« 高松宮グループ(仲小路彰ら)の独自安保構想 | トップページ | 建御柱 »

2016.05.04

『飛鳥の夢』 (宮城道雄作曲・仲小路彰作詞)

 日の記事の続きで、高松宮さまと仲小路彰のことを調べておりましたら、(個人的には)衝撃の事実を発見しました。本当にビックリ!
 宮城道雄作曲としてよく知られている「飛鳥の夢」の歌詞の作者は、その世界ではずっと「不詳」とされてきましたが、なんと実際は仲小路彰の作でした。
 山田流ではありますが、いちおう箏曲をやっていた者として、この曲は何度か聴いたことはありました。比較的よく演奏される大曲ですからね。
 しかし、しかし、まさか、まさか仲小路彰の詩(和歌)に宮城道雄が作曲したものだったとは…。
 この曲は、聖徳太子1330年記念芸術祭で舞の地歌「ひじりの宮のみ前にありて」として初演されたものです。その芸術祭の主催者は高松宮様でした。のちに「飛鳥の夢」と改題。
 ちなみに邦楽・邦舞部門のほかに洋楽・洋舞部門もあり、そちらは原智恵子や團伊玖磨、芥川也寸志らが参画しており、そちらの作品もどんなものであったか、非常に興味があります。
 詩(長歌)については、当時「高松宮御撰」としか発表されていませんでしたので、知られないのも当たり前です。
 仲小路の高弟であった春日井邦夫さんの「情報と謀略(下)」494ページにある「聖徳太子1330年御忌奉讃歌」の一部が歌詞の記憶と一致して驚いた次第です。
 仲小路は同歌を山中湖の早朝の散歩の中で作ったとか。本人による作曲(朗詠)版もあるようです。本人版の楽譜は今も山中湖の山荘にあることでしょう。なんとか手に入れてみたいと思います。
 仲小路彰と宮城道雄の交流についても興味のあるところです。仲小路彰による「静物語」というアヅマカブキの音楽は、宮城道雄と原智恵子が担当したとの記録もありますから、互いにかなり深く音楽的につながっていたものと思われます。音楽家(作詞者、作曲者、演奏者、歌手、教育者)としての仲小路彰についての研究もやらねばなりませんね。
 いやあ、本当にびっくりしました。おそるべし仲小路彰。

追伸 同芸術祭については、上記「情報と謀略(下)」495ページ以降に詳しい記録がありました。

|

« 高松宮グループ(仲小路彰ら)の独自安保構想 | トップページ | 建御柱 »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63582636

この記事へのトラックバック一覧です: 『飛鳥の夢』 (宮城道雄作曲・仲小路彰作詞):

« 高松宮グループ(仲小路彰ら)の独自安保構想 | トップページ | 建御柱 »