« 【討論!】ここが危ない!TPP | トップページ | 『江戸しぐさの終焉』 原田実 (星海社新書) »

2016.03.06

追悼 ニコラウス・アーノンクールさん

Th_0160306at69_p 楽界の重鎮…いや、古楽界を軽くはみ出してクラシック界の名指揮者となったニコラウス・アーノンクールさんがお亡くなりになりました。
 私がバロック音楽に興味を持ち始めた中学3年の頃聴いた、当時最新盤だったヴィヴァルディの四季には、本当に衝撃を受けましたね。なにしろ、それまではイ・ムジチが標準でしたから。
 特に冬の二楽章。これは40年経った今でも充分に新しい(速すぎる)。土砂降りとか言われていましたね(笑)。

 それから、ある意味ショックだったのは、このブランデンブルク協奏曲の映像ですね。テレビで初めて観た時、ええ〜!って思いましたよ。
 なんでって、アーノンクールがガンバを弾いてるんですが、弓の持ち方が「順手」、すなわちチェロみたいに持っている。なのに、強拍はちゃんとアップになってる(笑)。おいおい、そんなんでいいのかいって。

 今になってみれば、楽器や奏法にこだわりすぎて、たとえば日本の古楽界は硬直化してしまったわけで、このいい加減さは、今ではヨーロッパでは(特にイタリアでは)標準ですよね。
 いずれにせよ、旧弊を克服し、古くて新しい解釈の方法を我々に提示してくれたアーノンクールは、西洋音楽史に残る名演奏家であり、名指揮者であることは間違いありません。
 私の人生を変えた人物の一人であるとも言えます。感謝の気持ちもこめつつ、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 【討論!】ここが危ない!TPP | トップページ | 『江戸しぐさの終焉』 原田実 (星海社新書) »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63311253

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 ニコラウス・アーノンクールさん:

« 【討論!】ここが危ない!TPP | トップページ | 『江戸しぐさの終焉』 原田実 (星海社新書) »