« 大きな地震に注意 | トップページ | 『日本会議の研究』 菅野完 (扶桑社新書) »

2016.06.15

舛添都知事辞任

Th_2016061500000129jij0007view 議会からも見放され、自民党からも冷たくされ、いよいよ「耐え難い」として、舛添さんが辞任を表明しました。
 最後まで自らの「成果」を列挙し、謝罪よりも「耐え難い」という個人的理由を述べたあたり、いかにも舛添さんらしい幕引きと言えましょう。
 東京は都会だから田舎とは違う…などということはなく、逆に東京都は日本全国の「利権」を象徴する町です。そんな中、舛添さんは、そうした「利権」に関してあまり口出ししない、すなわち保守的な業界にとっては都合の良い都知事でした。
 そうした利権で動くカネの規模からしたら、絵画購入やら湯河原往復やら、そんなの物の数にもなりません。そんな些少な「利権」と表面上の権威で満足していた舛添さんは、ある意味立派でした(笑)。
 石原さんや猪瀬さん、あるいはもしかしたら次の都知事になるかもしれない(?)橋下さんなんかは、利権側にとっては非常に面倒くさい存在だったわけですね。
 オリンピックに向けては、舛添さんくらいがちょうど良かったとも言えます。そういう意味では、次の都知事は青島さんが一番いいでしょう(笑)。
 冗談はおくとして、さてどうしましょうかね、次の都知事さん。おそらく与野党相乗りの無難な人選の選挙になることでしょう。逆に言うと、そうした傀儡をコントロールする黒幕どもによる選挙になるのかもしれません。
 あと、都知事選というと、個性的な「泡沫候補」でしょう。マック赤坂さんはまた出るのでしょうか。

 私としては、外山恒一さんを推したいですね。また出てくれないかなあ。この政見放送好きです。

 「私もビビる」って(笑)。でも言ってることは半分以上正しかったりする。
 ところで、前回の都知事選では、外山さんは「舛添&田母神」という原発推進派を揶揄する活動をしていました。
 結局、この二人が失脚したところを見ますと、外山さんの活動は実を結んだとも言えますね。すごい。

|

« 大きな地震に注意 | トップページ | 『日本会議の研究』 菅野完 (扶桑社新書) »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63781050

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添都知事辞任:

« 大きな地震に注意 | トップページ | 『日本会議の研究』 菅野完 (扶桑社新書) »