« 「花まつり」とは | トップページ | 都留郡に天皇はいたか… »

2016.04.09

御柱祭木落し

 昨年、私もご縁をいただき、富士山代表として参加させていただいた諏訪大社御柱祭の「本見立て」。その時も書きましたとおり、御柱祭、まさに命がけの7年間の一つのクライマックスである「木落し」が行われ、私たちが見立てた「春宮一之御柱」も見事に落とされました。
 本当にありがたいことに、今年は地元岡谷の友人のご厚意により、再び「春一」と出会うことができました。そして、その春一の立派な木落しを生で観ることができました。
 もう言葉はありません。一言で言うなら「馬鹿」。命がけの馬鹿。もちろん、最高の賛辞としての「馬鹿」。理屈ではありません。理屈や個人を超えた「真理」すなわち「神」がそこに存在しました。
 予定より2時間半遅れての木落し。縄文より続く御柱祭の4000年の歴史からすれば、そんなちっぽけな時間は塵にも及びません。
 しかし、人間としては、やはり待ちに待った、溜めに溜めた末の数秒間。だからこそ、近代的な時間なんてものは、いったいなんなんだろうかと思われる。
 なんか、男性的すぎましたね。木落し坂の突端に御柱がニョキっと現れた瞬間や、あの溜めに溜めての一瞬の放出や、その後ある種の空しさなど(笑)、これは男にしか分からない世界、すなわち本来の「荒魂(あらみたま)」なのだなと思いました。
 あの場、あの空間、ベースにあるのは、実に穏やかな「和魂(にぎみたま)」です。そこに7年(6年)に一度招来される「荒魂」。出雲の「荒魂」です。
 古来、日本人はその、和魂と荒魂のバランスの重要性を、それこそ言葉でなく分かっていたのでしょう。そして、今も分かっている。だから、こんな「馬鹿」な祭が続いているのです。
 う〜ん、いろいろ語りたいこともあったのですが、言葉にすると実に野暮になってしまう。語らないのが粋なのでしょう。
 それにしても、あの「進軍ラッパ」はいつからのものなのでしょうね。そのある種「いいかげんさ」もすごいなと思いました。西洋楽器も近代の歴史もあの戦争をも呑み込んでしまう「縄文」の懐の深さ…と言うべきでしょうか。
 一昨年お世話になった春宮前の「萬治亭」ご主人萬治友美さんは、今年の御柱祭を前に亡くなってしまいました。無念だったことでしょう。しかし、萬治さん自体が「祭」だったわけで、たとえ今生の命が尽きても、その魂は御柱祭同様に永遠に受け継がれていくことでしょう。

|

« 「花まつり」とは | トップページ | 都留郡に天皇はいたか… »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63464604

この記事へのトラックバック一覧です: 御柱祭木落し:

« 「花まつり」とは | トップページ | 都留郡に天皇はいたか… »