« ポン酢の語源 | トップページ | 東北発…常温核融合再び »

2016.09.27

新垣隆 『ヴァイオリンのためのソナチネ』

 然ですが、「旧佐村河内」作品を。
 だいぶほとぼりも冷めまして、久しぶりにじっくり聴いてみようかという気になりました。
 ヴァイオリン弾きとしては、このソナチネや、こちらで紹介したシャコンヌは一度は弾いてみたい曲ですよね。
 実際、こうして再び純粋に音楽として聴いてみますと、本当にいい曲であります。何よりシャコンヌ同様に、ヴァイオリンの特性を知り尽くし、それを活かす作曲をしていることに、「一流」の風格を感じますね。
 そして、日本人らしい哀愁に満ちた旋律がたまりません。新垣隆さんの才能は、やはり並みではありません。
 作曲家としてはどうだこうだと言う評論家もいましたが、いやいやなかなかのものですよ。

 この曲で高橋大輔選手が奇跡的な演技を見せてくれた、かの2013年NHK杯もあらためてどうぞ。感動的ですね。やはりこの奇跡には、音楽の力も働いていると思います。

 さて、そんな新垣さんの新しいヴァイオリン作品、無伴奏ソナタ「創造」。これまた素晴らしい曲なんですが、この対談もまた奥深い。

 ご存知のように、こういう「真面目」な一面とは別に、とってもお茶目な面も持ち合わせている新垣さん。ジャズ、民謡、演歌、歌謡曲などにも精通する、本当にうらやましい音楽人の一人であります。

|

« ポン酢の語源 | トップページ | 東北発…常温核融合再び »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/64270199

この記事へのトラックバック一覧です: 新垣隆 『ヴァイオリンのためのソナチネ』:

« ポン酢の語源 | トップページ | 東北発…常温核融合再び »