« 戦艦ミズーリ秘話 | トップページ | 十六菊花紋のカフス〜戦前のシュメールブーム »

2016.09.03

『日本以外全部沈没』 河崎実監督作品

Nizc_32

 休み、娘と見に行った映画「大怪獣モノ」の監督、河崎実さんの作品。
 モノもぶっ飛んでましたが、こちらもすごい(笑)。実は私、このたび初めて見ました。DVDを買ったり、借りたりすることもないので(笑)、こちらで拝観いたしました。
 言うでもなく、「日本沈没」のパロディであります。原作は筒井康隆。友人でもある小松左京の許可を得て、大ヒットした「日本沈没」を思いっきり茶化しました。それをまた、河崎さんを中心におバカな(褒め言葉)たちが、この映画を作ってしまった。なんと監修は実相寺昭雄。
 B級映画としては当然のことながら、まじめな(?)映画ファンからは酷評されましたが、2016年の今見てみると、なかなか面白い。もちろん筒井康隆がすごいとも言えますが。
 まず2011年に日本以外の沈没が始まるというのが象徴的。津波でアメリカが沈んだりする。そして、2014年に日本も…。北朝鮮がテロを起こすし、なんとなく未来予想図的な様相を呈しています。
 それに、なんと言っても、現代の移民問題を先取りするような感じになっているのがすごい。移民、難民に溢れかえった日本がどうなるのか。日本人はどうなるのか。
 そして、ラストシーンはちょっと切ない。地球滅亡の今わの際にようやく人類は和解するのでしょうかね。真理をついているとも言えます。
 ところで…私はこの映画の音楽が大好きです。挿入歌の「ニッポン音頭」、これはいい(笑)。そのとおり!

 また、エンディング・テーマの、ミドリカワ書房の「遺書」がたまりませんね。切ないですよ。名曲です。

 なんか、最後はしんみりと真面目な気持ちになってしまう。パロディはすなわち社会風刺。つまり本当のことを笑いのオブラートに包んで表現してしまう、ある種の残酷さがあるんですね。
 シャレになりませんよ、いろいろと。河崎監督GJです。

Amazon 日本以外全部沈没

|

« 戦艦ミズーリ秘話 | トップページ | 十六菊花紋のカフス〜戦前のシュメールブーム »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/64151501

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本以外全部沈没』 河崎実監督作品:

« 戦艦ミズーリ秘話 | トップページ | 十六菊花紋のカフス〜戦前のシュメールブーム »