« バロン・ブイカ(曲芸ヴァイオリニスト) | トップページ | 桜井敏雄 『東京節』 »

2016.02.05

追悼 モーリス・ホワイトさん

Th_001 Earth, Wind & Fireのモーリス・ホワイトさんがお亡くなりになったそうで…とても残念です。
 最近、ジャズ部でベースをやっている上の娘が、Earth, Wind & Fireにけっこうはまっていて、家族で聴く機会が増えていたところでした。娘もショックを受けているようでした。
 Earth, Wind & Fireの全盛期は、私が娘の今の年齢くらいの時。こうして世代を超えて愛される音楽を生み続けてくれたモーリス・ホワイトさんに心より感謝し、ご冥福をお祈りします。
 今日は彼らの武道館ライヴの映像を見なおしてみましょう。まずは1979年。新曲「宇宙のファンタジー」を引っさげての来日でした。

 私は当時ELOにはまっていました。音楽的にもある意味で対照的な両者でしたが、もちろんEW&Fも大好きでしたよ。レコードの売れ方、チャートの動向なども似ていた二つのバンドでした。
 さて、次は1988年の武道館。こちらはたっぷり堪能できます。
 ELOともども派手でコテコテな方向(バブリーだったのかな)に行き過ぎたのか、80年以降は両者とも人気急降下でしたね。EW&Fは活動休止後、87年に復活しました。復活後すぐの来日でした。

 日本人は今でも本当にEW&F好きですよね。ELOもそうですけれど、やはり日本人ってコテコテの分かりやすさがお好みなんです。演歌の国ですから。
 そういう意味でモーリス・ホワイトが日本の音楽界に与えた影響は大きいですね。歌ものにおける輝くブラスの鳴らし方や、ソウルやフュージョンをいかに売れ線に持ち上げるかという、ある種テクニック的なものを盗んだミュージシャン、アレンジャー、プロデューサーはたくさんいたことでしょう。
 本当に今聞いても古びた感じが全くしないモーリス・ホワイトの世界。世界中の音楽に対する彼の貢献度の高さは、これからさらに認知されていくことでしょう。

 

|

« バロン・ブイカ(曲芸ヴァイオリニスト) | トップページ | 桜井敏雄 『東京節』 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63172275

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 モーリス・ホワイトさん:

« バロン・ブイカ(曲芸ヴァイオリニスト) | トップページ | 桜井敏雄 『東京節』 »