« 『治安維持法』 中澤俊輔 (中公新書) | トップページ | The Water is Wide(スコットランド民謡) »

2017.06.16

渡部昇一『書痴の楽園』 … 『古事記』と日本人

 年秋、富士河口湖町で「古事記講座」の講師を務めさせていただきました。いかにもワタクシらしく?脱線しまくりの講座でしたが、おかげさまで好評をいただき、今年も続編をということで依頼を受けました。
 また秋に開催する予定ですので、お近くの方はぜひどうぞ。また脱線しまくりになると思いますが。まあ、それは古事記の内容が現代にどうつながっているかの話ですので、脱線はしても転覆はしていないと思うんですけどね(笑)。
 さて、ワタクシの講座とは大違い、ある意味脱線はしていますが、その質があまりに違うのが、先日お亡くなりになってしまった知の巨人、渡部昇一さんの古事記論です。
 昨年末と今年のお正月に放送されたものですが、改めてアップされましたので、ここに紹介します。
 敬虔なカトリック・クリスチャンであった渡部さんが語る、日本人のソウル・ルーツだからこそ、格別な説得力がありますね。感動です。

|

« 『治安維持法』 中澤俊輔 (中公新書) | トップページ | The Water is Wide(スコットランド民謡) »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/65421216

この記事へのトラックバック一覧です: 渡部昇一『書痴の楽園』 … 『古事記』と日本人:

« 『治安維持法』 中澤俊輔 (中公新書) | トップページ | The Water is Wide(スコットランド民謡) »