« 漢文の授業廃止を!? | トップページ | 保守とリベラル? »

2017.04.09

バッハ ブランデンブルク協奏曲第4番(視覚化)

 6月10日、コンサートに出演します。懐かしいメンバー&初めましてのメンバーとの初めての練習が今日ありました。
 ソロと指導は、天野寿彦さん。ずいぶん昔にご一緒したことがありましたが、その当時はまだアマチュアでいらしたのが、その後芸大の古楽科を卒業され、今ではすっかり日本を代表する若手バロック・ヴァイオリニストになられました。
 レッスンも大変分かりやすく、また楽しくしていただきながら、自分は全然上達してないなあと反省したりもしました(苦笑)。
 さて、今回は大曲ばかりなんですが、その中でも天野さんが大活躍するのがバッハのブランデンの4番。
 私も、何度かこの曲のヴィオラを担当したことがあります。この曲のヴィオラはものすごくやりがいがあるんですよ。そうそう、6年前にこの曲の編曲版(ヘ長調)を演奏した時に、「あの曲のヴィオラ・バートの秘密(?)」という記事を書きましたっけ。
 そこに書いてあるとおりです。ヴィオラ奏者一世一代の晴れの舞台。一瞬だけね(笑)。
 今日は、天野さんも参加しているバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏を「視覚化」した動画を貼っておきます。めっちゃきれいですよ。しかし、すごいですね。演奏そのまま。楽譜どおりではない。
 ヴィオラのパートをおっかけてみてください。こんなことをやってるんですよ、地味に。


|

« 漢文の授業廃止を!? | トップページ | 保守とリベラル? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/65131651

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ ブランデンブルク協奏曲第4番(視覚化):

« 漢文の授業廃止を!? | トップページ | 保守とリベラル? »