« 飯伏幸太 vs ヨシヒコ…そして「大怪獣モノ」 | トップページ | 追悼 九重親方(元横綱千代の富士) »

2016.07.30

シュメルツァーのチャコーナ

 にとって夏は古楽の季節。第1回から皆勤で、実行委員かつ宴会芸部長でもある?都留音楽祭は今年で30回目。まあよく続いていますよね。この30年間で古楽の音楽界での地位もずいぶん変わりました。
 私もどっぷりその世界に浸かってきましたが、まだまだ知らない曲、演奏したことのない曲が無数にあります。
 たとえばこのシュメルツァーのチャコーナも最近まで知りませんでした。こんなにシンプルで美しい曲があったとは。
 このエレーヌ・シュミットの演奏がまた女性らしくて良い。こういう変奏曲になると、最近の若手は妙な演出をしがちですが、こんなに最初から最後まで、それこそシンプルに、かつ丁寧に弾いていただくと、逆になんか懐かしいというか、心に響きますなあ。
 というわけで、私も弾いてみたくなりまして、こちらで楽譜をゲット。さらには一人でも楽しめるように、無伴奏用に編曲してみました。
 ふむ、これは弾いていても気持ち良い。技術的にそんなに難しくないですし。
 シュメルツァーのヴァイオリンのための楽曲は本当に名曲ぞろいです。皆さんもぜひいろいろ聴いて、弾いてみてください。

|

« 飯伏幸太 vs ヨシヒコ…そして「大怪獣モノ」 | トップページ | 追悼 九重親方(元横綱千代の富士) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63993042

この記事へのトラックバック一覧です: シュメルツァーのチャコーナ:

« 飯伏幸太 vs ヨシヒコ…そして「大怪獣モノ」 | トップページ | 追悼 九重親方(元横綱千代の富士) »