« 電気自動車の時代は来るのか? | トップページ | 有馬晴信終焉の地「甲斐大和」 »

2017.08.08

やわらかプラスチック

20170810_54405 昨日学校のBBQがあって、その最中、生徒たちとはしゃぎすぎ、森のなかであるモノをなくしました。
 そのあるモノは買うととっても高いものなので、自分で作ることにしました。私は他人が作れるものは自分でも作れるという考えの持ち主なので(笑)、今までも何かをなくしたり、忘れてきたりした時は、即座にそれらしいモノを作ってきました(つまりごまかしてきた)。
 というわけで、今回そのごまかしのために購入したのがコレ。
 けっこう今はやってますよね。100円ショップで「おゆまる」なんか手に入ります。いろいろ検討して、この商品が一番安く、信頼性も高そうだったのでAmazonで注文しました。
 それが今日さっそく届いたので成形に挑戦。いやあ、これは楽しい。面白い。
 つまり60度以上のお湯に入れると、透明なゲル状になってどんな形にもなり、冷えるとかなり硬質な白いプラスチックになるというものです。
 60度以下になると急に固まるというわけではないので、それなりに成形の時間があるし、それでも固くなってしまったら、もう一度お湯に入れれば再び少しずつ柔らかくなる。
 逆にすぐに固めたい時は冷水などで冷やせばよい。表面的に修正したければドライヤーを使うと便利。
 やけどに気をつければ、子供たちの工作やアクセサリー作りにも最適ですね。
 ちょっとした部品が割れたりした時に、これがソックリなものを作るのもいいでしょう。プラスチック用の接着剤が普通に使えます。
 そんなわけで、今回はヘタすると10万円するようなものを10円くらいで作ってしまいました。それも10分で(笑)。そのできもなかなかで、家族も感心していました(?)。
 ぜひ皆さんもいろいろなモノを作ってみて下さい。色もつけられますよ。

Amazon chalt やわらかプラスチック お湯につけて何度でも使える (100g)


|

« 電気自動車の時代は来るのか? | トップページ | 有馬晴信終焉の地「甲斐大和」 »

もの」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/65645503

この記事へのトラックバック一覧です: やわらかプラスチック:

« 電気自動車の時代は来るのか? | トップページ | 有馬晴信終焉の地「甲斐大和」 »