« 「つなぐ」と「つなげる」 | トップページ | 追悼 キース・エマーソン »

2016.03.11

キャロライン・ケネディ駐日大使インタビュー

Th_wor1603100004p1 3.11から5年。予想される最大余震やアウターライズ地震について、いろいろ書きたいこともありますが、今日はあえて、産経新聞によるケネディ大使のロング・インタビューを紹介します。
 お読みになった方々も多いことと思いますが、あらためて内容を咀嚼しますと、3.11以前と以降とでは、日米関係が大きく変わったことが分かります。
 特に最近のアメリカのパワーダウン、それも経済や政治だけでなく、なんと言いますか、倫理的といいましょうか、いわゆる「正義」の面においても、影響力が落ちたことと、その反動としての日本のパワーアップが感じられます。
 いつかも書きましたでしょうか、私は、ケネディ家は日本の皇室のような存在であると考えており、彼女がこうして日本という「場」で、日本の、また世界の重要な「時」を過ごしていることに、ある種の運命を感じています。
 ご長男のジョン・シュ­ロスバーグさんも昨年、日本のIT企業「楽天」に入社とたという噂もありますね。
 未来的な意味において、つまり、未来から現在を見ると、明らかに大きな意味のある事実です。そのような視点から、このインタビューも味わってみたいと思います。
 そうすると、3.11の意味も原発事故の意味もまた、世界史的な意味を帯びてくるというものです。
 ぜひお読みください。

キャロライン・ケネディ駐日大使インタビュー

|

« 「つなぐ」と「つなげる」 | トップページ | 追悼 キース・エマーソン »

ニュース」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63338529

この記事へのトラックバック一覧です: キャロライン・ケネディ駐日大使インタビュー:

« 「つなぐ」と「つなげる」 | トップページ | 追悼 キース・エマーソン »