« 吉井和哉☓志村正彦 『ザ・ビートルズを語る』 | トップページ | イカれた◯◯…「イカれる」の語源(その1) »

2017.12.17

座頭市 対 プレデター

 〜む、これはすごい!正直本編観たい!
 レッドバロンとシルバー仮面という悲劇の?ヒーローを復活させて微妙な評価を得ている岡部淳也さん(元円谷プロ副社長、現ブラスト社長)が、本気で遊んだ…いや、これは本気で挑んだのかも。
 もしかすると、これからの時代劇はこんな風になっていくのかもしれない。考えてみれば、もともと時代劇というのは、かなり大げさなスペクタクルであり、現実離れしたHS(ヒストリー・フィクション)です。
 ある意味非常に未来的です。座頭市は視覚を失う代わりにある種の進化を遂げている、すなわちセルフ・シンギュラリティを余裕で実現している。
 プレデターだって、現代(ちょっと前)の中央アメリカに降り立つんだから、江戸時代の日本に来たっていいじゃないですか(笑)。
 それにしても、これ、けっこうお金かけてますよね。手抜きなしのトレーラーですよ。そして、なんとも魅力的なキャラがたくさんいる。物の怪度で言えば、プレデターもびっくりしているでしょう。
 というか、座頭市自身、もしかすると宇宙人かもしれないので、ライトセーバー持っててもおかしくないか(笑)。
 これは本気で本編作った方がいいんじゃないでしょうか。少なくとも「BRAVE STORM」よりは人気が出る?

|

« 吉井和哉☓志村正彦 『ザ・ビートルズを語る』 | トップページ | イカれた◯◯…「イカれる」の語源(その1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/66172723

この記事へのトラックバック一覧です: 座頭市 対 プレデター:

« 吉井和哉☓志村正彦 『ザ・ビートルズを語る』 | トップページ | イカれた◯◯…「イカれる」の語源(その1) »