« 地球平和に向けての必然的偶然 | トップページ | 夢殿は「八紘為宇」の象徴 »

2016.03.21

法隆寺お会式の「楽」

Th_img_2948 学旅行2日目。21日づけの記事ですが、内容は22日に関することになります。
 中学校の修学旅行の日程は、基本的に毎年同じ。というのは、法隆寺の参拝を22日にしたいからです。
 3月22日は「お会式(おえしき)」。つまり、法隆寺創建の聖徳太子の命日なのです。
 私にとっては非常に重要な日。生徒たちにとっては、法隆寺に珍しく屋台が並ぶ特別な日(笑)。
 これもまた不思議なもので、聖徳太子の「和」が人生のテーマになっている最近の私がですね、毎年お会式に参列できるなんて、これもまた必然なのでしょうか。ありがたいことです。
 時間もはかったようにピッタリ。つまり、法要が始まる時間にちょうど現場にいるということです。全く図ったわけではないのですが。
 お会式については、昨年の記事を御覧ください。
 今年は、その「楽」を少し録音してきました。昨年の記事にも書いたようにお会式の音楽は非常に面白い。雅楽と経、声明が重なって、ぶつかったり調和したり、場合によってはユニゾンになったり。面白いですね。まるで、遠野の「御祝(ごいわい)」のようです(というか、法隆寺の方がルーツなのでしょう)。
 そうそう、せっかくですので、こちらもどうぞ。「御祝」の貴重な動画がありましたので、ぜひお聴きください。謡曲と民謡。面白いですよね。

 では、法隆寺のお会式の音楽の一部をお聴きください。声明には、ちょっとペルシャ風な旋律も出てきます。まさにシルクロードの音楽大集合といった風情ですよ。
 録音状況がよくなく、雑音も多いと思います。状況が状況でしたので、どうかご了承ください。

法隆寺お会式法要


 

|

« 地球平和に向けての必然的偶然 | トップページ | 夢殿は「八紘為宇」の象徴 »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63394022

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺お会式の「楽」:

« 地球平和に向けての必然的偶然 | トップページ | 夢殿は「八紘為宇」の象徴 »