« 修学旅行最終日〜テレマン最後の受難曲 | トップページ | 祝!新横綱稀勢の里優勝 »

2017.03.25

天文学者ハーシェルの音楽

 の運命を変えた作曲家は…ウィリアム・ハーシェルです。
 えっ?ハーシェル?そんな作曲家いたっけ?
 そう、ウィリアム・ハーシェルと言えば、天王星を発見したことで有名な天文学者ですよね。実は彼、もともとは音楽家、作曲家として生計を立てていたんですよね。
 で、大学時代天文同好会に入っていた私が、ハーシェルの音楽に興味を持ち…運命が変わったプロセスについては長くなるので割愛します(笑)。またいつか。
 ハーシェルは天文学者、望遠鏡開発者として有名になってからも、天文と音楽を関連させたりしていまして、非常に面白い、ワタクシ好みの人生を送っております。
 というわけで、今日は何曲か実際の作品を聴いていただきましょう。昨日紹介したテレマンの最後の受難曲が1767年の作。思いっきりハーシェルの作曲期と重なっていますね。いわゆる前古典という時期です。
 ちょっとシロウトっぽいところもありますが、なかなかいい曲たちですよね。

|

« 修学旅行最終日〜テレマン最後の受難曲 | トップページ | 祝!新横綱稀勢の里優勝 »

自然・科学」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/65046251

この記事へのトラックバック一覧です: 天文学者ハーシェルの音楽:

« 修学旅行最終日〜テレマン最後の受難曲 | トップページ | 祝!新横綱稀勢の里優勝 »