« 剣道十段天覧試合 | トップページ | 『宗教消滅ー資本主義は宗教と心中する』 島田裕巳  (SB新書) »

2016.06.27

誰かに見られている…サムシング・グレート

Th_depositphotos_1012776antsdemandp かに見られている…なんて書くと、いったいなんのことかと思われることでしょう。誰かに狙われてるとか(笑)。いや、ファンに常に監視されているとか(笑)。
 残念ながらそういう自意識過剰な話ではなく、どちらかと言うとその逆、無意識の話です。
 今日、知り合いの「神の手を持つ男」が学校に来まして、いろいろと奇跡的なことをやって見せてくれました。その方についても、また時節が参りましたら、ここで紹介します。本当にすごい方です。
 その方が帰り際、生徒たちにこんな話をしてくれたんです(私なりの捉え方で脚色します)。

 自分が小学生だったある日、蟻の巣で遊んでいた。蟻の行列を邪魔したり、せっかく掘った穴を埋めたり(まあ、よくやる遊びですね)。
 ふと思った。蟻は私のことが見えていないのかなと。たとえばいたずらする指の先は見えているかもしれないけれど、「私」という大きな存在は見えていないようだと。
 こんなに大きくて、そしてはっきりしていて、さらにいたずらをするという形で蟻たちに深く関わっているのに、なんで気づかないのだろう…。
 その時、はっと気づいた。どこまでも続く青空を見上げた。
 そうか、自分も蟻と一緒だ。自分は常に誰かに見られているのに、それに気づいていない。とてつもなく大きな存在だからこそ気づくことができない。
 その日から、自分は悪いことができなくなった。人の悪口を言わなくなった。嘘をつかなくなった。

 なるほど〜。非常に腑に落ちましたね。サムシング・グレートの説明として、とっても分かりやすい。
 たしかに、蟻さんをいじめても、蟻さんはいじめた私全体を意識していることはありませんよね。逆に、水たまりに溺れている蟻さんを助けてあげたとしても、蟻さんは私に感謝なんかしません。
 人間と「なにモノか」との関係も全く同じ。スケールが違うだけの雛型になっています。
 そのサムシング・グレートの指先は分かります。たとえば私をいじめている人が誰かは認識できたり、地震や台風が来たなとか、あの人のおかげで助かったとか、そういうことは意識できます。
 しかし、そのサムシング・グレート(なにモノか)の本体はほとんど意識することはありません。人間はとりあえず言語やイメージでその存在を意識することはできますが、あくまでもそれは意識的意識です。
 もちろん、無意識的意識もありますよ。それこそ言語化(コト化)できないモノとしての認識。しかし、日常的には(蟻的生活次元、つまり3次元においては)、ほとんど意識されることはありません。
 宗教というものは、それを日常的に意識するための方便にすぎません。日本では昔から「お天道さまが見てる」という言い方をしてきましたね。サムシング・グレートを自然に仮託したのは、いわゆる宗教よりも高度な文化であったと、私は思っています。
 その点、芸術の役割は重要だと言えます。人間だけに与えられた、サムシング・グレートの存在するであろう高次元宇宙にアクセスする手段です。特に音楽。
 ちょっと話が発展しすぎましたが、とにかく、その「神の手を持つ男」は、小学生の時にそうした悟りを得ていたわけですね。さすがです。
 彼のこの話を聴いて、私はこちらのコメント欄で紹介した、恩師大村はま先生の「仏様の指」の話を思い出しました。
 なぜ、その「誰か」「なにモノか」「サムシング」がグレートなのか。それは、見ていて手助けしてくれるけれども、その姿を現さない、人間に見られている感覚を起こさせないからなのですね。
 実に面白く、また不思議なことです。

 

|

« 剣道十段天覧試合 | トップページ | 『宗教消滅ー資本主義は宗教と心中する』 島田裕巳  (SB新書) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63840787

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かに見られている…サムシング・グレート:

« 剣道十段天覧試合 | トップページ | 『宗教消滅ー資本主義は宗教と心中する』 島田裕巳  (SB新書) »