコンフォートカジュアル (アシックス) »

2017.12.05

『Metallica's One for violin and cello』 Rachel Barton Pine and Mike Block

 常に自由な感覚で活躍中のヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。
 彼女は、こちらで紹介したように片足切断という悲劇に見舞われながらも、逆に何かを吹っ切ったかのような活動を繰り広げていますね。
 バロック・ヴァイオリンもうまいし、最近はヴィオラ・ダモーレもめちゃくちゃ上手に弾いています。
 かと思えばロックをやったりする。この動画でもメタリカの名曲「ONE」を自分で編曲して弾いています。
 メタリカとクラシックの親和性については、こちらこちらに書きました。まあ、やっぱりクラシックもロックも白人の音楽だということです。
 さて、レイチェル・バートン・パインと一緒に弾いているチェリストがマイク・ブロック。彼は独自の支持装置(ベルト)を使って、この動画のように立ってチェロを演奏することが多い。いいですね。
 立ってチェロというと、バロック時代に同じくベルト(ストラップ)で楽器を吊るすヴィオロンチェロ・ダ・スパラがありました。
 ロックはやっぱり立って動いて演奏するのがよい。そういう意味ではアポカリプティカには限界がありました。
 考えてみると、ELOのチェリストたちもライヴでは独特の持ち方で立って動き回りながらチェロを弾いていましたね。
 ヴァイオリンの顎当てでさえ、私にとっては邪魔な存在です。なるべく体を自由に演奏したい。
 というわけで、私もさっそくチェロ立奏用のストラップを自作してみようと思います(笑)。

|

« アナザーストーリーズ 運命の分岐点 『落語を救った男たち 天才現る! 古今亭志ん朝の衝撃』  (BSプレミアム) | トップページ | タビビヨリ 柔らかコンフォートカジュアル (アシックス) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/66128665

この記事へのトラックバック一覧です: 『Metallica's One for violin and cello』 Rachel Barton Pine and Mike Block:

« アナザーストーリーズ 運命の分岐点 『落語を救った男たち 天才現る! 古今亭志ん朝の衝撃』  (BSプレミアム) | トップページ | タビビヨリ 柔らかコンフォートカジュアル (アシックス) »