« 田中英道『聖徳太子の日本思想史上の重要性』 (日本国史学会講演) | トップページ | 田中英道『聖徳太子の和と悟り』 »

2017.07.13

聖徳太子日本国未来記

Th__20170714_132648 徳太子シリーズ。
 聖徳太子自身が虚構だともいいますが、その虚構が書いたとされる偽書となれば、いったいこれはなんなのか…いや、グルっと回って真実になっているとか(笑)。
 いつの時代にも、この聖徳太子の未来記を持ち出して、ある種の危機感をあおる人たちがいます。南北朝時代から700年以上続いている。これは「真実」です。
 最近でも、未来記を現代流に解釈して、2016年に何かが起きる、それがはずれると2017年に…というふうに、相変わらず「伝統」は引き継がれています。


 今日は時間がありませんので、オリジナル(?)「未来記」から派生したと言える書物の一つを紹介します。ネットで読むことができます。
 慶安元年(1648年)発行の「聖徳太子日本国未来記」。
 まず、弘前市立弘前図書館所蔵のもの。刊本を筆写したものでしょうか。
 続いて、早稲田大学図書館所蔵のもの
 同書は巻末に「摂州天王寺の宝庫より出づ」とありますが、やはりアヤシイと言わざるを得ません。
 やはり未来記に関わっているとも言える先代旧事本紀や、当地に伝来する宮下文書など、江戸期になり版本が出回って、歴史が庶民のものとなってからというもの、どんどんアヤシイ文献が「発見」されることになります。
 それに影響を受け、ある種の事大主義に陥った文化人、学者もたくさんいました。そうした本居宣長や平田篤胤、佐藤信淵、そしてそこに強く共感した近代人、現代人も無数にいます。もちろん大歴史哲学者仲小路彰もその一人です(ワタクシもその一人です…笑)。
 そのあたりの事情や現代につながる意義については、また機会を見て書きたいと思います。

|

« 田中英道『聖徳太子の日本思想史上の重要性』 (日本国史学会講演) | トップページ | 田中英道『聖徳太子の和と悟り』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/65533193

この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子日本国未来記:

« 田中英道『聖徳太子の日本思想史上の重要性』 (日本国史学会講演) | トップページ | 田中英道『聖徳太子の和と悟り』 »